集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 近隣住民は嫌がらせに関与しているか?集団ストーカーとの関係は?
公開日: 2018/11/22 最終更新日: 2021/09/24
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2018/11/22 最終更新日: 2021/09/24

近隣住民は嫌がらせに関与しているか?集団ストーカーとの関係は?

昔からよくある近隣のトラブル。
嫌がらせのきっかけは近隣のトラブルというケースもあれば、近隣とトラブルになるように意図的に嫌がらせを行なっている可能性もあります。なぜなら加害者はありとあらゆる手段を使って、近隣住民が嫌がらせをしていると見せかけている可能性があるのです。

目次│集団ストーカーと近隣の関係について

近隣トラブルでターゲットを孤立にさせる

ターゲット周辺の用意周到な下調べ

組織的な嫌がらせは、近隣住民と孤立させやすい環境がどうか下調べして、加害行為の計画をたてます。昔からある地域にターゲットが住んでいるならば、近くに町工場やマンションやアパートがあるかどうかなど念入りに調べ、日常で当たり前のように起きていることに「少しだけ」変化をあたえ、少しずつ見えないように嫌がらせを行います。

そのため最もターゲットに近い近隣住民に委託して加害行為を行うというものです。委託された者たちは断ると自分たちも嫌がらせにあいますし、一般的な副業以上の金銭報酬がありますので、基本的に加害委託を断りません。そして委託された近隣同士でネットワークを持つように委託した者から言い渡されます。

全員を疑うようにターゲットを誘導

毎日のアンカリングや監視、嫌がらせ行為をされているターゲットは、何か近隣にされると保身のために近所の人に態度が出ることも、「やめてください」と直接言うこともあります。

すると、「あの人、やっぱりおかしくない?」と思われるようになり近所同士でターゲットの人のことを話し合うようになります。そうなってくると近所から見たターゲットは「合わない人」、「変な人」、「クレーマー」で有名になります。

だんだん被害者には、実際に加害していない近隣の人や通行人すらも加害しているように見えてきます。こうなるとますます被害者は、近所に警戒して孤立していきます。

些細なことでも「あの人もこの人も加害者なのでは?」と思うからです。このターゲットの人が持つ「全体住民が加害に加担している」という被害意識をターゲットに持たせて必要以上に脅かすのが加害の目的であります。

加害行為に使う手段とは

加害行為を行うためにどんな手段を使うのか

近隣住民を巻き込んでの嫌がらせは、全国的に共通する嫌がらせです。加害側にとってマニュアル化さえしている現象です。主に騒音トラブルですが事例を以下にあげます。

  • 音量を大きくする・エコーをかける
  • ターゲット宅の周辺に音が響くように工作をする
  • 近隣で工事、建設、塗装、改装、草刈りなどの演出工作をする
  • 上下階から聞こえる壁を叩く音
  • ターゲットが近づくと何回も階段を上り降りする音
  • 県外ナンバーの路上駐車
  • 電波妨害で携帯電波が突然入りにくくなる
  • ターゲットの家にむけた電磁波異常照射を定期的に行なう
  • 子どもを利用してターゲット宅周辺で大騒ぎさせる
  • ターゲット宅付近の道路で往来が多く、子どもの往来がやけに多い
  • ターゲット宅付近の道路で道路族・ストリートアクターが登場する

これらはよく見られる光景ですが、嫌がらせを受けている地域だと、騒音の被害や電磁波の被害が起きている事例が多いのです。地域住民の一部がターゲットに嫌がらせをする行為は、本当に悪意を持ってやっているのか分かりません。

理由は証拠がないからです。証拠がなければ誰に相談しても、真実解明することが困難になってしまいます。ひとりで証拠を撮るのもいいですが、断片的な証拠があればまだいいですが、確実に証拠が撮れないことが多いです。

なぜかというと、加害側も頭を使ってなるべく証拠が残らないような嫌がらせに終始するよう最近では指導されているからです。

ターゲットに思わせぶり作戦

近隣の人たちがあえて加害者の1人であるかのように見せかけて、引越しさせるという名の「追い出し」の段階に入っていきます。引越しといっても、引越しさせたいターゲットと引越しさせたくないターゲットがいます。

引越しさせたいターゲットは、現在暮らしているところが加害側にとって加害がやりづらい環境にあります。たとえば、道路から自宅までが畑や山などがあり広々とした地域で近隣による嫌がらせがしづらいことが影響します。

その場合、ターゲット宅に周辺の音を響かせる工作をしてもあまり意味がないことがあります。そうなると、引越しさせるように具体的な人間関係の嫌がらせ工作に力を入れることで、ターゲットが遠くへ引越しするように誘導します。

反対に引っ越しさせたくない場合、加害側にとって現在のターゲットは加害しやすい環境にあるということになります。比較的、死角の多い環境は狙われやすい傾向があります。

加害の罠を見抜こう

加害者の罠に惑わされないために

組織的な嫌がらせ、とくにアンカリングで神経が高ぶっているときは、ただの通行人でも嫌がらせの加担者と思ってしまうので、心が安らぐ時間も環境もない状態です。

加害に敏感になり不適切な態度を他人にすることを被害者にたいして加害側は期待しています。警察の人たちも全員加害側だと思い込んでしまい、誰も信用できなくなってしまいます。

加害側は被害者が誰も信用しなくなることを望んでいます。そんな加害者が作った行為が全てニセモノであると思わないと、本当の不審者や犯罪者になってしまうリスクが非常に高いのです。

騒音の罠

加害者の罠のひとつとして近所からの騒音を立て続けに行なうこともします。被害者が自宅にいる時間を中心に草刈りの機械の音を一日中させたり、工事をずっとしたり、家屋立て直し工事をしたり、塗装のために足場を組み立てる音を必要以上に騒音させます。

しかし、嫌がらせとして騒音をわざと出しているのだろうということは分かっていたとしても証拠がなければ何にもなりません。これらをはっきりさせる調査が必要になります。

近隣とのトラブルはなるべく起こしたくない、穏便に済ませたい気持は分かります。但し、放っておいても被害状況が改善されることはほとんどありません。稀にですが、途中で嫌がらせを放棄して加害のために以前、引越ししてきた人たちが引越をしていった後は静かになったという話も聞きます。

ですが、こういったラッキーな偶然は嫌がらせを受けている人でほぼ稀なケースであることを知っておいてください。自分で解決しようとして勇敢にも近隣住民のなかに入っていくことで更に関係が悪化して泥沼化することもあります。

穏便に終わらせるには私どものような専門家に依頼することが現代では悲しいことに最善策となっています。

真実を知らなければ何も変わらない

加害者が嫌がること

加害が嫌がることをすると被害が拡散する

加害者が嫌がるのは、嫌がらせが周知されることや特定されることです。周知されないために、特定されないために、ありとあらゆる手段を使って加害行為を行ってきます。

被害者ネットワークの強化

リアルな人間関係で理解者を増やすことはターゲット網を広げ、被害者が増えるだけで一向に解決しないことを書いてきました。それよりも現在ではスマートフォンのTwitterなどで同じ被害に遭っている人たちと相互リンクをして理解を深め合うほうがよっぽど建設的です。

ご自身で被害者を増やす行動ではなく、むしろ加害証拠をできる範囲で撮ったほうがいいです。たとえば、スクリーンショットで他人のアカウントや自分のアカウントに侵入してきたログイン証拠の画像、自宅前の不審人物や不審業者の車のナンバーなどです。

また電磁波測定は「第三者の証拠」をお勧めします。ご自身で計測していると数値に信ぴょう性がないからです。証拠収集は専門家に任せて、プライベートを充実させるために「今まで我慢していたこと」を徐々に解放してください。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop