探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせ調査費用を抑える方法
公開日: 2018/10/08 最終更新日: 2021/02/19
探偵ニュース
 公開日: 2018/10/08 最終更新日: 2021/02/19

嫌がらせ調査費用を抑える方法

調査会社に依頼する前に考えること、それは費用です。イメージで調査会社に依頼すると費用がかかると思っていませんか?その固定概念を外して柔軟な頭で調査会社のホームページを見てください。

嫌がらせ調査費用の仕組み

嫌がらせ調査費用を抑える方法

安くはないが、高いという固定概念を捨てる

調査費用って50万円くらい必要なの?と相談してくる方が最近多いように思います。ドキュメンタリー番組で紹介される費用の度合いが「50万円」くらいなのが主な原因なのではないかと思います。しかし、必ずしもその値段というわけではありません。その費用は日数や依頼の度合いにより変化し、全ての依頼が一律の値段ではないことを記しておきます。

嫌がらせ行為の調査も色々あり、1日の調査で終わるものや、3日〜1週間で終わるものなどさまざまな調査が必要なものまであります。

全て1つの調査で終わるものではないため、費用を抑えるなら安いプランを試してみるのが良いかもしれません。本格的に調査をするなら、調査会社の調査力をみてから判断しても遅くはありません。

嫌がらせ調査に必要な機材や料金はいくらなのか、どんなプランが適切なのか料金を気にせずに聞いてみて、その費用を用意できるかどうかは、後から検討してみるのもいいでしょう。調査プランがはっきりした後にご依頼者から「意外と思った以上に高くならずに済んだ」というお言葉をいただいております。理由として、嫌がらせ調査は今すぐに実益をもたらすことはありませんが、将来にかけての不安を必ず取り除いてくれるからです。将来に向け「自己投資」することは、今後不安な日々を送ることを考えたら決して高くはないのです。

嫌がらせ調査が得意な会社を探す

調査会社の探し方

「嫌がらせ 探偵」「嫌がらせ 調査」このようなワードで検索することが多いでしょう。 検索して、一番上に掲載されてる調査会社を「クリック」してしまうのが人間の心理です。そのホームページにとんだら、まずホームページの雰囲気をチェックしましょう。ホームページの雰囲気は「調査依頼」を強く強調していますか?それとも、「こういうことありませんか?」と自問自答を促す雰囲気を出していませんか?「調査依頼」を強調してるサイトは、「多忙」「担当者が不在」「無料相談が雑」「状況が危ない」「放置しておくと危険」「早く依頼しないと、調査員でも不可能なこともある」と脅しに近い口調で、不安を煽るケースが多いです。料金についても曖昧で「早く依頼してくれ」と言わんばかり。検討する余地を与えない調査会社はやはり信用できませんよね。そこで、電話する前にホームページで確認すべき5つの項目を確認してください。

  • 1.自分が住んでいる地域が担当区域に入っているか
  • 2.探偵業の届出が出ているか・調査会社の所在地が掲載されてるか
  • 3.料金体系や明確な料金表が掲載されていないか
  • 4.面談を調査会社内、もしくは出張面談をしてくれるか
  • 5.調査後のアフターケアやその後の対策を考えてくれるか

1.2はホームページの会社概要に必ず掲載されていないといけない項目です。探偵業の届出が掲載されていない探偵は違法な活動をしている可能性があるので危険です。ホームページをクリックしたら、まず最初に調査会社の「会社概要」を確認するようにしてください。

3は調査会社によりますが、料金体系が掲載されていると、調査会社選びの参考になります。交通費と出張費込みの料金プランなのか、別途で支払うプランなのかが分かれば、どの料金プランから選ぶのがいいのか選択肢が増えます。また、追加料金などのトラブルを回避することができますので、料金表は必ず確認するようにしてください。

4.5は、電話した後や面談時、ホームページの雰囲気から読み取るものです。近年、一般の方と探偵会社がごく身近になってきました。依頼した調査の報告書を渡して終わりというカタチもあれば、その後のアフターケアとして、その後の自分で行なえる対策のアドバイスや、近況を報告できる環境を整える探偵会社も増えています。

それは、2次被害を防ぐもしくは、調査会社が後ろについているという、相手側に抑制力を見せつけることで、見えない壁を作りご依頼者がいつでも、異変を感じたらすぐに連絡できるような体制にしているからです。いつでもケアができる環境づくりが大切なのです。

泣き寝入りの時代は終わった

最初は資料作りから

以前は、泣き寝入りで終わっていた嫌がらせも、時代とともに解決へつながるまで対処できるようになりました。それは、法律の改正調査スキルが上がっているという背景があるからです。最近では調査会社を紹介するサイトや比較サイトも作られ、簡単に見積もりを依頼することが可能です。まずは、調査会社の比較サイトや紹介サイトで検索して、嫌がらせ行為を解決させる方法に適している調査会社を探してみてください。見積もりを複数取るだけで、同じ調査内容でもコスパが高いプランが見つかり、地道に探すよりも時間が短縮され、いち早く調査の依頼ができます。

いち早い調査着手、解決のために、嫌がらせ行為がどのような状況で行われ、盗聴・盗撮されているのかなど、自分なりにわかる範囲で状況をまとめて、どんな対処が必要なのかノートにまとめてみましょう。そのノートがあることで調査会社をスピーディに探せ、リーズナブルな費用で実施してくれる資料となるので、心に余裕があれば資料作りから始めてみましょう。

はじめて調査相談する方へ

探偵事務所に相談したいけどなんとなく不安

ストーカー・嫌がらせ「対策専門窓口」にご相談いただく際は、たとえ話しづらいことでも、嫌がらせの内容をありのまま教えてください。誰にも知られたくない、話したくないと思うようなことほど、解決のきっかけになる重要な情報だったりします。

ご依頼者から伺ったお話が外部に漏れることは決してありません。また、調査が終了した後も経験豊富なスタッフがサポートするので安心して「対策専門窓口」をご利用いただけます。

調査を依頼するのは初めてという方こそ、当事務所をご利用いただきたいと思います。調査の流れや調査方法など、初めての方にもご理解いただけるように丁寧な説明を心がけています。どうぞお気軽に私どもの対策専門窓口」をご利用ください。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop