ホーム > ハッキング調査関連記事 > ハッキング調査レポート > スマホハッキングと組織的なストーカーの関係|なぜスマホ監視が行われるのか?
公開日: 2024/01/18
ハッキング調査関連記事 - ハッキング調査レポート
 公開日: 2024/01/18

スマホハッキングと組織的なストーカーの関係|なぜスマホ監視が行われるのか?

スマホが狙われる理由

スマホハッキングと組織的なストーカーの関係について、なぜスマホ監視が行われるのかについて解説します。

近年、スマートフォンの普及に伴い、そのプライバシーやセキュリティが脅かされる事例が増加しています。

特に組織的なストーカーによって、ターゲットのスマートフォンがハッキングされ、個人情報や通信内容が不正に監視されるケースが目立ちます。

本記事では、その背景や理由、そして対策について詳しく解説します。

スマートフォンの安全性を守り、ストーカーからの被害を未然に防ぐための情報を提供します。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年1月18日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- スマートフォンが狙われる理由

組織的なストーカーにスマートフォンが狙われる理由はいくつか考えられます。

 
情報収集と監視
スマートフォンには個人情報や連絡先、位置情報などが保存されています。組織的なストーカーはこれらの情報を収集し、ターゲットを監視することで、被害者の行動や日常生活を把握しようとします。

 
デマや情報操作
スマートフォンを監視することで、被害者の情報を操作し、デマを広めるなどして、被害者の信用や社会的地位を傷つけることがあります。

 
心理的な攻撃
スマートフォンの監視を通じて、被害者に対して恐怖心や不安感を煽り立てることで、心理的な攻撃を行うことがあります。

 

これらの理由により、組織的なストーカーはスマートフォンを狙い、被害者に対して不当な監視や嫌がらせを行うことがあります。

スマートフォンのセキュリティを強化し、情報の漏洩や不正な監視から身を守ることが重要です。

2- 被害者を完全な監視下に置くことは難しい

現在、スマートフォン(以下、スマホ)はほとんどの方が所有しており、位置情報などによって個人特定も可能となっています。

このため、加害者はスマホを狙うのは当然だといえます。

しかし、スマートフォンの監視は一部の情報や行動を監視することが主な範囲となりますが、完全な監視は技術的にも法的にも困難です。

スマートフォンの監視には以下のような方法が一般的に使われますが、これらにも限界があります。

 

スパイウェアや監視アプリ

スマートフォンにスパイウェアを仕掛けることで、通話やメッセージ、位置情報などを監視することが可能ですが、これらのスパイウェアがすべての情報を完全に監視することは困難です。

 

ハッキング

スマートフォンをハッキングすることで、情報を抜き取ることができますが、完全な監視はセキュリティ対策により難しくなっています。

 

ネットワーク通信の監視

通信ネットワークを監視することで、一部の情報を傍受することができますが、すべての情報を把握することは困難です。

3- 遠隔操作アプリの種類について

遠隔操作アプリは、主に以下のような種類に分類されます。

これらのアプリは、端末の所有者が許可した範囲で使用されることが一般的ですが、悪意ある目的で不正に使用される場合もありますので注意が必要です。

 
セキュリティアプリ

紛失や盗難に備えて端末を追跡・ロック・データの削除などを行うアプリです。所有者の許可なく遠隔操作はできませんが、正規の目的で使用されることで端末のセキュリティを向上させることができます。

 
リモートデスクトップアプリ

パソコンやサーバーにリモートでアクセスし、操作を行うアプリです。主にビジネス目的で使用されることが多いですが、不正アクセスによる監視や操作も可能なので注意が必要です。

 
リモートカメラアプリ

スマートフォンのカメラを遠隔で操作して写真や動画を撮影するアプリです。監視や盗撮目的で悪用される可能性があります。

 

これらの遠隔操作アプリは、適切な目的で使用することで便利な機能を提供しますが、不正に使用されることでプライバシー侵害やセキュリティの脆弱性が発生する場合もあります。

ですので、信頼性のあるアプリを選び、端末のセキュリティを強化することが重要です。

4- スマホの情報漏洩を自覚するきっかけとは?

情報漏洩に気が付くきっかけ

被害者がスマートフォンの情報漏洩を自覚するきっかけとは?

スマートフォンの乗っ取りを、被害側がどのようにして気づくのか事例を確認して「もしかしたら」と思ったらご相談ください。

自分だけしか知らない情報を他人が知っている

組織的なストーカーが仕掛ける嫌がらせに、自分しか知らないはずのスマートフォンにある情報を漏えいさせる嫌がらせがあります。

それを見た人が、うわさ話をしていたり、通りすがりの人に「自分しか気が付かない内容」を話していたなど、不安を煽る嫌がらせが起きます。

位置情報を入手して先回りして監視している

組織的なストーカー被害者が感じている共通した監視被害に、「自分の位置がどのようにして割り出されているのか」という疑問です。

これは実はスマートフォンだけで位置を割り出しているわけではありませんが、スマートフォンも被害者の位置情報を割り出すツールとして使用しています。

スマートフォン内で入力した内容が改ざんされる

スマートフォンを使用してメモやスケジュール管理を行う場合、データが改ざんされることがあります。

これにより記録された内容が変更されていることがあり、ビジネスの場では情報管理が重要です。

データの改ざんによって「遅刻」「日程変更」などの問題が生じれば、信頼を失う可能性も考えられます。

スマートフォンの突然の動作不良や電源落ちに注意

スマートフォンを使用中に、突然動作不良や謎の電源落ちが起こることがあります。しかし、携帯ショップなどで不具合を確認しても通常通りの反応になることがあります。

これは遠隔操作によるもので、被害者のスマートフォンに意図的に不具合を引き起こしている可能性が考えられます。

こうした現象に遭遇した場合は、不審なアクティビティに警戒することが重要です。

これらのきっかけにより、個人がスマートフォンの情報漏洩に気づくことがあります。

5- スマホ監視されているときに行なう対策

スマホが監視されていると感じた場合、以下の対策を実行することが重要です。

 

パスワードとセキュリティコードの変更:スマホのロック画面のパスワードやセキュリティコードを強力なものに変更します。これにより、不正なアクセスを防ぐことができます。

 

アプリの確認:不審なアプリや監視アプリがインストールされている可能性があるので、アプリ一覧をチェックし、怪しいアプリを削除します。

 

アンチウイルスソフトの導入:スマホに信頼性のあるアンチウイルスソフトをインストールし、スマホのセキュリティを強化します。

 

ファクトリーリセット:スマホを初期化することで、すべてのデータやアプリを削除し、不正なプログラムを排除します。ただし、リセット前に重要なデータはバックアップしておくことを忘れないでください。

 

公共Wi-Fiの回避:監視を避けるためには、不正アクセスのリスクの高い公共Wi-Fiを避け、セキュアなネットワークを使用するようにします。

 

定期的なセキュリティチェック:スマホのセキュリティを定期的にチェックし、不審な活動やアプリを見つけた場合は速やかに対処します。

 

専門家の相談:自分で解決できない場合は、セキュリティ専門家に相談して適切な対策を講じるようにします。

 

監視されているかどうかを確認するためには、自分自身が疑いを持つことが重要であり、直感が正しいこともあるようです。

監視対策として、被害に自覚がある場合は自分で対策を取ることもありますが、専門家に相談する方が効果的な場合もあります。

6- まとめ

組織的なストーカーの共通認識!スマホ監視はほぼ必須アクションでしょう。

被害者は自分自身である程度の対策を取ることはできますが、日々起こる被害に対しては、一時的な対策でしかなく、完全に解決することが難しい場合もあります。

根本的な解決のために

根本的な解決には時間と努力がかかるかもしれませんが、警察や専門家と連携し、多面的なアプローチを取ることで、組織的なストーカー被害を根絶し、ストーカーからの解放を目指すことが大切です。

ハッキング調査に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

ハッキング被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談