集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 嫌がらせの一つ「監視」について
公開日: 2018/11/24 最終更新日: 2021/08/31
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2018/11/24 最終更新日: 2021/08/31

嫌がらせの一つ「監視」について

最初は偶然かな?とあまり深く考えない行為でも、何回も何回も同じような行為を目撃すると自分は誰かに「監視」されているのでは?と思うようになります。

組織的な嫌がらせは、同じような行為を繰り返して「監視」していることに意識を向けるように仕向けるのです。

この行為は加害組織でマニュアル化されており、ほぼ全国的に行っています。今回は嫌がらせの初期に見られる監視の意識を向ける行為について見ていきたいと思います。

目次|嫌がらせの一つ「監視」について

常に「監視」していると見せかける

加害側による「監視」は心理作戦

組織的な嫌がらせの初期は誰も全く気づかないのが特徴です。最初はわざと気づかせず色々な人間関係の工作をします。そしてある日ターゲットが「最近、不幸続きでこれはおかしい」と気づきはじめ、インターネット上で嫌がらせについて検索しているなど気づきはじめたら、加害側は一気に監視していることを仄めかすようになります。

特に気づきはじめた最初の頃や何らかのイベント時には必ず大量の歩兵人材をストーキングとしてターゲット周辺に配置してきます。そして「監視」の仄めかしをターゲットに執拗に行います。これは集団ストーカーで被害者にたいして行われる確率が高いです。

監視行為自体は、相手が意識しだすまで同じパターンや同じ人物、同じ場所で複数の人が繰り返し行います。最初は偶然と思うことも、連続で続くことにより、ターゲットを常に監視していると思わせる仕組みが出来上がっていきます。

出来上がると、何もしなくてもターゲットが加害者以外にも意識することで「全てが怪しく見える」状況がいとも簡単にできてしまいます。心理工作と費用削減のために加害側がいかに被害者に誤解してもらうかが重要になってくるというわけです。

被害者自身が分岐点を見極めよう

常に被害者が誤解放題の状況に追い込まれてしまうと、冷静な判断が難しくなり、自分の考えに囚われてしまってそこからなかなか抜け出せないでしょう。ここが分岐点となります。ご自身で正しいソースを探すことに努めるか、あるいは真理の探究を放棄して延々と誤解ループ状態となり完全な引き込もりになるかになります。

問題なのは真理の探究をしても嫌がらせの解決は証拠収集と、証拠をもとに相手と対峙することで決着となります。それをひとりで行うというのはあまりお勧めしません。間違えれば嫌がらせの状況が悪化することで精神的な負担が増加し、解決への気力が失われてしまうかもしれません。

真実を知らなければ何も変わらない

加害者の罠に惑わせられないために

組織的な嫌がらせ、とくに監視行為で神経が高ぶっているときは、ただの通行人でも嫌がらせの加担者と思ってしまうので、心が安らぐ時間がない状態にも思えます。しかし、全員が加害者ではないことを意識していれば大丈夫です。

真実を観察することで冷静を保とう

咳一つでも「私にたいして向けられている」と思い込んでしまい、周囲の人たち全員が敵に見えてしまいます。その経験をそのまま周囲に相談すると、精神科に通院や入院する事例が実に多くなります。

「被害を相談する人たちは精神疾患」という言論統制の流れが生きているからです。あなたに何を勧めたのか、つまり誰がどのような言動をするのかも、監視されています。

そういった面から見えることは、ターゲットにされた人だけが社会で監視されているわけではないという逆説的な答えもでてきます。

やり過ごす対処法として

監視行為をどう捉えるか「私には関係ない」と意識することは危険です。しかし、没頭するほど集中するようなリモートワークをするなどある程度外の世界と遮断することも、監視行為をやり過ごす対処法でしょう。

もちろん室内も監視されている可能性はあります。あなたが動けば近所の人も動きがある場合は、室内に盗撮カメラが設置されている可能性があります。但し、監視される日々のなかでも、自分の時間を有意義過ごすことで心の余裕もできてくると思います。

加害に振り回されずあなたの人生を楽しまなければいけません。そのためにも加害にたいして毅然とした態度をとり、しつこい場合は専門家と連携して証拠収集を行ないましょう。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

集団ストーカーを早期に解決するには

実行犯の割り出しから

集団ストーカーに加わっているメンバーは、身元がバレることを何よりも恐れます。そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットや世間に知られないように、数ヵ月ごとにメンバーを入れ替えたり、他の地域へ派遣させたりする集団もいます。

集団ストーカーは、徒党を組まなければ何もできない小心者たちの集まりと言っても過言ではありませんが、しかし、集団になったとき、組織的に動く彼らの結束力や団結力を甘く見てはいけません。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするように一時ブログなどで被害者を装って書き込んでいるのが乱立していましたが今はどうでしょう?あまりないと思います。今は、本人では解決に至れない。時代が変わらなければという流れにあります。私どもも同じように思っています。時代が変化することで集団ストーカーもまた変化することでしょう。しかし、今はあなたの問題です。あなたひとりの問題でしたら私ども専門家で嫌がらせを終焉させることは可能です。ぜひ私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

集団に対抗する方法

ストーカー行為や嫌がらせをやめさせる第一歩として、対策専門窓口では、ストーカー集団を束ねている主犯格もしくは実行犯を割り出し、身元を特定します。そのうえで、警察に被害届を出す、精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求をする、訴訟を起こすなどの措置をとることもできますが、いずれの場合でも被害の実態を証明する証拠が必用になります。

証拠の収集および警察署や裁判所に提出する書類の作成も私ども対策専門窓口がお手伝いします。1人で悩んだり、集団ストーカーに立ち向かおうとしたりせず、まずは私たちに話を聞かせてください。大切なのは集団ストーカーや嫌がらせをやめさせるだけでなく、二度とさせないことです。私どもと一緒に集団ストーカー問題を解決していきましょう。

集団ストーカーの犯罪が周知されつつある

手口が明らかになった集団ストーカー行為

集団ストーカーとは、集団で(もしくは組織的に)ガスライディングのような嫌がらせを仕掛ける、盗聴や盗撮をしなければわからないような個人の情報を「知っている」「秘密を握っている」と仄めかす、ターゲットにした相手が周囲や近隣住人に疎まれたり避けられたりするように仕向けて精神的に追い込んでいく犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

集団ストーカー対策が必要な方へ

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「嘘つき」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。

早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop