探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 犯罪に至らない嫌がらせとは|エスカレートする前に
公開日: 2019/11/09
探偵ニュース
 公開日: 2019/11/09

犯罪に至らない嫌がらせとは|エスカレートする前に

《嫌がらせ行為にお悩みの方へ》
嫌がらせは「犯罪」ですが、法律で決められてる「犯罪」とみなされない嫌がらせは、「何やってもいい」という流れになってる事案が多く、問い合わせも増えています。やっと、恋愛のもつれ以外のつきまといに関して、迷惑行為防止条例の改正で法的な措置を取れるようになりましたが、まだまだ嫌がらせについては法改正が必要でしょう。

嫌がらせ相談解決窓口

犯罪に至らない嫌がらせとは

以下のような行為があります。

  • あからさまな待ち伏せではなく、誰かと待ち合わせているかのようなカタチで「被害者」を待ち伏せている
  • 被害者ではない別の人に暴言を吐いたが内容が被害者に関することである
  • 近隣住民の騒音が受忍限度の範囲内かどうか判断しづらい音量
  • バスや電車での痴漢以外での迷惑行為
  • 抽象的な誹謗中傷で一見誰の事かわからない
  • 通勤時間を少しずらしたのにいつも見る人物がいる

犯罪ギリギリの嫌がらせの一部です。最近は防犯カメラの設置や防犯パトロールの強化もあり、これらを意図的にすることは以前より激減してると言えます。メディアの取り上げなど、近所トラブル、会社のハラスメント問題な、分散型に嫌がらせを訴えているため、大々的に嫌がらせをする人は激減しました。

その分、見えないところで嫌がらせをする傾向が強くなり、満員電車の圧迫感を利用して相手にぶつかる。鞄を蹴る、改札口のトラブルを利用して走行妨害を行うなど自然的な要素を取りいれている嫌がらせが増えています。このような問い合わせで分かってきたことは、あえて被害者に近づいて嫌がらせすること。

アピール型と呼んでいますが、被害者が困るような状況を作り出している嫌がらせ。警察や弁護士に相談しても「混雑してるからしょうがない」「前の人が歩きスマホしてたんでしょう?」というくらいしか見てくれません。職場のハラスメント問題でも、被害者と加害者のシフトを離しても

  • 加害者がシフト外の時間帯にきて仕事を手伝うフリをしてミスを促す
  • 自分の思い通りにいかないと癇癪を起こす
  • 自分が被害者であると職場の人にアピールをし続ける
という傾向が増えています。「自分は誰よりも上の立場」というように思い込んでいるので、派遣社員と正社員との問題。パート同士の問題に起こる事例の1つです。

どのように対処すればいいのか

自分軸で行動し「嫌がらせ」にフォーカスされない

嫌がらせをされ続けると、常に「嫌がらせ」を意識した毎日を送ることになります。これは、「嫌がらせされて困ってる」「苦しんでる」「ストレスがたまってる」ことを喜んでいる加害者の思惑通りになってしまいます。嫌がらせされてもまずは「命」に危険があるかどうかによって判断しますが、「犯罪ギリギリ」の嫌がらせに命の危険がある大胆な行動は起こさないでしょう。

自分に何も非がなければ、冷静に、しかも仕返しをすることを考えずに、思考を止めることもなく、今自分がしたいことだけを集中して行動してください。勤務先やプライベートの行き来で嫌がらせをされても、複数人で行動をすれば嫌がらせ行為をやめる傾向がありますので、友達と楽しい時間を過ごしてください。予定を入れて人と接する時間を作ると、嫌がらせ行為があっても「無視」できると思います。

嫌がらせしてる人たちが寄ってくる傾向があるなら、近づかせない対策が必要です。嫌がらせする人たちが近づけない場所や限定された人たちが集まる場所には近づいてこない事例が多いです。あくまでも「楽しかった」気持ちで浸ること、それを維持し続ける気持ちを持つことも対策の1つです。

無視できる範囲を超えてきた時

嫌がらせ対策を専門家にご相談ください!相談の多くは、警察に被害届を提出しても証拠不十分で解決できず、嫌がらせが不定期に行われるなど自分では対処しきれない嫌がらせで、嫌がらせをやめさせるには「専門家との連携」して「嫌がらせの証拠収集」が必要となります。嫌がらせ行為には様々なものがあり、中には陰湿なものや危害を伴うものもあるので早めの対策が必要となります。嫌がらせの内容によって受ける被害者の身体的・精神的ストレスも考慮する必要があるので、早めの対処が重要となります。

エスカレートする前に相談する

3つの相談ポイント

  • 早めに相談しよう
  • 情報の選別は専門家に任せる
  • 被害状況を正確に伝える
「早期相談」のメリット

どうしようもなくなってからの調査相談では、対処法も少なくなり、解決が難しくなり調査料金にも大きく影響してしまいます。情報が古くなる前に、なるべくお早めに相談されることをおすすめします。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

「情報が持つ価値」について

良いアドバイスは正確な事案の把握から。自分ではあまり重要ではないと思っていた情報も、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりとなったりします。まずは関係のありそうな情報を集めて持って行きましょう。

「被害状況」を正確に伝える

最終的には嫌がらせ行為をやめさせる目的として利用されていますが、被害状況を基に「誰が何の為に嫌がらせを行っているのか」「単独で行っているのか」「家族にも被害が及んでいないか」など、原因追求や被害状況を把握することで解決方法を選択できます。

嫌がらせ対策専門窓口が選ばれる理由

探偵や興信所に相談するのはなんとなく「不安」と思われる方は少なくありません。プライベートな悩みを話すわけですから、気が進まなくて当然です。しかし、どんな問題でもひとりで悩んでいては良い解決ができません。最初は相談するのも不安があるかもしれませんが、問題が解決する事を考えれば、専門家への相談は必要なことです。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、はじめての方でもわかりやすく丁寧な説明を心がけていますのでお気軽にご利用ください。

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、嫌がらせの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

嫌がらせ相談から解決までの流れ

まずはお気軽にご相談ください

当社は、2010年の創業以来、一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、当社は独自の情報収集方法に徹底的こだわり、多種多様な調査方法でクライアントに求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、各エリア担当に経験豊富な人材を迎え入れ、皆さまの悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査終了後のサポートについても経験豊富なスタッフがサポート致しますので最後まで安心してご利用いただけます。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop