ホーム > 探偵ニュース > 家族がマインドコントロールされた時の解除方法
公開日: 2023/05/30 最終更新日: 2023/06/06
探偵ニュース
 公開日: 2023/05/30 最終更新日: 2023/06/06

家族がマインドコントロールされた時の解除方法

家族がマインドコントロールされた時、探偵には他の専門家にはない特別な解除方法があります。

探偵は専門的な知識と経験を活かし、マインドコントロールする人の特定と実態を収集を行い、家族を解放するための道を切り開きます。

その結果、被害者と家族の再生と安心を実現します。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年5月30日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次

1-「マインドコントロール」と「洗脳」との違い

「マインドコントロール」と「洗脳」は、似たような概念ですが、微妙な違いがあります。

 

マインドコントロール(Mind Control)

マインドコントロールは、一般的には個人の思考や行動を意図的に制御しようとする手法を指します。これは、情報操作、催眠、洗脳などの技術や手法を使用して、他者の意識や行動に影響を与えることを目的とする場合があります。マインドコントロールは、個人の自己意識や自己決定に対して制限を加えることを意図して行われることがあります。

 

洗脳(Brainwashing)

洗脳は、主に強制的な手法や心理的な操作を通じて、個人の思考や信念を根本的に変えることを指します。洗脳は、思考や感情、価値観などに対する抵抗力を弱め、他者の意図に従順になるように操作することを目的とします。洗脳は一般的に、集団の中で行われ、個人のアイデンティティや自己の認識を否定し、新しい信念体系や行動パターンを注入することが特徴です。

 

簡潔に言えば、マインドコントロールは他者の思考や行動を制御しようとする手法であり、洗脳は思考や信念を根本的に変えることを目指す手法と言えます。

ただし、この2つの用語はしばしば混同され、使われ方は文脈によって異なる場合があります。

2- 現代社会の影響下でのマインドコントロール

情報にまみれた現代人は、何らかの形でマインドコントロールされているといわれています。

以下に一部例を挙げます。

メディアの影響: マスメディアやソーシャルメディアによる情報の過剰な流入やバイアスの影響により、意識や行動が操作されることがあります。
広告やマーケティング: マーケティングや広告業界は心理学や消費者行動を利用し、人々の欲望や行動を操作する手法を用いることがあります。
グループ思考や社会的圧力: グループの意見に影響を受けやすくなったり、社会的な規範や期待に合わせるために自己の意見や価値観を抑制することがあります。
政治的なプロパガンダ: 政治的な団体や権力者は、意図的に情報を操作し、人々の意識や行動を操作しようとする場合があります。
宗教やカルトの洗脳: 一部の宗教団体やカルトは、個人の思考や信念を強制的に変えるための洗脳手法を使用することがあります。

これらは一部の例であり、マインドコントロールの実態は個々の状況や環境によって異なります。

個人の自己意識と批判的思考の保護が重要であり、情報の選択、情報の検証、自己の信念や価値観の確立などが防御策として考えられます。

3-「マインドコントロールされやすい人」とは

恋愛

マインドコントロールされやすい人の特徴として「自分に自信がない」ことをはじめ、性格的に「優しい」「気が弱い」「真面目」「素直」「ネガティブ」「思い込みが激しい」「依存体質」であることに加え、「トラウマがある」「完璧主義」などが挙げられます。

こうした人は、他人からの要求を断ることが苦手で、ハッキリと自己主張する人の意見に追従してしまう傾向にあります。

恋愛感情があるように装って近づき、実は商品を売り付けたいとか宗教に勧誘したいとか、そういう目的があって近づいてきている可能性もあります。

それほど面識がないにもかかわらず、必要以上に親切にしてくる人物に対しては、何か目的があると考えるべきなのです。

家族

「自分の子どもがマインドコントロールされている」と疑う前に、前提として、自分の子どもという存在は押し並べて「親のマインドコントロール下にある」ことと考えるべきであり、その教育方針が厳しければ厳しいほど、その反動は大きいと考えられます。

こうしたケースで、自分が教わってきたものと大きく異なる価値観に触れ、心酔させられることによって、これまでの自分の人生で得てきた教訓などを捨て、親の言うことも全否定することにつながっていきます。

結果、「親=敵」という考えを刷り込まれ、改心させるどころではなくなってしまうのです。

会社

同僚などの会社関係や、疎遠だった学生時代の同級生や友人に対し、突然、連絡を取り始めたり、異業種交流会や自己啓発セミナーなどに頻繁に参加し始めた場合も、マインドコントロールされている可能性が高いケースです。

その人物が心酔する新興宗教やネットワークビジネス、マルチ商法などで、勧誘活動に励み始めることがあります。

こうした人は「人脈自慢」する人にも多く見られる現象で、実際は、家族や友人とは疎遠でありながらも、“怪しげな人々”との付き合いばかりが増えていることがほとんどです。

4- マインドコントロールの解き方や対策

あるターゲットの人物をマインドコントロールする場合、家族や友人関係から引き離し、余計な情報を外部から取り入れることを防ぐために情報源のコントロールから着手します。

マインドコントロールしようとする人の常套句とは
  • 世の中は、フェイクニュースに溢れ、間違いやウソの情報が含まれている
  • あなたには正しい真実をお伝えします
  • 私たちの話だけを聞いていれば間違いありません

その結果、自身で情報を取得し、考える習慣を捨て、特定の団体や個人を妄信するようになります。

自覚なしに進行するマインドコントロール

少しでも考えれば分かることでしょうが、「マインドコントロールされることが分かっていて、そこに入っていく」人というのは存在しないでしょう。

マインドコントロールされる人は、分からないまま近づいてしまい、分からないままマインドコントロールされ、そして、その自覚が全くないケースがほとんどなのです。

マインドコントロールを解く方策とは

身近な人をマインドコントロールから解く時に、やってしまいがちなこととして、「1対1の話し合いで、頭ごなしに否定する」行為が挙げられますが、「善対悪」の二元的な水掛け論に終始する上に、相手の態度を硬化させる結果となります。

まず、マインドコントロールされた本人の言い分を聞き、何を恐れ、何に対して疑っているのか、そして、マインドコントロールしてくる人物や団体は、それに対してどのような解決策を提示しているのかを聞き、客観的に判断することが必須です。

5- 第三者の介入が必要な場合

前述したように、マインドコントロールの解決策として、身近な人のみで解決する方法は、困難を伴います。

マインドコントロールされている本人も、そこから救おうとする人も、起きている物事を主観で判断するしかないからです。

マインドコントロールから救おうとするには、魔法のような方法はありません。

マインドコントロールによって失った損害や被害を可視化し、客観的な証拠を提示し、かつ、それによって、本人が孤独感や自己肯定感を失わない方法で、徐々に考え方を変えていくように誘導していくしかありません。

実態調査で違法性を明らかにする

悪質な新興宗教やネットワークビジネス、マルチ商法、異業種交流会や自己啓発セミナーに、身近な人がハマってしまった場合、 その実態を知ることは必要不可欠ですが、個人で行うには身の危険が伴います。

自身のみでは解決が難しく、家族や友人関係の崩壊に発展しそうなほどのトラブルに巻き込まれたときは、新興宗教やカルト団体、ネットワークビジネス、スピリチュアルセミナーなどの実態調査・潜入調査の専門家である当事務所にご相談ください。

健全なサポートシステムの構築

マインドコントロールのメカニズムや手法についての情報を収集し、自己認識を高め、信頼できる友人や家族、サポートグループなど、健全なサポートシステムを築くことで、回復のプロセスを支えましょう。

マインドコントロールからの解放には時間と努力がかかる場合があります。適切なサポートを受けながら、自己回復のプロセスを進めていくことが重要です。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

6- マインドコントロール解除サポート相談

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口によるマインドコントロール解除サポート相談は、マインドコントロールの影響を受けている人々が探偵の専門知識と経験を活かし、助言や支援を受ける場です。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口は、個別のケースに応じてマインドコントロールの解除や証拠収集の支援を行い、被害者の自己意識の回復や心理的なサポートを提供します。

探偵によるマインドコントロール解除サポートは、被害者がより健康な状態に戻り、自己の意思決定や自己保護の能力を回復するために重要なサポートとなります。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

マインドコントロール相談フォーム

マインドコントロールの内容、マインドコントロールに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談