ホーム > 騒音調査関連記事 > 騒音調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2023/06/12 最終更新日: 2023/06/14
騒音調査関連記事
 公開日: 2023/06/12 最終更新日: 2023/06/14

騒音調査【よくあるご質問Q&A】

騒音調査に関するQ&Aのページです。

ここでは騒音に関する質問や疑問をまとめました。

騒音対策の参考にしていただけますと幸いです。

騒音について正しく理解しましょう!│目次

騒音Q&A

Q

騒音被害を証明するにはどうしたらいい?

A

音の発生源を特定することから始めましょう。ICレコーダーの録音だけでは、騒音は確認できても責任追及はできません。どこから大きい音(騒音)が発生しているか証明するために騒音計を借りて測定してみましょう。故意の犯行を証明するために、動画撮影も有効です。

Q

外出する時を狙って音を発生させている気がする

A

嫌がらせの可能性があります。ある程度の生活音が外に漏れることは仕方ありませんが、いかにもターゲットを監視して故意に音を出していると感じられるのなら、嫌がらせ行為の可能性があるでしょう。その場合、外出スケジュールを変えながら様子をみて、時間を変えても音を出してくる場合は専門家に証拠収集方法を相談してみましょう。

Q

上階の住民に騒音で注意してもやめてくれない

A

分譲か賃貸かによって相談先が変わります。分譲であれば理事会、賃貸であれば管理会社に相談することから始めましょう。当事者同士の話し合いは極力避けて、理事会や管理会社を通しての事実確認から進めていきましょう。騒音について相手が素直に認めない場合、測定調査が必要になります。

Q

騒音の出所が特定してる場合、警察に通報してもいい?

A

警察に連絡してください。騒音の出所が特定できていれば、警察がその住居に注意しに行くことができます。効果がない場合は、何度でも警察に通報して注意してもらいましょう。訴訟を起こしても強制退去は難しいため、やめさせることが解決への近道となります。

Q

聴覚過敏症で音に敏感になってしまい、とても辛い…

A

音に過剰に反応してしまうことを周囲に伝えてみましょう。騒音被害者は、音に敏感になりやすく、近隣住民の協力が不可欠です。平均的な生活音でも過剰に反応してしまう場合、自宅の防音リフォームや引っ越しなども検討しましょう。

Q

故意かどうかを自分で測定できる?

A

騒音計をレンタルすれば可能です。1週間〜2週間、外出時や在宅時の音の数値を調べて、在宅時だけ音の数値が高い場合は故意に騒音を出していると判断できます。自分で行なう場合、測定器を動画撮影して数字を記録するとより証明しやすいです。

Q

毎回決まった時間に子どもの泣き声が聞こえるが子どもの姿を見たことない

A

実際の声か、もしくは録音した声を流しているか調査する必要があります。昔は子どものいないご家庭に対して、子どもの音声を聞かせる嫌がらせもありましたが最近では少なくなりました。この場合、ご近所に子どもの姿を見たことがないのに頻繁に声が聞こえるのであれば、故意に行なわれている嫌がらせと考えられます。

Q

外からの音を遮断したい!

A

室内であれば防音カーテンに変えたり、イヤーマフを付けるなど対策できます。お住まいの場所が道路沿いや工場が多く、トラックの走行が多い場合は「防音カーテン」や「イヤーマフ」を利用すると、外の音を遮断することができます。またトラックのライトが部屋に入ってくるような状況であっても、防音カーテンの厚みであれば光も通しにくいです。

Q

仕返しされると考えたら怖くて何もできない

A

犯人に騒音調査をしていることが漏れることはありません。騒音の出所がわかっても「仕返し」が怖いという相談者は多いですが、探偵・調査会社が入る場合、相手の素性は全て明らかにしてから「注意」「通報」「管理会社に報告」などを行ないます。危険な人物とわかったら事前にお伝えし、ご依頼者の安全を優先した解決策をご提案しますのでご安心ください。

Q

探偵・調査会社に依頼するメリットは?

A

騒音証明から解決まで全てサポート致します。騒音計による音の調査以外にも、騒音の出所に住む住民の特定や素行調査も可能です。どのような方法で問題解決するか一緒に考えますので、騒音でお悩みであればぜひ一度ご相談ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談