探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > テクノロジー犯罪調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2019/01/10 最終更新日: 2019/11/03
探偵ニュース
 公開日: 2019/01/10 最終更新日: 2019/11/03

テクノロジー犯罪調査【よくあるご質問Q&A】

テクノロジー犯罪に関するQ&Aのページです。テクノロジー犯罪は「空想」と思われてきましたが、海外では認識度が高く「軍事兵器」として使用することを禁止してる国もあるほどです。日本では法律で規制がなく野放し状態であること。何かのデータを収集するために知らないうちにターゲットにされてるという状況が分かりつつあります。犯罪自体が「無い」ものとされてる、テクノロジー犯罪のことをまとめて見ましたのでご覧ください。

テクノロジー犯罪対策相談窓口

嫌がらせ専門対策室

テクノロジー犯罪調査の依頼は必ず専門家に!

テクノロジー犯罪対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。

テクノロジー犯罪調査は、一般的な探偵調査とは違いテクノロジー犯罪調査に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。他社で断られた相談、解決できなかったテクノロジー犯罪調査を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

テクノロジー犯罪についての認識を

テクノロジー犯罪事例

  • 睡眠妨害(24時間室内どこでも音が聞こえる)
  • 自宅生放送(リアルタイムの音声送信)
  • 超音波被害 (被害者で大腿骨が照射された人が多い)

全国的に電磁波や超音波による過剰な照射による健康被害を訴える人が、水面下で増加してると言われています。しかも、季節の変わり目に合わせて電磁波を故意にコントロールしてるため病院に行く前は体調が悪かったのに、病院で受診するときには体調が良くなってる。検査の結果は「異常なし」と診断されて、自分の体の変化に見えない不安と、医療現場の対応に不満を覚える二次被害も出てきています。

テクノロジー犯罪に関連するQ&A

Q

テクノロジー犯罪とは?

A

遠隔から機材を操作をして健康被害を起こす犯罪。医療利権を悪用して、故意的に病気を作らせる目的で、テクノロジー犯罪が行われていると言われています。また、新薬の開発のためのデータの収集や世界で使用を禁止されてる薬を日本で消化させるためなど、さまざな理由が挙げられます。

Q

どのような人が被害に遭いやすいですか?

A

家族構成、資産の有無など。被害に遭われてる方の共通点は家が資産家、ちよっとした財産がある。独身であることや将来的に相続人がいないなど、財産を横取りする目的が見え隠れしています。何年もしくは何十年の歳月をかけて情報を収集して加害行為をするタイミングを計っているのです。

Q

集団ストーカーとテクノロジー犯罪は同じですか?

A

テクノロジー犯罪の1つです。集団ストーカーはテクノロジー犯罪の初期の段階にあたり、集団ストーカーに気づいた人は集団ストーカーで被害に留まる傾向があり、テクノロジー犯罪まで被害がひどくなったケースは、集団ストーカーの段階でも被害に気づかなかった事例が多いこと。テクノロジー犯罪がしやすい環境であった事例が報告されています。

Q

自分にしか聞こえない音は幻聴なのか不安です。

A

音声送信か指向性スピーカーで音を伝えてる可能性があります。音声送信の場合、電磁波の脳に照射してその脳波を耳の内耳に送ってから、鼓膜を通して脳に音が伝わる仕組みだと言われています。よって耳栓やイヤーマフをつけても音が聞こえる場合は、音声送信の可能性があります、耳を防御して音が遮断されたら指向性スピーカーからの音です。

Q

音声送信の防御策はありますか?

A

決定的な策はありません。残念ながら、決定的な防御策は分からないままで、分かってる時点は音が静かな環境で高性能のイヤーマフを付けるとある程度の音は軽減できるということ。24時間音が聞こえる被害に関しては、「無視」以外の策はないというのが現状です。

Q

インターネットを調べると防御グッズがありますが購入したほうがいいですか?

A

様子を見てから。実際に調べてみて、異常な電波が見つかってから対策を練った方が良さそうです。最初から防御策を買うと逆に被害が悪化した事例が報告されているので、グッズを買うかどうかは様子を見てからのほうが良いでしょう。

Q

頭を撃ち抜かれたような衝撃は何ですか?

A

超音波を照射された可能性があります。電磁波は皮膚の表面を当たる程度と言われています。被害の事例をみると、頭を撃ち抜かれたような衝撃は超音波を照射されて起こる現象だと被害者で訴えてる人が多いです。実際に超音波の異常な数値がでた事例があります。

Q

どのような環境がテクノロジー犯罪に巻き込まれやすい?

A

変電所が近くにあるところと言われています。テクノロジー犯罪は電気を大量に使うため、電気を悪用しやすい変電所が近くにある地域。公団住宅の人の被害が多い傾向があります。逆に一軒家の被害の傾向が少ない傾向があります。

Q

テクノロジー犯罪の加害者の特徴は?

A

執着心が強い。利権が絡んでる場合、1人の被害者につき「お金儲け」ができると指示されているケースがあり、お金を儲けるために、ありとあらゆる手段を使って加害行為を行なっています。加害行為するたびに何かしらの「お金」が絡んでいること。加害行為につき一定のノルマが課せられてる可能性があります。

Q

テクノロジー犯罪が終わる人もいますか?

A

一概に言えません。音声送信の被害の人は一定の期間だけ被害がひどくて「気にしなくなれば」音が小さくなる傾向があり普段の生活が戻った事例があります。

Q

テクノロジー犯罪の初期段階の症状は?

A

耳鳴りと体調不良。突然の耳鳴りと体調不良が多いです。とくに逆流性流動炎の症状が出やすく、何度もその症状で悩まされた被害者の方が多いです。その傾向として薬を飲むと1日で症状が治ったという事例もあり、故意的に症状を作られた可能性があるでしょう。

Q

ブログやネットで病院に行かないほうが良いと書いてあるが?

A

まずは病院へ。被害状況が異なるので一概に言えませんが、体に異変を感じたら病院に一度は受診してください。「病院に行かないほうがいい」という背景が異なるので、ブログの内容を全て受け入れることは危険です。

Q

電磁波過敏症もテクノロジー犯罪の1つですか?

A

1つだと思っていいかもしれません。テクノロジー犯罪は、家電製品からでる電磁波を強化させることもあり、電磁波過敏症になりやすい環境になります。よって、人の体に電気が帯電しやすく頭痛、胸焼け、動悸、息切れ、アトピーの症状がでやすくなります。

Q

防御策はありますか?

A

体から電気を出すこと。帯電した状態のまま放置しておくと、音声送信や体の不調が起こりやすいため、アーシングマットを使って電気を反らすようにしましょう。海が近い人は塩水に足をつける。公園で素足のまま土に触れるなど、できる範囲で行なってください。

Q

加害者が外から出させないように嫌がらせをします

A

代謝を悪くするため。被害のなかに外に出させないように集団ストーカーの被害が悪化する事例があり、それは体の代謝を悪くさせて、体の不調を促すためと言われています。体の代謝が悪いとセロトリン(心の安堵感を促すホルモン)の分泌が悪くなり、精神疾患にさせやすい体にするためです。

Q

皮膚の炎症がひどくなった

A

保湿クリームを塗るといい。乾燥肌ほど、電磁波の影響を受けやすいことが分かっています。皮膚の表面がヒリヒリする感じがする程度であれば、オイルクリーム、あかぎれやしもやけに効果がある薬用クリームを感じるところに塗ると痛みが緩和する効果が報告されています。

Q

頭の後頭部があつい

A

照射されてる可能性があります。頭の後頭部があつい場合、UVカット効果がある防止を深く被るか、照射された部位にネットで購入が可能な「放電灸」を貼ると電気を放出する効果があります。

Q

睡眠妨害がひどい場合はどうすればいいでしょうか

A

耳栓をしてみる。テクノロジー犯罪の加害者は「耳」を徹底的に攻撃する傾向があります。ピンポイントで周波数を合わせても、耳栓をしてる場合、その周波数が耳の中に入らず脳まで伝達しない可能性があるという説もあり、一概に言えませんが、耳栓をするとぐっすり眠れる被害者さんが多く、試してみる価値はあるでしょう。

Q

音声送信が始まったら?

A

聞き流すことです。無視できない被害もあるかもしれませんが、音声送信が発してる声は「デタラメ」が多いため、聞き流して、決して会話しないことです。会話すると精神的に体をのっとられる状態に陥ると報告されており、さらに状況が悪化する恐れがあります。体に限界がきたらすぐにご相談ください。

Q

テクノロジー犯罪が起きる前兆はありますか?

A

引っ越しや工事が多くなる。ガスや水道の工事が頻繁に自宅周辺で行われること。集合住宅の場合は異常なまでの部屋の修繕工事が多い、同時に二世帯から三世帯が引っ越しをする、人の出入りが激しくなるなど、工事の音の中に電波を照射して異様な音を聴かせる環境を作ることから始まります。

Q

警察に相談できますか?

A

相談はできる。警察が動けるとしたら不法電波が発生してる以外は相談しても、日本に取り締まる法律がないため、難しいかもしれません。ただ、これは「おかしい」という決定的な証拠と法律で取り締まる案件であれば、加害者を逮捕できることは可能です。

テクノロジー犯罪を解決するには

人が近くにいないのに人の声や音がする「音声送信」

近所トラブル、騒音被害に当てはまるこの「音」の被害は、本当に被害者の近くで起きているものなのかと考えたことはありませんか?実際には、ピンポイントスピーカーを悪用してノイズを被害者に聴かせることが可能なのです。

電柱、周辺の垣根にスピーカーを忍ばせておけば特別な装置を使ってあたかも、そこに人が井戸端会議してるかのような演出を生み出すことができます。被害者のことについて話してるわけではないことも、ピンポイントスピーカーで、被害者が思ってる「キーワード」を流せば、被害者の家に盗聴器が仕掛けてあるかもしれないと不安起こせる。

そして、探偵事務所に依頼して盗聴器発見調査を依頼するが、結果、盗聴器は仕掛けられていない。でも、近所の人は、被害者しか知らない「キーワード」を知ってるのはなぜだろう?家族の誰かが近所の人に喋ったのかなど、どんどん憶測が憶測を呼んで、被害者の生活の全ては近所に知れ渡ってると思わせることができるのです。

音声送信は目に見えないので、音声送信の影響があると第三者に訴えても「被害妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないことが多いでしょう。今起きている声送信被害は「自分の精神的な問題なのか」「人為的に行われているのか」はっきりさせる必要があります。被害を訴えるだけでは解決しません!被害内容を専門に扱う探偵に必ずご相談ください。

どのような環境かチェックする

定期的に「音声」を聞かせるには、本人の職場や住居に必ず仕掛けがあります。加害者が周辺をうろついて音声を流しているのであれば、不審な行動を必ず行います。常に音声送信が行われているわけではない場合、自分で音声送信機を発見し取り外すことは難しいので専門家に相談しましょう。

  • 自宅周辺に不審な人物があらわれていないかチェック
  • 音声の内容が「事実」か「嘘」で盗聴やつきまといの可能性をチェック
  • 音声が聞える時間帯や方向など記録し集音機材で録音してみる

テクノロジー犯罪調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop