探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 集団ストーカー被害者に必要な対策・犯人特定
公開日: 2018/12/21 最終更新日: 2019/11/05
探偵ニュース
 公開日: 2018/12/21 最終更新日: 2019/11/05

集団ストーカー被害者に必要な対策・犯人特定

都道府県迷惑行為防止条例の改正やインターネット上の周知、集団ストーカーというワードが以前より知れ渡ってきました。集団ストーカーの言葉は知らなかったけど、複数の嫌がらせ行為や騒音被害、監視行為など「噂」でしかなった現状が明らかになってきています。複数の人を配置させて証拠が残らないように嫌がらせ行為をする集団ストーカー問題をいかに解決していくかをお伝えします。

集団ストーカー被害対策・犯人特定相談

集団ストーカー被害対策について

東京都迷惑防止条例の改正案が執行されて都内の執拗な追尾や待ち伏せが発覚したら警察に逮捕されるようになり、2018年7月以降、「表沙汰」で追尾や待ち伏せ行為が減りました。

各都道府県の迷惑防止条例を改正してる地域も増えていますので、一度確認をすることをおすすめします。悪意のある盗撮行為も迷惑防止条例の対象となるため盗撮するような仕草をしなくなった集団ストーカーが増えてるのも事実です。ここでは、集団ストーカー被害対策についてお伝えしていきたいと思います。

集団ストーカー被害かもしれない

集団ストーカー被害の特徴

  • 車での追尾や監視行為
  • 複数による仄めかしや監視
  • ネット上でのストーカー
  • 心当たりのない風評被害
  • 改札口や道路の進路妨害
  • 盗聴・盗撮しないと知ることのできない情報が漏えい
  • 仄めかしを他人にされた
  • ガスライティングだった

最初はガスライティングを行うために、被害者の周囲を徹底的に調べる集団ストーカーと、インターネットだけの情報で被害者の人物像を作り上げる集団ストーカーと大きく2つに分かれることが分かりました。SNSだけの情報を集めている組織は集団ストーカー行為に対して、自分たちの持分でできる範囲で行っています。

集団ストーカーが作り上げる孤立を防ぐ

一人の力では必ず限界がくる

職場、スーパー、趣味の場所、ターゲットの行動範囲を網羅して「お前の憩いの場は存在しない」と言わんばかりに、集団ストーカーが先回りして監視と嫌がらせを行います。どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑いをもつことも考えられます。

そんな環境から逃れるために、友達や家族の輪から断ち切り孤立状態になった場合、「落ち込むのではなく」集団ストーカーが作り上げる孤立をいかに防ぐかを一緒に考えて対応しましょう。

そのために、集団ストーカー行為がどんな状況で行われ、盗聴・盗撮をされているのかなど、自分なりにわかる範囲で状況をまとめて、どんな対処が必要なのかノートにまとめてみましょう。そのノートが調査会社をスピーディに探せて、リーズナブルな費用で実施してくれる資料となるので、心に余裕があれば資料作りから始めてみましょう。

集団ストーカーの情報収集

嘘の情報を流し漏えいしているか確認する

集団ストーカーが、ターゲットの情報を知る方法は盗聴・盗撮もありますが、身近な人から聞き込むこともあります。SNSでの「友達」や職場の人間が、情報を「加害者」に流しているケースもあり、集団ストーカーが作り上げる「不信感」により、ネット上の友達ですら信用できなくなり孤立化がどんどん進む形になるのです。

それを逆手にとってあえて嘘の情報を流したり、一切自分から発信する情報を断ち切るなど、孤立の状態を作ることで情報漏えいを回避することができますが、相手も孤立することを望んでいる(相談相手を断ち切る)ので、自分から孤立することはおすすめできません。

集団ストーカー被害対策

平常心を保つようにすることが重要

集団ストーカーに復讐したい気持ちは痛いほど理解できますが、解決するには徹底的な証拠が必要です。証拠がない限りは、むやみに動くと被害者側が不利になります。被害者ができること、専門家ができることをきちんと認識して行動することが集団ストーカー対策の大きな力となるでしょう。専門的なことは専門家に任せて、普段通りに生活するように意識してください。

被害者ができる対策

  • 無視をして相手の挑発にのらない
  • SNSなど情報を一切発信しない
  • ストーカーの特徴などメモをして記録する
  • 自宅のセキュリティーを強化する

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。集団ストーカーと聞くと「被害妄想」「統合失調症」など、被害そのものを妄想でかたずけられてしまうことが多く、実際に被害にあっている人は被害の証明をしない限り誰も信じてもらえないのが現状でしょう。ただ、被害者が犯人を集団(加害者が2~3人なのに大勢に見える演出)だと勘違いしてしまうケースもありますので、専門家に状況を整理してもらい、加害者の特定を行いましょう。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろん!まずは今の現状をお聞かせください。集団ストーカーを「被害妄想」「統合失調症」など、被害そのものを妄想でかたずけられてしまうことが多いのは、「集団ストーカー」を知らないからです。目で見たものや、体験したことであれば真剣に相談にのってくれているはずです。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

以下の関連記事に答えがあるかもしれません!

解決につながる情報収集

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop