集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 嫌がらせ被害者の情報は細かく分散されている
公開日: 2018/10/09 最終更新日: 2021/07/14
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2018/10/09 最終更新日: 2021/07/14

嫌がらせ被害者の情報は細かく分散されている

他の探偵事務所で盗聴・盗撮調査をしても異常が見られないのに、なぜ不特定多数の人に自分の情報が拡散されているのでしょうか。家族や親しい人たちが加害者側へ被害者の個人情報を意図的に漏洩していることはほとんどありません。

秘密裏に勝手に知りえた情報や人物写真を加害側のネットワーク網で一定時間経つと消えるSNSなどで拡散し人目を避けている可能性があります。

目次│嫌がらせ被害者の情報について

嫌がらせ被害者の情報は細かく分散されている

迷惑防止条例が厳しくなり盗撮行為の目が厳しくなった

2018年7月に東京都迷惑防止条例改正案が施行され、恋愛感情以外の悪意のある追尾行為・盗撮行為が条例の対象となり、嫌がらせ目的でやっていた盗撮行為も警察が対応できるようになりました。

その影響で、公共の場での盗撮行為が表向き少なくなったものの、さりげなく他人数でつきまとい行為をするのは変わらずそのままで更に犯行が分かりにくくなってきました。「嫌がらせ行為があるものの顕著でないため通報しにくくなった」という人もいるようです。

2018年7月に東京都迷惑防止条例改正案が施行される以前は、盗撮行為を被害者の目の前で大胆に行なう者が多数いました。条例が厳しくなったことで、被害者の写真を撮る行為ができなくなったものの、無音シャッターカメラアプリを導入しすることで隠し撮りを相変わらずし続けているのです。

加害グループはSIGNALや知名度が低い海外アプリなど秘匿性の高いグループトークで被害者のおおよその場所を伝え、掲示板に「オリジナルの暗号化」をすることで被害者の本日の恰好など被害者の全身写真をストーキングする歩兵グループへ一斉配信していることがわかりました。

※暗号化とは、誰かに見られてしまうことを前提に作られます(換字暗号や転置暗号など簡単には推測されずらい)

今後は、ネットリサーチ調査もそうですが、嫌がらせ加害者の候補を1人か2人に絞り、身辺調査をして嫌がらせをやめさせるほうが効率は良いかもしれません。組織的な嫌がらせ行為を解決するには、ターゲットの絞り込みがとても重要になります。

嫌がらせ対策相談事例

実際の相談内容

  • 日々人を否定するような言動・暴言を浴びせられ、ありとあらゆる手段で人を陥れるような行為をされ続け、一向に解決策がないまま苦痛に感じる日々を送っています。
  • パソコンの検索窓に入力した記憶のない文字を確認したため、パソコンが乗っ取られたのではないかと思っています。
  • 自身の希望はこの毎日が地獄のような生活が、一般的な盗聴盗撮のない日常生活に戻れればいいと思っています。
  • ストーカー行為が一人の人物によるものではないことは分かっていますが、どういった手段でそういった行為を行なっているのかは分かりません。
  • 問題の解決に向け、何かいい対策が見つかればいいかと今の今まで毎日苦痛を強いられながら生活してきました。
  • 自殺に見せかけ、もしくは病気に見せかけて私を殺して一番得する人間は誰でしょうか?

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

はじめて調査相談する方へ

探偵事務所に相談したいけどなんとなく不安

ストーカー・嫌がらせ「対策専門窓口」にご相談いただく際は、たとえ話しづらいことでも、嫌がらせの内容をありのまま教えてください。誰にも知られたくない、話したくないと思うようなことほど、解決のきっかけになる重要な情報だったりします。

ご依頼者から伺ったお話が外部に漏れることは決してありません。また、調査が終了した後も経験豊富なスタッフがサポートするので安心して「対策専門窓口」をご利用いただけます。

調査を依頼するのは初めてという方こそ、当事務所をご利用いただきたいと思います。調査の流れや調査方法など、初めての方にもご理解いただけるように丁寧な説明を心がけています。どうぞお気軽に私どもの対策専門窓口」をご利用ください。

1人で悩まない

集団ストーカーは不特定多数が嫌がらせに加わっているため、誰が加害者なのかわからず混乱してしまいがちです。しかし、そのせいで家族や友人、会社の同僚など周囲の人がみな集団ストーカーに加担していると思い込み、関係を絶って孤立するようなことだけは避けるようにしてください。ターゲットの孤立は、集団ストーカーを喜ばせるだけです。

そこで大切になるのが「1人で悩まない」ことです。嫌がらせが無視できないレベルにまでエスカレートしていたり、家族や友人に相談しても誰もわかってくれなくて「味方が1人もいない」と不安になったりしたら、嫌がらせ対策のプロに依頼することも考えてみてください。

私ども「対策専門窓口」は、コンシェルジュサービスも設けています。相談だけでも構わないので、悩みをお聞かせください。解決方法は1つではありません。私どもが力をお貸しするので、納得のいく解決方法を探していただければと思います。

嫌がらせ対策で選ばれる理由

安心の解決サポート

解決サポートは土日・祝日を含む365日、何度でもご利用可能です。追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者に直通つながるので、ご依者をお待たせしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者と調査責任者の複数体制で調査を進めて参ります。ご依頼いただいた案件は、複数の目で多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へ導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、ご依頼者がどのような被害に遭わされたのか、また、嫌がらせ内容や被害状況を徹底的に調査・分析します。そのうえで、無駄のない解決策を模索・検討し、調査方法をカスタマイズします。

嫌がらせ相談から解決までの流れ

まずはお気軽にご相談ください

2010年の創業以来、当社は一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、独自の情報収集方法に徹底的にこだわり、多種多様な調査方法でご依頼者に求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、経験豊富なスタッフを各エリアに配置し、ご依頼者の悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査が終了した後も問題解決までスタッフがサポートするので、最後まで安心してご利用いただけます。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop