集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 嫌がらせをする集団│早期に解決するための選択
公開日: 2018/11/07 最終更新日: 2021/07/14
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2018/11/07 最終更新日: 2021/07/14

嫌がらせをする集団│早期に解決するための選択

嫌がらせを集団で行なうことを「集団ストーカー」と呼ばれていますが、複数人であれば全て集団ストーカーと呼ぶのは間違っています。

集団ストーカーとは組織的な嫌がらせの集団であり、2~3人で行なう嫌がらせでも集団ストーカーに該当することもありますが、嫌がらせの内容によります。

今回は、「集団ストーカー被害かもしれない」と気が付いた方や早期解決に向けて行動を起こしている人の参考になるかと思いますのでご覧ください。

目次│嫌がらせ集団の解説

嫌がらせをする集団とは

一般的なストーカー行為は個人的な恋愛・恨みなど個人が個人にたいし行います。一方、集団ストーカーとは組織集団が一方的に個人を標的につきまといすることや、嫌がらせと言ったストーカー行為をすることを言います。ここでは集団の特徴について述べていきます。

嫌がらせをする集団の被害事例

下記の事例は集団ストーカーの被害に遭った方々の声をまとめたものです。似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカーに巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

  • 動物の死骸を玄関先に置かれたり、監視カメラを壊されたりした。
  • 最近、身の回りでおかしなことが増えた、不審人物をよくみかける
  • 根も葉もない悪評を広められていた。
  • だんだん孤立するようになったのは、なにかしらの洗脳に近い思考操作被害だ。
  • 頭や身体に痛さやビリビリしたものを瞬間的に感じるが電磁波のようなもので打ってきている感覚がある
  • 団地に住んでいるが、まるで睡眠妨害をしているかのように、夜になると上下左右の部屋の騒音がうるさくて眠れない。
  • 家の真上でヘリコプターが低空飛行しているかのような重圧音が24時間続き、頭痛が治まらない。
  • 職場や学校、地域の集いなどだんだんと人間関係が不快になっているが意図的な工作を感じる
  • 歩道を立ち塞ぐように歩く集団に頻繁に遭遇したり、アンカリングのような言葉を囁かれたりする。
  • 自分のスマートフォンやパソコンが情報漏洩していることが証明するかのように先回りされる。
  • 通勤途中や旅行先にまで後をつけてくるグループがいて、気がつくと駅の構内やサービスエリアでスマートフォンを使って盗撮している。

集団ストーカーとは何か?

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーとは、ターゲットにした相手に集団で(もしくは組織的に)監視、つきまといなどの嫌がらせをすることを言います。集団ストーカーはターゲットが監視や盗撮などをしていることに気がつくまで、特に目立った行動は起こしません。

そのため、監視されていることに気付かない人もいます。都道府県ごとに迷惑行為防止条例が制定(改正)されたり、警察も「集団ストーカー」の犯罪を認識するようになったりしたことから、集団ストーカーも表立った嫌がらせを控えるようになりました。

しかし、複数人による集団が個人を監視する、つきまとうなどの嫌がらせは被害に遭った人にすれば、知らないうちに「盗撮されてるかもしれない」「監視されているかもしれない」と不安を覚え、恐怖を感じることに違いはありません。

心理学を応用した嫌がらせ集団

集団ストーカーはターゲットを精神的に追いつめるのが狙いです。ときには「会社で不倫をしている」「カッとなるとすぐに手が出て、暴行容疑で逮捕されたこともある」など、根も葉もない嘘や悪口を近隣に広め、周囲に「関わらないほうがいい人」「不審人物」と思わせるような嫌がらせをすることもあります。

そのような状況下で感情的になったり、激昂した姿を近隣住人に見られたりすると、集団ストーカーの思惑どおりになり立場も不利になります。このような「心理状態を利用した嫌がらせ」が集団ストーカーの手口になります。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

探偵ができる集団ストーカー対策

プロとして最善の解決策を提案する義務がある

探偵にできることは、「集団ストーカーの被害を証明」することを目的に調査をします。

集団ストーカーの被害は複数の嫌がらせが絡み合い、一つの調査だけでは解決することは難しいのですが、探偵に依頼する際に必ず確認することは、「どの被害なら確実に証拠が取得できるのか?」になります。複数ある被害全ての証拠を収集する提案をしていたら、被害者は調査にかかる時間、調査費用の負担は大きくなり、更に追い詰められてしまい「最善の方法」とはいえません。

集団ストーカーの被害の本質は心理戦なので、極力精神的な負担は避けなければなりません。そして、被害者自身も集団ストーカーに屈することなく、国内外の情勢も収集し、情報弱者にならないようにしなければなりません。初めて経験する集団ストーカー被害に向き合うために、相談した探偵社の内容を鵜呑みにするのではなく、自分でも調べておく必要があります。

国内外の情報を共有するサービス

私たちは、集団ストーカーの被害者専門のコンシェルジュサービスを展開しております。こちらでは、集団ストーカーに関する独自の情報を提供しているだけではなく、被害解決に向けた活動も行っております。

そして、わたしたちは解決するまでサポートする体制を整えておりますので、不安な部分は全てお聞かせください。

集団ストーカーを早期に解決するには

実行犯の割り出しから

集団ストーカーに加わっているメンバーは、身元がバレるのを何よりも恐れます。そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットや世間に知られないように、数ヵ月ごとにメンバーを入れ替えたり、他の地域へ派遣させたりする集団もいます。

集団ストーカーは、徒党を組まなければ何もできない小心者たちの集まりと言っても過言ではありませんが、しかし、集団になったとき、組織的に動く彼らの結束力や団結力を甘く見てはいけません。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

そのような集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするのは無謀であり、危険でもあります。つきまといやストーカー行為をやめさせようとして躍起になればなるほど、嫌がらせはエスカレートしかねません。多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

集団に対抗する方法

ストーカー行為や嫌がらせをやめさせる第一歩として、対策専門窓口では、ストーカー集団を束ねている主犯格もしくは実行犯を割り出し、身元を特定します。そのうえで、警察に被害届を出す、精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求をする、訴訟を起こすなどの措置をとることもできますが、いずれの場合でも被害の実態を証明する証拠が必用になります。

証拠の収集および警察署や裁判所に提出する書類の作成も私ども対策専門窓口がお手伝いします。1人で悩んだり、集団ストーカーに立ち向かおうとしたりせず、まずは私たちに話を聞かせてください。大切なのは集団ストーカーや嫌がらせをやめさせるだけでなく、二度とさせないことです。私どもと一緒に集団ストーカー問題を解決していきましょう。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop