探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせをする集団/解決手段の選択
公開日: 2018/11/07 最終更新日: 2019/03/20
探偵ニュース
 公開日: 2018/11/07 最終更新日: 2019/03/20

嫌がらせをする集団/解決手段の選択

嫌がらせを1人でやろうとする人と集団で行うグループが存在します。お問合せの中にも複数の人間が分担して嫌がらせ行為を行っている案件が非常に多いです。中には金銭が発生していることもあり、「生活のために」やっている人の存在が確認できています。

嫌がらせをする集団とは

一般的なストーカー行為が個人が個人を標的に行う物に対して、集団ストーカーとはある集団が個人を標的に付きまといや、嫌がらせと言ったストーカー行為をする事を言います。

嫌がらせをする集団の特徴

  • 最近、身の回りでおかしなことが増えてたり、不審人物をよくみかける
  • 根も葉もない悪評を広められていた
  • だんだん孤立するようになった

嫌がらせをする集団は、さまざまな方法で嫌がらせを行います。根も葉もない誹謗中傷を広めた、ポストを壊されていた、自転車や車に傷を付けられた、近隣に無視された、また必要以上に付け回されたり、監視されたり、仄めかしを受けたり、多岐に渡り様々です。

嫌がらせをする集団の特徴としては、誰が何の目的やっているのかわからない、犯人が複数ではあるがこれといった証拠はない、どこから対応していいかわからない状況から精神的にも追いつめられるようになります。集団ストーカーによる被害が大きくなる前に、早期に解決することが必要となってきます。

解決手段をどう選択するか

この状況をどうしたいのですか?

様々な試行錯誤の中から、やはり具体的な手段をとらなければ・・・と考えた時には、あなたが今の状況をどのように解決したいのかという明確な目的が調査には必要になってきます。その上で、具体的な手段を考えることになります。でも、なかなか頭の中でまとまらなかったりしますので、メモのような形で文章化して少しずつ整理していきましょう。

状況を客観的に把握することの重要性

何らかの行動を起こす前に、まずは冷静になって、状況を的確に把握することが大切です。そのためには、具体的に何をすればいいのかを、専門相談員と一緒に考えてみましょう。

嫌がらせは個人の感情的なものか、組織による意図的なものか

嫌がらせ行為の原因は、このいずれかを見極める必要があります。個人の感情的な嫌がらせの場合、比較的容易に解決できる可能性がありますが、そのカギを握っているのは「事前情報」になります。

嫌がらせ調査は、事前情報を基に調査を行うため曖昧な情報だと解決まで遠回りしてしまう可能性があります。嫌がらせ行為者が複数または組織による意図的な嫌がらせの場合、事前情報を全て把握し、担当に伝えることが難しいので現状把握から調査することをおすすめします。

少しの勇気が必要です

嫌がらせはインターネットだったり電波だったり目に見えない世界から浸透していきます。最近の嫌がらせは、ネットでの風評被害や地域の回覧板、職場の中の趣味、宗教の有無から使える物はなんでも使って、特定の人物を「孤立」に追いやるまで続きます。そのきっかけは些細なことが多く、「思い込み」で済まされないことだらけです。泣き寝入りする前に、少しの勇気を出して見ませんか?その勇気は調査に費やした時間や費用以上に大きな成果を出す力となるのです。

嫌がらせ行為に対する対処について

相手の情報を十分に得ること

あなたが不安感や恐怖心を抱いている相手は、本当にそこまでの嫌がらせができる人でしょうか?相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」を、ある程度は予測することができます。相手の情報を多く把握することは、あなたの漠然とした不安や恐怖をぬぐい去ってくれるはずです。

感情的に反応しない

嫌がらせをしてくる相手に対して、感情的に反応するのは逆効果です。相手はそれに対してまた更なる嫌がらせをしてくる可能性が高くなります。なぜなら、嫌がらせ行為者はあなたのその感情的な反応によって、更なる嫌がらせをする口実を得るからです。嫌がらせ行為者の思考は、何があっても「自分は正しくてあなたが悪い」のです。

依頼前に確認すべきポイント

あなたが探偵や興信所業界(調査能力・実績等)を熟知していれば、調査士の能力や実績を見極めて選べばいいと思いますが、多くの方々はよく分からないと思います。では、探偵や興信所業界(調査能力・実績等)をよく知らない多くの方々は、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

  • 調査士の実務経験(経験年数)を確認する。
  • 調査士に解決事例を確認する。
  • 誰が調査を担当するのかを確認する。

ここで注意しなければならないのは、ホームページ上の「相談実績〇〇件」「解決実績〇〇件」「〇〇を解決しました」「お客様の声」など、何の裏付けもない抽象的な「実績」や「解決事例」は参考にならないということです。少なくとも、裏付けのない「〇〇専門」「〇〇に強い探偵事務所」「解決実績〇〇件」などの謳い文句は本気にしないで、直接確認した方がいいと思います。

調査項目

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口が幅広く扱う調査項目の一覧をご紹介します。

信用調査(自己信用調査)
ストーカー
集団ストーカー
電磁波測定調査
盗聴、盗撮発見、調査・対策
ネットリサーチ調査
現状把握調査
騒音調査
異臭調査
ハラスメント調査
GPS発見調査
立証調査
いじめ調査
虐待証拠調査
テクノロジー犯罪

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop