ストーカーレポート

Stalker report

ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカーレポート > 隣人によるつきまといや監視が2年も続いた|つきまとい調査レポート
公開日: 2020/04/15 最終更新日: 2021/11/29
ストーカー関連記事 - ストーカーレポート
 公開日: 2020/04/15 最終更新日: 2021/11/29

隣人によるつきまといや監視が2年も続いた|つきまとい調査レポート

解決できない悩みをどうすべきか、一番わかりやすいのは同じ悩みを抱えている人の解決事例を確認することです。つきまといをやめさせる方法は、「どのようにつきまといをしているのか」の手口を知ること、つきまとい行為の証拠収集が必要です。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口で紹介しているつきまとい調査レポートのご案内を『ご相談から解決』まで、わかりやすくまとめました。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
つきまとい調査レポート!

ご依頼者様
50代 (男性)

つきまとい調査相談窓口│目次

つきまといの相談レポート

つきまとい調査確認ポイント!

今回の依頼内容は、「隣人によるつきまといの特定と証拠収集」になります。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口は「嫌がらせ調査」や「ストーカー調査」を専門としている探偵事務所になります。この調査を成功させるには、つきまといを行なっている人間の素性を調べる必要があります。

当社では、「偶然を装ったつきまといをやめさせたい」「隣人の嫌がらせをやめさせたい」などのご依頼者の要望に対する、適切な対策法をご提案できる手立てを有しています。

男性
ご依頼者様: 50代/男性 会社員
ご依頼内容: つきまとい調査
ご依頼理由: 隣人によるつきまといや嫌がらせにうんざりしております。2年以上に渡る嫌がらせはしつこいとしかいいようがありません。警察にも届出をしているのですが、「たまたまでしょ」とか「普通です」とかで隣人に対して注意してくれません。隣人の主な嫌がらせは、「私や家族が家を出るととなりから必ず出てくる」「仕事から帰宅する時間をずらしても必ず監視している」という状況が2年以上続いても、警察は「偶然だ」とか「犯罪ではない」と言い、解決には至りませんでした。隣人に直接「なんの用ですか?」とたずねても特になにも言わない、状況が続いています。なぜこんなに長く嫌がらせを続けるのかわかりませんが、精神的にも限界なので決定的な証拠を掴みたいです。
調査レポート: なにかしらのきっかけで起こる「隣人トラブル」の監視行為はよくある話です。相手は「なにか悪さをしないか監視せずにはいられない」「相手を困らせたい」など、加害者側の都合や心理で動きます。加害者側に、罪の意識はなく、自分が正しいと思って行なわれていることから、この手のケースは決定的な証拠をもとに警察や加害者側と交渉しなくてはなりません。

解決するために行なった調査方法としては、窓から覗く程度の監視は無視し、外出時をメインとした調査を行います。理由としては、覗く程度では「たまたま」といわれてしまうリスクがあり、そこに時間をかけるより、「外出時までついてくる」ことに関しては言い訳できないからです。案の定、被害者が普段出歩かない時間帯に外出を繰り返したことで隣人が気になり、つきまといを行ったところを証拠をおさえ無事解決に至りました。

悪質なつきまといの特徴

つきまといになりやすい人は?

つきまといしやすい人の特徴を下記にまとめましたので参考にしてみてください。これは「つきまといしやすい人」であって「必ずなる」ではないので参考程度に見ていただければ幸いです。

  • 頭の回転が速い人
  • 仕事ができる人
  • 飲食店などで店員さんに冷たい態度をとる人
  • 自己肯定感が低い人

これらの特徴がある人は気を付けてください。承認欲求が強い人にも注意が必要です。「認めてもらいたいから」という理由でつきまといに発展するケースや、「彼女が危ない目にあわないように遠くから見守っていた」などの自己中心的な行動から発展するケースもあります。

つきまといから発展する二次被害

相手の目的はターゲットに対して、嫌味などで神経を逆なでするようなことを言ったり、笑い者にしたり、わざとぶつかったり、無言電話をかけたり、ネットで誹謗中傷を書いたりと、不快感を与えるようにさまざまな方法で嫌がらせを行なうことです。

近年目にする「集団ストーカー」も1つの手段になっています。集団ストーカーだけでなく、数人でのつきまといや個人でのつきまといなど手段はいかようにもあります。つきまといは、証拠がないと第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないので、専門家に必ずご相談ください。

1人で悩まない

つきまといは、誰が加害者なのかわかり辛いことからされている側は混乱してしまいがちです。そのせいで家族や友人、会社の同僚など周囲の人がみな、つきまといに加担していると思い込み、関係を絶って孤立するようなことだけは避けるようにしてください。

孤立してはいけない理由

加害者の目的がそこにある可能性が高いからです。加害者が恨みからつきまといを行なっているのか、恋愛感情から行なっているのかわからない段階で関係を絶つのは相手の思うつぼです。もしかしたら、弱っているときにつけ入ろうとしているかもしれませんし、孤立することが相手の目的かもしれません。

ならばどうすればいいのか。ここで大切になるのが「1人で悩まない」ことです。嫌がらせが無視できないレベルにまでエスカレートしていたり、家族や友人に相談しても誰もわかってくれなくて「味方が1人もいない」と不安になったりしたら、嫌がらせ対策のプロに依頼することも考えてみてください。

私ども「対策専門窓口」は、コンシェルジュサービスも設けています。相談だけでも構わないので、悩みをお聞かせください。解決方法は1つではありません。私どもが力をお貸しするので、納得のいく解決方法を探していただければと思います。

つきまといが起きる環境チェック

自宅周辺で起きるつきまといチェック

自宅を加害者に知られてしまうと郵送物の盗難や盗聴など、執着のひどい嫌がらせをされる可能性も高く、非常にやっかいです。つきまとい行為をエスカレートさせない為には、「自宅の防犯対策を徹底する」ことをおすすめします。防犯対策は、想定されるつきまとい犯の動線上に防犯カメラの設置し、補助錠や防犯フィルム、人感センサーなどでつきまといしにくい環境を作ることです。

勤務先で身に覚えのない風評被害はありませんか?

勤務先では、同僚にプライベートを仄めかされたり、職場の外で待ち伏せされたり、上司への評価を下げる行為をし居場所を奪うために嫌がらせを行ないます。職場の責任者への相談は必須ですが、相手は部外者の可能性もあるので侵入を防げても周辺をうろつくことは禁止できません。何かあったときに駆け込める場所を確保しておいてください。

偶然を装ったつきまといに騙されない

通勤に電車を使っていれば毎日のことなので、何か対策をとろうとしても限られてきます。今後つきまとい行為がエスカレートしたときのために早い段階から自分でしておかなくてはならないのが、「被害の記録」になります。被害の記録とは、「被害を受けた日時」「被害の詳細な内容」「相手に関して知っている情報・特徴」になります。

つきまとい対策依頼は専門家に

つきまといにお悩みの方へ

ストーカー・嫌がらせ対策窓口では、「専門のコンサルタント」として、つきまとい被害解決に全力で活動しております。依頼人と直接お会いし、お悩み・ご要望にしっかり耳を傾けることを重要視しております。依頼人に身近な「探偵事務所」として、家族に相談できない小さな悩みから本格的な調査まで、ニーズに合わせて皆様の隣に寄り添いながら問題の解決まで、法に基づいたノウハウや専門機材を屈して解決後のアフターフォローまで誠実に対応させていただきます。

ご相談は土日、夜間も対応可能

ストーカー・嫌がらせ対策窓口は、皆様の生活スタイルに合わせて、フリーダイヤルで24時間無料相談窓口を設置しております。また、盗聴の疑いがある場合は、メール・LINEでご相談が可能ですので、安心してお問い合わせください。ご相談は、回数の制限なく応じますので、納得いただける解決方法が見つかるまで何回でもご相談ください。

※ご面談にはご予約が必要です。

つきまとい対策依頼方法

つきまとい被害者の皆さんに寄り添うことがどこまでできるのか? いつも自問自答します。実際には、同じ被害に遭っていないと本当の被害者の痛みは理解できないのでしょう。十分な力ではないにしても、被害者の方と一緒に考え、解決出来れば。私たちはそのような気持ちでご相談をお聞きしております。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

つきまとい被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop