いじめ調査解決事例

Bullying case

ホーム > いじめ調査関連記事 > いじめ調査解決事例 > いじめ被害を訴える手順と証拠収集
公開日: 2021/07/28 最終更新日: 2021/07/29
いじめ調査関連記事 - いじめ調査解決事例
 公開日: 2021/07/28 最終更新日: 2021/07/29

いじめ被害を訴える手順と証拠収集

子どもでも大人でもいじめは起こり得ますが、いじめをする側はその行為を隠ぺい工作してきます。こちらのページでは、いじめの情報収集方法と、いじめをどのようにして訴えていけばいいか、その手順をご紹介します。

目次|いじめ被害を訴える手順と証拠収集

定期的ないじめを受けているわが子の証拠収集

子どものためにまず親が協力しなければならない

自分の子どもが、同級生や教師から頻繁にいじめを受けているのでは? と思われる言動をする、奇妙なケガが頻発している場合、有効な証拠収集をご紹介します。まずは親が子どもにいじめの有無を尋ねてみるところからです。いじめかどうか判断できなくても、自分の子どものためにやってあげられることがあります。

それはインターネットなどで小型カメラを購入することです。動画を撮影できるタイプがベストです。そして子どもに協力してもらい、いじめをしてくる児童が近づいてきたら、小型カメラをさりげなく向けて撮影させます。いじめをする児童が去ったらオフにするように指示し、証拠を少しずつ集めていきます。

大切なのは、子どもが親にいじめを受けていると心配させまいと、被害を離さないことです。もちろん自分から「自分はクラスでいじめられている」と親に相談する子もいます。親にしかできないこともありますので、取返しがつかないことになる前に、親ができる情報収集をしていきましょう。

動画の証拠が不明瞭なとき

いじめをする児童の動画をわが子がうまく撮れないこともあるでしょう。たとえば、タイミングを逃がしてしまった、カメラのオンオフボタンを間違えた場合です。その場合、教室内に小型の定点カメラを取り付けるのが有効です。教室全体が見渡せるような定点カメラを置き、わが子が遊ぶ時間帯に動画撮影するというものです。

また、意外に盲点な場所は学校の下駄箱や廊下で行われるいじめです。わが子に対する他の子のいじめが酷いと感じるのであれば、いくつか定点カメラをセットするのもいいでしょう。

当然ですが、カメラの設置には学校側の協力も必要不可欠です。

なぜ証拠収集が大切なのか

訴える際に必要な証拠

いじめについて訴える際に、証拠として必ず提出するものがあります。証拠には次のものが必要とされています。いつ・どこで・誰が・誰を・どのような手段でいじめをしたかの詳細についてです。

状況証拠
  • ネットでのやりとり
  • SNSでいじめ側と交流内容で被害者をいじめ発言やいじめの参加を第三者と共謀しようとしたスクリーンショットなど

  • 状況の記録
  • いじめられた人の日記などいじめられた詳細のレポート(日記帳だとなおよい)

  • けがの写真
  • いじめを受けた際の傷やあざの日付入り写真

  • けがの診断書
  • いじめを受けてできた傷やあざを診察した病院の診断書

物的証拠
  • 動画
  • いじめを受けている事実が分かる動画

  • 凶器
  • 凶器が落ちていたらそれも一緒に提出

  • 写真
  • 被害者の机の上、上履きなどの落書きや他、嫌がらせなどの写真

録画や録音をする際のポイント

いじめを受けている録画映像や音声の内容が、「いじめが起きたかどうか」判断しづらい場合、状況証拠として認められないケースがあります。録画なら殴ったり蹴ったりする場面は誰がいつどこでどのようにいじめているのか証拠として充分です。

しかし、録音の場合いじめられている被害者の悲鳴が聞こえるだけで、一体誰がどこでどのようにしていじめているのか判断しづらいです。わが子に協力してもらって、いじめ側が近づいてきたら、「〇〇(児童名)はどうしてこの場所に呼び出したの?」と加害側の名前と場所を録音させます。

更にいじめがあったら、被害児童にこう言ってもらうようにします。「どうして〇〇で私を殴るの?痛いからやめて!」などです。録画だけではわからないことを録音では伝えねばなりません。肝心なのは、被害児童の協力が必要である点です。

証拠収集のためのカメラ撮りは違反ではない

動画や録画は立派な証拠収集

学校内あるいは社内で隠し撮りをしてよいのか気になさるかもしれません。証拠収集のためのカメラ撮りは盗撮に該当しませんし、法的にも禁じられておりません。ただし、カメラの購入には、お金が多少かかります。また、きちんとした証拠を撮るには根気強く撮影を続け、カメラのメンテナンスと子どもの協力が必要です。

盗撮カメラと見なされるカメラの設置場所

更衣室やトイレの中での撮影は、証拠撮りでカメラをセットしたはずが、ワイセツ罪として逮捕される可能性があるのでやめましょう。トイレでいじめられる可能性がある場合は、トイレの廊下に定点カメラをセットするほうが効果的です。

いじめの直接的な証拠とはならないものの、トイレの廊下は出入りのために必ず通らないといけないため、誰が誰をいじめたのか姿を確認できます。

ワンポイントアドバイス

こまめに録画と保存をしよう

インターネットでカメラを探す場合、「超小型カメラ」や「防犯カメラ」などの検索ワードで探しましょう。長時間駆動や頻発する電池交換が少ないタイプは多少お値段が高くなります。レコーダーやカメラには自動で録音や録画をしてくれるタイプがあります。

自動録画タイプであれば、いじめを受けたらとき、すぐにカメラを回収することでUSBに収まった動画を確認し、パソコンに保存できます。少なくともいじめ被害の録画であれば、自動録画と長時間バッテリー交換をしなくてよいタイプのカメラをお勧めです。たま、夕方など暗い場面でも赤外線タイプのカメラによってよりある程度鮮明に対象者を撮影できます。

協力的なほかの子どもの力も借りる

いじめられている子にやや協力的な子もなかにはひとりかふたりいる現れる可能性もあります。そのような第三者である児童の発言は、有力な証言として効果を発揮します。

被害を訴える手順

小さな訴えから始めよう

いじめ被害は、職場などのモラハラも同様ですが民事訴訟となります。裁判とか民事裁判など大がかりなことに聞こえてしまうかもしれませんが、実際はさらに簡素ですし、内容は重要です。まず、いじめをする人にたいして正式な謝罪をしてもらう場を提供するのが民事訴訟手続きとなります。

手続きなしの、いじめ側の簡単な謝罪を信用できない場合には有効です。裁判及び示談とは、相手に対し正式な償いの場を提供してあげることです。いじめ防止措置の請求やいじめられた内容で、精神的にも肉体的にも辛い状況に置かれたことに対する損害賠償請求も可能です。

学校や会社でいじめが発覚すれば、社会の信用を失ないます。ですから、証拠を集め、示談や裁判へと繋げていくことで謝罪や損害賠償請求が可能なため、いかに大切かよくわかるでしょう。以下の順序で示談や裁判を行ないます。

  • ①内容証明書をいじめの加害者(未成年なら親権者)へ送付する
  • ②刑事訴訟するために、警察へ被害届を提出
  • ③弁護士に依頼し、民事訴訟あるいは裁判を行ない損害賠償や示談金の請求をする
証拠収集が困難な場合

いじめられている児童の親がどんなに頑張っても、周囲と空回りして証拠が取れないという可能性もあります。また仕事が忙しいなどの理由で児童と向き合えない家庭もあるかと思います。

そのような中、ならべく親子の関係を築き、いじめられていることを子どもが親に話しやすい環境を作りましょう。また子どもと交流ある児童の親と交流して、聞きづらいことも聞けるような関係性を作っていくことも、いじめを受けていても途中から防げるきっかけを作ることができるかもしれません。

しかし、なかなか子どものために動いてあげれることが少ないようであれば、私ども専門の調査機関へご依頼ください。お子様の情報をお伺いし、その上で探偵として確たる証拠を取らせていただきます。ぜひ無料相談をご活用ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop