テクノロジー犯罪関連記事

Technology

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2019/01/10 最終更新日: 2021/04/13
テクノロジー犯罪関連記事
 公開日: 2019/01/10 最終更新日: 2021/04/13

テクノロジー犯罪調査【よくあるご質問Q&A】

テクノロジー犯罪に関するQ&Aのページです。テクノロジー犯罪はこれまで「空想の産物」と思われてきましたが、海外では認識度が高く、「軍事兵器」としての使用を禁止している国もあるほどです。

しかし、日本では依然として法による規制がなく、野放し状態が続いています。日本では犯罪そのものが「無い」とされていますが、ここではテクノロジー犯罪についてをまとめましたのでご覧ください。

目次│テクノロジー犯罪対策相談窓口

嫌がらせ専門対策室

テクノロジー犯罪調査の依頼は必ず専門家に!

テクノロジー犯罪の相談・調査依頼をお考えの方は、当サイトのご利用をお勧めします。近年は探偵事務所が激増していると言われますが、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分だった」「高額な調査料金を請求された」など、調査のクオリティやサービスにご不満をお持ちの方も多くおられるようです。

テクノロジー犯罪調査は、犯罪手口の特殊性などから専門的な知識と経験が必要になるため、探偵社であればどこでも対応・解決できるわけではありません。他社で断られたご相談や、解決できなかった調査のご依頼を歓迎します。ご相談はメールまたはお電話をいただければと思います。私どもの経験と実績をご信頼ください。お力になれるよう尽力いたします。

テクノロジー犯罪について

テクノロジー犯罪事例

テクノロジー犯罪は、次に挙げるような嫌がらせ行為などの総称です。

  • 睡眠妨害(24時間室内どこでも音が聞こえる)。
  • 自宅生放送(リアルタイムの音声送信)
  • 超音波被害 (超音波を照射された人が多い)

電磁波や超音波の過剰な照射による健康被害を訴える人が密かに増加しつつあると言われています。しかも、季節の変わり目に合わせて電磁波を故意にコントロールしているため病院に行く前は体調が悪かったのに、受診時には体調が良くなり、検査の結果も「異常なし」と診断されるので、身体に起きている見えない異変と、医療現場の対応に不満を抱くなどの声も上がってきています。

真実を知らなければ何も変わらない

テクノロジー犯罪に関連するQ&A

Q

テクノロジー犯罪とは?

A

機材を遠隔操作して健康被害を起こす犯罪です。医療利権を悪用して、故意的に病気を作らせる目的で、テクノロジー犯罪が行われていると言われています。また、新薬の開発のためのデータの収集や世界で使用を禁止されてる薬を日本で消化させるためなど、さまざまな理由が挙げられます。

Q

自分にしか聞こえない音は幻聴なのか不安です。

A

音声送信か指向性スピーカーで音を伝えている可能性があります。耳の構造は、外側からまず①外耳があって、次に②鼓膜があり、その奥に③内耳があります。音は①→②→③→脳と伝わりますそのため、耳栓やイヤーマフをつけても音が聞こえる場合は、他の原因を追究する必要があります。

Q

音声送信の防御策はありますか?

A

妨害はある程度できますが決定的ではありません。現時点では、静かな環境で高性能イヤーマフを付けるとある程度の音は軽減できます。音声が聞こえる被害に関しては、「無視」か「発生源の特定」の二択しかありません。音の妨害に関しては、お住いの状況によって変わるのでスタッフにご確認ください。

Q

インターネットを調べると防御グッズがありますが購入したほうがいいですか?

A

様子を見てからにしましょう。なにかしらの異常な電波が見つかってから対策を練ったほうが良さそうです。最初から、なんの根拠もなく防御グッズを使っても、効果が期待できないどころか、金銭的にもダメージを負います。

Q

頭を撃ち抜かれたような衝撃は何ですか?

A

超音波を照射された可能性があります。電磁波は皮膚の表面を当たる程度と言われています。被害事例をみると、頭を撃ち抜かれたような衝撃は超音波を照射されて起こると訴えている人が多いです。

Q

テクノロジー犯罪の加害者の特徴は?

A

お金への執着心が強い人が多いようです。利権が絡んでいる場合、1人の被害者につき「金儲け」ができると指示されているケースがあり、金儲けのために、ありとあらゆる手段を使います。加害行為するたびに何かしらの「お金」が絡んでいて、一定のノルマが課せられてる可能性があります。

Q

ブログやネットで病院に行かないほうが良いと書いてあるが?

A

まずは病院へ行きましょう。被害状況が異なるので一概には言えませんが、身体に異変を感じたら一度は医療機関で受診してください。「病院に行かないほうがいい」という一部の被害者が広めた背景には、精神的な問題で片付けられた可能性があり、全て受け入れることは危険です。

Q

防御策はありますか?

A

身体に溜まった電気を出すことです。帯電した状態のまま放置しておくと、音声送信や身体の不調が起こりやすいため、アーシングマットを使って電気を逃がすようにしましょう。その他にも、海が近ければ海水に足を漬ける、公園など地面が露出しているところでは素足になって直に土に触れるなどのやり方もあります。できる範囲で溜まった電気を逃がしてください。

Q

外に出れないように嫌がらせをしてきます!

A

身体の代謝に影響します。嫌がらせ被害のなかには、外に出るたびに嫌な思いをさせて、外出させないように行うことがあります。結果、身体の代謝を悪くさせて、体の不調を促すためと言われています。※代謝が悪いとセロトリン(心の安堵感を促すホルモン)の分泌が悪くなり、精神的にも追い詰められる。

Q

皮膚の炎症は被害と関係ありますか?

A

全て結び付けない方がよいのですが、疑ってみることも必要です。保湿クリームを塗っても改善されない場合、乾燥肌の方ほど、電磁波の影響を受けやすいことがわかっています。皮膚の表面がヒリヒリする感じがする程度であれば、オイルクリーム、あかぎれやしもやけに効果がある薬用クリームを塗ると痛みが緩和する効果が期待できます。

Q

頭の後頭部があつい

A

熱作用の影響かもしれません。後頭部が熱い場合、UVカット効果がある帽子を深く被るか、継続的なアーシングで様子をみてください。

Q

睡眠妨害がひどい場合はどうすればいいでしょうか

A

耳栓をしてください。テクノロジー犯罪は「耳」を徹底的に攻撃する傾向があります。音の攻撃は睡眠妨害されやすいので、耳栓をするとぐっすり眠れるとの声も多く、試してみる価値はあるでしょう。※20Hz~20kHzまでが人間の耳で聞こえる「可聴域」となります。

Q

テクノロジー犯罪が起きる前兆はありますか?

A

環境が変わったときがテクノロジー犯罪の前兆と言われています。自宅周辺で頻繁に工事をしている。あるいは集合住宅の場合、部屋の修繕工事が多い、二世帯から三世帯が同じ時期に引っ越しをして人の出入りが激しくなるなど、周囲が慌ただしくなったときに工事中の騒音に紛れて電波を照射するなど、環境を作ることがあります。

Q

警察に相談できますか?

A

はい、相談はできます。しかし、先述したように日本にはテクノロジー犯罪を取り締まる法律が制定されていないので、不法電波が発生しているなどの違法行為でないと警察が動ける範囲は狭いかもしれません。ただ、これは「おかしい」という決定的な証拠と法に抵触する案件であれば、加害者を逮捕することは可能です。

テクノロジー犯罪の解決に向けて

人が近くにいないのに人の声や音がする「音声送信」

どこにでもある騒音トラブルである「音」の被害は、本当に被害者の近くで起きているものなのかと考えたことはありませんか?

巧妙な仕掛けがいっぱい!

電柱や垣根にピンポイントスピーカーを忍ばせておき、特別な装置を使うと、あたかもその場所で誰かが井戸端会議をしているかのような会話・やり取りをターゲットだけに聞かせることができます。

会話のなかにターゲットにはわかるような言葉や「どうしてそんなことを知っているのだろう」と思わせるような「キーワード」をちりばめ、自宅に盗聴器が仕掛けられているのかもしれないと不安にさせるのが目的です。

不安になったターゲットは探偵事務所に依頼して、盗聴器が仕掛けられていないかを調査してもらったとします。最初から盗聴器は仕掛けられていないので、探偵が調べても出てくるわけがありません。

ターゲットはますます不安になり、「自分しか知らないことをどうして他の人が知っているのだろう?家族の誰かが近所の人に喋ったのか」など、ターゲットの生活や秘密は全て近所に知れ渡っていると思わせるように仕向けます。

専門家のアドバイスが必要なタイミング

音声送信のターゲットにされ、被害を訴えても周囲には「被害妄想」や「考えすぎ」などと言われ、理解してもらえないことが多いかもしれません。しかし、今起きていることは、周囲が言うように妄想で「精神的な問題なのか」、それとも「人為的な嫌がらせなのか」をはっきりさせたほうがいいでしょう。被害を訴えるだけでは解決しません!私ども「対策専門窓口」にご相談ください。

どのような環境かチェックする

ターゲットに定期的に「音声」を聞かせるには、本人の職場や自宅に必ず仕掛けがあります。加害者がうろつくように移動しながら音声を流しているのであれば、不審な行動をしている人物が自宅もしくは職場周辺に必ずいます。

自分で音声送信機を発見し取り外すのは難しいので、専門家への相談をお勧めしますが、その前に、以下に挙げる3つは自分でもチェックできるので試してみてください。専門家に相談、または調査を依頼する際の重要な手がかりになります。

  • 自宅周辺に不審な人物がいないかチェックする。
  • 音声の内容が「事実」か「嘘」なのかを確認し、盗聴やつきまといの可能性をチェックする。
  • 音声が聞える時間帯や方向などを記録し、内容を集音機材で録音してみる。

テクノロジー犯罪調査依頼方法

新型コロナウイルス感染症対策について

相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。

恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop