ホーム > 全国マップ > 茨城県関連記事 > 茨城県でストーカー・つきまとい被害にお困りの方へ
公開日: 2024/02/16 最終更新日: 2024/04/17
全国マップ - 茨城県関連記事
 公開日: 2024/02/16 最終更新日: 2024/04/17

茨城県でストーカー・つきまとい被害にお困りの方へ

Category: 茨城県関連記事 Tag:

茨城県では、2023年6月に40代女性へのストーカー事件が問題となり、対策を強化しています。

しかし、警察は何か実害が出てからでないと動けません。

事件化していないストーカー・つきまといに対処するには、探偵に調査を依頼するのがおすすめです。

「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」では、ストーカーに関する特定調査(証拠収集)も承っており、ご依頼者それぞれのお悩みに沿った解決方法をご提案し、つきまといの解決までスムーズに進めることを目指しております。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2024年2月16日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

ストーカー被害の深刻さと茨城県相談専門窓口の紹介

ストーカー被害は、深刻な心理的苦痛や生活への影響を与える問題です。被害者は常に恐怖や不安に晒され、日常生活や人間関係に大きな影響を受けることがあります。

特にストーカー行為が組織的である場合、被害者は孤立感や無力感を感じることが多いです。

そこで、茨城県相談専門窓口が存在します。

この窓口は、ストーカー被害に苦しむ人々を支援し、対策を提供する専門機関です。

茨城県エリアに特化した専門知識と経験を持つ専門家が、被害者をサポートします。

専門家チームが対応

茨城県相談専門窓口では、被害者が安全に相談できる環境を提供します。

専門家チームが相談を受け、個別の状況に応じた適切なアドバイスや支援策を提供します。

また、ストーカー被害に関する法的知識や対策についても具体的な情報を提供します。

茨城県相談専門窓口は、ストーカー被害者が抱える苦しみに寄り添い、安全と安心を取り戻すための重要な存在です。

ストーカー被害者は躊躇せずに相談窓口にご相談ください。

茨城県で起こるストーカー被害の実態

ストーカー被害は全国的な問題であり、茨城県でもその深刻さを指摘する報告や事例が存在します。

茨城県では、個人を執拗につきまとい、嫌がらせを行うストーカー行為が報告されています。

被害者は日常生活での監視や尾行、追いかけられるなどの行動によって、継続的なストレスや不安を抱えることがあります。

また、ストーカーからの嫌がらせの範囲は携帯電話やSNSを通じたネットストーカーにも広がっています。

ストーカー被害の犯罪性は高く、被害者のプライバシー侵害や心理的苦痛につながることがあります。

被害者は恐怖や不安感、社会的孤立感を抱えることがあり、その影響は生活全般に及ぶ可能性があります。

適切な支援を受けること

茨城県では、警察や関連機関がストーカー被害に対して厳正に対処し、被害者をサポートする体制が整備されています。

しかし、ストーカー被害は被害者によって報告されない場合が多く、実際の被害状況を正確に把握することは難しい側面もあります。

そのため、ストーカー被害に苦しむ人々が適切な支援を受けるためには、被害者自身が声を上げ、関係機関と連携することが重要です。

ストーカー被害者の安全確保の重要性

ストーカー被害者の安全確保は非常に重要です。

以下に、その重要性をいくつかのポイントで説明します。

身体的安全

ストーカーは被害者に対して身体的な危害を加える可能性があります。被害者の身体的な安全を確保することは、生命や健康を守るために不可欠です。安全な環境で生活する権利を持つ被害者は、自己防衛の手段や安全対策を適切に活用する必要があります。

 

心理的安定

ストーカー被害は被害者の心理的な健康に大きな影響を与えます。恐怖や不安、ストレスによる心理的な苦痛が生じることがあります。安全が確保されることで、被害者は安心感を得ることができ、心の健康を回復させる可能性が高まります。

 

日常生活の回復

ストーカー被害は被害者の日常生活にも大きな影響を与えます。恐怖やストレスによって仕事や学業、人間関係が崩れることがあります。安全が確保されることで、被害者は日常生活を取り戻し、健康的な社会的関係を築くことができます。

 

被害者の安全確保には、警察や関連機関との連携が重要です。

適切な対策や保護措置を講じるために、被害者は相談窓口や専門機関の支援を受けるべきです。

また、家族や友人、信頼できる人々のサポートも重要です。

被害者自身が自己防衛の意識を持ち、安全対策を積極的に取ることが、安全確保の一環となります。

茨城県迷惑防止条例について

つきまとい等の嫌がらせ行為の禁止について
茨城県迷惑行為防止条例「第5条」につきまとい等の嫌がらせ行為の禁止事項があります。

ストーカー規制法で規制されるのは、恋愛感情などの好意の感情による「つきまとい」であり、それ以外のつきまとい(あたかもたまたま通りがかったというシチュエーションで、自然に被害者をつきまとい監視するような行為)は調査で犯人特定と証拠収集が必要になります。

ストーカー問題に強い探偵選び

ストーカーの調査で最も重要なポイントは、「アフターケアやその後の対策」となります。証拠の使い方やストーカーめをやめさせる交渉は、全て調査後となります。

経験不足の探偵に依頼すると、ご依頼者に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵社に依頼しましょう。

1人でできることに限界を感じたら

ストーカーの内容によって、対処法や証拠収集の方法が異なります。また、それぞれの調査会社によって得意不得意があるので、一度問合せをしてみて信頼性、調査料金、内容を確認してみてはいかがでしょうか?

ストーカー調査とは

特定の人物に対して嫌悪、羞恥、憤り、不快感などを与えるような行為で様々な嫌がらせをする人物を特定し、ストーカー被害の証拠収集などを行なう調査のことです。

ストーカー調査を行なう主な目的は、誰が何のためにストーキングをしているのかを特定・判明する原因追求からはじまり、最終的にはそのストーカー行為をやめさせることです。

ストーカー行為にはさまざまなものがあり、中には陰湿なものや危険を伴うものもあるので早めに対策しましょう。ストーカーの内容によっては被害者の身体的・精神的ストレスも考慮する必要があります。

ストーカー調査料金と平均相場

ストーカー調査にかかる費用については、現場に調査員を派遣する人件費、証拠収集に必要な車両や機材が必要となります。

ストーカーの被害内容にもよりますが、1日でその現場をおさえる調査であれば8万円~、長期的なサポート体制を敷く調査で40万円~となります。

探偵社に依頼した時の調査料金相場は20~50万円となり、平均の調査費用は20万円となります。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口でのストーカー調査料金は、132,000円~となり、証拠取得後の「示談交渉から民事訴訟」まで弁護士に一任できる「ワンストップサービス」が利用できます。

料金の比較ポイント

  • 基本料金以外にかかる費用はあるのか?
  • 時間帯による料金変動はあるのか?
  • アフターケアやその後の対策にかかる費用

どのような相談があるの?

警察庁の統計によると、全国のストーカー事案の相談等件数は平成24年以降高水準で推移していましたが、令和4年は19,131 件(前年比―597件、―3.0%)と減少傾向にあります。

また、警告件数も平成28年をピークに減少傾向で、令和4年は1,868 件(前年比―87件、―9.1%)でしたが、接近禁止命令の件数は逆に1,744 件(前年比+73件、+4.4%)と増加しています。

これは、従来なら警告で終わらせていた対応を前倒して禁止命令を出す傾向が強まっていると言えるでしょう。

驚くべきは、被害者と加害者の関係は交際相手及び配偶者が約半数ですが、面識なし及び行為者不明が約18%になります。

つまり、被害者の内18%の方は、犯人がわからない「見えない恐怖」の中で生活していかなければなりません。

検挙率は減少傾向で、大半の方は解決できず悩んでいることが分かります。

ストーカーによる被害でお悩みの方は、相談だけでも構わないので、我々専門家にご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

  • 偶然よく遇う男性は本当に偶然なのか?意図的であれば証拠が欲しい
  • ネット上でつきまとう「ネットストーカー」に悩まされている
  • 無言電話が増え、ポストに傷がついていた
  • 家の前に見慣れない車を見かけるようになった
  • 身に覚えのない風評被害があり、誰が広めたのか特定したい

ストーカー解決に必要な情報

実態を把握する

ストーカーを行なっているのが単独なのか複数なのかを把握する必要があります。

単独で行なう感情的なストーカーの場合、比較的容易に解決できる可能性がありますが、複数によるストーカーの場合、一人で解決させることはかなり困難です。

また、複数でのストーカーの場合、お互いに連携をとり合うので、証拠がないと口裏をあわせて反撃にでてくることもあります。

証拠を収集する

どのくらいの期間、どのような行為をされたかの証拠が必要になります。主観的なものではなく、客観的に本当にそのストーカー行為がなされたのかを証明する必要があります。

物証があれば話は別ですが、無視や風評などはストーカーされている本人が証拠を集めることはほぼ困難といっていいでしょう。

「情報が持つ価値」について

良いアドバイスは正確な事案の把握からです。あまり重要ではないと思っていた情報も、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりだったりすることもよくあります。

どんなに些細なことでも構わないので、まずは関係のありそうな情報を集めておきましょう。それらを証拠として使えるかどうかを調査アドバイザーが精査、判断します。

裁判や調査でも認められる調査報告書

茨城エリアストーカー調査対応地域

ストーカーでお悩みなら専門とした探偵に相談

ストーカー・嫌がらせ専門調査窓口では、定期的に茨城県内各地区において無料の出張相談会を開催しております。原則予約制となりますので、ご希望の地区、日時をお電話にてお申し込みください。

ご相談者の不安が解消するまで、何度でも一緒に考えますので、初めての方でもお気軽にご相談ください。

茨城県調査対応地域

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では茨城県全域でストーカー調査を実施しています。

茨城県西地域探偵出張相談・調査対応地域(ibaraki west area)
古河市・桜川市・下妻市・常総市・筑西市・坂東市・結城市・五霞町・境町・八千代町

茨城県北地域探偵出張相談・調査対応地域(ibaraki east area)
ひたちなか市・東海村・那珂市・日立市・常陸太田市・常陸大宮市・北茨城市・高萩市・大子町

茨城県中央地域探偵出張相談・調査対応地域(ibaraki central area)
小美玉市・茨城町・大洗町・水戸市・笠間市・城里町

茨城県南地域探偵出張相談・調査対応地域(ibaraki south area)
石岡市・かすみがうら市・土浦市・つくば市・美浦村・阿見町・つくばみらい市・牛久市・守谷市・取手市・龍ケ崎市・稲敷市・河内町・利根町

茨城県鹿行地域探偵出張相談・調査対応地域(ibaraki rokkou area)
鉾田市・行方市・鹿嶋市・潮来市・神栖市

公共機関相談先一覧

ストーカーや近隣による嫌がらせ問題、職場内の人間関係などを相談できる公的機関があります。ストーカー相談と一口に言っても内容はさまざまなので、まずは公的機関を活用しましょう。

茨城県庁(自分の情報を守りたい) 所在地:茨城県水戸市笠原町978番6
電話:029-301-1111
茨城県警察本部(警告や禁止命令) 所在地: 茨城県水戸市笠原町978-6
電話:029-301-0110
法テラス茨城(相手との交渉等について相談) 所在地:水戸市大町3-4-36 大町ビル3F
電話:050-3383-5390

公的機関の対応

  • 自宅付近や通学路の徹底的な警戒活動を実施
  • 防犯ブザーを貸与するなどの措置
  • 迷惑防止条例違反の被疑者として検挙

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

ストーカーやつきまといに関連するQ&A

Q

ストーカー行為は犯罪ですか?

A

ストーカー行為は法的に犯罪とされています。個人を追いかけたり、嫌がらせを行うことは、被害者に対する精神的な苦痛や恐怖を引き起こすため、刑法やストーカー規制法に違反する場合があります。

Q

ストーカーとはどのような行為を指すのですか?

A

ストーカーは、一方的で執拗な追跡や付きまとい、執拗な接触や連絡、恐怖や不安を引き起こす行為を指します。ストーカーは被害者のプライバシーを侵害し、心理的な苦痛や身体的な危害を与えることがあります。

Q

ストーカー行為の動機は何ですか?

A

ストーカー行為の動機はさまざまです。一部のストーカーは恋愛感情や執着心に基づいて行動する場合があります。一方で、パートナーシップの終了や拒絶、復讐、支配欲などがストーカー行為の背後にあることもあります。

Q

ストーカー被害者はどのような影響を受けますか?

A

ストーカー被害者は深刻な影響を受けることがあります。恐怖や不安、ストレス、睡眠障害、集中力の低下などの心理的な問題が生じることがあります。また、社会的な孤立や仕事や学業への影響、人間関係の崩壊なども起こる可能性があります。

Q

ストーカー行為を予防する方法はありますか?

A

ストーカー行為を予防するためには、個人のプライバシーを守り、オンラインセキュリティに気を付けることが重要です。また、不審な行動や言動に敏感になり、警戒心を持つことも効果的です。さらに、セキュリティ対策の強化や身近な人々とのコミュニケーションを大切にすることも予防策の一環となります。

Q

ストーカー被害に遭った場合、どこに相談すれば良いですか?

A

ストーカー被害に遭った場合は、地元の警察に相談することが重要です。また、地域のストーカー被害支援センター、弁護士、カウンセラーなど、専門のサポート機関や専門家への相談も適切です。被害者が適切な支援を受けることで、問題解決や回復への道筋が開けるでしょう。

Q

ストーカー対策において、自己防衛のための具体的なアドバイスはありますか?

A

自己防衛のためには、自身の安全を最優先に考えることが重要です。周囲の人につきまといの状況を知らせ、セキュリティ対策を強化しましょう。ルーティンを変えたり、オンラインプライバシーを守ったりすることも有効です。また、護身術の学習や緊急連絡先の準備なども考慮してください。

Q

ストーカー被害を証明するためにどのような証拠が必要ですか?

A

ストーカー被害を証明するためには、できるだけ多くの証拠を集めることが重要です。ッセージやメールの保存、通話記録、写真やビデオの撮影などが役立ちます。また、目撃証言や証人の存在も証拠となる場合があります。

まず、ストーカーについて知ることから始めましょう。

ストーカー被害相談フォーム

ストーカーについて詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談