探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 集団ストーカーに気づいた時に取るべき手段
公開日: 2018/10/08 最終更新日: 2020/08/10
探偵ニュース
 公開日: 2018/10/08 最終更新日: 2020/08/10

集団ストーカーに気づいた時に取るべき手段

ストーカー・嫌がらせ専門窓口では、集団ストーカーで悩んでいる方からのお問い合わせでお伺いした内容を把握し、その内容一つ一つに特化した調査を行っています。このページは、集団ストーカーに気づいた時に対応するためのおおまかな嫌がらせの対策について把握・確認することを目的としており、今起きてる身の覚えのないトラブルの原因が何なのかを探ることができます。自分が我慢すれば全て丸く収まるようなレベルではない近年の嫌がらせに、見えない敵に怯える日から解放されるまで最後までサポート致します。

集団ストーカー相談 – 気が付いた時の対応

集団ストーカーかもしれない

東京都迷惑防止条例の改正案が執行され都内の執拗な追尾や待ち伏せが発覚したら警察に逮捕されるようになり、2018年7月以降、表だっての追尾や待ち伏せ行為が減少を見せ始めました。しかしその反面、不特定多数の人物による嫌がらせ行為(見ず知らずの複数の人物からの付きまといや監視行為)=集団ストーカーが増加傾向を見せてきています。各都道府県の迷惑防止条例を改正してる地域も増えていますので、まずは一度確認をすることをおすすめします。ここでは、集団ストーカー被害に気づいたらある程度で収まったという事例について、その内容をお伝えしていきたいと思います。

集団ストーカーに気づくタイミング

集団ストーカー被害の特徴

  • 追尾
  • 監視
  • ネットストーカー
  • 風評被害や嫌がらせ対応依頼
  • 改札口や道路の妨害
  • 盗聴・盗撮
  • 仄めかし
  • ガスライティング

最初はガスライティングを行うために、被害者の周囲を徹底的に調べる組織と、SNSだけの情報で被害者の人物像を作り上げる組織と大きく2つに分かれることが分かりました。SNSだけの情報を集めている組織は集団ストーカー行為に対して予算が少ないもしくは、自分たちの持分でできる範囲で行っています。

今回はいち早く集団ストーカーに気づいた時についての考察をさせていただきます。咳払いでの仄めかしが多い事例では、街で通りすぎる人全てが被害者に向けて仄めかし行為を行ってると思い込みます。

そして、自分を守るために誰に構わず攻撃的となりその行為は「変な人」となり地域では不審者として扱われます。その結果、加害者側の演出・思惑に飲み込まれてしまうのです。いち早く気づいた人は全て加害者側の都合で行われていたとはっきりします。そして、「あーまたやってる」と思うようになり無視できるようになります。

加害組織によっては「次のターゲットを探そう」とある程度の監視役を残して、被害者側から離れていく場合もありますが、その反面「舐められてる」と加害者側が、しびれを切らして正体を明かし被害者側に恐怖を植え付ける行為を行い、集団ストーカーの正体がバレて被害者が調査会社に証拠収集依頼をお願いする事例があります。

離れていかない場合は、近所の嫌がらせ行為をやめて「外部」の人間が行為を行うようになり範囲が狭くなったり、また仄めかしから始まったなど報告が多いのも事実です。

もちろん、加害者側は自分たちの正体を明かして「怖いだろう」と余裕を見せてますが、調査となれば探偵が目を光らせてると知り、何もしなかったり、ただ通り過ぎるだけになっている場合も多く、仮に解決に至らなくても集団ストーカーの加害者は探偵がバックについていることを嫌がる傾向があるので、被害者が全て不利になることは少ないと言えます。

集団ストーカーの犯罪が周知されつつある

嘘の情報に惑わされないようにする

ガスライディングを集団で行い、あたかも盗聴や盗撮しないと分からない個人の情報を仄めかしを行い、周囲が敵に囲まれたような生活しづらい環境を作る犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。集団ストーカーは統合失調症の幻覚・幻聴で片付けられてきましたが、近年、探偵の集団ストーカーの周知は拡散されているのか、調査項目のなかに「集団ストーカー」の調査が増えてきています。それがどういう意味を持つか、集団ストーカー側が拡散している「嘘の情報」に惑わされないように冷静な対応が必要となります。

集団ストーカーについては早期相談

集団ストーカーは統合失調症の妄想や、単なる思い込みや偶然ではなく「れっきとした犯罪」です。当事務所では集団ストーカー調査を徹底的に行っています。そのためには、皆さんの被害状況の確認が必要です。小規模な組織だと顔が割れるリスクからネット上の誹謗中傷行為のみの傾向があるので、全てが怪しく見える状況での「自己判断」で犯人を決めつけてしまい、解決まで遠回りする事例が多くあります。その為、専門家に客観視してもらうことで状況の整理ができるのです。

泣き寝入りの時代は終わった

最初は資料作りから

以前までは、泣き寝入りで終わっていた嫌がらせも、時代とともに解決へつながるまで対処できるようになりました。それは、法律の改正や調査のスキルが上がってる背景があるからです。そのために、嫌がらせ行為がどんな状況で行われ、盗聴・盗撮されているのかなど、自分なりにわかる範囲で状況を整理し、どんな対処が必要なのかノートにまとめてみましょう。そのノートが調査会社をスピーディに探せて、リーズナブルな費用で実施してくれる資料となるので、心に余裕があれば資料作りから始めてみましょう。

集団ストーカー対策

集団ストーカーに復讐したい気持ちは痛いほど理解できますが、解決するには証拠が必要です。証拠がない限りは、むやみに動くと被害者側が不利になることもあります。被害者ができること、専門家ができることをきちんと認識して行動することが集団ストーカー対策の大きな力となるでしょう。専門的なことは専門家に任せて、普段通りに生活するように意識してください。

はじめて調査相談する方へ

探偵事務所に相談したいけどなんとなく不安

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、嫌がらせ行為をありのまま教えてください。皆さまの悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査終了後のサポートについても経験豊富なスタッフがサポート致しますので最後まで安心してご利用いただけます。調査を依頼することが初めてな方ほど当事務所を利用してほしいと思っております。はじめての方でもわかりやすく丁寧な説明を心がけていますのでお気軽にご利用ください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop