探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせに気付いた時の対処法
公開日: 2019/01/16
探偵ニュース
 公開日: 2019/01/16

嫌がらせに気付いた時の対処法

最初は気づかれない程度に行われる嫌がらせの数々。もし、自分が起きている不自然なことが「嫌がらせ」だと気づいたら、どのような対処をしていけばいいか考えていきましょう。

最初にチェックするポイント

嫌がらせに気づくポイントとして、「何となくおかしい」ことが毎日のように、職場、プライベート、近所の周辺などで起きていませんか?陰湿な行為の裏腹で加害者が残した嫌がらせに気づくポイントの一部を下記にまとめて見ました。まず、嫌がらせに気づく前後の周囲の状況を思い出してください。

  • ガールズちゃんねる、ばくさい、5ちゃんねるなどの掲示板に投稿したことがある
  • 音信不通だった友人、知人から突然連絡があった
  • なんとなく最近治安が悪くなったと感じる
  • 生活音、近所の話し声など以前は静かな地域だったのに、いつの頃からか、騒音レベルの環境になった
  • SNSの友達申請を異常なくらい求める、同僚や友人がいた
  • 周辺で空き巣が被害が多くなった、不審者がウロウロしてた
  • 自宅周辺で不自然な配線工事、水道、ガス、車道整備の工事車輛を見かける
  • 集合住宅での引っ越しの頻度が高い

嫌がらせに気づく前後、3ヶ月から6ヶ月にかけて行われる嫌がらせの前兆をまとめて見ましたが、いかがだったでしょうか。チェック欄に思い当たる項目はありましたか。最初は全く気にしないレベルから、「自分」の周囲だけ不自然な環境になっていく過程を1つずつ紐を解いていくと、嫌がらせが起きた原因がおのずと見えてくるのではないでしょうか。

次に取るべき手段の選択

嫌がらせの原因が分かれば、次に取るべき手段を考えます。その前に、加害者がなぜ?嫌がらせをする1番の目的は何かを触れていくと、

  • 嫉妬、ねたみ
  • ストレス、八つ当たり
  • 復讐、憂さ晴らし
  • 自分の存在アピール
という理由で嫌がらせを行っているのです。

「自分より不幸にさせる」

その目的のためなら、どんな手段も厭わないという加害者が多く、嫌がらせを「趣味」としてやるタイプ、上の命令に従うロボットタイプ、金銭のやり取りで仕事として行うタイプの3つのタイプに分かれます。まずは加害行為を行う加害者の特徴を起きてる被害の中から見つける作業をすると自分なりに分析ができると思います。

「加害者を知る」

できれば、嫌がらせをする加害者の特徴を記録することも大切です。記録をすることで、この嫌がらせが「特定の人物」「特定の組織」の嫌がらせであるか判断できます。嫌がらせを分析すると、ネットで情報収集する人と被害者の前に現れるつきまといの2つのパターンが存在してるということ。嫌がらせのパターンは常に1つではないことを認識してください。

嫌がらせ解決策の実施

被害の状況分析の結果、嫌がらせの解決策の実施に入るわけですが、嫌がらせの内容によって解決する時間も費用も異なってきます。

嫌がらせの解決策
  • 1.嫌がらせ自体に継続性が無いレベルであれば気にしない
  • 2.嫌がらせ対策や防御アイテムを使い自分で解決する
  • 3.専門家に依頼し、二度と起きないように証拠をおさえる

嫌がらせの共通点は一度きりの嫌がらせと継続的な嫌がらせの2つです。電磁波の嫌がらせにしても「一気にきて、終息する」か「継続的に攻撃する」と2つの被害があります。どんな嫌がらせにしても、前者の傾向が強いのであれば、1.2の解決策を実施して、被害が終息するかどうか様子を見る選択が取れるはずです。しかし、後者の場合は2.3の解決策を実施する必要があるでしょう。そのためには、嫌がらせが終わるのを待つだけではなく、自分で行動する強さが必要になっていきます。3の「専門家に依頼する」にしても、被害状況を説明できる情報や犯人に関する情報があると無いとでは、調査段取りが大きく変ってしまいます。被害にあっている状況でも、加害者を常に記録する行為が、嫌がらせを解決する近道になるのではないでしょうか。

専門家が行う調査の流れ

流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop