探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 電磁波によるテクノロジー犯罪
公開日: 2019/02/27 最終更新日: 2020/08/16
探偵ニュース
 公開日: 2019/02/27 最終更新日: 2020/08/16

電磁波によるテクノロジー犯罪

電磁波過敏症はストレスが蓄積されて起こる症状と酷似していますが、実際には体内に電磁波が溜まっている状態=帯電状態において起こる症状と言われています。電磁波に敏感になるとそれだけ神経が高ぶる生活を送らなければなりません。今起きている体の不調が精神的なストレスからくるのか、電磁波からくるものなのかはっきりさせるために、電磁波の測定を行う必要があります。

身体被害について

テクノロジー犯罪の1つで電磁波による身体被害が報告されています。実際、マイクロ波を始めとした電磁波は普段は身体を通り抜けて何も感じません。しかし、体内に電磁波を集める帯電状態となる事で、電磁波で身体を攻撃することが可能との報告があり、適切な対応により被害者の体内から電磁波を排出できたと動画サイトで配信されました。

具体的な被害例
  • 皮膚の表面でヒリヒリする感覚がある(電磁波被害)
  • 24時間室内室外どこでも音が聞こえ休む暇もない(睡眠妨害)
  • 映像が横切るような感覚が続き、朝まで誹謗中傷の声を伝えて錯乱状態にさせる(音声送信)
  • 帰宅すると居場所が特定され電磁波攻撃にあう(電磁波被害)
  • 頭の中で誰かの声が聞こえる(テクノロジー犯罪)

電磁波で簡単に体の不調が起こる

組織的な嫌がらせの被害にあっている人に共通する点として、『常に体調不良が起こりやすい環境に身を置いていること』が、調査によりしばしば判明します。電磁波を調査するNPO法人の調査結果によると、加害者が高周波や低周波を毎日同じ空間に照射することで、まるでラジオの周波数を合わせるように被害者の人体に以下のような症状を作り出すことができると言われています。

電磁波照射によって様々な体調の不調を故意に作りあげることができ、例えば大切な会議やプレゼンの前後になると体調が悪くなるという傾向があれば、高周波や低周波などの電磁波が異常に照射されてる可能性があります。

もしこのようなことが職場で起きてるのであれば、職場の半径50m範囲内に中継点があると考えられ、例えばワンボックスカーやワゴン車から照射を行っている可能性があります。また、電波塔などが近くにあれば電波塔からの影響が強いので、職場の周囲に電波塔があるかどうか確認してみるのもいいかもしれません。

このような嫌がらせを一般に「エレクトロニックハラスメント」と呼ばれています。日本では馴染みがないエレクトロニックハラスメントは海外では問題視されているハラスメントの種類で、アメリカでは電磁波などの異常な照射を州法の中で禁止している地域もあります。日本の場合、総務省が電波に関する管轄を行っていますが、エレクトロニックハラスメントの対策は皆無に等しく法整備も整っていないため、電磁波の規制を望む声がでています。

話は脱線しましたが、職場の嫌がらせパワハラ モラハラのなかにエレハラが隠れているかもしれませんので、その点も予め把握しておくと良いでしょう。

解決手段をどう選択するか

この状況をどうしたいか?

様々な試行錯誤の中から、やはり具体的な解決手段を取らなければ・・・と考えた時には、まずは『あなたが今の状況をどのように解決したいのか?』という明確な目的、着地点が必要になってきます。その上で、その着地点に向かうための具体的な手段を考えることになります。つまり、実際に何らかの行動を起こす前に、まずは冷静になって、状況を的確に把握することが大切となってくるのです。そのために具体的に何をすればいいのかを、専門相談員と一緒に考えてみましょう。

電磁波は個人の感情的なものか、組織による意図的なものか

電磁波被害の原因は、このいずれかを見極める必要があります。個人の感情的な嫌がらせが原因と考えられる場合、比較的容易に解決できるケースは少なくありません。そのカギを握っているのは「ご依頼者から頂く情報」になります。電磁波調査は、事前情報を基に調査を行うため曖昧な情報だと解決まで遠回りしてしまう可能性があります。嫌がらせ行為者が複数または組織による意図的な嫌がらせの場合、予めご依頼者が事前情報を全て把握し担当に伝えることが難しいので、現状把握から調査することをおすすめします。

電磁波調査料金のご説明

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金比較

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop