探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせに屈しないために
公開日: 2018/11/26
探偵ニュース
 公開日: 2018/11/26

嫌がらせに屈しないために

執拗な嫌がらせはインターネットから広がって、被害者たちの自覚と情報の共通。そして、地道な周知活動が行われ水面下でありますが徐々に一般の人たちに知れ渡ってきました。被害を自覚してなくても恋愛以外の複数の付きまといに悩んでいる人たちが各警察署への相談件数が多くなり、組織的な嫌がらせ対策の部署まであると言います。嫌がらせ被害は自分だけではありません。水面下で解決できる力が大きくなっていることを知ってください。

普段の生活を乱さない。決して孤立してはいけない

嫌がらせを受けると外に出たくない、人と接触するのを嫌がり、ずっと家に引きこもってしまいます。嫌がらせを受けない対策としてはいいですが、それはやはり加害者のおもうつぼです。恋愛のもつれ以外で不特定多数で行う付きまといの被害者は、同じ被害者同士でも「自分の敵」と思い込み、ますます外部と距離を置くようになってしまい最終的に音信不通という結果になる人が非常に多いのです。

被害に遭われても家族や親しい友人との繋がりを決して壊さないようにしてください。完全に孤立しようとしてるのは、加害者で加害者たちの世界だけの常識なため、一般的な常識が通用しません。それに、孤立するような「やましい」ことをしていたのなら、家族や友人が指摘するでしょう。家族や友人に「あなた」の変な噂がはいっていない場合、それことが「あなた」がいる本当の場所です。あなたを友人と離させるためにいろいろ仕掛けてきても、友人と楽しむ時間が必ずありますので、その時間だけを楽しむようにしましょう。

嫌がらせによって追い込まれてしまうと、冷静な判断が難しくなり、自分の考えに囚われてしまってそこからなかなか抜け出せない方は、第三者の「客観的な視点」で冷静に判断してもらうことで問題の解決に近づくことができます。

孤立させようとしてるのは加害者の都合

上記で述べたように、嫌がらせの目的は被害者を精神的に追い込み、社会から孤立させることです。被害者によっては行き先々で知らない人たちに第三者には分からない程度の嫌がらせを行います。本当に孤立させるためにはありとあらゆる情報を捻じ曲げて、悪い人間に被害者を仕立てあげて、いかにも「正義」「防犯」のために地域を守るとか、職場であれば、部署の効率のためでっちあげて加害行為を行っていますが、実際に孤立させようとしてるのは加害者たちの都合です。

悪評などは加害組織のなかで共有してるので、被害者の本当の親しい友人や家族には伝わっていません。友人に聞いても「そんな噂はきいたことがない」と言われたと報告が多く、被害者同士で集まってご飯を食べたり全てのルートが遮断されたということは少ないようです。孤立を防ぐために自分が集中できることを見つけてそれを実行すると、加害者が近くにいてもあまり気にしない。当然、加害者の成果もない。 自分の周囲の人たちは加害者ばかりではない、一般の人たちも存在するということも意識しておくのも大切です。

意識を変えることで対処する

嫌がらせの被害にあうと、誰しも「加害者に仕返しをする」と考えたことがあるでしょう。ですが、実際に加害者に仕返しをすると逆に被害がひどくなる可能性があります。嫌がらせを受ける側にもある自覚を忘れないようにしてほしいのが「人を傷つけない 自分も傷つけない」嫌がらせの被害が続いてるなかで、実行するのは難しいと思いますが、加害者のなかには上からの指示でしぶしぶ行為をしてる人もいます。そんな人に仕返ししても何もメリットはありませんし、自分が不審者になってしまうのであまりおすすめできません。

やり過ごす対処法として

嫌がらせ行為をどう捉えるか「私には関係ない」と意識することでやり過ごすのがベストではないでしょうか。とにかく周りを気にしないほど集中させる何かを持つことが、嫌がらせ行為をやり過ごす対処法でしょう。嫌がらせをされる日々のなかでも、自分の時間を有意義過ごすことで心の余裕もできてくると思います。できる範囲でいいので、心の余裕を持てるように心がけてください。最近は迷惑行為防止条例の改正される県もあり、警察の対応も以前より「嫌がらせ」に対しての意識が変わってきて、真剣に話をきいてくれる状況になっていますので、条例に違反してないか聞いてみるのもいいでしょう。

嫌がらせ被害についてお聞かせください。

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。嫌がらせは、浮気調査とは違い嫌がらせに関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵であればどこでも解決できるわけではありません。

できれば早めに相談しよう

どうしようもなくなってからの調査相談では、対処法も少なくなり、解決が難しくなってしまいます。情報が古くなるなる前に、なるべくお早めに相談されることをおすすめします。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

自分の解決(ゴール)を考えておこう

調査相談時間を有効に使うために、自分が何に悩んでいて、調査をしてどうしたいのかをできるだけ整理しておきましょう。相談する前に、メモにまとめておくのもよいでしょう。自分の気持ちを整理しておくことで、今後の方向性もはっきりとしてきます。

関係のありそうな書類は何でも持って行こう

良いアドバイスは正確な事案の把握から。自分ではあまり重要ではないと思っていた情報やメモも、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりとなったりします。まずは関係のありそうな書類を集めて持って行きましょう。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop