探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせの相手がわからない|気が付けば起きている誹謗中傷
公開日: 2018/12/09 最終更新日: 2019/11/03
探偵ニュース
 公開日: 2018/12/09 最終更新日: 2019/11/03

嫌がらせの相手がわからない|気が付けば起きている誹謗中傷

《相手がわからない嫌がらせでお悩みの方へ》
嫌がらせの被害でお悩みの方からのご相談が多く、ここでは実際にお受けした嫌がらせの解決手段をご紹介しています。同じようなお悩みやご不安をお持ちの方、調査や解決方法をお知りになりたい方は参考にしてください。

嫌がらせ被害相談窓口

不特定多数による嫌がらせ

心当たりが見当たらない

嫌がらせの相手がわからなくて、いつどこで嫌がらせが起こるのか不安という声は全国的に多く寄せられてきています。被害の度合いや状況をうまく利用して、幅広い年齢層を動員してくる加害者。加害者が分からないように大量に人を動員したり、少人数で目立たないようにしたり、あえて人ゴミのなか目立つようにふるまったりと大胆不敵な加害者たちのペースに飲み込まれないようにしましょう。

特定されないために不特定多数で役割を分担する加害者たち

被害者に特定されないために、不特定多数で行動するパターンが多い加害者たちは、細かく役割分担で行動してると言われています。迷惑行為防止条例が改正されて、執拗に待ち伏せや迷惑行為ができない今は、不特定多数で妨害行為をするシフトに替えてきてるため、加害行為を行っているか分からない状況にする「嫌がらせ」をするようになってきました。

ここで注意する点は、加害者を特定したいあまりに加害者の自宅まで尾行するのは流石に危険が伴うなので、できる範囲で「この辺」に住んでいると目星をつけておくだけにしてください。相手がわからない加害者の嫌がらせは不特定多数で動いている可能性が高いため、危険行為を行う輩も出てくる恐れがあります。

加害者も必ずボロが出る時があります。その機会がくるまで被害を受けるのはとても大変だとは思いますが、気持ちを落ち着けて加害者に対してどうしたいのかを常に頭に入れて加害者を特定できる機会を待ってみてください。子どもや未成年、お年寄りが嫌がらせをする場合もあるでしょう。加害する行為が限られていますので、やり過ごして自分のすべきことを考えて行動しましょう。

見えないネットワークを利用する手口

インターネット上で起きる誹謗中傷に気が付かない

「何もしてない」「家で仕事してる」「見た目」だけで判断されて、誹謗中傷を言われたと問い合わせが相次いでいます。友達や家族に相談しても「気にしすぎ」「そう聞こえただけじゃないの」と神経質な人扱いされ、最悪なケースでは、「診療内科に診てもらおう」などいわれ、誰も信用できない状態が続く事態は他人事ではありません。

実際に、精神疾患に伴う妄想や幻聴で治療を受けてる人は存在しますが、本当に妄想なのかは「被害を確認」しないと第三者は分かりません。私たちストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、第三者の立場として問い合わせの内容を聞き、依頼人と同じ立場で考えサポートします。

少しの勇気が必要です

誹謗中傷はSNSだったり掲示板だったり目に見えない世界から浸透していきます。最近の嫌がらせは、ネットでの風評被害や地域の回覧板、職場の中の趣味、宗教の有無から使える物はなんでも使って、特定の人物を「孤立」に追いやるまで続きます。

そのきっかけは些細なことが多く、「思い込み」で済まされないことだらけです。泣き寝入りする前に、少しの勇気を出して見ませんか?その勇気は調査に費やした時間や費用以上に大きな成果を生み出す力となるのです。

嫌がらせがもたらす二次被害

様々な問題を引き起こします

  • 誹謗中傷による結婚、就職妨害
  • 風評被害加速、拡散
  • 家族にまで悪影響が及ぶ
  • 不眠症などの健康被害
  • 原因がわからない子供のいじめ
  • ストーカー被害による孤立

最近のストーカー被害はSNSだったり掲示板だったり目に見えない世界から浸透していきます。ネットでの風評被害や地域の回覧板、職場の中の趣味、宗教の有無から使える物はなんでも使って、特定の人物を「孤立」に追いやるまで続きます。そのきっかけは些細なことが多く、「思い込み」で済まされないことだらけです。泣き寝入りする前に、少しの勇気を出して見ませんか?その勇気は調査に費やした時間や費用以上に大きな成果を出す力となるのです。

専門家に特定してもらう

特定調査のご相談は必ず専門家にご相談ください

特定調査の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。特定調査は別名情報調査といい、情報収集ルートと調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

嫌がらせ対策専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、嫌がらせの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

嫌がらせ特定調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop