集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > こんな間違いをしていませんか?【集団ストーカーQ&A】
公開日: 2018/12/15 最終更新日: 2021/02/18
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2018/12/15 最終更新日: 2021/02/18

こんな間違いをしていませんか?【集団ストーカーQ&A】

集団ストーカーについてお答えするQ&Aのページです。ここでは集団ストーカーに関する質問や疑問をまとめてみました。集団ストーカー対策の参考にしていただければと思います。

集団ストーカーについて正しく理解しましょう!│目次

集団ストーカー犯罪の周知

一人で解決することが難しい犯罪

集団ストーカーとは、集団で(もしくは組織的に)ガスライディングのような嫌がらせを仕掛ける、盗聴や盗撮をしなければわからない個人の情報を「知っている」「秘密を握っている」と仄めかす、ターゲットにした相手が周囲や近隣住人に疎まれたり避けられたりするように仕向けて精神的に追い込んでいく犯罪を言います。

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されるようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。

集団ストーカーは情報操作で孤立に追い込む

集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

集団ストーカーの情報収集方法

孤立すると深みにはまる

集団ストーカーはターゲットにした相手の情報を盗聴や盗撮で入手したりもしますが、ターゲットと親しい人や身近な人にさりげなく聞き込んだりすることもあります。SNSでの「友だち」や職場の同僚に他意はないのに、友人らに情報が流されたと思い込み、誰も信用できなくなると孤立化が進みます。

味方もいなくなる

しかし、集団ストーカーはその孤立した状態を望んでいると思ってください。ターゲットに相談する友人知人もいないとわかれば、ストーカー集団の嫌がらせはエスカレートし、精神的にもますます追い込まれていく可能性があります。そのため、友人らとの関係を断ち切るようなことはすべきではありません。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーが突然始まったらどうすればいいでしょうか?

A

感情的にならず冷静な対応が必要です。集団ストーカーは長い時間をかけて、ターゲットにした相手の長所・短所や行動パターンを分析してから仲間を動員して嫌がらせを始めます。突然かつ不自然に行く先々に現れますが、できうる限り動じないようにしてください。基本は「無視」「気にしない」が最も有効な対策方法です。

Q

道先でつきまとってきた人を見かけたらどうすればいいですか?

A

つきまといと確信したら警察に通報しましょう。集団ストーカーはターゲットにした相手から声をかけられるのを非常に嫌がる傾向があります。話かけられる状況であれば「私に何か用ですか?」と声をかけて、反応を探りましょう。身の危険を感じるようなときは、警察に連絡して対処してもらいましょう。

Q

単独行動は危険ですか?

A

1人はあまりおすすめできません。集団ストーカーはターゲットが単独行動をしているときのほうがつきまといやすいので、できるだけ一人歩きは避けるなど、複数の人と行動するようにしてください。どうしても1人で出かけなければならない場合は、嫌がらせの証拠を残せるように、ICレコーダーをすぐに取り出せる状態にしておく、または携帯ですぐに動画録画できるようにするなどの準備をしておくといいでしょう。

Q

音で嫌がらせしてくる場合はどうすればいいでしょうか。

A

音を遮断してみましょう。集団ストーカーによる嫌がらせの1つに「ノイズキャンペーン」があります。これは、生活音に紛れさせてさまざまな音をターゲットに聞かせ、音に対して過敏になるように仕向ける嫌がらせです。アパートなどの上の階や隣室で一晩中コツコツと音を立て、ターゲットを眠らせないようにする嫌がらせも「ノイズキャンペーン」と呼ばれます。対策は、耳栓やヘッドオン型のイヤーマフを装着するなどして音を遮断することです。集団ストーカーは嫌がらせをしていることをターゲットに「気づかせる」のも目的なので、「気がつかない」ことも防御になります。

Q

証拠集めに動画を撮っても大丈夫ですか?

A

各都道府県の迷惑行為防止条例に違反しない場所であれば問題ありません。集団ストーカーのメンバーも自分たちがやっていることは「犯罪」だという自覚があるので、嫌がらせの様子を撮されても騒ぐことはまずないと思っていいでしょう。バスや電車など公共の乗り物の中で撮影すると条例違反になることがあるのでに、改札口付近や歩道などのほうが、証拠映像を撮りやすいかもしれません。

Q

仄めかしが怖いのですが?

A

いいえ、仄めかしは怖くありません。集団ストーカーはターゲットの個人情報を入手し、「お前の秘密を知っている」などと仄めかして不安にさせますが、彼らが得た情報はターゲットが投稿したSNSの内容を閲覧したり、友だちとの会話を盗聴して得たものがほとんどだったりします。集団ストーカーに仄めかされたとき、彼らに全てを知られていると誤解すると、集団ストーカーの思惑どおりになってしまうので、どのようなことを仄めかされても「私には無関係」という態度でやり過ごしてください。むしろ気をつけなければならないのは、交友関係や外部との連絡を絶ってしまうことです。上述(『孤立することで深みにはまる』)したように、ターゲットの「孤立」は集団ストーカーを喜ばせ、嫌がらせにますます拍車がかかる危険性があります。

Q

メディアやブログの仄めかしがある

A

情報操作の1つなので、気にする必要はありません。集団ストーカーは、仄めかしやつきまとい行為などの嫌がらせでターゲットが心理的に追い込まれているのがわかるので、メディアやブログなどを通してさらに「監視しているぞ」と思わせて不安にさせるための演出に過ぎません。これも「気にしない」とご自身に言い聞かせてください。

Q

風評被害が起きてる?周囲の目がおかしいのですが?

A

事実確認が必要です。風評被害が一部の人たちだけでおきていることなのか、ネットの掲示板などを使い広範囲に広まっているのか確認する必要があります。自分で確認するには限界がありますので、信用できる友人や近隣住民に協力してもらい、はっきりするまでは普段と変わらない生活をしましょう。

Q

加害者に仕返ししてもいい?

A

絶対にいけません。集団ストーカーは「犯罪」なので、犯罪に犯罪で返すようなことは近代社会では許されません。感情的な行動は謹んでいただきたいと思います。過去には集団ストーカーの被害に遭った方が反撃に転じたというケースもないわけではありませんが、仕返しは集団ストーカーを刺激することにもなるので危険が伴います。仕返しを考えるよりも、嫌がらせの事実や証拠をつかみ、警察への通報や被害を被ったとして損害賠償を請求するか、訴訟を起こすなどの方法を考えましょう。

Q

「仄めかし」はICレコーダーで録音したほうがいい?

A

録音はきわめて有効な手段です。集団ストーカーの加害者は「仄めかし」を録音されると、自分たちがしている嫌がらせが暴かれることになるため、録音・録画などの対抗措置を非常に嫌がります。外出時は常にICレコーダーをオンにして音を録音し続けてください。

Q

騒音が聞こえるのは周辺の人が故意でやっているのでしょうか?

A

集団ストーカーが遠隔操作している可能性もあります。集団ストーカーはターゲットが近隣住人とトラブルを起こすように仕向けて、「危険人物」に仕立てあげたり、今の住まいより嫌がらせをしやすい環境に転居させる「追い出し」をしたりするので、指向性スピーカーを遠隔操作して音を出し、トラブルを起こさせようとしている可能性も考えられます。断続的に音がする、決まった時間に音が聞こえるなど状況はさまざまかもしれませんが、不審に感じたら専門家に調査を依頼してください。

Q

自宅の周辺で奇声が頻繁に聞こえて怖い

A

気にしないことです。これも集団ストーカーがよくやることの1つで、「ストリートシアター」と呼ばれる嫌がらせの可能性が高いですが、ストリートシアターは嫌がらせをしていることを意識させるのが目的なので、奇声を発したり怒鳴り合いをわざと聞かせたりしますが、危害を加えるなどの危険行為に発展することはほとんどありません。裏付けがない以上、奇声などが聞こえても「気にしない」のがいちばんです。

Q

集団ストーカーは自宅に侵入すると聞きましたが…

A

自宅に侵入した時点で罪に問うことができるので、すぐに警察に通報してください。在宅中に集団ストーカーの侵入に気づいたら、一般の方でも「住居侵入罪の現行犯」で逮捕することができます。不在にしているあいだに自宅に侵入されると、盗撮器や盗聴器を仕掛けられたりwifiを乗っ取られるリスクがあるので、帰宅後に室内の異変に気づいたら警察に連絡するか、盗聴・盗撮・wifiの対策に詳しい専門家に盗聴器の類が仕掛けられていないか調査を依頼したほうがいいでしょう。

Q

集団ストーカーを訴えることは可能ですか?

A

ストーカー規制法という法律があるので、集団ストーカーでも(主犯格・実行犯を特定して)訴えることはできます。「集団ストーカーは、今の日本の法律で訴えることは難しい」との情報を確認することがありますが、これは「情報操作」と判断すべきでしょう。集団ストーカーは犯罪の「複合体」なため複雑に考えてしまうだけで、実際は逮捕例もあり加害者を訴えることは可能なのです。

Q

被害者がやるべきことはありますか?

A

危険が伴わないという前提ならば、やってみたほうがいいことはあります。例えば、SNSなどを通じて集団ストーカーの被害に遭った方々と交流を図り、情報を共有することなどです。同じ経験をされた方々との交流は情報収集ができる以外にも、自分がどのような嫌がらせや被害を受けたかを発信し拡散することで、より多くの人に集団ストーカーの現状を知ってもらうきっかけにもなります。実際にSNSを通じて知りあった方からのアドバイスや情報で、集団ストーカー問題を解決できたという方もおられるようです。ただし、最近ではこのような周知活動が活発になっている反面、行動を起こしたことを集団ストーカーに知られ、被害が拡大する可能性もあるので、周知活動は専門家と相談しながらやるようにしてください。

Q

集団ストーカーの被害に向き合うためには?

A

悲観的にならずに、被害にあわせて生活を変えてみましょう。望ましいのは集団ストーカーの被害に遭っても、普段どおりに生活することですが、スーパーなどの外出先に現れて嫌がらせをするような場合は、ネットスーパーを利用してみたり、ご家族と一緒に買い物に行くようにしてみたりするなど、生活スタイルや環境を変えてみましょう。

Q

家族に被害のこと話し方がいいでしょうか?

A

ケースバイケースです。最近は集団ストーカーの被害に遭われた方が周知活動に取り組むケースも目立ちますが、ご家族が集団ストーカーをよくご存知でなければ、「複数の人につきまとわれてる」とやんわり話したほうがいいかもしれません。

集団ストーカーは犯罪です!

集団ストーカーに巻き込まれていませんか?

集団ストーカーは統合失調症による妄想や思い込み、偶然などではなく、れっきとした犯罪です。当事務所では犯人を特定するまで調査は終えることはありません。

安心の解決サポート

解決サポートは土日・祝日を含む365日、何度でもご利用可能です。追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者に直接つながるので、ご依頼者をお待たせしません。

集団ストーカー対策依頼方法

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには証拠が必要です。証拠がない限りは、むやみに動くと被害を受けている方のほうが不利になることもあります。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、普段どおりに生活してください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop