ご家族

ご家族が嫌がらせで悩んでいる

ホーム > ご家族

あなたが、大切なご家族を
救ってあげるられる最後の味方です

家族に相談しても、友人に相談しても理解してもらえない。自分が病気なんじゃないかと思うこともあるが実際に起きているので妄想ではない。警察にも相談したが相手にしてもらえず、被害を証明したいが自分で行う調査では限界がある。どうしていいのかわからず、この不安を理解してくれる味方はいないと思い、孤立してしまう。不眠を訴えたり、食欲も無く、引きこもりがちになり、会社にも行かなくなってしまう。



もっとも基本的で大切なこと「ひとりで悩ませない」ということです。

嫌がらせを受けている人は、
今までに体験したことのない不安を感じています

家族が今、嫌がらせにひとりで悩み、不安になり、恐れ、あるいは、混乱しているとすれば、その状態は、まさに「犯人が望んでいる姿」です。仕事柄、当対策窓口の担当者が脅迫を受けた過去があるのでわかりますが、ひとりで悩んでいると不思議なもので、被害者の想像力は、不安感や恐怖心をどんどん後押しして広げていきます。

すぐに決めつけない

身内だけの判断で断定はせず
専門家に相談し証拠を基に正しい判断を。

ご家族が嫌がらせで悩んでいる場合は現在の起きている状況を正しく把握することが大切です。嫌がらせやストーカー被害は被害妄想、思い過ごしという事もあり、調査から得た精度の高い証拠から客観的に判断し、不安を取り除くことで解決するケースも多々あります。また、もし調査によって、嫌がらせ、またはストーカーと発覚した場合、状況によって対処法・調査方法も幾多に及びますので対応・対策もお任せください。

家族が協力できる事

「状況を把握する」

問題を解決させるためには、現状をしっかり把握出来るかどうかで、解決への道程は変わってきます。

「被害を証明する」

まずは、具体的にどのような嫌がらせが行われているのかを証明することから始めます。

「被害を受けている場合」

嫌がらせ行為をしている相手を特定し、行為を証明することで警察への被害相談、弁護士を通して話し合いの場を持つことや嫌がらせをやめさせる直接交渉も可能となります。

「被害妄想の場合」

本人のなにかしらの理由で嫌がらせ被害を受けていると思っていた事が被害妄想であれば「被害妄想である証明」をしてあげる事です。重要な事は「決めつけるのでなく本人が納得する」ことに価値があり、病気が原因で起きているのであれば家族の理解と接し方が治療の進み方に大きな影響を与えます。幻聴や妄想など、回復を妨げている症状をできるだけ取り除くことが本人の悩みや苦しみを減らすことになります。

家族が同じような被害に遭っていませんか?

以下はほんの一部の例ですが、同じような被害に遭っていませんか?はじめのうちは気づかず勘違いと思ってしまうことでもそこから少しづつ、嫌がらせはエスカレートします。

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop