探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせ解決策の実施
公開日: 2019/01/29
探偵ニュース
 公開日: 2019/01/29

嫌がらせ解決策の実施

嫌がらせの加害者が最も嫌うことは、嫌がらせの解決策を被害者が見つけることです。加害者も嫌がらせを悪化させたり手法を変えてきたりと、嫌がらせをし続ける環境を維持するために躍起になる傾向があります。躍起になる時が、被害者にとって解決するかしないかの瀬戸際であり、被害者が実施しようとする解決策の内容によってはデメリットになる場合があるので必ず専門家に相談して判断してください。

解決策の実施にあたり

嫌がらせの状況から把握して分析した結果、嫌がらせを解決する対処ができた場合、みなさんはどうしますか?同じ被害に遭われてる被害者に報告しますか?Twitterでツイートしますか?誰かに報告したい衝動にかられる気持ちも分かります。嫌がらせ関連のページでも書きましたが、嫌がらせは「情報戦」です。

 

加害者も同時に情報を掴むリスクがあることを忘れないようにしてください。嫌がらせが収まったことをTwitterでツイートし続けた結果、さらに悪質な嫌がらせが発生したという事例は意外に多く、「加害者の都合」で嫌がらせが終わったとアピールしてるかのような傾向は後を絶ちません。嫌がらせの解決策にたどり着けたのは専門家に依頼したり、同じ被害者同士の情報の共有して得た情報です。その情報を周囲に漏らさないようにする対策も忘れずに、解決策を実施するようにしてください。

解決手段をどう選択するか

この状況をどうしたいか?

様々な試行錯誤の中から、やはり具体的な手段をとらなければ・・・と考えた時には、あなたが今の状況をどのように解決したいのかという明確な目的が調査には必要になってきます。その上で、具体的な手段を考えることになります。でも、なかなか頭の中でまとまらなかったりしますので、メモのような形で文章化して少しずつ整理していきましょう。なんらかの行動を起こす前に、まずは冷静になって、状況を的確に把握することが大切です。そのためには、具体的に何をすればいいのかを、専門相談員と一緒に考えてみましょう。

嫌がらせは個人の感情的なものか、組織による意図的なものか

嫌がらせ行為の原因は、このいずれかを見極める必要があります。個人の感情的な嫌がらせの場合、比較的容易に解決できる可能性がありますが、そのカギを握っているのは「情報」になります。嫌がらせ調査は、情報を基に調査を行うため曖昧な情報だと解決まで遠回りしてしまう可能性があります。嫌がらせ行為者が複数または組織による意図的な嫌がらせの場合、事前情報を全て把握し、担当に伝えることが難しいので現状把握から調査することをおすすめします。

 

スムーズに解決するために集めておくべき証拠

ストーカー・嫌がらせを自分で解決する場合も、専門家の力を借りて対応していく場合も、もっとも重要なのが「証拠集め」です。よく嫌がらせの解決策に、防御グッズを購入するという事例は多く聞きますが、根本的な解決には至りません。精神状態を落ち着かせる目的で、振動のひどい部屋から別の部屋に寝室を変えたり、騒音の被害がひどい場合、防音シートでカバーしたり予算の許す限りで購入するのは悪くありません。

ストーカー・嫌がらせを裏付ける根拠とは
  • ストーカー・嫌がらせの事実が確認できる証拠
  • 実際に発生した被害が確認できる証拠

ICレコーダーでの音声の録音であれば、被害を立証できると思われる音声を録音し、保存すること。ビデオカメラで撮影した動画であれば、嫌がらせをしているところを撮影し、動画として保存しておく。

1分でわかる!ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

「ストーカー・嫌がらせの不安について、探偵に相談したい!」というお問合せを数多く頂いています。ですが、自分に必要な調査の選び方や相談する探偵事務所がわからないという方も実は結構多いのです。
そこで、まずはあなたにはどの種類の調査が必要か、簡単にわかる診断チャートでチェックしてみましょう!

Q

探偵事務所に相談するのは初めてですか?

A

相談方法を確認したい⇒無料相談窓口へ

Q

調査料金について知りたいのですか?

A

調査料金について知りたい⇒調査料金のご案内へ

Q

ご家族が嫌がらせで悩んでいるのですが相談できますか?

A

ご家族・恋人が嫌がらせで悩んでいる⇒ご家族専用窓口

Q

どんな調査をお考えですか?

A

自分に必要な調査項目があるか確認したい⇒調査項目一覧

Q

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口とは?

A

どのような会社か確認したい⇒会社概要

専門家が行う調査の流れ

大切なことは「一人で悩まない」ことです。嫌がらせ対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができると思います。だから決して1人で悩まないで相談だけでもいいので、皆さんの被害状況を教えてください。必ずお力になれると思いますし、納得が行くまで被害のことを話すだけでもすっきりすると思います。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop