探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > テクノロジー犯罪と集団ストーカーの二極化
公開日: 2018/10/09 最終更新日: 2019/03/08
探偵ニュース
 公開日: 2018/10/09 最終更新日: 2019/03/08

テクノロジー犯罪と集団ストーカーの二極化

テクノロジー犯罪は妄想の世界の話だと思っている方、最近のお問い合わせで「家族に聞こえない音がする」という案件が増えています。この手の嫌がらせの被害は個々によって異なり、集団ストーカー被害で終わる人もいれば、テクノロジー犯罪に気づく人もいたりと、被害が二極化してる可能性があるということです。

相談窓口 – テクノロジー犯罪/集団ストーカー

テクノロジー犯罪と集団ストーカーの二極化

なぜ?二極化するのか

嫌がらせ行為でテクノロジー犯罪と集団ストーカーの二極化になってるという報告があったのは、とあるエリアて開催された「被害者の会」の話し合いで、ある人は集団ストーカー止まり、ある人は音声送信や電磁波による身体攻撃という話がでてきたのです。話し合いの結果、集団ストーカー止まりの人は、神経質で思い込みが激しく、少しのことて敏感に反応する仕草が、加害者側にとっても面白い標的になってるとのことです。

テクノロジー犯罪については、テクノロジー犯罪をやるいうことは加害者側にとっては「最後の手段」的な存在であること。

よほど、被害者が加害者にとって恨みがあったり、危険人物でないかぎりは仕掛けてこないのですが、被害に遭ってる人は、ピンポイントマイクで近隣の生活音を騒音レベルの音で脅すという問い合わせもあり、異常電波が届いてる可能性があります。

テクノロジー犯罪は「電波」「音」を屈した犯罪かつ、「見えない犯罪」です。今の時代、電波の届く場所は少なからず誰もが巻き込まれやすいので、テクノロジー犯罪があるということは知って欲しいと思います。そして、テクノロジー犯罪に巻き込まれた人というのが集団ストーカー行為にあまり動じない人が多く、不審車両を頻繁に目撃しても何も感じないタイプです。

「人に興味がない」人がテクノロジー犯罪に巻き込まれやすい傾向があります。また、再就職の妨げなど、面と向かってだと何かしら加害者側に不利になることを、音声送信なら「見えない犯罪」にすることができるのです。最近では集団ストーカーの被害のひとつノイズキャンペーンも実は音声送信を利用して起こってるのではないかと疑う事例多く、嫌がらせは色々な可能性を追求することが必要があります。

テクノロジー犯罪は存在するのか

テクノロジー犯罪は存在するのか

結果を言えば、テクノロジー犯罪は存在します。加害者側にとっては被害者は全て統合失調症の幻聴となり、故意で作られていることを証明するにはそれなりの知識や技術が必要で、専門家でないかぎり難しいでしょう。何よりも恐ろしいのは「被害者」しか聞こえないという状況を作り上げる事。自宅周辺で大きな声で井戸端会議をしてると思って窓をあけて周囲を見渡しても誰いないのが「テクノロジー犯罪」なのです。

ある事例は、音声送信の影響で「ブレーンジャック」されて誰かに遠隔で操られているような感覚に陥り、とある高速道路に迷い込み交通警察に保護されたそうです。テクノロジー犯罪も最終的には被害者を自殺未遂をさせて、家族には精神疾患を起こしたという結果にするパターンは、集団ストーカーと何も変わりません。「アンカリングで怯えてた時期が平和だった」と思わせるくらい精神的にきつい経験をされた方も存在します。

調査会社にとってそれが妄想なのか、一切否定はしません。音声送信の問い合わせがあるたびにテクノロジー犯罪は存在すると認めざる得ない状況になってるからです。被害者のなかには上記に触れましたが24時間、頭の中で響いている人と、一定の期間だけ聞こえてあとは聞こえなくなったという事例もあり、加害者の組織や予算の関係で二極化してる説も考えられます。

人に理解されない嫌がらせ行為

最初は資料作りから

集団ストーカーもテクノロジー犯罪も人に理解されない嫌がらせ行為という名の犯罪です。加害者側の行為が表にでれば逮捕、起訴、もしくは実刑がでるぐらいの行為を表にでてしまえば、世間の影響がでて自分たちの生活が不利になることは間違いありません。今まで表にでなかったのは、被害者が精神疾患と診断され入院、治療、リハビリと時間に当てていたからです。最悪、自ら命を落としてしまったり、パワハラ、セクハラ、モラハラを立証されて別のカタチで解決しています。決してテクノロジー犯罪や集団ストーカーというカタチで表にでなかったのです。

あおり運転も危険運転も、集団ストーカーの被害に入ってるので小分けされて世間に知れ渡っていたらそのうちテクノロジー犯罪が表に出る可能性は十分にあるでしょう。また、それはそれで加害者側はうまく工作するかもしれませんが、テクノロジー犯罪まで犯して被害者を不幸にする犯罪が、この先隠しきれることはないでしょう。

隠し通さないといけないこのテクノロジー犯罪が、どの嫌がらせよりも陰湿で、思い込みであってほしい幻聴であってほしいと被害者が思うのも納得できます。要人レベルのやり方で嫌がらせ行為を行う理由が未だに全ては明らかにされていません。組織的犯罪と単なる嫌がらせ集団の2つが今日の不思議な現象を作り上げているということを覚えておいてください。

はじめて調査相談する方へ

相談したいけど解決できるか不安

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、嫌がらせ行為をありのまま教えてください。皆さまの悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査終了後のサポートについても経験豊富なスタッフがサポート致しますので最後まで安心してご利用いただけます。調査を依頼することが初めてな方ほど当事務所を利用してほしいと思っております。はじめての方でもわかりやすく丁寧な説明を心がけていますのでお気軽にご利用ください。

一人で悩まない

執拗な嫌がらせは第三者に気づかないように嫌がらせを行うと同時に、不特定多数の人が加害行為に加わっているため、誰が加害者なのか分からず混乱してしまうのが、被害者の辛さだと思います。それこそが、加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くして完全な孤立にさせるために手段が選ばないのが加害者です。

あまり警戒しすぎて、被害者の近くにいる人全員が加害者と思い込み、暴力沙汰になるケースがあるので、被害らしきことが起きたら、メモをとるなりして記録しておくことが大事です。ここで大切なことは「一人で悩まない」ことです。嫌がらせ対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができると思います。だから決して1人で悩まないで相談だけでもいいので、皆さんの被害の状況を教えてください。みなさんのお力になれると思いますし、納得が行くまで被害のことを話すだけでもすっきりすると思います。

調査依頼方法

自信があるからできる1日サポート

「解決事例など聞きたい」「担当者の質を確認したい」「調査方法を詳しく聞きたい」など、依頼する前に気になっている方は多いかと思います。最初は、「1日サポート」から初めてみませんか?不安が解消できたのであればそのまま調査に移行すればよく、まだなんとなく不安であれば依頼する必要はありませんのでご安心ください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop