集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 仄めかしによる嫌がらせを解決する方法とは?
公開日: 2022/09/21
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/09/21

仄めかしによる嫌がらせを解決する方法とは?

集団ストーカーの仄めかし

仄めかしによる嫌がらせを解決する方法、仄めかし被害に対して調べるべきポイント対策について、仄めかし・嫌がらせ調査に特化した当事務所が解説いたします。

仄めかしとは集団ストーカー被害者の個人情報や被害者しか知らないはずの情報、またその情報を連想させることを被害者の周辺にて気づく様に示す事によって被害者に「自分は常に監視されている」という意識を植えつけて精神的に追い詰める手法です。

専門家
仄めかし調査
2022年9月21日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、仄めかしでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次

仄めかしの手法は主に2パターン

仄めかし相談2

仄めかし被害に遭われている方で自分の情報を知っている人がいるけど、どのように情報が洩れているかわからずに悩まれている方は多いと思われます。

当事務所では仄めかしの手法は大きく分けて「2パターン」の手法で情報を得て、仄めかしを行なっていると判断しています。

自分の被害状況からどっちのパターンなのか考えてみましょう。

1つめのパターン「ローテク」な手法

仄めかしをする為に「つきまとい」で情報を得て、駅やバス停など不特定多数の人物がいる場所を選び生活状況や行動に関する情報をターゲットに仄めかす手法になります。

何時まで家に居たか、どこに出かけてどんな物を買ったなど行動に関しての仄めかしは正しい情報であっても会話内容や通話内容、メール内容などの情報を正確に知る事はこの手法ではできません。

よって「ローテク」な手法では相手に知り得る情報のほとんどは生活状況や行動であるということになります。

すぐにでも行動に移せる手法になるため仄めかし被害では最も多い手法です。

集団ストーカーが伴うケースの事例

ある家族が車の買い替えを検討しているとします。

集団ストーカーは車の買い替えをこの家族が検討していることを察すると、余計で本来望んでいない買い物を工作したりします。

その家族の購入者にあたる主人の恩師を登場させます。そして恩師が「自分の車を買い替えるから今使用している車を安く譲る」などと言い、いかにも美味しい条件を最初突きつけます。

しかも恩師からの連絡であるため購入側が立場上断りにくい状況で、今まで乗っていた車よりも乗り心地が悪くて、決して安くはない買い物をさせられます。

2つめのパターン「ハイテク」な手法

仄めかしをする為に自宅や勤務先など被害者が生活のなかで多く過ごす場所で盗聴・盗撮行為を行なう加害者もいます。

会話内容や通話内容、自宅でどんなことをしていてどんな食事を摂ったかなど、プライベートなことまでも事細かに調べて仄めかしを行ない「常に行動を監視している」と恐怖心を与える手法です。

また、探偵を使い過去の情報を得たりするのもハイテクな手法だと考えております。

自分しか知るはずのない情報や家族の情報、友人の情報などを仄めかされている場合は「ハイテク」な手法で情報を得ている可能性が非常に高いです。

「ハイテク」な手法で仄めかしを行なわれている場合は、個人情報などプライバシーまで脅かされるため早期対応が重要になります。

この2つのパターンから、自分が仄めかされている内容がどちらかのパターンか推測できると思います。

どちらかのパターンか把握したうえで、調べるべきポイントについて考えてみましょう。

仄めかし被害で調べるべきポイント

仄めかし相談3

行動監視をしている人物はいないか

こちらは「ローテク」な手法の仄めかし被害に遭っている方が調べるべきポイントです。

実際に自宅周辺や勤務先周辺に不審と思われる人物や車輛はいないか、知り合いでもないけどよく見かけて見覚えのある不審人物がいないか、付きまとってくる人物はいないかなど、自分の周辺を調べて現状を知る必要があります。

また、生活状況や個人情報を抜き取る手法として、ゴミを調べる加害者も少なくありません。

ゴミを調べられて個人情報やレシートから、購入品や何を食べているのかなどを知られる危険があるため、個人情報など重要な情報が記載されている物はシュレッターにかけてから捨てるなどの対策を取りましょう。

盗聴、盗撮されていないか

こちらは「ハイテク」な手法の被害に遭っている方が調べるべきポイントです。

実際に盗聴・盗撮を自宅内や勤務先などで行なわれていた場合は、事細かな情報が相手に知られてしまいます。

相手が事細かな情報を仄めかしてきている場合は早急に調べましょう。

盗聴器や盗撮器が設置されているケース、コンクリートマイクを使用し隣人が盗聴しているケース、スマートフォンやタブレット、パソコンがハッキングされているケースなど、さまざまな盗聴や盗撮のケースが存在します。

自分の仄めかしを受けている内容から、自宅にいるときのことを仄めかされているなら、自宅に盗聴器盗撮器が設置されている可能性があります。

反対に、外に出ているときの会話や通話内容に関して仄めかされていれば、スマートフォンがハッキングされている可能性があるなど、ご自身の被害状況を明確にして対応しましょう。

仄めかし被害について調べるべきポイントについて説明しました。「ローテク」「ハイテク」な手法ともにご自身で調べるのはなかなか難しく危険です。

仄めかし被害に遭っている方は、まずは専門家にご相談ください。状況に応じた解決法があるためお気軽にお問合せ下さい。一緒に解決策を考えましょう。

仄めかし被害とは?

仄めかし

下記の内容に1つでも該当される方は、仄めかし被害に遭っている可能性が高いです。被害者は仄めかし被害に気づいてから、自分は常に誰かに監視されていることに気づき恐怖に陥ります。

誰も信用する事ができずに孤立しどこにも頼れず一人で悩まれている方も多いと思います。そのような状況に陥ることこそ相手の思うつぼであります。

仄めかし被害の相談事例

  • 家族にしか話していない情報を知っている人物がいる。
  • 自分が昨晩食べた物の会話を知らない人がしゃべっていた。
  • すれ違った人物に自分の名前を呼ばれた。
  • 自分の「現状」などを会話している人物によく遭遇する。
  • 先日購入した物についての会話をしている人物がいた。
  • 見知らぬ人が自分の家族について会話していた。
  • 自宅の間取りや家具の配置を知っているかのような会話だった。
  • 自分が育てている植物について何やら悪口を言って盛り上がっている。
  • 自分が知人に送付したメール内容について仄めかしの叫び声をあげる。
  • 先ほど集団ストーカーに加担している近所の住民に言い放った言葉を、見知らぬ年配者にそっくりそのまま言われる。
  • ほとんど人に知られていない個人情報が、あまり関係ない人が知っていてそれとなく仄めかしてくる。
  • 知人が働いているお店に買い物に行っても滅多に話しかけてこないのに、集団ストーカーに遭遇するようになってからやたらと話しかけてきて情報を引き出そうとする。

仄めかし被害についてのQ&A

Q

なぜ見ず知らずの人が自分の名前や生活状況を知っているのでしょうか

A

尾行による情報収集や盗聴器を仕掛けられている可能性があります。自宅内での家族との会話や、電話での会話が盗聴器やコンクリートマイクによって盗聴されている可能性があります。
自分で大雑把に行動した時に起きたことをノートに書き、全て専門家に報告することをお勧めします。

Q

仄めかし対策はありますか?

A

イヤホンやヘッドホンで外部の音を遮断しましょう。外に出るときはイヤホンやヘッドホンで仄めかしされても聞こえないという状況を自ら作り出しましょう。
また、マスクや帽子等を着用し自分と分かりにくくするのも対策と言えるでしょう。

Q

警察へ対応をお願いしても取り合ってくれません。

A

他被害が軽く、また被害から時間が経っている場合や、事件性が認められないといった理由があります。ストーカー行為以外での嫌がらせは、事件性が認められず「勘違い」とされてしまい対応してくれない場合がほとんどです。
対応してもらうには、実際に嫌がらせをしている様子といった「嫌がらせと認められる証拠」を提出することです。嫌がらせ調査の専門家への依頼によって、証拠収取を行なうことができます。

Q

尾行をまく方法は?

A

予測できない動きで尾行をまくことがおすすめです。尾行は2人1組が基本で、徒歩や車移動に対応できるように準備をしていますが、突然タクシーを乗り換えたり、狭い路地や車通りが少ない場所に入られると尾行するのがとても難しくなります。
建物に入る場合は、エレベーターを使い目的階と違うフロアで降りたり、各階のボタンを押す、階段を使ったりなど想定できない動きには対応することが難しいでしょう。

Q

証明が難しい内容でもご相談はできますか?

A

勿論可能です。あらゆる嫌がらせのケースに対応しています。「今までずっと我慢してきたけどもう限界」「異常な事をする加害者が許せない」と思いつつも「お金をかけて解決することが本当にできるのだろうか?」と考える相談者は多くいらっしゃいます。
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では数多くの嫌がらせ解決の依頼と実績を持ちます。あらゆる嫌がらせのケースに対応し、経験豊富な相談員が最適な調査プランをご用意いたします。

仄めかし調査の概要

仄めかし調査は被害状況に応じて、取得する情報及び証拠の種類、調査やサポート内容が異なります。

仄めかし調査は「いつ」「どこ」「だれ」が、どのような「目的」で仄めかしを行なっているのか特定することができます。

また、仄めかし被害で警察に確実に動いてもらう方法は、仄めかし被害の証拠を徹底的に収集し、加害者を特定することです。

仄めかし被害の証拠や犯人の検討もついていない段階では、警察は動くことはできません。

仄めかし調査の項目事例

  • 張り込み調査
  • 聞き込み調査
  • 尾行調査
  • 証拠収集調査
  • 実態調査
  • 盗聴盗撮調査
  • ハッキング調査
  • オンライン調査
  • 加害者の特定調査
  • 加害者の身辺情報の収集
  • 勤務先調査
  • 潜入調査

仄めかし調査の費用について

当事務所の仄めかし調査は、基本料金132,000円から調査依頼を承っております。

仄めかし調査の依頼料の取り決めは、事前の情報量・被害状況・取得する証拠及び情報の種類・難易度・調査期間(日数、時間数)、調査内容などに応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

仄めかし調査の料金相場

仄めかし調査の料金グラフ

仄めかし調査の過去の事例から、おおよそ132,000~600,000円前後の調査プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

しかし、仄めかし被害の状況に応じて料金が異なりますので、正式な金額は見積もりをお問い合わせください。

また、ご予算をお知らせいただけましたら、ご予算内で行なえる最良の調査プランをご提案させていただきます。

仄めかし調査の料金事例

下記に掲載された料金は調査の料金事例であり、この料金で結果が保証されるものではありません。

難易度 ★★ 調査期間:2日(20時間)合計金額:220,000円
難易度 ★★★ 調査期間:10日(40時間)合計金額:480,000円
難易度 ★★★★ 調査期間:30日(60時間)合計金額:780,000円

仄めかしのご相談・調査依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑で困難と思える問題でも、必ず解決の道はあります。困ったときにはお気軽にご相談ください。

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、仄めかし調査の専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずは無料相談をご利用ください。

仄めかし調査の関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

仄めかし被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。仄めかし調査の担当者が対応いたします。

専門家への相談方法

不安に感じていることや悩み事、仄めかし被害の内容、仄めかしに関する質問や要望など、下記のフォームからご相談が可能です。

ご相談内容が外部に漏えいすることはありません。また、匿名や公衆電話からのご相談もお受けしています。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop