集団ストーカー相談サポート

Group-Stalker support

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー相談サポート > リストラストーカー(モビング)について
公開日: 2019/04/25 最終更新日: 2021/03/24
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー相談サポート
 公開日: 2019/04/25 最終更新日: 2021/03/24

リストラストーカー(モビング)について

皆さんは「リストラストーカー」という言葉をご存じでしょうか。本来は「モビング(mobbing)」という名称で呼ばれていますが、日本では「モラルハラスメント」という言い方が定着しているので、そのほうがわかりやすいかもしれません。

モビングは「職場の嫌がらせ」を意味する集団ストーカーの1つで、意図的に嫌がらせをする人(もしくは集団)は「リストラストーカー」と呼ばれます。最近ではモビングの被害に遭った方々がどのような嫌がらせをされたのかをSNSなどで公にしていますが、報告は世界的な規模に及ぶため、事態はかなり深刻なところに来ていると言えそうです。

ここではリストラストーカーの実態を知ってもらうために、彼らの手口を解説してみたいと思います。

目次│リストラストーカー相談窓口

リストラストーカー被害の始まり

リストラストーカー被害事例

リストラストーカーによる嫌がらせにはどのようなものがあるのかを以下にまとめました。

  • リストにも入っていないのに、嫌がらせ目的でリストラの対象者に挙げられる。
  • 風評被害が派遣先にまで及んでいるためやりずらい。
  • 社宅・寮から追い出される。
  • 喫煙で席を外した回数や時間、トイレに行った回数をカウントされる
  • 上司のすぐ前に席を移させ、仕事ぶりを監視される。
  • 何が原因かわからない人間関係のトラブルが多発する。
  • 事実無根の嘘や根も葉もない噂が社内(部署内)に広がって居場所がなくなる。
  • 仕事の妨害のせいで自分の仕事ができない。

近年では、企業内でのパワハラやセクハラ、モラハラが原因でうつ病を発症する社員やパートの増加が問題視され、これらの問題を撲滅・改善させる動きが大企業を中心に活発化しています。しかし、実際はどうかと言うと、改善とは名ばかりで「気に入らない社員」を自主退職に追い込むような風潮はむしろ増加しているのではないかとの声もあります。

リストラストーカーによる嫌がらせが知れ渡れば企業は社会的信用を損なうことになるので、対応は急務のはずですが、どのようなリストラストーカーに対する対策を講じているのか、具体的な取り組みを目にする機会はほとんどありません。

リストラストーカーによる嫌がらせはコンプライアンスの目をくぐり、水面下でターゲットを苦しめます。集団ストーカーのなかには、ターゲットとは面識もないのに、報酬目当ての闇バイトで嫌がらせに加わる人がいるように、リストラストーカーにも見返りを求めて嫌がらせに協力する人もいるくらい事態は深刻です。

集団ストーカーとなんら変わらない

リストラストーカーの構造

リストラストーカーがセクハラ、パワハラ、モラハラ、無視や悪評を広めるなどの嫌がらせをするには、事前にターゲットの性格をはじめ、家族構成や資産、借入金の有無などを徹底的にプロファイルして、どのような手口なら退職に追い込めるかが周到に計算されています。

リストラストーカーの目的は、ターゲットにさまざまな嫌がらせを仕掛けて会社に居づらくしたり、働けない環境を作り上たりして社会から排除することです。それは本来の「人員削減(リストラクチャリング)」のためではなく、リストラストーカーから見たターゲットが「(支配下に置きたいが意志が強く)思いどおりにならない」「目障り」「鬱陶しい」から追い出したいという身勝手な理由があるだけに過ぎません。

偽りの「いい人」を演じている

また、リストラストーカーはターゲットを職場や会社から追い出し、精神的・経済的に追いつめるだけでは飽き足らず、新しい仕事を紹介、斡旋するなどの理由で退社後のターゲットに接近することがあります。しかしそれもリストラストーカーの罠で、紹介される仕事は労働条件やノルマが厳しかったりするケースが多々あります。

表向きの振る舞いは「親切心」そのものなのでターゲットも不自然に思いませんが、再就職先を紹介したリストラストーカーはそうやってターゲットを新しい職場でも監視下に置こうとします。

集団ストーカー加害行為の一つ

弊社に相談に来られた方も、「上司から儲け話を持ちかけられたが、話がうますぎたのでやんわり断ったら数ヶ月後にリストラされた」という経験をされていました。それだけでもリストラストーカーの要素を含んでいますが、転職活動でハローワークに通ったところ、黒尽くめの男性に後をつけられたり、面接に行った企業までつきまとわれたりしたとのことです。

このようにリストラストーカーも監視やつきまといをするところを見ると、嫌がらせの内容や手口は集団ストーカーと何も変わりません。集団ストーカーという大きなくくりのなかの1つにリストラストーカーがあり、ターゲットにどこまでもつきまとう、そんな構造になっていることが明らかになりつつあります。

集団ストーカーの加担者になることも

リストラストーカーと同じ加害行為

集団ストーカーの被害相談で「以前に働いていた職場の人に似ている加担者がいる」という話を聞くことがあります。リストラストーカーは、集団ストーカーの加害行為の一つと見ているので、「派遣社員」や「契約社員」または「アルバイト」など潜入しやすい職場で働いた経験がある方ほど、その類の相談は多いのです。

退職して家庭に入った場合、リストラストーカーのターゲットから集団ストーカーのターゲットに切り替わるケースがあり、「退職したら終わる嫌がらせ」ではないことに気が付きます。当初はリストラが目的だった嫌がらせも、理由なき嫌がらせに変わり、社会的、経済的な復活が難しくなることもあります。

相手を自分より下に見ている

他人を監視したがる人には、相手を自分よりも下に見る心理が働いているケースもあります。そのため自分の監視下に置きたくなってしまうのでしょう。格下だと思う相手には何かと口出しをしたくなります。相手のことを考えて、目をかけている気持ちもあります。自分のほうが上の立場にあるのだから、相手の全てを把握しておくのは当然だと考えてしまいます。

リストラストーカーにあっても働ける

リストラに追い込まれても自分次第

リストラストーカーの被害にあった方が職を失うのは珍しいことではありません。しかし、リストラストーカーが仕掛けてくるさまざまな嫌がらせに負けずに仕事を続けている方もおられます。次のような職場環境だと、嫌がらせに屈して退職することも少ないようです。

  • 勤務体制と勤務態度をしっかり評価する上司や役員がいるので、リストラストーカーの嫌がらせや仕事の妨害が査定に響かない。
  • シフト制なのでリストラストーカーと同じ時間帯にならない日が多い。
  • リストラストーカーが問題社員として再教育の対象となっている。
  • 被害を受けている社員が多く、上司も被害状況を把握しているため、リストラストーカーも表立った嫌がらせができない。

上述のように、リストラストーカーによる嫌がらせも職場環境や理解のある上司がいるかいないかで変わってきますが、「論より証拠」で物的な証拠がなければリストラストーカーを処分するのは難しいのが実際です。端的に言えば全ての元凶であるリストラストーカーを退職に追い込むのがいちばんの解決策ですが、現実は野放し状態が続いていると言ってもいいでしょう。

リストラストーカーの被害をなくす、もしくは減らすには、この問題をどれだけ多くの人に理解してもらえるかにかかってきます。最近はリストラストーカーによる嫌がらの相談に来られる方が増加しています。

本来なら企業が対処しなければならない問題ですが、私どものような調査会社が介入しないと解決にならないところまで事態は深刻になっているかもしれません。

被害者がやってはいけないこと

パワハラやモラハラ、セクハラなど、毎日のようにリストラストーカーの嫌がらせに遭っているとストレスが溜まると思います。しかし、自暴自棄にだけはならないようにしていただきたいと思います。自分を見失うと、解決への道も閉ざされてしまいます。それと、問題を起こしている人にはなるべく関わらないでください。

わざと巻き込もうと狙って騒いでいる可能性がありますので、リストラストーカーを行なう悪質な組織犯罪には1人で立ち向かわず専門家に相談してください。

リストラストーカーに関連するQ&A

Q

リストラストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にもリストラストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

リストラストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。リストラストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「リストラストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

まず、現状について相談することから始めましょう。

リストラストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、リストラストーカー被害の状況、リストラストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop