探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > いじめ実態調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2019/02/15 最終更新日: 2019/11/08
探偵ニュース
 公開日: 2019/02/15 最終更新日: 2019/11/08

いじめ実態調査【よくあるご質問Q&A】

いじめ調査に関するQ&Aのページです。いじめの有無を調べたいという保護者の方たちの問い合わせが探偵事務所に増えている今日。「誰がいじめているのか」「どんないじめに遭っているのか」「どう対応したらいいのか」「親や友達が出来る事」「学校という空間のなかで何が起きているか」など知るための対応の仕方や家族でできることをお伝えします。

いじめ対策が相談できる探偵無料相談窓口

いじめ調査について

いじめ調査とは

大人のいじめも深刻な問題となっていますが、子どものいじめも以前より凶悪なものとなっています。子どものいじめは、親も学校も不介入で子どもだけの問題(ケンカの延長)との認識は古く、今では想像できない世界で、苦しめられている子どもが後を絶ちません。今の時代は小学生でもスマートフォンを持つのが当たり前になり、親や学校では見つかりにくい「ネットいじめ」という新しいいじめも増えています。

無料通話アプリのグループトークで起こった些細なトラブルから、クラスのいじめを発展し子ども同士のインターネット上での悪口や無視、万引きの強要や集団リンチなど凶暴化していることを加害者側の親も知らないのが現状でしょう。昨今のいじめは昔のようないじめではなく、れっきとした「犯罪」ですが、基本的にはいじめを学校に訴えて、前向きに対処すれば学校のなかで解決する方法を見つけて良い方向へ向かうことが望ましいのです。

いじめ調査をお考えの方は、一度保護者ができること、行政や学校でしかできない事がありますのでまずは相談してみてください。改善の兆しが見られない場合は、探偵事務所にしかできない解決方法がありますでご提供したいと考えています。

いじめ問題やその他の子供のSOS全般に悩む子どもや保護者等が、いつでも相談機関に相談できるよう、都道府県及び指定都市教育委員会が夜間・休日を含めて24時間対応可能な相談体制を整備。「24時間子供SOSダイヤル」

調査対象となる「いじめ」とは

いじめの実態を把握する

  • 学校内の人間関係
  • クラスでの悪口(誹謗中傷)
  • 暴力行為の有無
  • 物質的ないじめの有無
  • SNSやネット上の人間関係

表向きのいじめがなくても、子どもが利用してるSNS内の友だちの範囲を知りたい。SNSで知り合った人たちの影響でいじめをする側に入ってないかも知りたい。変な事件に巻き込まれる前に対応をしてほしい夫婦共働きのご家庭が多く、子どもの学校生活やSNSの使い道をあまり知らないという保護者のために、調査する範囲は、子どもが学校までの通学路や塾など保護者の目が届かない場所での「張り込み」「聞込み」やインターネット「ネットリサーチ調査」が中心となります。

いじめ調査に関連するQ&A

Q

子どもの異変に気付いても話してくれない

A

SNSで調べてみる。お子さんが利用されてるSNSが把握できていれば、投稿内容やメールのやり取りのなかで「異変」については何か情報が隠されてるかもしれません。見つからない場合、ネットリサーチ調査で探すことも視野に入れておきましょう。

Q

再婚相手の気性が荒く、孫が虐待を受けてないか心配

A

自宅にカメラを設置する。再婚相手から虐待を受ける事件は多いため、早急な対応が必要です。親御さんが自宅に訪問しても虐待してる事態を隠す(子どもを脅す)傾向があるので、娘さんに協力して自宅にカメラを設置して映像で証拠を取ることをおすすめします。

Q

子どもにICレコーダーを持たせてもいい?

A

要相談。学校内で、お子さんの様子を知るために「音の録音」は必要です。学校に持っていかれる鞄のなかや教室を移動する時のために、周囲に気づかないように袋に入れて持たさせてといいと思います。ただ、プライバシーの問題とか配慮しなけばいけないので、調査会社と相談してから検討してください。

Q

外出時、子供の様子が分からない

A

尾行専門の調査員に任せる。いじめがあるか分からない場合、調査員が登下校の時間帯に通学路で張り込み、お子さんの様子を監視します。周囲の子達が「いじめ」と思わせる行為を発見した場合は、その後の対応を考え、解決する方法を探ります。

Q

子供の持ち物が壊された

A

映像に残してください。お子さんが落として壊してたのか、意図的に壊されたかは第三者の目が必要となります。破損した部分は全部、映像に残しておきましょう。いじめ調査を行う際にどんな調査が必要かを判断する資料になります。

Q

塾や部活動がある時間帯でも調査項目に入りますか?

A

入ります。張り込み調査の時間帯は学校の登下校の時間。部活後、塾の時間帯に合わせて調査いたします。いじめが行われやすい場所、時間帯、人物の特定。いじめが確認されなくてもお子さんの安全を確保するために実施します 。

Q

調査でいじめが分かったら

A

今後の対応を検討します。いじめがあると分かった場合、お子さんが安心して学校に通うことを前提に今後の対応を一緒に考え、いじめがあることを学校に伝えるのか、いじめをしてる加害者にやめさせすようにするのか、適切な対応を検討します。

Q

ネットいじめの可能性は?

A

調査する必要はあります。見えない「いじめ」が多い今日。LINEや学校の闇サイトでの誹謗中傷の書き込みがされてないか調査する必要はあります。LINEからいじめに発展することも考えていますので、そちらの調査も視野に入れてください。

Q

小型カメラで証拠を撮りたい

A

プライバシーを配慮して。学校や塾のいじめは、本人しか分からない部分が多い。教室にカメラを仕掛けることはプライバシーの範囲になるので、調査会社か専門家に相談が必要になります。お子さんの防犯のためという理由であれば隠して持たせることはできます。

Q

いじめ調査をする理由は?

A

学校側の隠蔽体質からお子さんを守るため。学校のいじめのニュースで学校の隠蔽体質が目立ちます。私たちはお子さんが安心して学校に通うことを前提として調査を実施しますので、いじめを証明し、いじめの有無と責任、二度と問題が起きないようにする目的があります。

Q

いじめは無いと学校側に言われた

A

いじめがあった証拠が必要。加害者同士で口裏合わせしてる可能性が高いので、必ず第三者が理解できる「証拠」が必要です。証拠を取るための必要な対応が分からない場合、いじめ調査の相談窓口にお問い合わせください。

Q

いじめを処罰する法律はありますか?

A

いじめ防止対推進法。2011年に起きた滋賀県大津市のいじめ自殺事件をきっかけとして2013年に「いじめ防止対策推進法」が施行されました。この法律により、いじめが起きた際は学校が早急に対応しなければならないことと、ネットいじめの対策について記されています。

Q

加害者の家族を調べたい

A

身辺調査を致します。いじめの加害者が特定された場合、ご要望であれば加害者の家族や父親の勤め先まで調査することは可能です。いじめをやめさせるために有利に動けることを目的と法的処置のために必要な資料となるでしょう。

Q

証拠が揃うと逆に不利になったりしませんか

A

証拠1つで相手の態度が変わります。学校や教育委員会に相談した場合、大半は「証拠」を求める態度が目立ちます。その態度を変えるには第三者が見ても「いじめ」があると分かる証拠があると、態度が180度変わると思います。逆に証拠が揃ってるから、いじめを訴える側が不利になることは少ないでしょう。

Q

いじめがひどい場合、警察に相談してもいいですか?

A

早急に相談してください。暴行事件などいじめの範囲を超えた事件が多い今日。命の危険がある場合は警察に相談してください。相談の際に傷を負った背景が分かる証拠があれば、証拠を見せながら警官に説明すると、警察が動ける要素が出てきます。

Q

子どもに協力させることはありますか?

A

必要に応じてあります。お子さんに協力していじめの内容、いじめグループの有無や人数や参加者の特定するには、お子さんの協力が必要になる場合があります。しかし、それはとてもリスクが高く危険な状況になる可能性もありますが、お子さんに配慮したカタチでお願いすることも考えておいてください。

Q

調査でいじめがなかったこともありますか?

A

あります。お子さんの自作自演だった事例があり、調査に踏み出すかどうか判断することは難しいかもしれません。調査をすることで、お子さんの学校生活のことを知るというだけでも保護者の方が知っておくべき情報が隠れているので、決して調査が無駄になることは無いでしょう。

Q

いじめの加害者を訴えることはできますか?

A

もちろん可能です。お子さんの命と安全を脅かす行為が繰り広げている場合、刑事告訴で訴えることはもちろん、損害賠償を請求することも可能です。たとえ未成年でも「行為」を認識できる能力があれば、加害者自身に訴えることは可能です。

Q

親に支払い能力があるか調べることはできますか?

A

可能です。いじめの加害者が学生で働く年齢ではない場合、保護者に損害賠償を請求することになりますが、親が支払い能力がないことも考えられますので、加害者の家族の経済状況を調査してから、訴訟するかどうか検討した方が良いでしょう。

Q

いじめの加害者について調べたい

A

いじめの因果関係をポイントで調査します。訴訟する際の有利に動く点として、加害者のいじめ「行為」をした背景を調査します。非行歴、補導歴、学校での態度などを調査して、明らかにいじめの加害者もしくは首謀者と決定づける証拠が見つかる可能性が高いでしょう。

嫌がらせ対策室とは

いじめ被害は必ず専門家にご相談ください。

いじめ調査の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年、探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など、調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。

いじめ調査は、一般的な探偵調査とは違い様々ないじめに関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。他社で断られた相談、解決できなかったいじめ調査を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

いじめ調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop