探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせを繰り返す組織/集団ストーカー早期解決
公開日: 2018/11/14 最終更新日: 2019/03/20
探偵ニュース
 公開日: 2018/11/14 最終更新日: 2019/03/20

嫌がらせを繰り返す組織/集団ストーカー早期解決

一回のみの嫌がらせならまだしも、何年経っても治まることのない嫌がらせ。その加害者は入れ替わり立ち代わりでターゲットを何ヶ月いや何年もその場にいる以上、加害行為をやめようとはしません。一見変わらない住宅地で行われてる嫌がらせは一個人の感情ではなく何かしらの組織が関与して行っているといわれています。

【集団ストーカー】探偵相談窓口のご案内

繰り返す嫌がらせの闇

不特定多数で行うストーカー行為

組織的な嫌がらせが職場でもどこでも発生する異常な環境で悩んでいる方は大勢います。その大半は不特定多数の人物による嫌がらせで、行く先々に付いてくるつきまといなど。ターゲットを何らかしらの理由で「悪人」に仕立て上げて、逮捕まで行かないが、ターゲットが自ら犯罪を犯すまで嫌がらせを続ける組織の存在があります。

嫌がらせをする集団は、さまざまな方法で嫌がらせを行います。根も葉もない誹謗中傷を広めた、ポストを壊されていた、自転車や車に傷を付けられた、近隣に無視された、また必要以上に付け回されたり、監視されたり、仄めかしを受けたり、多岐に渡り様々です。

嫌がらせをする集団の特徴としては、誰が何の目的やっているのかわからない、犯人が複数ではあるがこれといった証拠はない、どこから対応していいかわからない状況から精神的にも追いつめられるようになります。集団ストーカーによる被害が大きくなる前に、早期に解決することが必要となってきます。

加害者側の知識について

情報操作と情報収集を繰り返す

嫌がらせのマニュアルは全国的に共通しており、SNSでターゲットの情報を共有されている例があります。そして、組織的な嫌がらせに対する警察への相談数が多かった地域は迷惑行為防止条例が改正されて、嫌がらせ行為に対する細かい点まで禁止項目に追加されました。

しかし、組織的な嫌がらせは加害者同士で情報を共有し、条例の対象にならないように手を変え品を変えて、繰り返し嫌がらせ行為を行っています。組織的な嫌がらせのターゲットになってしまった場合、迷惑行為防止条例について知っておくと、警察に逮捕できる可能性について問い合わせることができます。

彼らは、ターゲット同士の情報の共有と嫌がらせの認知を非常に嫌います。もちろん、調査会社や警察に行くことさえも嫌うので、「孤立」せず積極的にご相談ください。

嫌がらせ行為に対する対応について

相手の情報を十分に得ること

あなたが不安感や恐怖心を抱いている相手は、本当にそこまでの嫌がらせができる人でしょうか?相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」を、ある程度は予測することができます。相手の情報を多く把握することは、あなたの漠然とした不安や恐怖をぬぐい去ってくれるはずです。

感情的に反応しない

嫌がらせをしてくる相手に対して、感情的に反応するのは逆効果です。相手はそれに対してまた更なる嫌がらせをしてくる可能性が高くなります。なぜなら、嫌がらせ行為者はあなたのその感情的な反応によって、更なる嫌がらせをする口実を得るからです。嫌がらせ行為者の思考は、何があっても「自分は正しくてあなたが悪い」のです。

少しの勇気が必要です

嫌がらせはインターネットだったり電波だったり目に見えない世界から浸透していきます。最近の嫌がらせは、ネットでの風評被害や地域の回覧板、職場の中の趣味、宗教の有無から使える物はなんでも使って、特定の人物を「孤立」に追いやるまで続きます。

そのきっかけは些細なことが多く、「思い込み」で済まされないことだらけです。泣き寝入りする前に、少しの勇気を出して見ませんか?その勇気は調査に費やした時間や費用以上に大きな成果を生み出す力となるのです。

依頼前に確認すべきポイント

集団ストーカーには調査力が重要です

あなたが探偵や興信所業界(調査能力・実績等)を熟知していれば、調査士の能力や実績を見極めて選べばいいと思いますが、多くの方々はよく分からないと思います。では、探偵や興信所業界(調査能力・実績等)をよく知らない多くの方々は、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

  • 調査士の実務経験(経験年数)を確認する。
  • 調査士に解決事例を確認する。
  • 誰が調査を担当するのかを確認する。

ここで注意しなければならないのは、ホームページ上の「相談実績〇〇件」「解決実績〇〇件」「〇〇を解決しました」「お客様の声」など、何の裏付けもない抽象的な「実績」や「解決事例」は参考にならないということです。少なくとも、裏付けのない「解決実績〇〇件」などの謳い文句は本気にしないで、直接確認した方がいいと思います。

はじめての方が安して利用できるシステム

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、皆さまの悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査終了後のサポートについても経験豊富なスタッフがサポート致しますので最後まで安心してご利用いただけます。調査を依頼することが初めてな方ほど当事務所を利用してほしいと思っております。はじめての方でもわかりやすく丁寧な説明を心がけていますのでお気軽にご利用ください。

集団ストーカーに関する調査項目

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口が幅広く扱う調査項目の一覧をご紹介します。

集団ストーカー
電磁波測定調査
盗聴、盗撮発見、調査・対策
ネットリサーチ調査
騒音調査
異臭調査
ハラスメント調査
GPS発見調査
テクノロジー犯罪

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop