テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪レポート

Technology report

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪レポート > 電磁波によるテクノロジー犯罪の解決手段
公開日: 2022/02/05
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪レポート
 公開日: 2022/02/05

電磁波によるテクノロジー犯罪の解決手段

テクノロジー犯罪の一つ「電磁波攻撃」は人体に悪い影響を与えることを目的としていますが、身体的影響より精神面に及ぼす影響が大きく、通常の社会生活に支障が出るほどの悪質な嫌がらせです。

目に見えない電磁波攻撃は「電磁波の悪用」を数値化しなければ証明が不可能です。日本ではテクノロジー犯罪そのものが「無い」とされていますが、ここではテクノロジー犯罪についてまとめたのでご覧ください。

目次|テクノロジー犯罪による電磁波被害相談窓口

専門家
テクノロジー犯罪調査
2022年2月5日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、電磁波によるテクノロジー犯罪でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

電磁波攻撃とは何か

電磁波によるテクノロジー犯罪

電磁波攻撃による嫌がらせは、別名「エレクトロニックハラスメント」と呼ばれています。日本では馴染みがないエレクトロニックハラスメントは海外では問題視されているハラスメントの種類で、アメリカでは電磁波などの異常な照射を州法の中で禁止している地域もあります。

日本の場合、総務省が電波に関する管轄を行っていますが、エレクトロニックハラスメントの対策は皆無に等しく法整備も整っていないため、電磁波の規制を望む声がでています。

話は脱線しましたが、職場の嫌がらせや近隣トラブルのなかにエレハラが隠れているかもしれませんので、その点も予め把握しておくと良いでしょう。

電磁波を利用した特殊技術

電磁波攻撃は、その名前の通り目に見えない「電磁波」を人体に継続的に浴びせることによって体調不良を人為的に起こし、生活に悪影響を与えることを目的としたテクノロジー犯罪です。

目に見えないことから、周りの人たちからは体調不良が電磁波攻撃によるものと理解されにくく、周囲から孤立していく傾向があります。

テクノロジー犯罪によって被害者が孤立状態になることも、電磁波攻撃の副次的な効果を狙って行なわれる場合もあります。

テクノロジー犯罪の相談事例

誰が電磁波攻撃をするのか

電磁波被害による身体被害

テクノロジー犯罪の1つで電磁波による身体被害が報告されています。実際、電磁波では本来人間は何も感じません。
しかし、電磁波攻撃によって体内で電磁波に対するアレルギー反応を起こす場合があります。

  • 近隣住人から些細な理由で因縁をつけられ至るところで体調を崩すようになった。
  • アパートの隣の方角を向くと痺れるような感覚に襲われる。日に日に痺れが強くなっており何とかしたい。
  • 田舎の一軒家に住んでいるが、家に帰ると体調不良になる。嫌がらせを受けている可能性が高いので確かめたい。
  • 外出先で体に電気が走るような不快感を感じることが多くなった。集団で嫌がらせをされているかもしれないので調べてほしい。
  • 職場の人間関係のトラブルから特殊電波による嫌がらせを受けるようになった。
その他の被害事例
  • 皮膚の表面でヒリヒリする感覚がある(電磁波被害)
  • 24時間室内室外どこでも音が聞こえ休む暇もない(睡眠妨害)
  • 映像が横切るような感覚が続き、朝まで誹謗中傷の声を伝えて錯乱状態にさせる(音声送信)
  • 帰宅すると居場所が特定され電磁波攻撃にあう(電磁波被害)
  • 頭の中で誰かの声が聞こえる(テクノロジー犯罪)

テクノロジー犯罪被害を解決したい!

解決手段をどう選択するか

試みと失敗を繰り返しながら、やはり具体的な解決手段を取らなければ…と考えた時には、まずは「どのように解決したいのか?」という明確な目的、着地点が必要になってきます。

なぜなら、テクノロジー犯罪を1日で解決できるような魔法は存在せず、定期的な証拠収集が必要であり、立証が難しい加害に執着すると振り回され続けてしまいます。

測定機器の選び方や測定方法、測定時間帯などポイントを押さえた調査を根気よく繰り返していくことで解決という「ゴール」が見えてきます。

つまり、実際に何らかの行動を起こす前に、冷静に状況を把握することが必要となります。しかし、冷静にと簡単にいっても当事者である被害者が冷静に考えることが難しいことを私たちは理解しています。

そのような状況だからこそ、具体的に何をすればよいのか専門家と一緒に考えてみましょう。

原因不明では終わらせないサポート

体調不良や電磁波過敏症の諸症状が違法な照射によるものとわかれば、さらに踏み込んで誰が電磁波を違法照射していたのかを突き止めます。

異常照射された電磁波の検出量と嫌がらせをしていた集団ストーカーを特定できれば、彼らの迷惑行為を立証できます。私ども「対策専門窓口」の調査員は電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格を保有しています。

ご依頼をいただければ、違法な電磁波が照射されているのかどうかを調べに参ります。ご連絡をくだされば調査方法や調査プロセスなどをご説明するので、お気軽にお問い合わせください。

真実を知らなければ何も変わらない

テクノロジー犯罪調査料金について

電磁波測定調査料金のご説明

探偵各社が提示している電磁波の測定料金を見るときに必ず確認していただきたい項目をご説明します。

探偵社によっては「1時間いくら」で電磁波測定を請け負うところもありますが、電磁波測定は短時間で行なう意味がありません。平均的な数値も短時間ではわかりません。

「いつ」電磁波攻撃を仕掛けてくるかわからないからこそ、早朝から深夜まで現場(室内および屋外)に張りつき、電磁波の発生量を測定を行なうべきです。

私ども「ストーカー・嫌がらせ専門窓口」では解決を目的とするので、調査時間で料金の変動はありません。

電磁波攻撃の有無を確認できるまで、電磁波測定士の資格を持った調査員が徹底的に測定調査をいたします。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かかることはありません。

テクノロジー犯罪調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

テクノロジー犯罪相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、テクノロジー犯罪の内容、テクノロジー犯罪に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop