ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカーレポート > 群集心理により引き起こされた「複数人によるストーカーや嫌がらせ」
公開日: 2024/01/11
ストーカー関連記事 - ストーカーレポート
 公開日: 2024/01/11

群集心理により引き起こされた「複数人によるストーカーや嫌がらせ」

群衆心理とは

群集心理が引き起こす複数人によるストーカーと嫌がらせの現象は、社会的な問題として増加しています。

この現象は、個人の意識が集団の影響を受けて合同で行動することから発生し、被害者に対して深刻な精神的ストレスを引き起こすことがあります。

組織的な手法や匿名性がこの問題を解決するのを一層困難にしており、適切な理解と対応が求められる現代の課題となっています。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年1月11日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

目次

1- チーム制で動く複数人によるストーカー

チーム制で動く複数人によるストーカーは、計画的で組織的な嫌がらせ活動で、被害者を精神的に追い詰める恐れがあります。

一人のストーカーとは異なり、チーム制で動く複数人が関与することで、被害者はつきまといの規模と強度が増し、逃れることが一層困難になる可能性があります。

複数で嫌がらせするという心理

1人では何もできないから複数で嫌がらせするという心理は、個人の力が不足することから集団行動を取る現象であり、ストーカーやハラスメントの場合にしばしば見られます。

個人だけでは効果が期待できない、あるいは自分自身がリスクを負うことを恐れるために、他者を巻き込むことで共同で行動することがあります。

2- みんなでやれば怖くない「群集心理」について

「群集心理」は人々が集まることで生じる特有の心理現象で、個人が群集の一部になったときに、通常は行わないような行動をとることがある現象です。

この心理は、以下のような側面を持っています。

 

責任の希薄化

群集の中で行動することで、個人の責任が分散され、特定されにくくなります。その結果、普段は考えられないような振る舞いも容易になることがある。

 

共感と共鳴

群集の中で共通の目的や感情が高まり、それがさらに行動をエスカレートさせることがあります。共通の敵や目標に対する憎悪や欲望が共感と共鳴を生み、行動に結びつくことがある。

 

非日常的な状況の創出

群集は非日常的な状況を創出することがあります。日常ではあり得ないような行動が、群集の中では正当化されることがある。

 

感染効果

ある人の感情や行動が他の人に伝播すること。一人が始めた嫌がらせや暴力が、他の人にも広がっていく現象。

 

リーダーシップの影響

群集の中で影響力のある人物が方向性を示すと、他の人々もそれに従う傾向がある。

 

群集心理は、デモや暴動、嫌がらせやいじめなど、多くの社会現象で見られる重要な要素です。

複数人での嫌がらせやストーカー行為においても、群集心理の力が作用していることが考えられ、それを理解することは対策を考える上で有効です。

3- 単発的な嫌がらせではなく長期化もある

長期化する恐れも

群集心理の力が作用することで引き起こされるストーカーや嫌がらせは、単発的なものだけでなく長期化することもあります。

以下の要素が、長期化の背後にあると考えられます。

 
共通の目的や感情の維持

長期にわたって同じ目的や感情を共有することで、集団内の連帯感が強化され、行動が持続します。

 
情報や感情の連鎖反応

一人の行動や感情が他のメンバーに伝播し、連鎖反応として全体に広がることがあるため、一度始まった行動がなかなか終息しないことがあります。

 
相互補強の効果

集団内の個人がお互いの行動を正当化し合うことで、行動の継続やエスカレーションが生じることがあります。

 
外部からのサポート

長期化する背後には、外部からの支援や共感も作用することがある場合があります。特定の目的に賛同する人々や団体が、資金や情報を提供することで、行動の持続を助けることがある。

 
リーダーシップの役割

長期化の背後には、リーダーシップの存在が大きな役割を果たすことがあります。強いリーダーがいる場合、方向性が明確になり、目標に対して一致団結して長期的な行動が可能になります。

 

以上の要素が組み合わさることで、単なる一過性の出来事ではなく、長期にわたって継続する集団によるストーカーや嫌がらせが発生することがあります。

4- 加害者をどうやってあつめるのか

誘導と洗脳

個人の信念や価値観に対して慎重にアプローチし、彼らの意識を変えるために洗脳の手法を使用します。

信念、恐怖、あるいは希望に訴えることが一般的です。

共感と団結

共通の目的や敵を見つけることで、集団内の団結感を高めます。

これにより、個人が一体感を感じ、集団の一員として行動するようになります。

報酬と罰

特定の行動に対して報酬を提供したり、逆に服従しない場合にを与えることで、加害者の行動をコントロールします。

情報操作

限られた情報を提供したり、情報を歪めることで、加害者の認識を操作します。

これによって、加害者が特定の行動を取るように促します。

 

加害者に同情する余地はありませんが、いくつかのケースでは、加害者自身が操られたり、誤導されたり、強制されたりした結果として行動している場合があるため、一概に加害者の責任を問うことは複雑な問題となることもあるかもしれません。

5- まとめ

群集心理により引き起こされた「複数人によるストーカーや嫌がらせ」は、個人が集団の影響を受け、非合理的または攻撃的な行動を展開する現象です。

複数人によるストーカーや嫌がらせに対抗するには、1人でできることは限られます。

できるだけ加害者と直接対応しないようにし、専門家や警察と連携して対処してください。直接対応すると、事態がエスカレートする可能性があります。

ストーカーの心理としては、相手に反応させれば「勝ち」なのです。

多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、調査の専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。

各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずは無料相談をご利用ください。

調査に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

専門家への相談方法

不安に感じていることや悩み事、の内容、関する質問や要望など、下記のフォームからご相談が可能です。

ご相談内容が外部に漏えいすることはありません。また、匿名や公衆電話からのご相談もお受けしています。

被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。

緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。調査の担当者が対応いたします。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談