集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 近隣住民は集団ストーカーに関与しているのか?意図する目的
公開日: 2022/03/18 最終更新日: 2022/03/22
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/18 最終更新日: 2022/03/22

近隣住民は集団ストーカーに関与しているのか?意図する目的

昔からよくある近隣のトラブル。
嫌がらせのきっかけは近隣のトラブルというケースもあれば、近隣とトラブルになるように意図的に嫌がらせを行なっている可能性もあります。

なぜなら加害者はありとあらゆる手段を使って、近隣住民が嫌がらせをしていると見せかけている可能性があるのです。

目次│集団ストーカーと近隣住民の関係性

専門家
集団ストーカー調査
2022年3月18日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、近隣住民が加担した集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

近隣トラブルでターゲットを孤立にさせる

ターゲット周辺の用意周到な下調べ

組織的な嫌がらせは、近隣住民と孤立させやすい環境がどうか下調べして、加害行為の計画をたてます。

昔からある地域にターゲットが住んでいるならば、近くに町工場やマンションやアパートがあるかなど念入りに調べ、日常で当たり前のように起きていることに「少しだけ」変化をあたえ、少しずつ見えないように嫌がらせを行います。

そのため最もターゲットに近い近隣住民に委託して加害行為を行なうこともあります。委託された者たちは断ると自分たちも嫌がらせに遭う可能性を恐れたり、金銭報酬に目がくらみ加害委託を断わらないことがあります。

全員を疑うようにターゲットを誘導

毎日のアンカリングや監視、嫌がらせ行為をされているターゲットは、何か近隣にされると保身のために近所の人に態度が出ることも、「やめてください」と直接言うこともあります。

すると、「あの人、やっぱりおかしくない?」と思われるようになり近所同士でターゲットの人のことを話し合うようになります。そうなってくると近所から見たターゲットは「奇人変人」「クレーマー」で有名になります。

だんだん被害者には、実際に加害していない近隣の人や通行人すらも加害しているように見えてきます。こうなるとますます被害者は、近所に警戒して孤立していきます。

些細なことでも「あの人もこの人も加害者なのでは?」と思うからです。このターゲットの人が持つ「近隣住民が加害に加担している」という被害意識をターゲットに持たせて必要以上に脅かすのが加害の目的であります。

加害行為に使う手段とは

加害行為を行なうためにどんな手段を使うのか

近隣住民を巻き込んでの嫌がらせは全国的に共通する嫌がらせで、加害側にとってマニュアル化さえしている現象です。主に騒音トラブルですが事例を以下にあげます。

  • 音量を大きくする・エコーをかける
  • ターゲット宅の周辺に音が響くように工作をする
  • 近隣で工事、建設、塗装、改装、草刈りなどの演出工作をする
  • 上下階から聞こえる壁を叩く音
  • ターゲットが近づくと何回も階段を上り降りする音
  • 県外ナンバーの路上駐車や空ぶかし
  • 電波妨害で携帯電波が突然入りにくくなる
  • ターゲットの家にむけた電磁波異常照射を定期的に行なう
  • 子どもを利用してターゲット宅周辺で大騒ぎさせる
  • ターゲット宅付近の道路で往来が多く、子どもの往来がやけに多い
  • ターゲット宅付近の道路で道路族・ストリートアクターが登場する

これらはよく見られる光景ですが、嫌がらせを受けている地域だと、騒音の被害や電磁波の被害が起きている事例が多いのです。地域住民の一部がターゲットに嫌がらせをする行為は、本当に悪意を持ってやっているのかわかりません。

理由は証拠がないからです。加害側も頭を使ってなるべく証拠が残らないような嫌がらせに終始するように行われているからです。

ターゲットに思わせぶり作戦

近隣の人たちがあえて加害者の1人であるかのように見せかけて、引越しさせるという名の「追い出し」の段階に入っていきます。

引越しといっても、引越しさせたいターゲットと引越しさせたくないターゲットがいます。引越しさせたい理由は、現在暮らしているところでは「加害がやりづらい」「金銭的なダメージを負わせたい」などが考えられます。

反対に引っ越しさせたくない場合、加害側にとって現在のターゲットは加害しやすい環境にあるということになります。比較的、死角の多い環境は狙われやすい傾向があります。

住居侵入までする可能性はあるのか

住居侵入の目的

  • 室内の状況など詳しく知る必要があるため
  • 盗聴盗撮器を取り付けるため
  • ガスライディングをするため

盗聴盗撮器を仕掛け監視する、被害者宅の間取りが加害行為に適しているか、電波を妨害するものはないかなど事前に調べることが考えられます。

それ以外で侵入する1番の目的は、「ガスライディング」を演出するためだと言われています。例えば、時計の位置が違う方向に向けられていると、「あれ?何かおかしい」と思わせること可能です。

集団ストーカーの目的は「不安にさせる」ことなので、何かを盗んで警察に通報されれば加害行為がやりづらくなるので、「被害妄想」と思われるようにするためにも、貴金属などを盗んだりすることはありません。

稀に、「こんなもの盗む?」と思われるようなものを盗むことがあるとのことですが、泥棒と主張しても理解されないことが多いみたいです。

下手に騒ぐと奇人変人扱いに

被害者には騒いでもらって、ますます「精神的におかしい人」と家族や近所に思われるように仕向けるので、不法侵入の痕跡があればパニックにならないように冷静に家の中を確認して、警察に通報してください。

できれば、防犯カメラを設置するなり、家の鍵は交換するなど防犯意識を高めるようにしてください。

リスクの高い犯罪に敏感

無理して住居侵入はしない

集団ストーカーの被害者が専業主婦でいつも家にいる、防犯カメラの台数が多くは入れない、防犯性に優れたディンプルキーで住居侵入できないなど、環境によっては「リスクが高い」と判断したらまず入ることはないでしょう。

集団ストーカーは、「リスクを避ける臆病な集団」であり、攻撃的な行動をとることはめったにありません。

リスクをとらないでも集団ストーカーの加害行為はできますので、「家の中に入られた」「毒物を混入された」などの被害者の声は、自分で被害を大きくしている可能性もあるので裏を取るまでは話半分で聞くべきです。

間違った情報を鵜呑みにして、自分の状況に照らし合わせて不安を自分で煽ってしまう行為は避けてください。

古い手口は通用しない

やはり、住居侵入ほどのリスクを冒さなくても加害行為ができるため「オンライン犯罪」に移行したのかもしれません。最近の集団ストーカー被害相談は、ネット上で誹謗中傷を流し不審者に仕立て上げる手口が増えています。

よほどのことがない限り、住居侵入まではしないと判断できます。

加害の罠を見抜こう

加害者の罠に惑わされないために

組織的な嫌がらせ、とくにアンカリングで神経が高ぶっているときは、ただの通行人でも嫌がらせの加担者と思ってしまうので、心が安らぐ時間も環境もない状態です。

加害に敏感になり、不適切な態度を近隣住民にすることや誰も信用しなくなることを加害側は期待しています。

加害者の罠に感情的に反応すれば、本当の不審者や犯罪者になってしまうリスクが非常に高いので気を付けてください。

騒音の罠

加害者の罠のひとつとして近所からの騒音を立て続けに行なうこともします。嫌がらせとして騒音をわざと出しているのだろうということは分かっていたとしても、証拠がなければ何にもなりません。

近隣とのトラブルはなるべく起こしたくない、穏便に済ませたいと思って放っておいても被害状況が改善されることはほとんどありません。自分で解決しようとして勇敢にも近隣住民のなかに入っていくことで更に関係が悪化して泥沼化することもあります。

穏便に終わらせるには、私どものような専門家に依頼することが現代では悲しいことに最善策となっています。

真実を知らなければ何も変わらない

集団ストーカーに関するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

近隣が加担した集団ストーカー被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

5つの安心保障

集団ストーカーのご相談・調査依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop