探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせをする人物の特徴と心理
公開日: 2018/10/29 最終更新日: 2020/08/20
探偵ニュース
 公開日: 2018/10/29 最終更新日: 2020/08/20

嫌がらせをする人物の特徴と心理

一度きりの嫌がらせならまだしも、何年経っても収まることのない嫌がらせ行為を繰り返す人たちに困り果てていませんか?どうしてあの人たちは何度も何度も執拗に自分に嫌がらせをしてくるのか、その理由はまったく理解できないことでしょう。被害者がその場にいる以上、嫌がらせ加害者は入れ替わり立ち代わりで何ヶ月、何年も加害行為をやめようとはしません。今回は嫌がらせを行う人物の心理や特徴についてご紹介していきます。参考にしてみてください。

嫌がらせをする人の特徴・心理・対処法相談窓口

嫌がらせをする人物の特徴について

嫌がらせについて

『嫌がらせ行為』とは、特定、不特定多数を問わず相手に対し、意図的に不快にさせることや実質的な損害を与えるなど、相手が嫌がる事を繰り返し行う、道徳(モラル)のない行為の一般的総称を差します。

嫌がらせは些細な事から始まるケースが多いです。自分が放った何気ない一言によって相手が凄まじい怨恨を持ち、その復讐として嫌がらせの加害者と化してしまう事もしばしば。相手の人となり、性格をあらかじめ把握しながら付き合う事がまずはもっとも大切な事と言えます。特に近所付き合いや職場では長年付き合って行く関係が多いでしょうから、嫌がらせをされないよう、また加害者を生み出さないよう相手の性格を把握して付き合っていく事が大事になります。

嫌がらせをする人物の性格と傾向
  • 負けず嫌いですぐに意地を張る
  • ストレスを溜めやすく趣味等が無い
  • 劣等感が人一倍強くこだわりが強い
  • 自分は特別だと思っており被害妄想が強い
  • 噂話が好きで話題の中心に居たい

特に嫌がらせをする人物の性格、傾向を上げましたが、もちろんこれらに該当したからと言って、全ての人物が嫌がらせ行為の加害者になるとは限りません。ですが、こういった事を予め把握しながら人と接する事が、嫌がらせの予防の一つとなってきます。また、これらに該当しない別の理由(例えば金銭などの利権が絡んだり、倒錯した性癖を持っていたり)で嫌がらせの加害者となる人物もいます。その為難しいところではありますが、上記の傾向に照らしながら人付き合いを行っていく、またこれらを見抜ける力を持つ事は、嫌がらせ予防としては非常に重要になります。

嫌がらせをする人物の心理について

心理について知っておく

嫌がらせをする人物にはある共通点があります。この共通点を知ることで、その人物に合わせて付き合い方を変えたり、軽く受け流すことができるように対策を練ったりすることができます。その一つは、嫌がらせをしてくる人は「視野が狭い」場合が多いという事です。『これこれこういう事だから、こうである』と凝り固まった考えに陥りやすく(有り体に言えば頑固)、良かれ悪かれ自身の考え方を曲げない、といった傾向の強い人物が、しばしば嫌がらせの加害者と化してしまうケースがあります。ある種の思い込みであり、自己洗脳されている状態とも言えるでしょう。

また、もう一つの共通点は、嫌がらせをする人物は「自分自身に問題があること」に気付いていない、または目を背けているケースが多いという事です。「悪いのは常に相手であり自分ではない」。これもある種「視野が狭い」と言えますが、客観的に見ると間違っている”正義”を頑ななまでに振りかざす人物ほど、嫌がらせ行為に走る傾向があります。「あなたの正義は間違っている」という事をどうやって本人に気づかせるか、或いは分からせるか・・・その根本的な部分を考え始めると、果てしなく気苦労の多い問題となるでしょう。

これらの心理を十分理解した上で大切な点は、加害者本人の感情や思考そのものを変えるには非常な時間と労力を有するという事にあります。その為、加害者が実際の行為として表出させている『嫌がらせ』を悪として解明していく事で、その心理にも訴えかけていく必要があるのです。傾向として、嫌がらせ行為はエスカレートしていくものなので、早い段階で対応する事が重要となってきます。億劫に思わず、すぐに何かしらの対策を講じるようにしましょう。

嫌がらせの対処・注意点

嫌がらせの対処法は1つではない

相手の情報を十分に得ること

あなたが不安感や恐怖心を抱いている相手は、本当にそこまでの嫌がらせができる人でしょうか?相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」を、ある程度は予測することができます。相手の情報を多く把握することは、あなたの漠然とした不安や恐怖をぬぐい去ってくれるはずです。

感情的に反応しない

嫌がらせをしてくる相手に対して、感情的に反応するのは逆効果です。相手はそれに対してまた更なる嫌がらせをしてくる可能性が高くなります。なぜなら、嫌がらせ行為者はあなたのその感情的な反応によって、更なる嫌がらせをする口実を得るからです。嫌がらせ行為者の思考には、何があっても「自分は正しくてあなたが悪い」という”信念”が根差しているのですから。

第三者による介入に注意する

嫌がらせ被害を誰かに相談した場合、その相談相手が、あなたを嫌がらせからなんとか守ってあげたいという信念のもとに、加害者に接触を試みるかもしれません。しかし、第三者が安易に介入してしまうことによって、「直接的な被害者が更に増える」「嫌がらせ行為がエスカレートする」恐れがあることを知りましょう。

もちろん相談することは悪いことではありません。しかし、嫌がらせ行為者に対して自己判断は危険性を伴うのもまた事実です。泥沼にはまりこむ前に、専門家や公的機関などに早めに相談することが大切です。

嫌がらせに関連するQ&A

Q

原因や犯人にまったく心当たりがない

A

犯人を特定し原因を知ることが一番の近道となります。実行犯が全くの他人や面識のない人物の場合、その身元(本名、住所、家族構成、勤務先など)を明らかにして刑事告訴や慰謝料請求など警察や司法の手続きができるように準備しておくことをおすすめします。

Q

嫌がらせの解決法は?

A

無視、示談、訴訟、刑事告訴まで様々。無視で嫌がらせが大元から解決するケースは少なく、相手と直接交渉または第三者を挟むにしても、実際に嫌がらせの被害を受けたという証拠は必ず必要となります。

Q

裁判を考える場合、弁護士を紹介してもらえますか?

A

もちろん可能です。嫌がらせに関する訴訟に強い弁護士を無償で紹介致します。紹介料などは一切発生いたしませんのでご安心ください。弁護士法74条には「提携している弁護士を紹介するのは違法(非弁提携の意味)」と明記されています。つまり、有償にて紹介する探偵業者は違法となります。

Q

嫌がらせは個人の感情的なものか、組織による意図的なものか

A

嫌がらせ行為の原因は、このいずれかを見極める必要があります。個人の感情的な嫌がらせの場合、比較的容易に解決できるケースは少なくありません。そのカギを握っているのは「情報」になります。嫌がらせ調査は、ご依頼者からの事前情報を基に調査を行うため、曖昧な情報だと解決まで遠回りしてしまう可能性があります。嫌がらせ行為者が複数または組織による意図的な嫌がらせの場合、予め事前情報を全て把握し担当に伝えることが難しいので、現状把握から調査を行う事をおすすめします。

嫌がらせ相談から解決までの流れ

まずはお気軽にご相談ください

当社は、2010年の創業以来、一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、当社は独自の情報収集方法に徹底的こだわり、多種多様な調査方法でクライアントに求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、各エリア担当に経験豊富な人材を迎え入れ、皆さまの悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査終了後のサポートについても経験豊富なスタッフがサポート致しますので最後まで安心してご利用いただけます。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop