集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 集団ストーカー問題の早期解決を実現するための情報収集とは
公開日: 2022/09/27
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2022/09/27

集団ストーカー問題の早期解決を実現するための情報収集とは

集団ストーカー問題を早期解決する方法

このページは、集団ストーカーに早期に気づいて正しい情報収集をする方法を知って頂くことが目的なので、参考にしていただければ、今起きているトラブルの原因を探る手助けになると思います。

近年の嫌がらせは、我慢すれば全てが丸く収まるようなレベルではありません。

私ども「対策専門窓口」は、執拗な嫌がらせに悩み、怯える日々から解放されるまで、被害に遭っている方をサポートいたします。

専門家
集団ストーカー調査
2022年9月27日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次

集団ストーカーに気づくタイミング

こんなことありませんか?

下記の事例は集団ストーカーの被害に遭った方々の声をまとめたものです。似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカー犯罪に巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

しかし、自分が集団ストーカー被害に遭っていることを自覚した時点で、加害者側の「監視下」に置かれているため、さまざまな情報が筒抜けになってしまうかもしれません。

  • 何度も尾行されたことがある。
  • 自宅を監視されている気がする。
  • ネットストーカーに個人情報を拡散された。
  • 根も葉もない噂が流されていた。
  • 進路妨害する車が増えた。
  • 知らない人に「趣味」を仄めかされた。
  • ガスライティングと思われる被害がある。
  • 夜中の騒音で不眠症になった。

ちょっと待って!情報収集する前に

インターネットの社会では”相手の真実の情報が分かりづらい”ため加害側が「集団ストーカーの被害に遭っている」書き込みをしていることがあります。

これは工作ですが、加害側にとって都合の良いことを書くことで、被害者にとって不利な心理状況をつくり出す狙いがあります。

また多数の人が見ることを狙って、意図的な同調圧力を社会的に整備する狙いもあります。

被害者は注意深く書かれたことを判断することで、何が真実で何が適切でないかご自身で見分けることか可能です。

客観的に書かれたことの精査をご自身で見極めることができれば、加害の意図する方向ではなく考え方を正しい方向へ修正することで余計な心配に振り回される必要がなくなります。

被害者なりすました掲示板の書き込み

集団ストーカーとインターネット上の書き込み

書き込み内容を全て信じると“逆効果”も…

集団ストーカーの被害者が知りたい情報は真実です。

最近では情報リテラシーが高い読み手が多くなったため、検索エンジンよりも掲示板から生の情報(Twitterなどで)を収集している人が増えています。

5ちゃんねるの情報は、”どういう人物がどのようなバックグラウンドで生活して書いたのか非常にわかりにくい”ため、その特性を活かして加害側が被害者を混乱に陥れたり、抜け道のない袋小路へ追いやる考え方へ誘う物言いをすることに特徴があります。

「解決させないことで被害者をずっと加害する」ことを名目としてインターネットに書き込みすることも工作員の仕事となっています。

そのため、安易に書かれた内容を鵜呑みにするのはやめましょう。

解決できないアピール

例えば、被害者を解決させたくないために一部は真実を書いておきながら他方では「だから被害者はどんなに頑張っても解決できない」ことを仄めかしていることがあります。

これは「結局、被害者は真実を知ったところでどうにもならないんだよ」と言いたげに書いてあることがあります。

しかし、加害者が書いた情報には真実が書いてあることもあります。

内部で共有してきたことが書かれていることもあり、どうやら加害者が逮捕されるかもしれないことを危惧している印象の書き込みもあります。

最近ではある程度のカミングアウトの情報が加害側からされることがあります。

しかし、被害者が忘れてはいけないことは加害者というのは加害することで生計を立てている者が存在する事実です。

つまりその生計を自ら絶ってまで暴露する存在は少数派ということです。

安易に書かれていることを全て鵜呑みにすることなく、情報の取捨選択を自らの判断ですることが求められます。

被害者になりすましたブログの書き込み

”精神科へ通っている被害者のわたし”にご注意

加害者の書き込みで、特に迷走しているのがブログです。

Twitterのように旬なリアルタイムの書き込みでないために、ブログは日記タイプに書き込みが年月日で記録されているものがほとんどです。

ある程度の期間まで書き込みされており途中で終了したブログも結構な数があります。

ブログ途中放棄のなかには、実際に被害を受けていた方が加害側との交渉に応じて被害がなくなり書き込まなくなった人もなかにはいるようです。

なかには、書き込みをすることを途中で放棄した理由もわからない被害者もいます。

無数のブログのなかには、被害をあからさまに綴りながら自分は精神科へ通院しており精神病を患っていることを強調し、被害は病気であることを暗に仄めかしている工作員の書き込みもあります。

どのような被害を書いたとしても「書いている本人が精神科へ通院中であるから、書かれていることは精神病が原因なのだ」と読み手に訴えることに成功します。

同じ被害者がこの被害者のブログを読んだら、がっかりしますよね。「この人は精神病と周囲から言われていることをこの筆者のブログから払拭することができない」と読み手は落胆してしまいます。

書き込みの目的

被害の真相解明をさせること、真相究明をされることを断つ「きっかけ」をつくりたいのです。

加害工作としてのブログは、被害に遭ってはいない他の人への社会的な同調圧力にも一役買っています。

‟集団ストーカーの被害を言う人は、決まって精神病である”このようなレッテルを社会的に被害者に貼ることは非常に加害がやりやすい。

掲示板やブログの書き込みをする専門の工作員がいても不思議ではありません。

しかし、読み手の情報リテラシーが高くなることで、集団ストーカーがおこなっていることを正しく見ることができれば、安易な脅迫めいた仄めかしを避けることは可能です。

集団ストーカーの犯罪を周知する背景

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。

しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。

集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。

彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

広告を出して周知活動している探偵について

よくご質問を頂く広告を出している探偵の意図については、真面目に「周知活動」をしている可能性もありますが、正直加害側の可能性についてはなんともいえないのが現状です。

探偵には「守秘義務」があるので、他の探偵社の調査方法やアフターケアについて知ることはありません。

ただし、周知活動という名目で広告をかけていることについては疑問を持った方が良いでしょう。

なんらかの活動に参加しているうえで「周知活動」をしているのであれば、広告をかける必要性はありません。

営利目的で広告を出しているのかもしれませんが、営利目的をストレートに解釈しても意味がありません。

この営利目的とは、「集団ストーカー」の調査技術が進んだ背景から、探偵社に依頼がいかないようにするためです。

広告を出すことで、自然とインターネット上で目立たすことで被害者の目くらましをすることはできますが、真意について知るすべは「探ってみる」しかありません。

5つの安心保障

集団ストーカーのご相談・調査依頼方法

どうやって情報収取をするのか?

集団ストーカー問題の早期解決を実現するためには、被害の状況やお持ちの情報を元に、張り込み調査・尾行調査・聞き込み調査・風評調査・実態調査・おとり調査・証拠収集調査を行ない、集団ストーカー問題の証拠及び情報を徹底的に収集します。

また、依頼の目的や着地点に応じて必要な調査項目やサポート内容が異なりますので、担当者と入念な打ち合わせを行なうことが大切です。

当事務所は、集団ストーカーを理解したうえで調査を引き受けているので、先の先を読んだ調査を実地しています。また、問題が解決するまでサポートいたしますのでご安心ください。

探偵のストーカー調査や証拠収集は秘密裏に行われますので、加害者に気づかれることはありません。

その他の嫌がらせ調査項目の事例

  • 加害者の特定調査
  • 加害者の身辺情報の収集
  • 勤務先調査
  • 潜入調査
  • 盗聴・盗撮調査
  • ハッキング調査
  • オンライン調査
  • 各種測定調査

当事務所の料金相場とは?

当事務所の集団ストーカーの情報収集調査は、基本料金132,000円から調査依頼を承っております。

集団ストーカーの情報収集調査の依頼料の取り決めは、事前の情報量・被害状況・取得する証拠及び情報の種類・難易度・調査期間(日数、時間数)、調査やサポート内容などに応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

しかし、集団ストーカーの被害状況に応じて料金が異なりますので、正式な金額は見積もりをお問い合わせください。

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、調査の専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずは無料相談をご利用ください。

調査に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。調査の担当者が対応いたします。

専門家への相談方法

不安に感じていることや悩み事、集団ストーカー被害の内容、集団ストーカーを解決するための情報収集に関する質問や要望など、下記のフォームからご相談が可能です。

ご相談内容が外部に漏えいすることはありません。また、匿名や公衆電話からのご相談もお受けしています。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop