探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 集団ストーカーについて知りたい【Q&A】
公開日: 2018/12/15 最終更新日: 2019/03/20
探偵ニュース
 公開日: 2018/12/15 最終更新日: 2019/03/20

集団ストーカーについて知りたい【Q&A】

集団ストーカーについてお答えするQ&Aのページです。特殊な被害の集団ストーカーに関することをまとめてみました。対策や防御に対応できるようにまとめて見ましたのでご覧ください。

集団ストーカーについてよくある質問をまとめました。

集団ストーカー犯罪の周知

情報の信ぴょう性について

ガスライディングを集団で行い、あたかも盗聴や盗撮しないと分からない個人の情報を仄めかし、周囲が敵に囲まれたような生きにくい環境を作るような犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。

集団ストーカーは統合失調症の幻覚・幻聴で片付けられてきましたが、昨年以上に探偵の集団ストーカーの周知は拡散されているのか、調査項目のなかに「集団ストーカー」の調査が増えてきています。

それが、どういう意味を持つか、集団ストーカー側が拡散している「嘘の情報」に惑わされないように冷静な対応が必要となります。

集団ストーカーについて相談しよう

集団ストーカーは犯罪です。

集団ストーカーは統合失調症の妄想や、単なる思い込みや偶然ではありません。れっきとした犯罪です。当事務所では集団ストーカー調査を徹底的に行っています。不特定多数の場合で恋愛以外の付きまといに関してストーカー規制法の対象外ですが、不特定多数とは言っても少数で活動しています。

しかも、小規模な組織だと顔が割れるリスクから絶対に顔を隠して行為する傾向があるので、被害者自身で行う調査には限界があり、あまり深く入り込むと危害を加えるリスクが高いのでおすすめしません。当事務所では犯人を特定させるまで私たちの調査は終わりませんので、安心して相談できるかと思います。

集団ストーカーの情報収集

孤立することで深みにはまる

集団ストーカーが、ターゲットの情報を知る方法は盗聴・盗撮もありますが、身近な人から聞き込むこともあります。SNSでの「友達」や職場の人間が、情報を「加害者」に流しているケースもあり、集団ストーカーが作り上げる「不信感」により、ネット上の友達ですら信用できなくなり孤立化がどんどん進む形になるのです。

それを逆手にとってあえて自分から発信する情報を断ち切り、孤立の状態を作ることで情報漏えいを回避することができますが、相手も孤立することを望んでいる(相談相手を断ち切る)ので、自分から孤立することはおすすめできません。

集団ストーカー対策

集団ストーカーに復讐したい気持ちは痛いほど理解できますが、解決するには徹底的な証拠が必要です。証拠がない限りは、むやみに動くと被害者側が不利になります。被害者ができること、専門家ができることをきちんと認識して行動することが集団ストーカー対策の大きな力となるでしょう。専門的なことは専門家に任せて、普段通りに生活するように意識してください。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーが突然始まったらどうすればいいでしょうか?

A

感情的にならず冷静な対応が必要です。集団ストーカーの被害は長い時間をかけて、ターゲットの長所・短所や行動パターンを分析してターゲットの前に加担者を配置させます。突然かつ不自然に行く先に現れますが、基本は「無視」「気にしない」が最も有効な対策方法です。

Q

道先で付きまとってきた人を見かけたらどうすればいいですか?

A

つきまといと確信したら警察に通報しましょう。集団ストーカーの加担者はターゲットに声をかけられることを非常に嫌がる傾向があります。話かけられる状況であれば「何か?私に用ですか?」と声をかけて、反応を伺いましょう。身の危険を感じるのであれば、警察にいち早く連絡して対処してもらえるようにしてください。

Q

単独行動は危険ですか?

A

1人はあまりおすすめしません。集団ストーカーの加害行為はターゲットが単独で行動をしてる時のほうが加害しやすいので、なるべく複数の人と行動をすることをおすすめします。どうしても、1人で行動しないといけない場合、証拠が取れるようにしておくといいでしょう。

Q

音で嫌がらせしてくる場合はどうすればいいでしょうか。

A

音を遮断することから始めて下さい。集団ストーカーの加害行為の1つ「ノイズキャンペーン」の対策は、耳栓やヘッドオン型のイヤーマフをつけると音を遮断するので、1つの防御策として持っていると精神的に余裕ができると思います。集団ストーカー被害はターゲットに「気づかせる」ことを目的としているので、「気が付かない」ことも防御の一つです。

Q

証拠集めに動画を撮っても大丈夫ですか?

A

大丈夫な場所なら可能です。各都道府県の迷惑行為防止条例に違反しなければ問題ありません。加害者も「犯罪」であることを自覚しているので、「盗撮された」と騒ぐ加害者は少ない傾向があります。条例違反を防ぐために、バスの車内よりは歩道、改札口付近、などで撮影したほうが、加害者が自然にターゲットの前に現れやすいので、証拠は取れやすいでしょう。

Q

仄めかしが怖いのですが?

A

仄めかしは怖くない。集団ストーカーの被害者の大半は「仄めかし」が原因で外部との連絡を断ち切ってしまう傾向がありますが、仄めかしの大半はターゲットがSNSの投稿した内容を閲覧したり、友達の会話を盗聴で得た情報を悪用してるだけです。全て仄めかしと誤解してしまうと、加害者の思惑通りになってしまうので、仄めかされても「私は無関係」を通してやり過ごしてください。

Q

メディアやブログの仄めかしがある

A

情報操作の1つです。同じ集団ストーカーの被害者同士でも、その人のブログを見て「仄めかし」と訴える被害者がいるぐらいで、仄めかしや付きまといで心理的に追い込まれている状況にあるため、メディアやブログなどを通して自分を監視してると思わせるための演出です。「気にしない」ごく普通のことと言い聞かせてください。

Q

風評被害が起きてるか分からないのに、周囲の目がおかしい

A

実際は細かく情報が分散されてる。地域によっては近所にターゲットの悪評を拡散されたケースもありますし、加害者グループだけで拡散されているケースの二種類が考えられます。家族、親戚、友達まで悪評が拡散されてなければ、加害者だけに悪評が拡散されてる可能性があります。近所から「追い出し」行為がない以上は普段と変わらない生活をしましょう。

Q

加害者に仕返ししてもいい?

A

感情的になって行動することはおすすめしません。危険が伴うのでおすすめはできませんが、加害者が被害者に対する行為をそのまま加害者に行ったケースがあり、大半は被害者にやり返す加害者はいなかったデータがありますが、刺激せずにやり過ごしたほうがいい時もあります。

Q

加害者はどこまで追尾してくるのか?

A

被害者によってさまざまです。危険が伴うのでおすすめはできませんが、加害者が被害者に対する行為をそのまま加害者に行ったケースがあり、大半は被害者にやり返す加害者はいなかったデータがありますが、刺激せずにやり過ごしたほうがいい時もあります。

Q

ICレコーダーで音を録音した方がいい?

A

自分の仄めかしを把握するメリットがある。集団ストーカーの加害者は「仄めかし」を暴かれたくないため、音を録音されることを非常に嫌がる傾向があります。外出時は常にICレコーダーをオンにして音を録音し続けてください。確認するうちに「仄めかし」が把握できることで、仄めかしを無視することができます。

Q

騒音が聞こえるのは周辺の人たちが故意でやっているのでしょうか?

A

遠隔で操作してる可能性もある。集団ストーカーの目的として、ターゲットの自宅周辺の人とトラブルを起こさせて、ターゲットを「危険人物」と仕立てあげることと、加害がしやすい環境に引っ越しをさせる「追い出し」を行うため、遠隔で音を拾い指向性スピーカーで音を出してる可能性があるので、専門家による調査が必要となってくるでしょう。

Q

自宅の周辺で奇声が頻繁に聞こえて怖い

A

気にしないこと。集団ストーカーの加害行為の1つ、ストリートシアターの可能性が高いですが、裏付けがない以上、聞こえても「気にしない」聞こえる部屋から離れるようにしてください。

Q

集団ストーカーは自宅に侵入すると聞きましたが

A

警察に連絡してください。自宅に侵入された場合、盗撮器 盗聴器など設置されたりwifiを乗っ取られるリスクがありますので、警察の対応と盗聴・盗撮・wifiの対策に詳しい専門家に連絡が取れるようにしましょう。

Q

加害者に将来的に訴えることは可能ですか?

A

条例や民法で犯罪が当てはまれば可能です。集団ストーカーというくくりでは、今の日本の法律で訴えることは難しいと言えます。しかし、集団ストーカーは犯罪の「複合体」なため、各都道府県の迷惑行為防止条例違反、道路交通法、民法で違反と判断されれば、加害者を訴えることは可能でしょう。

Q

被害者がやるべきことはありますか?

A

危険が伴わないことを条件として。Twitterなどで同じ集団ストーカーの被害者さんと情報を共有することで解決された方もいるとの事です。自分の起きた状況を自ら発信したり専門家に伝えるなど、その被害に関する対策を考え拡散することで、いろいろな情報を得ることはできます。ただ、最近は周知活動も活発に起きていると同時に被害も悪化してる傾向があるので、専門家と常に相談しながら行ってください。

Q

集団ストーカーの被害に向き合うためには?

A

悲観にならずに、被害にあわせて生活を変える。集団ストーカーの被害に遭われても、一般的な常識を持って普段通りに生活することです。スーパーなど外出先での被害がひどい場合は、ネットスーパーで購入したり買い物を家族にサポートしてもらったり、生活環境を被害にあわせて工夫してみましょう。

Q

家族に被害のこと話し方がいいでしょうか?

A

ケースバイケース。集団ストーカー被害者の家族の性格まで分析してるので、被害を理解されたケースと理解されないケースが二極化が目立っています。最近は周知活動のポスターを拡散する被害者もいらっしゃいますが、周知のポスターを見せて、集団ストーカーいうより「複数の人に付きまとわれてる」とやんわり話した方がいいかもしれません。家族の反応を見て、手応えがなければ早めに切り上げたほうが無難です。

集団ストーカー対策専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、嫌がらせの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop