探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせの一つ「監視」について
公開日: 2018/11/24 最終更新日: 2018/11/23
探偵ニュース
 公開日: 2018/11/24 最終更新日: 2018/11/23

嫌がらせの一つ「監視」について

最初は偶然かな?とあまり深く考えない行為でも、何回も何回も同じような行為を目撃すると自分は誰かに「監視」されているんじゃないかと思うようになります。組織的な嫌がらせは、同じような行為を繰り返して「監視」してることに意識を向けるように仕向けるのです。この行為は加害組織でマニュアル化されており、ほぼ全国的に行為を行っています。今回は嫌がらせの初期に見られる監視の意識を向ける行為について見ていきます。

常に「監視」していると見せかける

組織的な嫌がらせの初期は誰も全く気づかないのが特徴です。例えば、バスを利用する人は自分以外にも大勢の人が利用します。会社勤めの人であれば月曜日から金曜日まで、同じ時間帯のバスに乗車する人はほぼ決まっていて、まさかその人たちに紛れて、嫌がらせのターゲットを監視をするなんて想像できません。しかし、嫌がらせの加害者はある日突然現れて、色々なやり方や演出でターゲットを監視しているのです。

監視行為自体は、相手が意識しだすまで同じパターンや同じ人物、同じ場所で複数の人が繰り返し行います。最初は偶然と思うことも、連続で続くことにより、ターゲットを常に監視していると思わせる仕組みが出来上がっていきます。出来上がると、何もしなくてもターゲットが加害者以外にも意識することで「全てが怪しく見える」状況がいとも簡単にできてしまうから驚きです。

そのような状況に追い込まれてしまうと、冷静な判断が難しくなり、自分の考えに囚われてしまってそこからなかなか抜け出せないでしょう。そのような場合、第三者の「客観的な視点」で冷静に判断してもらうことで問題の解決に近づくことができます。

加害者の罠に惑わせないために

組織的な嫌がらせ、とくに監視行為で神経が高ぶってるときは、ただの通行人でも嫌がらせの加担者と思ってしまうので、心が安らぐ時間も環境もない状態です。そんな加害者が作った行為が全てニセモノであると思わないと、本当の不審者や犯罪者になってしまうリスクが非常に高いのです。加害者の罠にかからないためにも、「常に監視されているのか」をはっきりさせる調査が必要になりますので、まずは、現状を把握することを優先にしましょう。

意識を変えることで対処する

監視行為を繰り返しされることで、ターゲットは神経質になり、咳一つでも「私に向けられてる」と思い込んでしまい、周囲の人たち全員が敵に見えてしまいます。それにより、精神科に通院や入院する事例も多く、どんな理由で監視行為などの嫌がらせが行われてるかは様々で、会社や地域から孤立させること、引っ越しを強制させる目的や男女トラブル、怨恨などが多くの理由でしょう。ただ、「いつかこの行為が終わるだろう」と思うことは正直、期待が持てません。

やり過ごす対処法として

監視行為をどう捉えるか「私には関係ない」と意識することでやり過ごすのがベストではないでしょうか。とにかく周りを気にしないほど集中させる何かを持つことが、監視行為をやり過ごす対処法でしょう。監視される日々のなかでも、自分の時間を有意義過ごすことで心の余裕もできてくると思います。

嫌がらせ被害についてお聞かせください。

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。嫌がらせは、浮気調査とは違い嫌がらせに関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵であればどこでも解決できるわけではありません。

できれば早めに相談しよう

どうしようもなくなってからの調査相談では、対処法も少なくなり、解決が難しくなってしまいます。情報が古くなるなる前に、なるべくお早めに相談されることをおすすめします。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

自分の解決(ゴール)を考えておこう

調査相談時間を有効に使うために、自分が何に悩んでいて、調査をしてどうしたいのかをできるだけ整理しておきましょう。相談する前に、メモにまとめておくのもよいでしょう。自分の気持ちを整理しておくことで、今後の方向性もはっきりとしてきます。

関係のありそうな書類は何でも持って行こう

良いアドバイスは正確な事案の把握から。自分ではあまり重要ではないと思っていた情報やメモも、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりとなったりします。まずは関係のありそうな書類を集めて持って行きましょう。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop