集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 嫌がらせの解決手段として海外移住を実現|日本での引っ越しは繰り返さない
公開日: 2018/10/31 最終更新日: 2021/07/14
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2018/10/31 最終更新日: 2021/07/14

嫌がらせの解決手段として海外移住を実現|日本での引っ越しは繰り返さない

海外移住を考えている方のページです。日本にいると集団ストーカーの嫌がらせで悩んでばかりの毎日から解放されたいために、海外へ移住することを視野にいれているなど、理由は人それぞれにあります。ここでは海外移住して生活を1からリセットしたいと考えていることにどんなメリットとリスクがあるのか考えていきたいと思います。

海外移住サポート相談窓口

海外移住を視野にいれる

日本での人間関係に疲れた

人が生きていくなかでさまざまなコミュニティに属する必要があります。特に日本は集団生活を重んじる特徴があることから、コミュニティ内を集団ストーカーによって破壊行為をされてしまったら人生が終わったと感じる方もいらっしゃるかもしれません。近年、学校や職場内、近所、あらゆる人間関係での加害工作で悩みを抱えている人が年々増加しております。

しかし、ただの人間関係のもつれの場合、国内での住居引っ越し、学校、職場を変えるという方法をとれば済むことです。ですが集団ストーカーは国内のどこへ引っ越ししようとも被害の大小にかかわらず、つきまとわれることがあり解決にはつながりません。

ただの人間関係のもつれ以上に厄介なのが集団ストーカーの被害となります。

資金に余裕があるなら、一層のこと海外に移住して生活をリセットしたほうがメリットとなる可能性があります。注意が必要なのは加害のきっかけが日本国内以外の場合です。海外でたとえば何か揉め事があり外国人からの依頼で集団ストーカーが始まった心当たりがあれば海外移住は辞めたほうがいいかもしれません。

その場合、私どもに相談していただき日本国内の加害を終わらせて日本の別の居住地へ引っ越しするほうが安全です。ケースバイケースなのですが、きっかけが明らかに海外とはまったく関係ない方への被害でしたら思い切って海外へ移住することで日本の集団ストーカーは追ってこれない可能性が高いです。

但し、あなたが重要人物だとマークされていると集団ストーカーは世界中網羅しているので、移住先でもストーカーに遭遇する可能性があります。しかし上記のとおり解決可能ですのでまずはご相談ください。

海外移住を選択する理由

嫌がらせをきっかけに海外移住を成功させる

  • 属しているコミュニティのなかで生きがいを感じられるかどうか
  • 海外移住を考えるなかでどんな生活を第一に考えるか
  • 海外移住したら自分らしく生きる目標ややりたかったことがあるのか
  • 海外移住したら何を楽しみにしていくのか

リスクよりも海外移住してよかったと思える人生にしたいですよね。「常につきまとわれ監視される生活」から「どこへ行っても何をするにも自由」へシフトチェンジして、スキルの棚卸しや新しい人間関係を形成してみるのもいいと思います。

日本国内はメディアの言論統制が厳しいことが海外へ行ってみると肌身で感じるかもしれません。”Targeted Indviduals”として集団ストーカーが世間一般で認知されていることに、あなたは驚くかもしれません。

日本などはアメリカから集団ストーカーを輸入しており、税金で軍規制の住民監視の集団ストーカーを行っているようですので事実の隠ぺい工作が強いです。とはいえ日本の被害者は被害を声高に言う方が世界の被害者と比較して多いとヨーロッパの同被害組織の仲介者はいいます。

ご自身が海外移住しても大丈夫と思えば、思い切って海外移住に踏み込んでみましょう。環境が変わることで集団ストーカーも追ってこず快適な生活を送れるでしょう。不安なようでしたら私どもが引っ越し先の選定や新居へ集団ストーカーが侵入していきているかどうかしっかりと調査します。サポートについてお任せいただければご安心ください。

嫌がらせは海外でもあるのか?

海外のストーカーについて

上記では集団ストーカーの被害に遭遇している方に海外移住の選択についての考え方をご紹介させていただきました。海外でも集団ストーカーの被害者は40万人はいると言われています。日本の集団ストーカーは海外では”Targeted Indviduals”と呼称されることが多いです。

よほどの重要注意人物でなければ集団ストーカーのネットワーク網で引き継がれることはないとは思います。日本は集団ストーカーが徹底しているため被害者への縛りが強いと言われています。他国のように世間的認知が広くストーキングに関する法律が厳しいですので、新しく環境を作り直すには良いスタートを切ることでしょう。

アメリカでは訴訟でチップを入れられた男性が集団組織から勝訴するという裁判もあります。組織犯罪を個人が裁判へもっていくことは稀ではないようです。今後、憲法に則った法律へと是正される動きもあるようですので未来に希望があります。

アメリカ

1996年に州をこえたストーキングを処罰するための連邦州法が制定

  • 通常の判断能力を有する一般人であれば、自分又はその直接の家族の生命、身体の安全に関する恐怖心を抱くのがもっともであると思われるような一連の行為を、特定の人に対し、意図的に継続すること
  • 相手が恐怖心を抱くのがもっともであるような状況に陥るであろうことを知っていたか知っていたはずであること
  • その行為が相手に実際に恐心を抱かせたこと
イギリス

1997年に「ストーカー法」の通称で「嫌がらせ(ハラスメント保護法)」が制定

  • 他人に対して嫌がらせとなることを知ったうえで行うことが禁止され、このような行為を行う者には刑罰が科せられること。
  • 被害者は 民事上の救済(差止命令、損害賠償)を求めることができることが定められた。

※この法律では、ストーカーが新たな手段を考え出しても対応できるように、嫌がらせ行為の類型は特に定められていない。定義規定によれば、「嫌がらせ」には、人を驚愕させること又は苦悩を引き起こすことも含む。また、「一連の行為」は少なくとも2回以上の行為をいい、「行為」には話すことも含まれる。

オランダ

オランダ2000年に刑法典にストーキングの犯罪構成要件が定められた。

法典第285b条として、「あることをするよう、しないよう若しくは甘受するよう強制し、又は恐怖に陥れることを意図して、不法に、組織的にかつ故意に、ある人の私的な生活領域を侵害する者」は処罰されることが定められた。「私的な生活領域」が刑法によって保護されるべき法益とされていることに特徴がある。

ベルギー

1998年に刑法典第442bis条として同様の規定が設けられた「その行為によって相手の平安を著しく乱すことになる」と知りながら嫌がらせを行うことが要件。

オーストリア

2006年、刑法典に第107a条として「執拗な追いかけ(beharrlicheVerfol-gung)」という新しい犯罪行為の構成要件が定められた。

  • このような犯 罪には、1年以下の自由刑が科せられる。
  • ある人の生活を不当に侵害するのに適った方法により、相当の期間、継続して、1.空間的に近くに行き、2.遠隔通信の方法により、若しくはその他の通信手段の利用により、又は第三者を通じてその人に接触し、3.その人の個人情報を用いて商品又はサービスを注文し、又は4.その人の個人情報を用いて第三者にその人に接触させようとする者は、執拗な追いかけを行っていることになる。

以上、5カ国のつきまといに対する定義と法律を見てきましたが、どの国も日本より厳しく設定されています。集団的なストーカー行為は日本だけではなく、アメリカやカナダでも報告されていますが、どちらも加害者は事件として警察に逮捕される事案も多く、日本よりつきまといに対する犯罪意識は強いと言えます。

それに、日本のケースは嫌がらせに対して、大きな利権が絡んでいることがあり海外に比べて執拗に行います。海外では日本より執拗なくらい嫌がらせをする傾向は少ないと見ていいでしょう。

環境が変われば嫌がらせは終わる

日本での引っ越しを繰り返さない

日本国内を何回引っ越ししたとしても、どこにでも集団ストーカーが24時間365日つきまとってくる経験のある方はご存知でしょうが、一番きついのは被害者です。精神的ダメージはもちろん、引っ越すことで金銭的にも打撃を受けます。

引っ越しで集団ストーカーを終わりにさせたい場合、勝てる証拠を引っ越し前に取ることをお勧めします。もちろんご本人1人で加害の証拠をとるには無理がありまが、私どものような集団ストーカーを終焉させることに実績がありますのでお気軽にご相談ください。

私どもに海外移住サポートを依頼していただき、加害が再発することなく終了した方がいるのが事実です。全てではないにしても海外へ移住した場合、ある程度の嫌がらせは緩和することは間違いないでしょう。

その理由として、3つの壁があるからです。

  • 海外までついていくには費用がかかる
  • 現地で工作員を依頼する手間がかかる
  • 日本と違い法律が厳しいことと、ストーキング行為に対する意識の違いと国全体に周知されている頻度が違う

被害者が増加傾向とされるエレクトクトニックハラスメント(電磁波の異常照射)については、アメリカでは規制する法律が制定されていると言われています。

ロシアではエレクトクトニックハラスメント(軍事要素がある人体実験に行われる)で使われる電磁の利用は禁止されています。結果を言えば、海外移住すれば嫌がらせは解決できるかといえば、「改善できる」と言っていいでしょう。

移住先調査依頼方法

探偵が行う海外移住サポート

  • 引っ越しの準備段階で、盗聴器やGPSを取り付けられていないかを確認し尾行されないようにサポート
  • 引っ越し先での盗聴盗撮発見調査やつきまといなど周辺を確認し安心して住めるようにサポート
  • 日本での状況報告なども定期的に報告し海外でなにか起こった時も駆けつけサポート
  • コンドミニアム、通訳・翻訳サービス、視察ツアーのご手配もサポート
アドバイスできる国

アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリス、オーストラリア、シンガポール、台湾、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、など

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop