探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせの具体例
公開日: 2018/12/11 最終更新日: 2018/12/04
探偵ニュース
 公開日: 2018/12/11 最終更新日: 2018/12/04

嫌がらせの具体例

執拗な嫌がらせはある日突然くるという事例が多いですが、実は長い時間と費用をかけて念密に被害者の家族構成・家族の一員としての接し方・長所・短所・交友関係などを調べて、被害者がどんな状況が嫌がるのかを調査と分析を行い、そのデータをもとに嫌がらせを行います。そういう背景もあって、同じ被害者であっても嫌がらせの種類が多いのです。今回は問い合わせのなかから寄せられた執拗な嫌がらせの具体例を見ていただき、少しでも心当たりがあると思った方は、早急な対応をお願いします。

執拗な嫌がらせは日常いたるところにある

  • 自宅及び自宅付近
  • 外出先
  • 職場や通勤ルート
  • 旅行先

「被害者が動くところに加害者あり」と言わんばかりに、執拗な嫌がらせを行う加害者がわんさか溢れている現状で、どうやって「日常」を保っていけばいいのか、被害者のなかには、引きこもり状態になったりと自体は深刻を増すばかりです。しかし、嫌がらせの大半は困らせることであって被害者に対して「暴力」をふるうことはありません。

だから「気にしない」で過ごすことが何よりの対策ですが、加害者は被害者に加害であることを見せつけるまで何度も何度も不自然な行動を起こし、「お前は被害者なんだ」と印象を付けるため、24時間365日加害者に監視されているかのような感覚に陥ってしまうのはとてもお辛いことでしょう。

しかし、皆さんの被害の状況や対策が別の被害者を救うキッカケとなり、新たな被害が起きないように対応策を練るための資料となりますから、どんな嫌がらせを起きていてるかご相談いただくと幸いです。加害者は執拗な嫌がらせを行ってないと第三者に伝えたいため、被害の状況を拡散・共有されることを非常に警戒しています。

ここで注意する点は、加害者を特定したいあまりに加害者の自宅まで尾行するのは流石に危険が伴うなので、できる範囲で「この辺」に住んでいると目星をつけておくだけにしてください。相手がわからない加害者の嫌がらせは組織で動いている可能性が高いため、組織によっては車を使って危険行為を行う輩も出てくる恐れがあります。

加害者も必ずボロが出る時があります。その機会がくるまで被害を受けるのはとても大変だとは思いますが、気持ちを落ち着けて加害者に対してどうしたいのかを常に頭に入れて加害者を特定できる機会を待ってみてください。子どもや未成年、お年寄りが嫌がらせをする場合もあるでしょう。加害する行為が限られていますので、やり過ごして自分のすべきことを考えて行動しましょう。

嫌がらせの具体例

この状況を有効に使って、執拗な嫌がらせをなくすために、1日でも平穏な生活を送れるようにしたいと思い、「嫌がらせの具体例」をここでご紹介致します。

自宅
  • 見たこともない人物が自宅付近をウロウロしている
  • スマートフォンのような機材を自宅に向けている、または盗撮してる
  • 外出するタイミングにあわせて、車のドアを開け閉めの音や布団たたきの音が大きく響く
バス停や駅構内
  • 自分しか知らない情報を「ボソッと」と複数の人が話してた
  • バスを待ってる人たちが一斉に咳をし始めた
  • 駅の改札口の前で不自然に立って邪魔をする
職場
  • ロッカーに破損がある
  • 飲み会や会議の連絡メールが入ってこない
  • ありもしない噂が部署に拡散されて居づらくさせる

大まかな嫌がらせの具体例を挙げてみましたが、いかがですか。警察に相談するまでにいかないその時の「偶然」を装いながら被害者にしか分からない加害行為を行うのが、執拗な嫌がらせの特徴です。また、具体例に似たようなことが起きてる場合、もしかしたら執拗な嫌がらせに巻き込まれている可能性が高いので、早めにご相談していただくと被害が軽いうちに対処ができます。

一人で悩まない

執拗な嫌がらせは第三者に気づかないように嫌がらせを行うと同時に、不特定多数の人が加害行為に加わっているため、誰が加害者なのか分からず混乱てしまうのが、被害者の辛さだと思います。そこが、加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くして完全な孤立にさせるために手段が選ばないのが加害者です。

あまり警戒しすぎて、被害者の近くにいる人全員が加害者と思い込み、暴力沙汰になるケースがあるので、被害らしきことが起きたら、メモをとるなりして記録しておくことが大事です。ここで大切なことは「一人で悩まない」ことです。嫌がらせ対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができると思います。だから決して1人で悩まないで相談だけでもいいので、皆さんの被害の状況を教えてください。みなさんのお力になれると思いますし、納得が行くまで被害のことを話すだけでもすっきりすると思います。

嫌がらせ専門対策窓口とは

嫌がらせ対策の依頼は必ず専門家にご相談ください。

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。嫌がらせ対策は、浮気調査とは違い嫌がらせ対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった電磁波対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

調査の流れ

流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop