ホーム > 全国マップ > 宮崎県関連記事 > 嫌がらせ被害からの解放─宮崎県迷惑行為防止条例がもたらす安心と解決への道─
公開日: 2023/05/24
全国マップ - 宮崎県関連記事
 公開日: 2023/05/24

嫌がらせ被害からの解放─宮崎県迷惑行為防止条例がもたらす安心と解決への道─

この記事では、宮崎県の迷惑行為防止条例が嫌がらせ被害者に安心と解決の道を提供することを紹介するものです。

この条例は嫌がらせ行為の定義や禁止事項を明確にし、被害者の保護と迷惑行為の解決を目指しています。

嫌がらせ被害からの解放と安心を実現するために、宮崎県の迷惑行為防止条例が重要な役割を果たします。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年5月24日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- 宮崎県迷惑防止条例とは

宮崎県迷惑防止条例は、宮崎県が迷惑行為や嫌がらせに対する規制を定めるために制定した法的な規則です。

この条例は、市民の安全と安心を確保し、迷惑行為の防止を目指しています。

具体的な条例の内容は、地域によって異なる場合がありますが、一般的には以下のような項目が含まれることがあります。

 

迷惑行為の定義

迷惑行為や嫌がらせの具体的な定義が明記されています。例えば、ストーカー行為、脅迫、監視行為、嫌がらせの言動などが該当することがあります。

 

禁止事項

迷惑行為や嫌がらせを禁止する具体的な行為や行動が規定されています。これにより、他人のプライバシーの侵害、嫌がらせの言動、迷惑な音楽や騒音の発生などを防止することが目指されています。

 

罰則規定

迷惑行為を行う者に対して罰則が設けられています。具体的な罰則は条例の内容によって異なりますが、警告、罰金、懲役などが適用される場合があります。

 

宮崎県迷惑防止条例は、市民の安全と迷惑行為の防止を目指している重要な法的枠組みです。

具体的な条例の内容や詳細を知りたい場合は、宮崎県の公式ウェブサイトや関連する情報源を参照することをおすすめします。

(1)罰則や時効について

平成21年12月18日に公布された宮崎県迷惑防止条例に関しての罰則は次のようなものです。

卑猥な行為をして公衆に著しい迷惑をかける行為をした者は6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金となり、常習者は一年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処されます。

また違反常習者については改正前は一年また公共の場所又は乗物で客引き行為をしたり、多数でうろついたり言いがかりをつけたり凄むなどして人に不安を与えるような行為をすると6ヶ月以下の懲役、20万円以下の罰金又は勾留となります。

常習者は一年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。

時効は民事の時効年数は被害者が事件があったことについてまた加害者を知った時点から3年または事件が起きたときから20年となっています。

2- 迷惑防止条例違反にあたる嫌がらせ

宮崎県迷惑行為防止条例に該当する嫌がらせを探偵が解決-4

宮崎県では特に特色がないということですが、電車内で断りきれない女子高校生と「握手しよう」などと言って、握手した男性を迷惑防止条例で逮捕した例があります。

握手が卑わい行為かどうかが疑問に思う人もいるかもしれません。

しかし、女子高校生に握手を求めることで断れない環境を作り出すことで、女子高校生の羞恥心や不安を意図的に引き出したといった解釈により十分犯罪と見て取れます。

成人男性から女子高校生(未成年)にたいして望んでいない握手を無理にさせることで女性が抱いた羞恥心を、男性が自分の性欲の興奮対象などにしていることから犯罪が成立すると言っても良いでしょう。

(1)第2条 卑わいな行為の禁止

卑わいな行為の禁止は、社会の秩序と倫理を守るために重要な規制です。

一般的には、以下のような行為が卑わいな行為として禁止される場合があります。

性的な嫌がらせ: 他人に対して性的な言動や行為を行い、嫌がらせをする行為が禁止されます。これにはセクシャルハラスメントやストーカー行為などが含まれます。
     
差別や人権侵害: 人種、性別、宗教、性的指向などに基づいた差別や人権侵害の行為が禁止されます。他人を侮辱し、傷つけるような行為や言動が該当します。
    
嫌がらせや中傷: 他人に対して嫌がらせや中傷をする行為が禁止されます。これには嘲笑や誹謗中傷、プライバシーの侵害などが含まれます。
    

卑わいな行為の禁止は、社会の共存と尊厳を守るために重要な役割を果たしています。

個々の地域や国によって法律や条例が異なる場合がありますので、詳細な規制内容については各地域の関連法律や条例を確認することをおすすめします。

(2)第5条 つきまとい行為等の禁止

つきまとい行為等の禁止は、他人のプライバシーや安全を侵害する行為を防止するために重要な規制です。

一般的には、以下のような行為がつきまとい行為等として禁止される場合があります。

ストーカー行為: 特定の個人を執拗につけ回し、監視したり、接触を試みたりする行為が禁止されます。被害者のプライバシー侵害や精神的苦痛を引き起こす行為です。
    
嫌がらせや付き纏い: 他人に対してしつこくつきまとったり、嫌がらせをしたりする行為が禁止されます。被害者に対するストレスや不安を引き起こす行為です。
    
脅迫や恐怖の煽り: 他人に対して脅迫的な行動や言葉を用いて恐怖を煽る行為が禁止されます。被害者に対して不安や危険を感じさせる行為です。
    

つきまとい行為等の禁止は、個人の尊厳や安全を守るために重要です。

各地域や国によって法律や条例が異なる場合がありますので、詳細な規制内容については各地域の関連法律や条例を確認することをおすすめします。

3- 迷惑防止条例違反に探偵が行う対応とは

迷惑防止条例違反に探偵が行う対応は、以下のような活動が含まれる場合があります。

監視・調査: 探偵は、迷惑行為の被害者の要望に応じて、加害者の行動や行方を監視・調査することがあります。被害者の安全を確保しながら、迷惑行為の証拠収集や加害者の特定に向けて活動します。
証拠収集: 探偵は、迷惑行為の証拠を収集することがあります。写真、動画、通信記録などの証拠を収集し、それを被害者や関係機関に提供することで、迷惑行為の立証や法的手段の取り組みを支援します。
相談と助言: 探偵は、迷惑行為の被害者に対して相談や助言を提供することがあります。被害者の心理的なサポートや安全対策、法的手続きに関するアドバイスを行い、被害の最小化や解決への道筋を示します。
報告と証人としての出廷: 探偵は、迷惑行為の被害に関する報告書や証言を作成し、必要な場合には法廷で証人として出廷することがあります。これにより、被害の証拠提出や法的な手続きにおいて有益な役割を果たします。

探偵は、専門的な調査技術や法的知識を持ち、迷惑行為の被害者をサポートするために活動します。

迷惑行為に対する調査活動は、被害者の安全と法的手続きの尊重を最優先に行います。

まとめ

宮崎県迷惑行為防止条例は、嫌がらせ被害者にとっての安心と解決への道を開く重要な法的枠組みです。

嫌がらせ被害者はこの条例を活用し、自身の権利と安全を守るために積極的に行動することが重要です。

迷惑行為や嫌がらせに関する問題について、私たちはサポートや助言を提供することができます。

あなたの状況や悩みをお聞かせいただければ、適切な対策や解決策を提案いたします。

お気軽にご相談ください。一人で抱え込まず、一緒に問題を解決していきましょう。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談