探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 車両での嫌がらせについて
公開日: 2018/11/18
探偵ニュース
 公開日: 2018/11/18

車両での嫌がらせについて

嫌がらせ行為に大量の車両を使うという全国的に相次いで報告が上がってきています。第三者からみれば、車両が公道を走っているだけ、路肩に停車しているだけに見えるでしょう。車両の嫌がらせは対処が難しかったり個人では「何もできない」ケースがあります。しかし、「何もできないなら」嫌がらせに対する心構えを持つと外出するときの恐怖感は緩和されるはずです。

嫌がらせに車両を使う理由

嫌がらせに車両を使う理由は、1つの車両でいろいろなアンカリングができるからです。

  • ドアの開け閉めによるノイズキャンペーン
  • ウィンカーで「監視」の強調
  • 狭い路地でのターゲットを挟み撃ちする妨害
  • 自宅近辺だけ徐行運転で走行
  • 県外ナンバーのナンバープレートをアピールする
  • 車両から低周波・マイクロ波・電磁波を照射する

上記の事例は嫌がらせの問い合わせのなかで最も情報が多かった事例です。車両を頻繁に使うと、スーパーやコンビニで買い物にきた客や高速道路のサービスエリアで休憩に入った演出で、ターゲットの監視をカモフラージュすることが可能です。

そして、いつでもどこでも加害者が常にターゲットの周りを囲んでいるというアンカリングもできるので、ターゲットのなかには車両を見ると精神的な負担が大きく外出することさえ難しくなります。

こうやってターゲットを外に出させない。日常生活に支障をきたすまで孤立させようとする目的が達成できるというわけです。

ターゲットはナンバープレートを意識する理由とは

組織的な嫌がらせのターゲットの共通として加害車両のナンバープレートにとても神経質になります。その理由としてインターネットの嫌がらせに関するサイトでは「カルトカー」と呼ばれてるナンバーが存在します。

  • ゾロ目ナンバー
  • パスワードのナンバー
  • 縁起が悪い数字のナンバー

これらが毎日のようにターゲットの前を走行したりするとだんだん意識し始めるのです。これもアンカリングの一種で、「常に監視状態であること」「ターゲットに自由はない」というアピールが隠されています。

このような「カルトナンバー」と呼ばれてるゾロ目ナンバーは、スポーツ選手や暴力団が乗ってる車両のナンバープレートに使われており、日々走行してる車両が加害車両かどうか区別することは難しいでしょう。

次々と摘発されている煽り運転ができなくなった今、車両での嫌がらせはハイビームや電磁波の照射、ゾロ目ナンバーを利用したアンカリング、強いドアの開け閉めやクラクションのノイズキャンペーンに移行していて、普段意識しない車両のナンバープレートをいやでも意識してしまう傾向に陥りやすいのです。

加害車両の対処の仕方

最後に加害車両の対処の仕方ですが、加害者側も条例や法律に違反することを警戒してるため、ターゲットに対して危害を加えてくることはありません。あおり運転や危険運転の認識が少なかった時期は、急に飛び出してきたり歩道まで乗り上げるほどスピードを上げて運転したりと命の危険を脅かす行為はありましたが、今はそこまでひどい害を与えることは少なくなりました。

基本は「無視」あまり意識しないようにすることです。もし、加害車両を見かけたら車両とナンバープレートを控えて人物を映像に残すようにして、何度も続く迷惑行為であれば都道府県の迷惑行為防止条例違反になりますので警察に相談しましょう。警察も「組織的な嫌がらせ」に関して認知されていますので、親身になって対応してるいう話が増えてきています。車両のアンカリング自体がターゲットの情報を共有してるということで条例で禁止されるエリアもあります。もし、車両で妨害されたら遠慮せずに警察に連絡することをおすすめします。

よく、「警察の対応に不安を感じる」「積極的に動いてもらえない」「被害届を出しても警察は捜査しない」と耳にします。ご自身の被害について警察が積極的に捜査していないと感じた場合、その警察署では「もっと重大な事件」をかかえてる可能性があります。また、警察は解決につながるような「証拠」がなければ積極的に捜査することはありません。警察を動かすだけの証拠が必要な場合、探偵に依頼することを視野に入れてみてください。

嫌がらせについてお聞かせください。

調査項目

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口が幅広く扱う調査項目の一覧をご紹介します。

信用調査(自己信用調査)
ストーカー
集団ストーカー
電磁波測定調査
盗聴、盗撮発見、調査・対策
ネットリサーチ調査
現状把握調査
騒音調査
異臭調査
ハラスメント調査
GPS発見調査
立証調査
いじめ調査
虐待証拠調査
テクノロジー犯罪

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop