探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 宗教関係の嫌がらせ行為者(加害者)について
公開日: 2018/10/11 最終更新日: 2021/08/31
探偵ニュース
 公開日: 2018/10/11 最終更新日: 2021/08/31

宗教関係の嫌がらせ行為者(加害者)について

嫌がらせ行為者が特定できない理由に、嫌がらせ行為者が交代で行なっている例があります。とりわけ宗教関係者の嫌がらせ行為は、執拗で交代制の嫌がらせを被害者に感じさせるようです。

宗教トラブル無料相談窓口

宗教関係者の嫌がらせ行為について

嫌がらせ行為を始める理由

嫌がらせ行為を始める理由について、問い合わせのなかで多かったのが「宗教の勧誘を断った」「信者の間に揉めて辞めた」「信者を辞めようとして信者同士でもめた」この3つが多いです。

宗教トラブルはパワハラの加害者と同じで、「自分たちは正しく、勧誘を断る・脱会する人は厳しく対応する」と思い込んでおり、嫌がらせ行為をしているという自覚がありません。

彼らは自分たちに反する人たちを「敵対者」と呼んでいます。「〇〇敵対者駆除マニュアル」からも分かるように、一部の宗教では自分たちに反する人たちは敵対者としてみなし駆除してもよいと思っているのでしょう。

「敵対者」として認識されると、被害者の家周辺に関する用意周到な見回りが始まります。被害者が出入りするたびに不審な車が家の前に止まっており、こちらを監視しているみたいなどの問合わせが多発しています。

注目すべき点は長年にわたって嫌がらせをし続けることです。「敵対者」の子どもはいじめなどに遭遇して生きづらくなったりもします。

宗教関係者が嫌がらせをやめないのも、宗教に基づいた教えと上からの絶対的な命令により逆らえないというのがあります。嫌がらせをやめるように訴えても、自分たちは「敵対者を駆除している」のであり、自分たちの行為が正しく「功徳」がもらえるからと言って止めないでしょう。

泣き寝入りの時代は終わった

まずは資料作りから

以前までは、泣き寝入りで終わっていた嫌がらせも、法律の改正や調査のスキルが上がっている背景があり解決可能になりました。最近では調査会社を紹介するサイトや比較サイトも作られ、簡単に見積もりを依頼することが可能です。

まずは、調査会社の比較サイトや紹介サイトを検索して、嫌がらせ行為を解決させる方法に適している調査会社を探してみてください。見積もりを複数取るだけで、同じ調査内容でもコスパが高いプランが見つかり、地道に探すより時間も短縮され、いち早く調査の依頼ができることでしょう。

ご相談前に、嫌がらせ行為がどのような状況で行われ盗聴・盗撮されているのかなど、自分なりにわかる範囲で状況をまとめて、どんな対処が必要なのかノートにまとめておくことで、把握漏れを防ぐことができます。心に余裕があれば資料作りから始めてみてはいかがでしょうか。

真実を知らなければ何も変わらない

解決手段をどう選択するか

この状況をどうしたいのですか?

さまざまな試行錯誤の中から、やはり具体的な手段をとらなければ・・・と考えた時には、あなたが今の状況をどのように解決したいのかという明確な目的が調査には必要になってきます。その上で、具体的な手段を考えることになります。でも、なかなか頭の中でまとまらなかったりしますので、メモのような形で文章化して少しずつ整理していきましょう。

状況を客観的に把握することの重要性

何らかの行動を起こす前に、まずは冷静になって、状況を的確に把握することが大切です。そのためには、具体的に何をすればいいのかを、専門相談員と一緒に考えてみましょう。

嫌がらせは個人の感情的なものか、組織による意図的なものか

嫌がらせ行為の原因は、このいずれかを見極める必要があります。個人の感情的な嫌がらせの場合、比較的容易に解決できる可能性がありますが、そのカギを握っているのは「事前情報」になります。

嫌がらせ調査は、事前情報を基に調査を行うため曖昧な情報だと解決まで遠回りしてしまう可能性があります。嫌がらせ行為者が複数または組織による意図的な嫌がらせの場合、事前情報を全て把握し、担当に伝えることが難しいので現状把握してから調査担当者に相談することをおすすめします。

宗教トラブルをプロに依頼した時の費用

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。 当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

宗教トラブル調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop