探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > リストラストーカー(モビング)について
公開日: 2019/04/25
探偵ニュース
 公開日: 2019/04/25

リストラストーカー(モビング)について

皆さんはリストラストーカーというワードをご存じでしょうか。「モビング」と書いたほうが分かりやすいかもしれません。モビングは「職場の嫌がらせ」を意味するワードであり、集団ストーカーの1つとして被害者のブログや世界各国で報告がされているほどです。簡単にまとめると、モビングを意図的に行う加害組織もしくは個人のことをリストラストーカーと呼んでいるのです。ここではリストラストーカーのことを知ってもらいために、被害者の声と実際に経験したことを記しました。

リストラストーカーについての相談窓口

リストラストーカーの被害の始まり

リストラストーカー被害事例

まず最初にリストラストーカーの被害はどのような行為かまとめてみました。

  • リストラ対象者に挙げられる
  • ハラスメント被害をどの職場(派遣先・パート先)でも被害にあう
  • 社宅・寮から追い出される
  • 喫煙回数やトイレ休憩の回数をカウントされる
  • 上司の目が届く席に移動させられる
  • 原因不明の人間関係トラブルが多発する
  • ありもしない噂が拡散されて居場所がなくなる

近年、企業に勤める社員やパートのうつ病の増加やパワハラ・セクハラ・モラハラなどの社内の嫌がらせなどが問題視され、社内でこれらの問題を撲滅・改善させる動きが大企業のなかで動いている傾向があります。ですが、改善という名ばかりで「気に入らない社員」を改善のためとか「あなたのため」とかで自主退職に追い込むような動きが比例して増加してると問い合わせの相談で強く感じます。

本来であれば、このような行為は会社の社会的信用が大きく左右する事態になるはずなのに、このリストラストーカーに対する対策は皆無。ターゲットしか知られないように水面下で嫌がらせ行為が行っているのです。中には無意識にリストラストーカーとして選別されて行為に協力するスタッフもいましたが、実は「見返り」があって嫌がらせ行為をしたのかもしれません。

集団ストーカーとなんら変わらない

リストラストーカーの構造

皆さんがセクハラ、パワハラ、モラハラ、無視や噂の拡散など、これらの行為を行うためには、で皆さんの家族構成、資産や借金の有無、そして皆さんの性格を徹底的にプロファイルして、どのような手口でリストラに追い込めるかあらかじめ用意されて加担者が実行してる可能性は十分にあります。

派遣社員として働いた経験があるスタッフが体験したことは、必ず派遣社員同士の派閥争いが絶えない部署が大企業ほど多いのです。そこは、出世街道から外された社員が配属されてる部署で、派遣社員の時給などがもうすでに拡散されており、時給が高い派遣社員たちが、毎日、不平不満を聞かされていました。

今思うと、リストラストーカーの手口の1つではないかと考えるほど、派遣社員の入れ替わりが激しかったとのことです。社員の入れ替わりが激しい部署全てが、リストラストーカーを実行してるとは思えませんが、一部に、意図的に社員を辞めさすことが仕事で働いてる「人」が存在するということだけは知っておいてください。

リストラストーカーの目的はターゲットを働かせない環境をどこの会社にいても、作り上げて社会から除外すること。そして、経済的に追い込む寸前で、優しい言葉で近づいて仕事先の紹介させる事例や、多重債務で困ってるところに専門の弁護士を紹介したりする事例があります。

その事例の背景にな、リストラストーカーへのスカウトや、リストラストーカーをしやすい職場に追い込み、最終的に、精神疾患の扱いにして、ターゲットを苦しめるためなら手段を選びません。しかも、表向きは「親切」な行動なため、ターゲットも不自然に思わないため、知らないうちにリストラストーカーの監視下に置かれてしまうのです。

「上司から儲け話を持ちかけられて、内容が不自然だったからやんわり断った、数ヶ月後にリストラされた」という被害者も、変な黒ずくめの男にハローワークまで付きまとわれたり、再就職先の会社のことを知りたがってたという報告があります。

探偵を利用して再就職の上司に自分の情報を提供していたなど報告を聞くたびに、集団ストーカーの手口と何も変わりません。集団ストーカーの手口の1つにリストラが存在して、ターゲットにどこまでも付きまとう、そんな構造になっていることが明らかになりつつあります。

集団ストーカーの加担者になることも

リストラストーカーと同じ加害行為

「集団ストーカー被害の相談で以前に働いていた職場の人に似ている加担者がいる。」というご相談を聞くことがあります。リストラストーカーと集団ストーカーは同じ部類と見ているので、派遣社員で働いた経験がある方ほど、その類の相談は多いのです。

退職して家庭に入った場合、リストラストーカーの対象から集団ストーカーの対象になるケースが多く、以前働いていたエリアを散策するたびに、職場の同僚や上司に遭遇する頻度が高く、通勤ラッシュの時間に電車にのると、彼らが電車内でのコリジョンや改札口での妨害などをするという事例が報告されています。

視点を考えると、ターゲットが社会人時代にトラウマを抱えた経験があったとして、そのトラウマを思い出させるかのように、職場の人に似た加担者を用意させるケースもあるので、何とも言えませんが、少なくてもリストラストーカーから、働いていた時のターゲットの情報が集団ストーカー加害者に拡散されてることでしょう。

集団ストーカーの被害者が、パートの面接と研修先に、OL時代に一緒に働いていた女性数人に研修先まで追尾された。帰りはサラリーマン風の男性5人ぐらいで駅の出入り口付近で待ち伏せ、「お前はクビだ」と行って立ち去ったと報告がありました。

リストラストーカーは何も正社員だけが被害にあうわけではありません。契約社員の契約更新打ち切りなど、更新月の近い時期からリストラストーカーによる加害行為が行われている可能性がある事例があるのです。

被害にあっても働けるケース

リストラに追い込まれても自分次第

リストラストーカーにあった被害者が職を失うケースは多いことは確かです。しかし、嫌がらせに負けずに仕事をしてる被害者さんもいます。職場の環境がこの被害を左右してると言っていいでしょう。

  • 勤務体制と勤務態度をしっかり評価する上司やその役員がいる
  • シフト制でリストラストーカーの社員と同じにならない日が多い
  • リストラストーカーの社員が部署全体の問題社員として再教育の対象となっている
  • リストラストーカーの被害を受けてる人が多く、上司もその被害状況を把握してる

上記の職場環境であれば、リストラストーカーの被害にあっても退職するまで至ってないケースがあります。ただ、「論より証拠」で物的な証拠がなければ、リストラストーカーを社内で処分することが難しいのです。社内でできることは、リストラストーカーの社員自身をリストラに追い込むことが1番の対策ですが、現実的に野放しの状態が続いているのが現状です。

なかには、状況を把握してリストラストーカー自身が退職する稀なケース(大きなミスをおかしたなど)もあるようです。リストラストーカーの被害を社内の人に理解してもらえるかどうかが、この問題のキーワードになっていることは間違いありません。最近はリストラストーカーが背景にあるであろう、ハラスメント問題について相談にくる方が年々増加しています。もしかしたら、調査会社が介入しないと解決にならないところまで来ているかもしれません。

リストラストーカー対策依頼

ストーカー対策専門窓口が選ばれる3つの理由

当社は、2010年の創業以来、一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、当社は独自の情報収集方法に徹底的こだわり、多種多様な調査方法でクライアントに求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー対策窓口では、各エリア担当に経験豊富な人材を迎え入れ、皆さまの悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査終了後のサポートについても経験豊富なスタッフがサポート致しますので最後まで安心してご利用いただけます。

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

ストーカー対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

ストーカー対策専門窓口は、ストーカーの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

『急を要する相談は』
LINEまたはお電話でご相談ください!

LINE ID: @fam-tantei

友だち追加

お電話でのご相談は
月曜日〜日曜日(24時間対応)

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

まず、現状について相談することから始めましょう。

ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop