探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせがエスカレートした場合
公開日: 2018/12/13 最終更新日: 2018/12/04
探偵ニュース
 公開日: 2018/12/13 最終更新日: 2018/12/04

嫌がらせがエスカレートした場合

嫌がらせは継続的に起こったり、持続性がなかったり、あからさまな嫌がらせ行為から、念密な計画で行われていたりといろいろなパターンで被害者を追い込んでくる加害者。ときには嫌がらせがエスカレートして危険な目にあうこともあります。その際にどのような対応をしていけばよいか考えてみましょう。

嫌がらせがエスカレートする場合

嫌がらせがエスカレートする場合は、相手の都合が悪い時にエスカレートする場合が多いです。とくに、被害者を監視してるもしくは、盗撮してる時に被害者が気付いて注意した場合、その直後に仲間が被害者に対して、ひどい嫌がらせをされたという事例が多いのです。

  • 無言電話やいたずらメールが増えた
  • 近隣の態度が急に冷たくなった
  • 夜中に騒ぐもしくは壁を叩く行為
  • ネット掲示板に悪口を書かれる

命の危険はないとはいえ、精神的なダメージをうけて助けを求める被害者は多くなっています。とくに、リペンジポルノのように個人情報をネットの掲示板で晒されて、毎日のように不審な車が停車したり、集団無視、近隣の騒音など、ありとあらゆるやり方で執拗な嫌がらせがエスカレートしていく背景があります。

エスカレートする理由の1つとして考えらるのは、嫌がらせが被害者にとって「日常」になってきたこと。執拗な嫌がらせを毎日のように行われると、それ自体が「当たり前」になり被害と思わなくなるケースと嫌がらせ行為に被害者が防御を練るようになり、嫌がらせを回避するようになったケースの2つが考えられます。

もし、嫌がらせがエスカレートして恐怖感を感じたら、警察に通報してありのままの状況を伝え、「怖いから自宅まで付いてきてください」といえば、警察もそのような対応をとりますので、決して1人で立ち向かうようなことはしないでください。

同じ被害者や協力者を得た時に嫌がらせがエスカレートになる場合もある

加害者は絶対に被害者同士が関わらないように警戒してるので、SNSのツールで近くの被害者同士が会った場合、情報が漏れるとマズイので、被害者同士を引き離す手段を選びます。そのため、嫌がらせがエスカレートして、被害者を孤立した状態にさせてる可能性も考えられます。また、加害者に不利になる協力者の登場によって、被害者が協力者に会いに行かせないように妨害をキツくする。そして、協力者にも被害者にあわせないように妨害する可能性もありますので注意が必要です。

エスカレートしても冷静に

上記で嫌がらせがエスカレートする背景を見てきましたが、エスカレートした場合でも冷静に見て、記録を取れる余裕があれば記録して、すぐに専門機関とかに相談できる環境があれば相談するようにしてください。被害者のなかには、嫌がらせがエスカレートして外に出られなくなったり、仕事を失ったりと二次被害が出ている事例も見受けられます。嫌がらせがエスカレートしても自分の生活する環境だけはできるだけ確保して、普段と変わらない生活するのが望ましいでしょう。

エスカレートしてくる加害者を無視できるところは無視して、無視できない場合は、調査会社などの専門家と一緒に対応策を練り、実行するような環境であれば被害者の心に余裕ができるはずです。どうか、1人で怖がらないでください。

ストーカー・嫌がらせ被害についてお聞かせください。

ストーカー・嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。嫌がらせは、浮気調査とは違い嫌がらせに関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵であればどこでも解決できるわけではありません。

解決手段をどう選択するか

この状況をどうしたいのですか?

様々な試行錯誤の中から、やはり具体的な手段をとらなければ・・・と考えた時には、あなたが今の状況をどのように解決したいのかという明確な目的が調査には必要になってきます。その上で、具体的な手段を考えることになります。でも、なかなか頭の中でまとまらなかったりしますので、メモのような形で文章化して少しずつ整理していきましょう。

状況を客観的に把握することの重要性

何らかの行動を起こす前に、まずは冷静になって、状況を的確に把握することが大切です。そのためには、具体的に何をすればいいのかを、専門相談員と一緒に考えてみましょう。

嫌がらせは個人の感情的なものか、組織による意図的なものか

嫌がらせ行為の原因は、このいずれかを見極める必要があります。個人の感情的な嫌がらせの場合、比較的容易に解決できる可能性がありますが、そのカギを握っているのは「事前情報」になります。

嫌がらせ調査は、事前情報を基に調査を行うため曖昧な情報だと解決まで遠回りしてしまう可能性があります。嫌がらせ行為者が複数または組織による意図的な嫌がらせの場合、事前情報を全て把握し、担当に伝えることが難しいので現状把握から調査することをおすすめします。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop