探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 盗聴・盗撮調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2019/01/25 最終更新日: 2019/01/07
探偵ニュース
 公開日: 2019/01/25 最終更新日: 2019/01/07

盗聴・盗撮調査【よくあるご質問Q&A】

盗聴・盗撮に関するQ &Aのページです。各都道府県の迷惑防止条例で盗聴・盗撮の行為の規制が条例の改正に伴い範囲が広くなったエリアもあります。しかし、盗聴・盗撮の問い合わせは年々増加しておりスマートフォンのカメラ・ビデオ機能での盗撮、小型カメラの盗撮、 カメラのアプリケーション、インスタグラム、Twitterの投稿を悪用したり、規制の落とし穴を狙ってるケースが後を絶ちません。ここでは盗撮・盗聴に対策などをまとめてみました。

ストーカー・嫌がらせ対策室とは

盗聴・盗撮調査の依頼は必ず専門家にご相談ください。

盗聴・盗撮対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。盗聴・盗撮対策調査は、浮気調査とは違い盗聴・盗撮調査に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった盗聴・盗撮調査を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

盗聴・盗撮対策調査の相談ポイント

早めに相談しよう

どうしようもなくなってからの盗聴・盗撮対策調査相談では、対処法も少なくなり、解決が難しくなってしまいます。情報が古くなるなる前に、なるべくお早めに相談されることをおすすめします。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

どうしたいのかを考えておこう

調査相談時間を有効に使うために、自分が何に悩んでいて、調査をしてどうしたいのかをできるだけ整理しておきましょう。相談する前に、メモにまとめておくのもよいでしょう。自分の気持ちを整理しておくことで、今後の方向性もはっきりとしてきます。

関係のありそうな書類は何でも持って行こう

良いアドバイスは正確な事案の把握から。自分ではあまり重要ではないと思っていた情報やメモも、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりとなったりします。まずは関係のありそうな書類を集めて持って行きましょう。

盗聴・盗撮調査に関連するQ&A

Q

子どもが盗聴・盗撮してることもありますか?

A

あります。子どもがスマートフォンを持っていても不思議ではない状況を利用して、カメラ機能、盗聴アプリをオンにした状態のスマートフォンを持たせてるケースがあります。その範囲内に不審な車や人物がスマートフォンを持って行為を見守っている事例が多いです。

Q

盗撮行為をする人物の特徴は?

A

日本人だけではなく外国人も多い。自撮り機を持ってる外国人など、観光客を装って盗撮してる傾向があります。外国人なら足もつかないし、言い訳できる要素があるため盗撮犯にとってメリットが高い手法です。

Q

どこまでか盗撮が分からない

A

目的による。女性の下着を撮るためにカメラ、スマートフォンのカメラ機能を利用したら、盗撮行為に当たります。ただ、人物像を向けてカメラを撮るだけでは、盗撮と判断するのが難しい。あくまで「悪意のある行為」が盗撮行為にあてはまります。

Q

盗撮しにくいエリアはありますか?

A

駅の構内など防止条例規制エリア内。駅の構内は痴漢防止による盗撮行為が厳しいエリアなため、いかにも「盗撮してます」という行為ができにくい。盗撮してるとしたらポケモンGOなどゲームを利用してるふりで行う傾向が強いです。

Q

スマートフォンを盗聴してる傾向を教えてください

A

ターゲットの方向を向けてスマートフォンを操作してる。カフェ、ファミレスの席などで報告されてる手法で、ターゲットに分かるようにあえて、盗聴行為を行っています。手法として自分が嫌がらせのターゲットと認識させるためなど理由は様々です。

Q

アプリやレコーダー以外の盗聴やありますか?

A

LINEのグループトークを利用する。インターネット上で足がつかないように、 LINEのグループトークを使って、リアルタイムで会話の内容を要約して仲間に送ってる事例が報告されています。

Q

盗聴や盗撮されてないのに自分の知ってる情報が拡散されてるのは?

A

上記の手法かSNSの投稿から情報を得ている。カメラなどの機器がなくても盗撮や盗聴は可能です。友達のリークやつきまといによる情報収集、SNSの投稿から情報を得てあたかも、盗撮・盗聴したかのように演出してる可能性があります。

Q

調査を依頼するタイミングを教えてください

A

新居に引っ越しする時。賃貸住宅の場合、知らないうちに盗聴器や盗撮器が仕掛けられてる可能性がありますから、引っ越しの際に調査を依頼すると良いでしょう。

Q

盗聴器は室外と室内どちらが仕掛けやすいですか

A

室内が多いです。コンセントの中、換気扇の中など、室外より室内の方が設置しやすい環境になっています。室外だと郵便ポスト、ガス、電気のメーターの見えない範囲に設置されるケースがあります。

Q

スマートフォンで盗聴・盗撮してる人の特徴は?

A

ターゲットを睨む・ニヤニヤする。その手のプロは何食わない顔で行いますが、依頼されて行為をする人間ほどターゲットを睨む、ニヤニヤしながら盗撮・盗聴してる傾向が高いです。依頼主からターゲットに対しての悪評が洗脳されていて、見下してもいい人物と言われているからです。

Q

追尾してまでも盗撮する理由は?

A

危険人物のパトロールか何かで勝手に動いてるだけ。依頼主の要望に応えるためと、何かしらのノルマ、そのノルマが課せられない場合、ペナルティご課せられるルールで動いている加害組織もあるそうです。なので、必死になってターゲットを追いかけてる可能性があります。

Q

行きつけのお店にカメラや盗聴器が仕掛けてるケースもありますか?

A

協力者がいれば可能です。あらかじめ盗聴器やカメラを仕掛けておいたテーブルにターゲットを案内すれば、ターゲットもしくはその家族に知られることなく情報を収集できますし、閉店になったら早急にカメラと盗聴器を回収して処分すればバレません。

Q

遠隔からも盗撮はできますか?

A

インターネットに繋がっていれば可能です。玄関の前に設置してある防犯カメラがインターネットと繋がってる場合、パソコンやスマートフォンから家の周囲が分かるようになっています。これを利用すれば遠隔からでも盗撮は可能です。

Q

WEBカメラの盗撮を防ぐには?

A

設定で無効にする。パソコンの場合、OSを最新の状態する。セキュリティ対策のソフトをダウンロードすること。スマートフォンの場合、カメラ機能を無効にする設定するか、無効にするアプリを利用する。盗撮防止用のシールを貼るという対策があります。

Q

盗撮されてないか心配

A

今は映像が拡散されてることを認識する。インスタグラムなど画像や動画を投稿して、不特定多数の人と共有するアプリのなかで、自分がたまたま映ってた。それが盗撮に当てはまるかです。街の中は監視カメラが多く設置されています。その画像を悪用されてるかどうか別として、街にでたらカメラに映っていると認識することも大切です。

Q

盗撮は法律で取り締まれますか?

A

悪意がある盗撮であれば。リベンジポルノ、住居、学校、事務所、タクシー、カラオケの個室はど悪意がある盗撮行為は迷惑行為防止条例、軽犯罪法違反、リベンジポルノ防止違反であれば立証できます。その行為にのる名誉毀損罪、信用毀損罪などで損害賠償請求を起こすことも可能です。

Q

ハラスメント問題を明らかにするために盗聴しているが違反にならないか?

A

目的が悪意があるかで判断されます。ハラスメント問題の被害を受けてる証拠があり、確証するための目的であれば法律に違反することはありません。不安であれば、調査会社に相談すると良いでしょう。

Q

室内で見つからない場合でも盗撮、盗聴はしていますか?

A

車両を使って行為を行ってる可能性があります。「不自然と思わなせないように不動産、福祉関連の営業車でターゲット近辺を撮影すら事例は後を絶ちません。大抵、デジタルカメラで撮影してるかスマートフォンで自宅近辺(監視目的であれば監視しやすい環境かどうか)を撮影しています。

Q

周波数が分かれば自分で盗聴電波を発見することは可能ですか?

A

可能です。市販の盗聴器の周波数:UHF帯 Ach「398.605MHz」Bch「399.455MHz」C ch「399.830MHz」VHF帯 A ch「139.970MHz」Bch「140.000MHz」C ch「139.940MHz」盗撮6波と呼ばれています。

Q

盗聴電波はどのくらいの距離で届きますか?

A

機材によります。発信する盗聴電波は半径100m〜150m以内の距離まで届くとされていますが、機能が良いものなら500m以上の距離で届くと報告されています。

Q

電磁波盗聴は何ですか?

A

パソコンや周辺機器から発生する電磁波から情報を盗む技術のこと。指向性アンテナを目的の電子機器に向ける。そうするとパソコンのキーボードの接続ケーブル、ネットワークケーブル、USBコネクターから発生する微弱信号をキャッチして、盗聴された情報が画像に移る仕組みになっています。

Q

電磁波盗聴されないためには

A

対策として電磁波対策用のパソコンを使用する。電磁波を遮断するグッズなどで室内の電磁波を遮断する。パソコンのデータのアップデート定期的に行い、パソコンの初期化設定してから使用する。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop