盗聴・盗撮発見調査解決事例

Eavesdropping case

ホーム > 盗聴・盗撮発見調査関連記事 > 盗聴・盗撮発見調査解決事例 > 盗聴・盗撮調査のよくあるご質問Q&A
公開日: 2019/01/25 最終更新日: 2021/05/11
盗聴・盗撮発見調査関連記事 - 盗聴・盗撮発見調査解決事例
 公開日: 2019/01/25 最終更新日: 2021/05/11

盗聴・盗撮調査のよくあるご質問Q&A

盗聴・盗撮に関するQ &Aのページです。各都道府県の迷惑防止条例で盗聴・盗撮の行為の規制が条例の改正に伴い範囲が広くなったエリアもあります。しかし、盗聴・盗撮の問い合わせは年々増加しておりスマートフォンのカメラ・ビデオ機能での盗撮、小型カメラの盗撮、カメラのアプリケーション、インスタグラム、Twitterの投稿を悪用したり、規制の落とし穴を狙ってるケースが後を絶ちません。ここでは盗撮・盗聴に関するご質問をまとめてみました。

目次│盗聴・盗撮調査Q&A

Q

子どもが盗聴・盗撮してることもありますか?

A

あります。子どもがスマートフォンを持っていても不思議ではない状況を利用して、カメラ機能、盗聴アプリをオンにした状態のスマートフォンを持たせてるケースがあります。その範囲内に不審な車や人物がスマートフォンを持って行為を見守っている事例が多いです。集団ストーカーではギャングストーキングといって児童に色々な犯行を大人の指示の下に行わせることがあります。ですから子どもが盗聴や盗撮している可能性はあります。

Q

盗撮をする人の特徴は?

A

日本人だけではなく外国人も多い。集団ストーカー・テクノロジー犯罪は世界中にあり犯罪組織は国境を越えて繋がっている可能性があります。人手が足りない、もしくはターゲットの人が特別な監視下にあると外国人も参加して集団ストーカーに加担している可能性があります。今は外国人も日本人もさりげなく盗聴・盗撮をしていることが多いです。外国人の場合、昔ながらの腕時計を利用した盗撮をしていることもあります。外国人なら足もつかないし、言い訳できる要素があると思っているのでしょう。むしろ外国人の場合、VISA渡航など足がつきやすいですが盗撮犯にとってメリットが高い手法と思われているようです。

Q

どこまでか盗撮が分からない

A

目的による。警察が捕まえられる範囲の盗撮の定義とは、正当な理由もなく相手を羞恥心にさせ不安にさせたり、裸体や下着を撮ったりすることにあたります。つまり、集団ストーカーのような組織犯罪で行われているテレグラムSNSのやり取りでターゲットの人の顔や全身について写真撮影しても証拠を消せば足跡が残らないとされているようです。ただテレグラムSNSも方法によっては消してあっても復元可能なようです。人の裸体や下着姿でなければ盗撮と言えないのですが、自分が取られていることが分かったら警察に通報してくださいと警察の人は集団ストーカーに遭遇している人には言うようです。ですが、盗撮した人は直ぐに逃げるでしょうからあまり意味がありません。盗撮とは、あくまで「悪意のある行為」が盗撮行為にあてはまります。

Q

盗撮しにくいエリアはありますか?

A

駅の構内など防止条例規制エリア内。駅の構内は痴漢防止による盗撮行為が厳しいエリアなため、いかにも「盗撮してます」という行為ができにくい。盗撮してるとしたらポケモンGOなどゲームを利用してるふりで行う傾向が強いです。近年、監視体制が強まっているもののシャッターボタンの音がしないカメラ撮影アプリが無料で出回っているため歯止めが利かない状況にあります。

Q

スマートフォンで盗聴してる傾向を教えてください!

A

ターゲットの方向を向けてスマートフォンを操作してる。通常2パターンあり、ばれないように盗撮する方法とわざと相手に撮影していることを分からせる方法のどちらかになります。ばれないように盗撮するのはさりげなくスマートフォンのカメラがこちらに向いているなどします。カバンの内ポケットにスマートフォンが入っていて何気なくカメラがこちらに向いていたりします。ターゲットに分かるようにするにはカフェ、ファミレスの席などで報告されてる手法で、ターゲットに分かるようにあえて継続的にスマートフォンのカメラを向けるなどを行っています。手法として自分が嫌がらせのターゲットと認識させるためなど理由は様々です。

Q

アプリやレコーダー以外の盗聴はありますか?

A

アプリやパウダーチップを利用する。インターネット上で足がつかないように、 LINEのグループトークを使って、リアルタイムで会話の内容を要約して仲間に送ってる事例が報告されています。盗聴・盗撮アプリはターゲットの人のスマートフォンにWi-Fiを利用し侵入することで密かにハッキング用アプリを入れることができます。通常の画面では表示されていないのですが、アプリ一覧で確認してみると今まで見たことがないアプリがあったら一度削除してみてください。昨今ではシースルーアプリといって透明なので表示されないアプリもアメリカで開発されたようです。他には、RFIDチップといって極小マイクロチップを壁などに埋め込み、室内の盗聴を可能にしています。一昔前と異なり、目に見えるような犯罪は影を潜め、ほとんど形が分かりにくい犯行へと変化しています。その最たるものは思考盗聴です。SFのようですが実際に長年にわたり特許がとられています。時代はまた進みテレパシーの実験が始まっています。

Q

盗聴や盗撮されてないのに自分の知ってる情報が拡散されてるのは?

A

上記の手法か思考盗聴から情報を得ている。カメラなどの機器がなくても盗撮や盗聴は可能です。過去の交友関係・学歴・戸籍などを友達のリークやつきまといにより情報収集、SNSの投稿から情報、インターネットで最近から過去までの検索結果以外にも、知らない間に思考盗聴、パウダーチップにより室内盗聴がされています。現代では、言論統制といって既に現実となっている科学技術がないように社会では新しい情報が隠ぺいされています。そのため、自分が知らない情報で盗聴・盗撮されているとは思わせないように思考をコントロールされているのが現代の盗聴・盗撮現場の特徴ともいえるでしょう。

Q

調査を依頼するタイミングを教えてください

A

盗聴・盗撮されている気がする、胸騒ぎする時。こればかりはご自身の心の声に素直に傾けましょう。自分がどう思うか、盗聴・盗撮されていて嫌な感じがしたら早めにご連絡ください。また、賃貸住宅に入る場合、知らないうちに盗聴器や盗撮器が仕掛けられてる可能性がありますから、引っ越しの際に調査を依頼すると良いでしょう。

Q

盗聴器は室外と室内どちらが仕掛けやすいですか

A

室内が多いです。コンセントの中、換気扇の中など、室外より室内の方が設置しやすい環境になっています。室外だと郵便ポスト、ガス、電気のメーターの見えない範囲に設置されるケースがあります。しかし集団ストーカーとテクノロジー犯罪が絡んでいると知らないうちに家宅侵入されていてパウダーチップなどを壁やあらゆる場所に埋め込まれている可能性があります。その場合、室内だけではなく室外のあらゆる場所で盗聴・盗撮できるように張っています。

Q

スマートフォンで盗聴・盗撮してる人の特徴は?

A

悟られないようにしている。その手のプロは何食わない顔で行いますが、委託されている人も現代では決して悟られないようにターゲットの人と視線を合わせずさりげなくするように指導されています。以前は、依頼されて行為をする人間ほどターゲットを睨む、ニヤニヤしながら盗撮・盗聴してる傾向が高かったようです。なぜなら依頼主からターゲットに対しての悪評が洗脳されていて、見下してもいい人物と言われているからです。しかし、現代では加害側も長期的なビジネス活動のためにならべくターゲットの人に悟られないように腕の良い探偵に依頼され終了しないように行っています。

Q

追尾してまでも盗撮する理由は?

A

一方的な「危険人物」としてレッテルを貼り勝手に動いてるだけ。依頼主の要望に応えるためと、何かしらのノルマ、そのノルマが課せられない場合、ペナルティご課せられるルールで動いている加害組織もあるそうです。なので、必死になってターゲットを追いかけてる可能性があります。要は、ビジネスですので、趣味や単なる興味本位で尾行をしているのはワケが違います。ターゲットひとりにたいし、毎月毎年予算がつくので、その範囲で雇える人数や関連する宗教団体のボランティアを引っ張ってきて本格的にストーカーを行ってきます。盗撮はいわゆる集団ストーカーとテクノロジー犯罪関係者が仕事をした証拠となるわけです。

Q

行きつけのお店にカメラや盗聴器が仕掛けてるケースもありますか?

A

協力者を雇います。集団ストーカーとテクノロジー犯罪の場合、加害の程度によりますが、基本的にターゲットの人の行きつけのお店はマークしています。店員などに委託し、例えばコンビニなどで振込用紙で支払ったものに関しての情報などを収集します。ひどい場合にはコンビニに設置してあるコピー機なども何をコピーしていったのか細工して知ることができます。現代では”そんなことができるわけない”と思わせている科学技術が悪用されており、知らないのは情報工作されている情報弱者の方たちになります。

Q

遠隔で盗撮できますか?

A

遠隔こそ加害側の本領発揮でしょう。加害側が使用しているのは大概、遠隔で盗聴・盗撮できるものばかりです。むしろ遠隔で利用できることに特化した科学技術ばかりが近年では開発されています。盗聴・盗撮というのは人の身体の外、つまり室内空間だけではなく人の思考や感情、五体や臓器の感覚なども遠隔から分かるシステムが特許されています。

Q

WEBカメラの盗撮を防ぐには?

A

設定で無効にする。パソコンの場合、OSを最新の状態する。セキュリティ対策のソフトをダウンロードすること。スマートフォンの場合、カメラ機能を無効にする設定するか、無効にするアプリを利用する。盗撮防止用のシールを貼るという対策があります。WEBカメラでの盗撮というのは比較的古い手法でもあり、どちらかというと加害者よりも被害者サイドが加害対策のため証拠取りとして設置するのですが、加害側が証拠を撮られないようにカメラを破壊するなど卑怯なこともするようですので、WEBカメラを設置したい場合屋内に設置したほうが後々犯人を家宅侵入扱いにできます。

Q

盗撮されてないか心配です

A

可能性はあります。現代において防犯対策として道を歩いていても撮影されているような時代ですので、極度に気にすることはありませんが、明らかに悪意があったりする盗撮なども中には存在します。気にするかどうかの問題ですと、インスタグラムなど画像や動画を投稿して、不特定多数の人と共有するアプリのなかで、自分がたまたま映ってた。それが盗撮に当てはまるかです。街の中は監視カメラが多く設置されています。その画像を悪用されてるかどうか別として、街にでたらカメラに映っていると認識することも大切です。

Q

盗撮は法律で取り締まれますか?

A

悪意がある盗撮であれば。リベンジポルノ、住居、学校、事務所、タクシー、カラオケの個室など、あるいは更衣室や公衆トイレでの下着姿や裸などの許可なき撮影など悪意がある盗撮行為は迷惑行為防止条例、軽犯罪法違反、リベンジポルノ防止違反であれば立証できます。その行為にのる名誉毀損罪、信用毀損罪などで損害賠償請求を起こすことも可能です。

Q

ハラスメント問題を明らかにするために盗聴しているが違反にならないか?

A

目的が悪意があるかで判断されます。ハラスメント問題の被害を受けてる証拠があり、確証するための目的であれば法律に違反することはありません。不安であれば、調査会社に相談すると良いでしょう。当社にぜひご相談ください。

Q

室内で見つからない場合でも盗撮、盗聴はしていますか?

A

車両を使って行為を行ってる可能性があります。不自然と思わなせないようにバンなど車内が見えない車や近隣に住み込んでターゲット周辺を撮影しています。大抵、専門的な機材で電波からターゲットの人の動きや言動をパウダーチップで撮影しつつ監視しています。同時進行でターゲットの人のスマートフォンの中をハッキングします。加害側はスマートフォンの中身を盗むのではなく現在進行形で何をしているのか興味をもってどういう感情や思考や嗜好を持っているのか追跡していることもあります。ターゲットの人が次の目的は何をするのか予測をたて先回りすら画策します。そんなことをして何の意味があるのかと思うかもしれません。要するに何かの実験として無断で行っているので犯罪になります。

Q

周波数が分かれば自分で盗聴電波を発見することは可能ですか?

A

可能です。市販の盗聴器の周波数:UHF帯 Ach「398.605MHz」Bch「399.455MHz」C ch「399.830MHz」VHF帯 A ch「139.970MHz」Bch「140.000MHz」C ch「139.940MHz」盗撮6波と呼ばれています。

Q

盗聴電波はどのくらいの距離で届きますか?

A

機材によります。発信する盗聴電波は半径100m〜150m以内の距離まで届くとされていますが、機能が良いものなら500m以上の距離で届くと報告されています。最新の電磁場盗聴・盗撮なら電磁波を媒体しているため光の速度となります。

Q

電磁波盗聴とは何ですか?

A

ターゲットの人周辺のRFIDチップから発生する電磁波から情報を盗む技術のこと。電磁波はプラスマイナスの電荷を振動し往復運動させることで発生させます。電磁波はエネルギーを持ち、運んで輸送でき、さらに強弱や加速の強さ、方向性だけで決まるのではなく、そのときの電荷の速度や方向によって変化していきます。進行方向に平行な加速の制動放射と、進行方向に垂直な加速のシンクトロン放射によって決まっていきます。つまり、その特性に応じて音や声、映像を運べるのです。静電容量センサーというものでターゲットの人の位置情報などが家のどこにいて何をしているのかまで分かるようになっているようです。

Q

電磁波盗聴されないためには

A

対策として加害側はWi-Fiを利用しているので、仮に電波が届く範囲内にいなければ侵入やハッキングができません。盗聴・盗撮だけの犯行であれば犯行も初期段階もしくはまだ軽度の犯行(集団ストーカーとテクノロジー犯罪において)といえるでしょう。その場合には、古い形式のプラグ型盗聴器など目に見える形で盗聴を行ってくるはずです。もし室内などRFIDチップで埋め尽くされているようでしたら、犯行進行は重度ですから何かしらのテクノロジー犯罪で加害されているかもしれません。現代の盗聴・盗撮では目に見えにくいとは言えますが、電磁波がなければ何もできないといっても過言ではないのです。使わないときはWi-Fiの本体スイッチを消しておいたりするのもよいでしょう。パソコンが不具合時には再起動すると大概直ります。データのアップデート定期的に行い、面倒ですがパソコンの初期化設定してから使用するのも効果的ではあります。しかし、これらは軽度な盗聴・盗撮の状況で犯行の段階があがるにつれ、ハッキング方法もへばりつき方が酷くなってきます。被害が酷くなるとひとりで解決するのは困難になってきます。解決に重要なのは誰が行っているのか特定することですのでテクノロジー犯罪に実績がある私たちにぜひお任せください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop