ホーム > 探偵ニュース > 店舗従業員や警備員によるつきまとい被害の真相について解説 
公開日: 2023/12/28
探偵ニュース
 公開日: 2023/12/28

店舗従業員や警備員によるつきまとい被害の真相について解説 

従業員や警備員によるつきまとい

店員や警備員によるつきまとい被害の真相は、誤解や誤った情報、セキュリティ対策など様々な要因が影響します。

これらの職業の人々がつきまといの対象となる人物を選ぶ際、意図的な嫌がらせではなく、安全や秩序の維持を目指す場合もあります。

ただし、誤解や誤った情報によって無実の人が不当につきまとわれるケースも存在し、適切な対処が求められます。

被害者は冷静な対応と証拠の収集を通じて真相解明に努めることが大切です。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年12月28日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次

1- 店舗従業員による嫌がらせ相談事例

女性
ご依頼者様: 40代/女性
ご依頼内容: 嫌がらせ調査
ご依頼理由:

普段からよく訪れるお店で、警備員や店員との接触が増え、一部のスタッフからの不審な視線や行動に悩んでいます。

知人に相談しても「万引きを疑われるだけ」と言われ、つきまとわれることが頻繁にあるため、不安を感じています。

最近では「万引き犯」と仄めかされる出来事もあり、証拠を持ちたいと考えています。

これまでの経験から、「偶然ではない」と感じており、原因を明らかにすることが目標です。

専門家のアドバイス:

相談者は万引きをしていないと確信していますが、警備員や店員の奇妙なつきまといは「情報操作」か個人的な嫌がらせの可能性が考えられます。

対策としては、自信を持って買い物することが大切です。神経質にならず、落ち着いて行動することで怪しまれずに済みます。

このような状況は「事実確認」が必要になります。ほかにも、ネットスーパーの利用も検討する選択肢です。

警備員が本物かどうかも疑念があり、コスプレで紛れ込むことも視野に入れて、情報操作を行っている人物を特定することを優先します。

2- 店員や警備員がつきまとう理由

店員や警備員がつきまとう理由は、様々な要因によるものが考えられますが、以下のような理由が挙げられます。

 

誤解や疑念:従業員が誤解や疑念を抱いてしまい、被害者を監視したり不審に思ったりすることがあります。

 

指示や方針:上司や管理者からの指示や方針に従い、特定の人物を監視したり接触したりするよう求められている場合があります。

 

セキュリティ:警備員がセキュリティを強化するために、人物を監視したり疑わしい行動を見張ったりすることがあります。

 

健全な対応:嫌がらせや不正行為を防ぐため、店員や警備員が行動を監視したり、声をかけたりすることがある。

 

誤った情報:誤った情報が流布され、それに基づいて店員や警備員が誤った行動を取ることがある。

 

被害者側としては、被害を証拠付けて関連機関に報告することや、法的なアドバイスを受けることが重要です。

また、状況を冷静に判断し、無用な対立を避けつつ適切な対応を取ることも大切です。

3- 店舗従業員や警備員を動かす情報操作

情報操作によるつきまとい

店舗従業員や警備員を操作する手法には、以下のようなものがあります。

 

デマや誤った情報の拡散

偽の情報を流して、従業員や警備員に対して特定の行動をとらせることがあります。

 

集団心理の活用

複数の人が同じ行動を取ることを促すことで、他の人も同じような行動をとりやすくなります。

 

忠誠心の利用

従業員や警備員に対して、組織や上司への忠誠心を利用して特定の行動を要求することがあります。

 

これらの手法を利用して、店舗従業員や警備員を操作することで、被害者に対する嫌がらせやつきまといが行われることがあります。

店舗従業員や警備員に罪はない?

店舗従業員や警備員自体に罪はないと一般的には言えます。

店舗従業員や警備員が違法行為に関与することは少ないですが、不当な方法で人を監視し、プライバシーを侵害する場合は、法的な問題が生じることがあります。

4- 自己防衛には冷静な行動が必要

不審な行動に遭遇した場合でも、冷静に対処しましょう。焦らず、急な反応を避けることで状況を悪化させないようにします。

自分でできる対策

不快な体験をしたら、関係者に対して問題を直接伝えることが大切です。

店舗や施設の管理者、上司、担当者に事実を伝えることで、状況を説明し、解決策を求めることができます。

また、不審な行動やつきまといを経験した場合、日付や時間、場所などの詳細な情報をメモしておくことが重要です。

写真や動画も撮影すると、後で証拠として役立つことがあります。

それでも解決できない場合

不審な行動やつきまといに関して継続的な問題がある場合、専門家に相談することを検討しましょう。

本人には事実を伝えない場合でも、第三者であれば「聞き込み」「潜入調査」「証拠収集」がスムーズにできる可能性があります。

5- 不審なつきまといのご相談・証拠収集依頼方法

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え困難と思える問題でも、必ず解決の道はあります。

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、嫌がらせの専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。

各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずは無料相談をご利用ください。

集団ストーカー調査に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談