探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 電磁波調査体験談/解決までの流れ
公開日: 2019/02/02 最終更新日: 2019/01/29
探偵ニュース
 公開日: 2019/02/02 最終更新日: 2019/01/29

電磁波調査体験談/解決までの流れ

電磁波被害は水面下で被害者同士が周知や街宣を行うなど、以前より表にでてきた犯罪です。この犯罪の特徴は突然、被害者として目をつけられ長い時間をかけて被害者に加害行為ができやすいかどうかを念密に調査・分析を行い、タイミングを計って電磁波を使った攻撃をすることが明らかになっています。見えない電波での攻撃は被害を訴えても誰も理解できないケースが多いですが、ここでは解決まで至った事例をご紹介します。

電磁波調査体験談

電磁波被害の解決の鍵握る証拠には大きく分けて2種類あり「状況証拠」「物的証拠」になります。電磁波被害解決を導くための証拠はできるだけ証拠能力が高い(相手に違法電波行為を認めさせる決定的な証拠)ものを選んでいく必要があります。

まずは、どのようにして解決まで進んだのか見ていきましょう。

依頼人
依頼人

実は、、違う調査会社で電磁波測定調査をしたのですが、ひどくなった気がして、お電話させていただきました。

調査担当者
調査担当者

調査では強い電磁波は確認されなかったのですか?

依頼人
依頼人

はい。住宅街にしては少し高めの数値が出ましたとのことでした。

調査担当者
調査担当者

電磁波を使って嫌がらせをされていると思われた原因は?。

依頼人
依頼人

部屋中が異常に乾燥してたり、身体中がピリピリしたり、電化製品が故障しやすくなったり、日中、鳥たちが騒ぎ出したり。調べると動物の方が電磁波に敏感みたいで、、私の周囲で電磁波が飛び交ってるのではないかと。あと、電子レンジの中にいるような真冬なのに体の体温が上昇する感じで、部屋中逃げ回っていました。

調査担当者
調査担当者

電磁波過敏症の可能性があります。ここ何ヶ月で周辺で何か工事とかありましたか?

依頼人
依頼人

新居の配線工事をしたことでしょうか。それしか思い当たることがありません。

調査担当者
調査担当者

配線工事の際に何か細工された可能性もありますね。他に何か変わったことは??

依頼人
依頼人

そうですね。いつできたか分からない「アザ」ができてたり、夜になるとピシっという音と同時に痛みを感じます。あと週一ペースでこむら返りで夜飛び起きたり。もしかして、これも電磁波の影響なのでしょうか。

調査担当者
調査担当者

可能性は否定できませんが、自宅と自宅周辺の電磁波の数値を計ってみましょう。

調査担当者
調査担当者

電磁波の数値はそんなに高い数値ではありませんが、寝室がかなり電磁波の数値が強いですね。

調査担当者
調査担当者

いつもここで寝ているのですか?

依頼人
依頼人

はい。たまに電化製品から音がでたりもするんで怖いです!

調査担当者
調査担当者

うーん。電磁波が強くでてるより、依頼人が電気を体に帯電してる可能性がありますから岩盤浴やミストサウナでアーシングするように心がけてください。あと、何か音がでたらスマートフォンのビデオ機能でもいいので部屋を撮影してみてください。私たちでも聞こえたら、これは何か意図的に音を出してることが証明できますので。

依頼人
依頼人

ありがとうございます。家族から心療内科に行こうと言われたばかりで。

調査担当者
調査担当者

電磁波の影響でない場合、化学物質過敏症も含め状況を把握してからでも遅くないですよ。

依頼人
依頼人

はい。数値は少し高めということなので自分できる範囲で対策します。あとはどこから照射されてるかわかればいいんですが。

調査担当者
調査担当者

必ずこの付近にいるはずですから。突き止めるように努めます。

依頼人
依頼人

ありがとうございます。お願いいします。

1回目の調査では電磁波の異常な数値は見えなかったが、不思議な音がしたので音が原因の可能性を伝えて周辺を調べることにした。

調査担当者
調査担当者

音の原因は、隣のエコキュートのヒートポンプではないでしょうか?30~40dBの低い音に「見えないストレス」を感じ体が反応した可能性があります。

依頼人
依頼人

電磁波ではなく、低周波音ってことですか?。

調査担当者
調査担当者

低周波音によって生じる健康被害が明確でなく、個人差が大きいとのことですが、電磁波の測定結果から電磁波より可能性が高いかと思います。

依頼人
依頼人

どうしたらよいですか?

調査担当者
調査担当者

迷惑に感じているということを冷静に伝え、改善してもらうように交渉しましょう。

依頼人
依頼人

内容証明にて伝えてみます。

低周波音の近隣トラブルに理解のある方で、移設工事を行う約束を得た。見た目では異常は見かけなかったが、工事が終わり、依頼人から「不穏な音や体の不調はない」と連絡があった。まだ少し不安があるので、何か変わったことがあればまた調査できるように整えると約束。 電磁波など見えない犯罪で困ってる人が多いから、今回の調査は次回の調査へつながるものなった。

まずは相談することから始めましょう

電磁波被害が周知されつつある

電磁波被害は統合失調症の幻覚・幻聴で片付けられてきましたが、昨年以上に探偵の電磁波被害の周知は拡散されているのか、調査項目のなかに「電磁波調査」の項目が増えてきています。それが、どういう意味を持つか、加害者側が拡散している「嘘の情報」に惑わされないように冷静な対応が必要となります。

電磁波被害について相談しよう

電磁波被害は統合失調症の妄想や、単なる思い込みや偶然ではありません。れっきとした犯罪です。当事務所では電磁波被害調査を徹底的に行っています。そのためには、皆さんの被害状況の確認が必要です。「探偵に頼んでもムダ」というアピールをしてきますが、当事務所では犯人を特定させるまで私たちの調査は終わりません。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop