探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 騒音調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2019/01/01 最終更新日: 2018/12/31
探偵ニュース
 公開日: 2019/01/01 最終更新日: 2018/12/31

騒音調査【よくあるご質問Q&A】

騒音調査に関するQ&Aのページです。集合住宅の上下左右の住人よる生活音の騒音や、どこから聞こえるのか分からない工事の作業音、トラックによるアイドリングなど睡眠妨害などの対策についてまとめて見ましたのでご覧ください。

嫌がらせ専門対策室とは

騒音調査の依頼は必ず専門家にご相談ください。

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。GPS発見調査は、浮気調査とは違い騒音調査に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった騒音調査を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

騒音調査に関連するQ&A

Q

公団の方が騒音被害はひどいですか?

A

公団の騒音被害は多く寄せられてる。市営住宅、県営住宅のほうが騒音被害は多く相談が寄せられてきています。特に、引っ越し直後の補修工事、水道工事など正当な理由で行われてる中で故意にターゲットだけ、工事の音を大きくして聞かせる被害もあるので、異常な音だなと感じたら第三者を呼んで音を聞かせて「異常だと判断したら」専門家に相談しましょう。

Q

夜中、決まった時間に子どもの鳴き声が聞こえる

A

録音か実際の音か調査する必要がある。音が聞こえる場所が特定された場合、聞き込み調査を行い子どもの有無はその時間に音を立ててるかどうか判断ができます。親しい間柄であればその旨を伝えてみる方法もあります。

Q

証拠を掴むにはどうしたらいい?

A

スマートフォンのビデオ機能で撮影するといいでしょう。ICレコーダーの録音だけだと、相手に言い訳される可能性があるので音が発生したらスマートフォンのビデオ機能で部屋を撮影してみてください。同じ時間に音が聞こえる物的な証拠となります。

Q

自分が家を出ることを確認して音を出してる気がする

A

嫌がらせの可能が高い。ある程度の生活音は外に漏れることは仕方ないことですが、いかにもターゲットを監視して故意に音を出しているのであれば、嫌がらせ行為の一つとして考えられます。

Q

騒音の出所を掴むために監視カメラを付けた方がいい?

A

状況によります。監視カメラをつけたらさらに騒音がひどくなった事例もあるので、独断で監視カメラを付ける前に専門家の意見を聞いてから検討するのも対応の一つです。ただの生活音が漏れているだけの可能性もありますし、被害がひどい場合は監視カメラを設置したほうがいいケースもあります。

Q

自分しか聞こえない騒音もあるの?

A

事例で報告されています。指向性スピーカーを利用して、ターゲットしか聞こえるように周波数を合わせて音を伝える被害は確認されています。耳栓でカバーすれば音は遮断されますから防御策として効果的です。

Q

深夜に自分だと分かるようなキーワードが聞こえた

A

遠隔で操作してる可能性がある。ターゲットしか聞こえないように「遠隔」で音を伝えてる可能性があります。もし、深夜にそのような音が聞こえたら、近隣住民も聞こえているはずです。何も反応がなければ、遠隔での音の操作を疑ってください。

Q

故意に騒音被害を出す理由とは

A

「おはじき」という被害の一つ。騒音を出すことで、ターゲットを住んでいるエリアから強引に引っ越しをさせて、引っ越し先でも騒音被害を起こして、経済的・精神的にダメージを与える手法の一つ。ターゲットをここに済ませては都合が悪いという加害者側の都合で起こしています。

Q

音に敏感にさせてるの?

A

可能性は高い。騒音の被害者は音に敏感になりやすく、故意に的に精神疾患の症状を作ってる事例が確認されています。騒音の音の調査をして数値を調べる必要があります。

Q

防御すればするほど騒音がひどくなる。

A

意図的な嫌がらせによるもの。加害者は目的を達成するまで、加害行為を行えと指示されています。ターゲットに何も反応がなければ、次から次へと加害行為を変えてきます。もし、騒音がひどくなった場合、できるだけメモや映像に残して証拠を取るようにしてください。

Q

外からの音を遮断したい場合

A

防音カーテンに変える。道路沿いや町工場が多く、トラックの走行が多い場合は、防音カーテンを利用すると、外の音を遮断する効果があります。トラックのライトが部屋に入ってくる状況でも、防音カーテンは光を通さないのでおすすめです。

Q

夜の騒音対策に効果的な防御策はありますか?

A

耳栓とイヤーマフはおすすめ。遠隔で音を伝える騒音被害でも、イヤーマフを付けて7割の音を遮断したと報告もあることから、静かな空間を作りたいときはイヤーマフを利用すると良いでしょう。深夜の騒音で睡眠妨害がある場合は、耳栓を付けて寝ると音を遮断されるので朝まで眠れる効果が期待できます。

Q

騒音の出元を調べたい

A

調べることが可能です。騒音の数値と、音の出所、騒音をだしてる人物の特定は調査によって可能です。特定されることを嫌がる加害者は調査の期間だけ音を出さない傾向が高いため、皆さんの協力が必要です。

Q

上の階の人が騒音出してるのに、注意してもやめてくれない。

A

物的な証拠が必要です。加害者はとても用心深く、加害者同士の念密な口裏合わせをして音を出してるため、確証できる証拠があれば相手を辞めさせることは可能です。住んでる環境に合わせて対策も異なりますのので、専門家に相談すると良いでしょう。

Q

故意かどうかを自分で測定できる?

A

騒音計をレンタルすれば可能です。1週間〜2週間、外出時や在宅時の音の数値を調べて、在宅時だけ音の数値が高いと出れば故意的に騒音を出してると判断できます。しかし、自分で調べると数値の報告書を作成する手間ががかります。その点を十分に考えて対処してください。

Q

調査会社に依頼するメリットは

A

報告書の作成とアフターケアまで致します。騒音計による音の調査の以外にも、騒音の出元と人物が特定した場合、警察が捜査できやすいように報告書の作成とアフターケアを致します。どのようなやり方で問題を解決するか一緒になって対処する方法を突き止めることが可能です。

Q

騒音の被害の仕返しがしたい

A

オススメしません。被害に遭っている方が、加害者に仕返ししたいと話を聞きますが、わざと騒音を起こすことでターゲットが自ら騒音を出すことを狙ってる可能性があります。仕返しするよりは騒音を防御する方法を見つけたり、止めさせる方法を考えたほうが良いでしょう。

Q

騒音の出所が特定してる場合、警察に通報してもいい?

A

警察に連絡してください。騒音の出所が特定されて、集合住宅であれば管理会社の注意勧告も効果がない場合は、警察に通報して警察から注意してもらいましょう。それでも音を出し続けた場合は、軽犯罪で逮捕される可能性があります。

Q

仕返しが怖い

A

直後の対応策を考えます。騒音の出所が分かっても「仕返し」が怖いという相談者は多いですが、嫌がらせの場合、警察沙汰になることを加害者側は非常に嫌がります。仕返しするリスクがあるかは加害者側の出方を見て、それ以降の対策を考えます。

Q

被害を最小限に抑えるには?

A

自分でできる範囲で行なってください。騒音計で数値で測るのも必要ですが、自分の生活を確保するために防音シートなどの防音グッズなどで音を遮断できるように自ら行動する必要もあります。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop