探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > ネット誹謗中傷|ネットリサーチ調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2018/12/25 最終更新日: 2019/11/03
探偵ニュース
 公開日: 2018/12/25 最終更新日: 2019/11/03

ネット誹謗中傷|ネットリサーチ調査【よくあるご質問Q&A】

ネットリサーチ調査に対するQ&Aのページです。サイバーストーカー・アカウントのなりすまし・ハッキング・ネットストーキング・サイバー暴力・リベンジポルノなどの、インターネット上での嫌がらせに対してまとめてありますのでご覧ください。

ネット誹謗中傷相談窓口

嫌がらせネット専門対策室

ネットリサーチ調査依頼は専門家にご相談ください。

嫌がらせネット専門対策は、ネット上の誹謗中傷等の特定を得意とする探偵事務所です。大手掲示板や、ブログサービス等あらゆるWEBメディアに精通しています。インターネットによる誹謗中傷やデマ、悪評は今や企業にとって重大なリスクとなり、一部の悪意あるユーザによる特定企業への誹謗中傷や事実無根なウワサの書き込み、また会社関係者による不適切な情報や画像の流出が後を絶ちません。

ネットリサーチ調査は、一般的な探偵調査とは違いインターネット上で行う様々な調査に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。他社で断られた相談、解決できなかったネットリサーチ対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

ネットリサーチ相談事例

下記のような被害にお悩みの方はご相談ください。

  • 盗撮画像が流出していないか
  • 元交際相手がリベンジポルノを仄めかした。
  • スマホの動きがおかしい!不正アプリなどないか調べたい。
  • インターネット上での誹謗中傷に悩まされている。
  • 子供がSNSで悪口を書かれ不登校になってしまった。
  • 位置情報を見られ監視されている。
  • 名誉毀損や事実無根の悪質な書き込みした人物の特定

ネットリサーチに関連するQ&A

Q

サイバーストーカーに狙われないようにするには?

A

SNSで住んでる地域が分かるような画像や動画を投稿しない。サイバーストーカーはSNSで投稿した風景の画像から住むエリアを特定できるスキルを持っています。なるべく住んでるエリアが分からないような画像を動画を投稿を控えてください。

Q

SNSを利用する上で気をつけることは?

A

複数のSNSの共有を避けること。ハンドルネーム可能のTwitterや本名登録が必要なFacebookなど、複数のSNSのアカウントを共有すると、そこからハンドルネーム、本名、職場、学校、個人情報が第三者に知られるリスクがあります。なるべく、SNSの共有を避けて個々のアカウント別に分けておくと良いでしょう。

Q

匿名の会話型アプリなら自由に投稿してもいい?

A

匿名でもソフトを使えば投稿者の特定は可能です。匿名で投稿が可能なチャット型アプリが増えていますが、ソフトを使えば投稿の内容一つで投稿者を特定できてしまうので、節度ある投稿を心かげてください。

Q

自分と思う内容の誹謗中傷を掲示板に書かれたら?

A

削除申請をしてください。掲示板の削除申請を行ってください。掲示板の削除申請の仕方が不明な場合はなるべく早く専門家に依頼することをおすすめします。

Q

スパムメールが大量に届いた。

A

削除してください。スパムメールはアダルトサイト、出会い系、融資系があり、クリックするだけで高額な使用料を請求されたという事例は多いですが、送られてきても一切開かず削除してください。メールの終わりにある「配信を停止する」ボタンを押さないように注意してください。

Q

スパムメールを防ぐためには?

A

拒否設定をしてください。Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールを利用する場合は「迷惑メールフィルター」を設定すると、勝手に振り分けられます。また、送受信必要なメールに対して「指定受信」の設定を行えば、スパムメールが受信できにくくなります。

Q

スパムメールの送信元になっていた

A

セキュリティ対策ソフトを利用する。スパムメールを開くとウイルスに感染するリスクがあり、感染したままパソコンやスマートフォンを利用すると「ゾンビパソコン」「ゾンビスマートフォン」となり、自分のメールアドレスからスパムメールを送信元になるリスクがあります。それらを防ぐためにセキュリティ対策ソフトをダウンロードするか、専門家の力を借りて対処してください。

Q

自分のアカウントで知らない人の悪口を掲示板に投稿されていたら?

A

アカウントのなりすましの可能性があります。身に覚えのない投稿があったり、掲示板で自分のハンドルネームで個人は団体名の悪口を投稿を見つけた場合、アカウントを乗っ取るか不正アクセスして本人に「なりすまし」の可能性が高いです。見つけたら、掲示板やサイトの運営会社に通報して、削除申請を行ってください。

Q

「なりすまし」はどんなリスクがあるの?

A

犯罪に巻き込まれやすい。フィッシング詐欺・通販詐欺、 金品の摂取などの犯罪に巻き込まれやすく、自分が犯罪者として拡散されるリスクが高い。なりすましと分かったら、サーバーポリスに連絡するか、ネットリサーチ調査に相談してください。

Q

私の顔と裸の写真を合成した画像がSNSで投稿されてました。訴えることは可能ですか?

A

可能です。顔写真と裸の写真の合成写真をSNSで投稿された場合、リベンジポルノで訴えたとしても「リベンジポルノ防止違反になりません。しかし、投稿した人物に対して「脅迫罪」「名誉毀損罪」場合によっては「ストーカー規制法」「わいせつ物公然陳列罪」で訴えることは可能です。

Q

どの範囲がリベンジポルノに当てはまりますか?

A

リベンジポルノ防止違反として性行又は性行類似行為に係る人の姿態、他人が人の性器等を触れる行為又は人か他人の性器等を触れる行為に係る人の姿態であって性欲を興奮させて又は刺激するもの、衣服の全部又は一部を着けてない人の姿態であって、殊更に人の性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、欲を興奮させ又は刺激するもの。

Q

普段の自分や交際相手と一緒に撮った画像や動画を拡散された場合はリベンジポルノに入りますか?

A

リベンジポルノに入らない場合がある。デートの写真など、もともと撮影された画像(衣服は着けてる状態)はリベンジポルノに該当しません。削除を望んでる場合は、削除申請を致します。

Q

ネットいじめが起こりやすい環境とは?

A

LINEなどのグループトークがしやすいアプリが多い。グループトークを複数作りやすい環境のアプリだと自分が知らないうちにグループトークから外されて、知らないうちに友達との溝ができてしまい、オンラインの世界、オフラインの世界でも居場所がない環境が作られてしまいます。

Q

ネットいじめの特徴を教えてください。

A

主に3種類。サブアカウントを利用しての誹謗中傷、特定の人物の中傷するメールをチェーンメールで不特定多数に送信する、第三者が「自分」をなりすまし、友達の中傷する内容のメールを送り続ける行為がLINEなどの無料通話アプリなどで行われています。

Q

子どもがネットいじめにあったら?

A

お子さんが頻繁に利用するサイトやアプリを把握する。保護者が知らないうちに、ばくさい、5ちゃんねる、ガールズちゃんねるなどの巨大掲示板投稿してる事例が多い。対策としてお子さんが頻繁に利用するサイトやアプリの把握と投稿した内容をあらかじめ分かるように保存しておくことで、削除対象の投稿を検索する手間が省けます。

Q

家族でネットいじめを防ぐには

A

家族でルールを決めておく。個人情報をむやみに投稿しない。ネットを使う時間を決めておく。人の悪口を投稿しない。アカウントを親子で共有できるようにする。など些細な変化に保護者が気づけるようなルールを決めておくと良いでしょう。

Q

スマートフォンを起動したら「アクセス」に関する広告がでた

A

むやみにクリックしないように。Googleの警告を装った広告が表示された事例があり、クリックすると第三者の人物か業者がスマートフォンを不正アクセスしようとしてる可能性がありますので、クリックをしないで削除できるフォーマットであれば削除するか検索サイトに通報してください。

Q

ハッキングされたかも?

A

以下の確認をお願いします。スマートフォンの動作が重い・カメラ機能が勝手に起動する・不明のアプリがある・通信量が増えた・迷惑メールが増えた。ハッキングされると遠隔操作でコピーのスマートフォンを簡単に作れるので、なるべく早く専門家に相談して対処してください。

Q

ハッキングされないための対策はありますか

A

定期的にチェックする。スマートフォンのプライバシー設定を強化、パスワードを定期的に変更する。iPhoneであれば初期化とパスワード・パスコードの定期的な変更。パスワードの使い回しをしない。無料のwifiの自動接続の設定をオフにする。セキュリティソフトをダウンロードする検討することもおすすめします。

Q

専門家に診てもらったほうが安心?

A

特殊な機材でハッキングされてるか確認できます。ネットリサーチ調査ではスマートフォンのハッキング対策にも力を入れています。機材でハッキングされてるかどうか確認して、安心してお手元にお返しできるように対処させていただきます。

ネットリサーチ調査料金について

調査料金は全てコミコミです!

風評監視を続けて欲しい オンライン監視サービス月額費用/ 55,000円 (税込)~
ネットストーカー特定したい ネット探偵サービス月額費用/ 100,000円 (税込)~
誹謗中傷の内容確認したい オンライン特定サービス日額費用/ 20,000円 (税込)~
  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

ネットリサーチ調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop