探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 被害状況を把握し原因の分析を行なう
公開日: 2019/01/23 最終更新日: 2021/03/26
探偵ニュース
 公開日: 2019/01/23 最終更新日: 2021/03/26

被害状況を把握し原因の分析を行なう

集団ストーカーによる嫌がらせ解決の第一歩は、現状を細かく把握することです。細部に至る状況把握は、原因の分析に必ず役立ちます。そのためにも、今起こっていることを整理することと、わかっていないことを調べることが重要になるのです。

目次│集団ストーカー相談

被害状況を把握して役立つこととは?

加害者の特定

被害内容を細かく把握することで、加害者の出方や弱点を知ることに役立ちます。被害状況を把握する、加害行為の特徴を調べると自分が知らなかったことや、なにを加害行為に利用しているのかハッキリとしてきます。

加害者を知る

調査を進めるなかで、加害者の正体について次第に明らかにすることができます。特徴を記録することで、この嫌がらせが「特定の人物」によるものなのか? あるいは「特定の組織」が行なっている嫌がらせであるのかを判断できます。

できる範囲で状況をまとめることも重要

自分できる範囲で状況を整理しておきましょう。メモをとるなりして受けた嫌がらせを記録しておくことが大切です。大事なことは「一人で悩まない」ことです。助けてくれる味方を見つけ、心のよりどころを得ると心に余裕ができると思います。だから決して1人で悩まず被害状況を教えてください。

執拗な嫌がらせは第三者に気づかないように嫌がらせを行なうと同時に、不特定多数の人が加害行為に加わっている可能性があるため、誰が加害者なのか分からず混乱てしまうのが被害者の辛さだと思います。それこそが加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くして被害者を完全に孤立をさせるための悪質な手段なのです。

全員が敵だと思わないこと

過剰に警戒をしてしまい、周りの人全員が加害者と思い込んでしまうことで、暴力沙汰になるケースがあります。被害者を疑心暗鬼に陥れ、犯罪者に仕立て上げることも集団ストーカーの目的の一つです。味方がいないとき、報復したい気持ちを抑えて冷静に行動することも大切なのです。

調査による原因分析

原因を知ることの重要さ

嫌がらせの状況を調べることで、明らかになった情報を分析して原因を突き止めることが可能です。嫌がらせが起きる因果関係はとても複雑です。なにもわからない状態で原因を知ることは不可能です。調査を進めるなかで、複雑に絡み合ったさまざまな情報を一つ一つ分析し、原因を特定することができます。

根本的な解決につながる

私ども「対策専門窓口」が考える嫌がらせの根本的な解決とは、突き止めた原因を根元から断つことであると考えています。中途半端な解決策を取ったとしても、また嫌がらせをされてしまう可能性があるからです。

根本的な解決ができず嫌がらせが再開すると調査の意味がありません。重要なのは『徹底的な調査』を行なうことなのです。

嫌がらせは終息できる

強い意志を持つことが大切

嫌がらせの原因は加害者の勝手な都合で被害者になっていたり、本当に些細なことから大きく発展してしまった2つのケースが多いのですが、被害の状況を把握したり原因を分析する目的は「嫌がらせを解決すること」です。嫌がらせが続いていても、解決できると信じる気持ちが、嫌がらせを解決するための一番の近道だと考えています。

加害者は人に気付かれないように嫌がらせ行為をしているので、決定的な証拠がないと警察が動くことはまず不可能です。法律と心理学に詳しい加害者であれば、直接動くケースが少なく実行犯に指示していることも考えられます。

2018年から全国の迷惑行為防止条例の改正案が施行される動きがあり(2019年3月に沖縄県迷惑行為防止条例の改正案が施行)、被害の現状把握をして、調査により決定的な証拠を得ることができれば、条例で取り締まるれる可能性が見えてきました。被害の把握や原因、分析することで得るものは以前よりも実りのあるものと実感できるはずです。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

集団ストーカー対策が必要な方へ

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私ども「対策専門窓口」にお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことはプロにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

嫌がらせ相談から解決までの流れ

まずはお気軽にご相談ください

2010年の創業以来、当社は一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、独自の情報収集方法に徹底的にこだわり、多種多様な調査方法でご依頼者に求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

私ども「対策専門窓口」では、経験豊富なスタッフを各エリアに配置し、ご依頼者の悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査が終了した後も問題解決までスタッフがサポートするので、最後まで安心してご利用いただけます。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop