探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 電磁波対策・測定調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2019/01/30 最終更新日: 2019/11/03
探偵ニュース
 公開日: 2019/01/30 最終更新日: 2019/11/03

電磁波対策・測定調査【よくあるご質問Q&A】

電磁波に関するQ&Aのページです。電磁波はスマートフォン、電化製品から発生しており電磁波が発生しない環境は皆無と言えます。ここ最近、電磁波による体調不良やテクノロジー犯罪の1つである身体被害を訴えてる人が水面下で増えているなかで、電磁波の影響について知ってもらおうと思いまとめて見ました。

電磁波対策相談窓口

ストーカー・嫌がらせ対策室

電磁波調査の依頼は必ず専門家に

電磁波対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。

電磁波対策調査は、一般的な浮気調査とは違い電磁波に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。他社で断られた相談、解決できなかった電磁波調査を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

電磁波被害とはなにか?

電磁波被害者の特徴

電磁波はスマートフォン、電化製品から発生しており電磁波が発生しない環境は皆無と言えます。ここ最近、電磁波による体調不良やテクノロジー犯罪の1つである身体被害を訴えてる人が水面下で増えているなかで、電磁波の影響について知ってもらおうと思いまとめて見ました。

  • 不眠症に悩まされている
  • 息苦しくなり窒息感が続く
  • 体がよく疲れるようになった
  • 頭痛や後頭部が重い
  • 皮膚のざわつき、皮膚にあたる感覚がある
  • 免疫機能の低下でアレルギー状態が続く
  • 集中力の欠如で考えがまとまらない

電磁波過敏症はストレスが蓄積されて起こると言われており、電磁波に敏感になるとそれだけ神経が高ぶった状態で生活を送らなければなりません。今起きてる体の不調が精神的なストレスからきているのか、電磁波による体の不調なのかはっきりするために、電磁波を正確に測定する必要があります。

電磁波は目に見えないので、電磁波の影響があると第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないリスクが高いので、電磁波の影響が人為的に行われている疑いがある場合、電磁波測定だけでは解決しないので専門家に必ずご相談ください。

探偵事務所が電磁波を測定する理由

測定だけで解決しない

電磁波の影響が、「人為的に行われている場合」測定だけでは解決しません。電磁波測定は「原因追及」であり探偵が行う意味は、「加害者の特定」になります。電磁波かもしれないなど確定要素がなくても「電磁波数値」ことを知ることで、ご自身が抱えている不安要素を取り除くことができます。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、専門機器の説明や調査方法や料金、解決方法についてわかりやすくご説明をさせていただきます。

最近よく耳にするエレハラ

このような嫌がらせを一般に「エレクトロニックハラスメント」と呼ばれています。日本では馴染みがないエレクトロニックハラスメントは海外では問題視されてるハラスメントの種類で、アメリカでは電磁波などの異常な照射を州法のなかで禁止しています。

日本の場合、総務省が電波に関する管轄を行ってますがエレクトロニックハラスメントの対策は皆無に等しく放置したままの状態で、電波の規制を望む声がでています。職場の嫌がらせパワハラやモラハラのなかにエレハラが隠れているかもしれませんので、その点も頭に入れおくと良いでしょう。

電磁波調査・測定に関連するQ&A

Q

電磁波は無害ですか?

A

無害説と有害説の分かれています。アメリカや欧米諸国は第二次世界対戦時、レーダーで観測してた兵士が白内障や身体的不調を訴えたデータがあるように、1970年代から電磁波について研究が始まったと言われています。研究の成果で、電磁波とガンとの因果関係があると発表。のちにWHO(世界保健機構)は電磁波が「可能性はある」としましたが、「無害」と研究成果を発表する研究者もいて、確証できる成果はまだありません。

Q

電磁波が発生しやすいところにいるとどうなりますか?

A

帯電しやすくなる。人の体は電気を蓄積する体質を持っています。体に電気が蓄積されると、体中がピリピリという感覚がしたり、頭がボーとする症状が確認されています。

Q

集団ストーカーに電磁波はつきものと言われてますが

A

加害行為の1つです。ワゴンを中継地点にしてピンポイントで電磁波をターゲットに照射する。スマートフォン型のデバイスを持って近距離から電磁波を照射する事例があります。

Q

電磁波を照射される感覚がありますか?

A

感覚はありません。電磁波の照射はほとんど「痛い」という感覚はありません。マイクロ波は体を通り抜けるため害は無いと言われていますが、ピンポイントで電磁波を照射されると、「頭があつい」「ピシピシ」と皮膚に当たる感触があります。

Q

電磁波は照射されるとどうなりますか

A

皮膚の表面にピシピシ当たる。体全体にピシピシ当たる感覚があり痛みもBB弾で撃たれた衝撃があるなど事例では報告されています。皮膚に当たる感触を対策は保湿クリームを体全体に塗ると、痛みを感じなくなる効果があると言われています。

Q

車が通ってないのに振動が伝わる

A

電磁波の可能性があります。遠隔でターゲットにの部屋だけに伝わる事例は多く、電磁波を強く照射されてる部屋ほど振動が伝わりやすいようです。

Q

思考盗聴が存在するなら加害者はどの辺りいますか?

A

ターゲットの近くにいます。思考盗聴はターゲットの近くにいないと脳のデータが読み取れないと言われており、ターゲットの自宅近辺に住んでいます。ターゲットの自宅近辺に不審な黒や白のワゴン車が停車してるのも見張りと電磁波の中継地点、思考盗聴したデータを仲間に送信する役割を担っています。

Q

外に出ると症状が落ち着く

A

部屋にピンポイントで照射されています。電磁波の対策として、外に出ると症状が和らいだという事例が多く寄せられてきています。また、一軒家だと必ずどこかに電磁波が照射されないポイントがあり、そのポイント(地下室など)を探して寝どころにしてる被害者もいます。

Q

睡眠妨害も電磁波の影響でしょうか?

A

可能性はあります。電磁波の睡眠妨害は、呼吸が困難になる・胸が痛くなる・心臓がドキドキするというのが朝まで続く。布団に入っているのに、何か体に攻撃されているような感覚がある。夜中に隣、近所から生活音が大音量で聞こえるなど被害はさまざまです。

Q

調査で異常が見えない

A

オフにしてる可能性があります。調査の時だけ、電磁波を照射してない可能性が高い。実際に電磁波による身体被害を受けてる人が数値を測定したところ、異常は見当たらない事例もあるかることから、継続的な数値の測定は必要でしょう。

Q

電磁波攻撃が怖い

A

加害者の仄めかしかもしれません。集団ストーカーの被害を受けてるのなら、加害者がターゲットによりストレス与える「仄めかし」かもしれません。電磁波を意識するあまりストレスが蓄積して、体調不良を起こすことは簡単にできます。

Q

対策はありますか?

A

電磁波の対策のグッズで様子をみる。スマートフォンから電磁波は発生してますから、電磁波を抑えるための「電磁波遮断ステッカー」などを貼る、アーシングする。寝室に電磁波シールド材を敷くなどがあります。

Q

部屋中に変な音が聞こえたら?

A

ビデオで撮影してください。部屋の中だと分かるようにビデオで撮影してください。メモで周辺の人の出入り、車の走行などを撮り、音が生活音でないことを証拠とすれば電磁波の影響と第三者が理解できるはずです。警察に相談する際にも、ビデオで撮影したものを見せると変な疑いを持たなくなります。

Q

電磁波測定調査でわかること

A

異常な電波が特定できる。数値を測定しないと電磁波が照射されてるの分かりません。異常電波が確認された時点で電波法に違法してるため、警察が動ける事案になります。

Q

加害者にも電磁波の影響はありますか?

A

被害者より影響は大きい。電磁波を照射してる際は、電磁波の磁場が発生してる可能性が高く、被害者よりも皮膚が土色だったり黒っぼい皮膚をしてる加害者が多いのも何かしら影響はあると考えています。

Q

電磁波盗聴は何ですか?

A

パソコンや周辺機器から発生する電磁波から情報を盗む技術のこと。指向性アンテナを目的の電子機器に向ける。そうするとパソコンのキーボードの接続ケーブル、ネットワークケーブル、USBコネクターから発生する微弱信号をキャッチして、盗聴された情報が画像に移る仕組みになっています。

Q

電磁波盗聴されないためには

A

対策として電磁波対策用のパソコンを使用する。電磁波を遮断するグッズなどで室内の電磁波を遮断する。パソコンのデータのアップデート定期的に行い、パソコンの初期化設定してから使用する。

電磁波測定依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop