ストーカー相談サポート

Stalker support

ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカー相談サポート > 知っておくべきストーカーの対処法「栃木出張相談室」
公開日: 2019/02/26 最終更新日: 2021/02/19
ストーカー関連記事 - ストーカー相談サポート
 公開日: 2019/02/26 最終更新日: 2021/02/19

知っておくべきストーカーの対処法「栃木出張相談室」

このページでは、ストーカー被害者が知っておくべき情報を公開しています。栃木県にお住いの方は、ストーカー被害の相談先を紹介していますので参考にしてください。

栃木県出張相談・調査対応地域(tochigi area)
足利市・市貝町・宇都宮市・大田原市・小山市・鹿沼市・上三川町・さくら市・佐野市・塩谷町・下野市・高根沢町・栃木市・那珂川町・那須烏山市・那須塩原市・那須町・日光市・野木町・芳賀町・益子町・壬生町・真岡市・茂木町・矢板市

栃木県出張相談室│目次

ストーカーを行う人の共通点

ストーカーの特徴

  • 嫉妬深い
  • 自己否定が強い
  • 承認要求が強い
  • 社会や家庭で認められない環境にいた

過去のストーカー被害事例から加害者の特徴を4つの項目でまとめてみました。男女とも共通してることは「承認要求」が強い点です。「自分は〇〇をやってあげた」という気持ちが強いため、ターゲットに認めてもらおうとあらゆる手段を使い、どんどんエスカレートをしてきて、そこから抜け出せなくなる状況に陥っている可能性が高いでしょう。

ストーカーの原因は何かしらのきっかけで起きたかもしれませんが、執拗に被害者につきまとうのは加害者側の都合なのです。ストーカーの対応に詳しい専門家に任せて自分にあった解決方法を探してみましょう。

ストーカーによる被害

  • ストーカーに協力する人物が増える
  • 新しい交際相手を探しずらい
  • 勤務先に悪い噂が拡散されている
  • 親戚や家族にまで悪影響が及んだ
  • 外出するのが怖くなり引きこもる
  • リベンジポルノによる風評被害加速、拡散

ストーカーの対処法

ストーカーへの対処のよくある間違い

ストーカーに悩む人のために、正しいストーカーの対処法をお伝えします。ストーカーにどういう対処をすればいいかわからない人は是非参考にしてみてください。

相手の情報を十分に得ること

あなたにストーカーをしてくる人に、不安感や恐怖心を抱くのは当たり前のことです。ですが、恐がってばかりでは、ストーカーをやめさせることはできません。相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」をある程度は予測することができます。そうすれば、何を目的にストーカーをしているのかがわかり、漠然とした不安や恐怖をぬぐうこともできるでしょう。

感情的に拒否しない

ストーカーをされたとき、感情的に拒否するのは逆効果です。ストーカーをしてくる人は、強い言葉を使われると逆恨みをしたり、中途半端に拒否をするともっとアピールしないとと思い、エスカレートする可能性が高くなります。ストーカーをする人の頭の中は、何があっても「自分は正しくて誠実な対応をしないあなたが悪い」となっています。ストーカーをされても、できるだけ冷静さを保ち、誠実に話し合い、はっきり拒絶するようにしましょう。

異性との接触に注意する

ストーカーをされていることを誰か(異性など)に相談した場合、その人がストーカー行為をやめさせようとして、加害者に接触を試みるようなことがあるかもしれません。しかし、第三者の単独での介入はできるだけ避けるようにしてください。安易な介入や異性の介入は、かえってストーカーの加害者を怒らせ「直接的な被害者がさらに増える」「ストーカー行為がエスカレートする」恐れがあるからです。

相談するのは悪いことではありませんが、自己判断は危険を伴います。事態を悪くする前に、専門家や公的機関などを訪れ、対処法などを早めに相談するようにしましょう。

ストーカー犯の特定や証拠収集

特定や証拠収集とは

ストーカーに対して行う証拠収集や特定調査とは、その素行、生活状況、交友関係、勤務先など、あらゆる情報を収集し、「ストーカー行為の決定的な証拠」を掴みます。理由としては、証拠がなく犯人が特定できていない状況で警察や弁護士に相談しても、具体的に動いてもらうことが期待できません。

相手によってはプロに依頼する

ストーカー調査を行う主な目的は、誰が何のためストーカーしているのかを特定し、最終的にはストーカーをやめさせることです。ストーカー行為もさまざまで、中には陰湿なものや危険を伴うこともあるので早急に対応が必要なケースもあるので、専門家に一度相談してみましょう。

栃木県内のストーカー相談先と通報先

最初に相談すべき公的機関

ストーカーや近隣による嫌がらせ問題、職場内の人間関係などの相談することが出来る公的機関があります。嫌がらせ相談と一口に言っても内容な様々なので、まずは公的機関は無料ですので活用しましょう。

一人で悩まず相談してみよう

相談するのはなんとなく「不安」と思われる方は少なくありません。プライベートな悩みを話すわけですから、気が進まなくて当然です。しかし、どんな問題でもひとりで悩んでいては良い解決ができません。最初は相談するのも不安があるかもしれませんが、問題が解決する事を考えれば、専門家への相談は必要なことです。

栃木県庁(自分の情報を守りたい) 所在地:栃木県宇都宮市塙田1丁目1-20
電話:028-623-2075
栃木県警察本部(警告や禁止命令) 所在地:栃木県宇都宮市塙田1-1-20 
電話:028-621-0110
法テラス栃木(相手との交渉等について相談) 所在地:宇都宮市本町4-15 宇都宮NIビル2F
電話:050-3383-5395
法務省(人権相談やンターネットでの誹謗中傷・プライバシー侵害) 所在地:東京都千代田区霞が関1-1-1
みんなの人権110番(0570-003-110)
女性の人権ホットライン(0570-070-810)

栃木県ストーカー調査依頼方法

解決が難しい時こそ専門家に

当社は、2010年の創業以来、一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。ストーカー・嫌がらせ対策窓口では、各エリアに経験豊富な人材を迎え入れ、皆さまの悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。アフターサポートも経験豊富なスタッフが最後までサポートいたします。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

ストーカーに関連するQ&A

Q

ストーカー被害で警察は動いてくれる?

A

警察に動いてもらうためには、どのようなストーカー被害なのか、相手は誰なのかを正確に伝える必要があります。警察では、相手方に対して「ストーカー行為をやめなさい」と警告したり、「その行為はやめなさい」と禁止命令を行うこともできます。ストーカー被害者は、警告や禁止命令以外に、処罰を求めることもできます。

Q

偶然を装ったつきまとい行為に対しては?

A

本当に偶然かどうか証明することができ、禁止命令を行うこともできます。待ち伏せしたり、帰り道によく会うストーカー行為は、話しかけたりしないので被害がないため、相談しても「気のせいじゃない」などあまり真剣に聞いてもらえないケースが多いのですが、このギリギリの接触にとどめる行為もつきまといでありストーカーになります。

Q

引っ越したのにどうやって家がわかったの?

A

自宅を割り出す手段として、「尾行」「GPS」「SNS」「IPアドレス」「交友関係」など様々です。上記は一例ですが、これらの情報が積み重なるほどに身分・活動範囲・住所などを高い精度で割り出すことができるのです。インターネット上に個人情報があふれる現代は、簡単に住所情報を割り出すことが可能なのでSNSなどは特に注意が必要でしょう。

Q

片想いとストーカーの違いは?

A

片想いとストーカーの境界線は相手が決めます。「ストーカー行為」の定義とは、特定の人物に対するつきまとい等を「反復して」かつ「恋愛感情、好意またはそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足させる目的」で行うことをいいます。気持ちを伝える際に、相手が嫌がる行為をしなければストーカー規制法により処罰される可能性は低いと考えられます。

Q

相談内容が外部に漏れたりすることはないでしょうか?

A

はい、もちろんです。探偵事務所には、秘密の保持や個人情報保護法により守秘義務が課せられておりますので、ご相談内容が漏れることはありません。ご依頼者から頂いた情報は厳格な守秘義務が課されており、外部に持ち出し禁止で事務所内の保管室に保存しております。また調査終了後にはご依頼者から頂いた情報や調査で取得した情報は全て破棄させて頂いております。裁判等でご依頼者様のご希望があれば弊社で保存しておくことも可能です

Q

探偵の調査力はどうやって判断するのですか?

A

経験こそが探偵の調査力と考えます。ストーカーに関する調査をどれだけ解決してきたのか?数ばかりではなく、難易度の高い案件も解決してきたのか?という経験値こそが調査力と考えています。ストーカー加害者は、想定外の場所から現れたり、プロ顔負けの機材を使ったりなど年々レベルがあがっていますので、調査能力も現状維持では時代に置いて行かれてしまうでしょう。

Q

相談したら依頼しなければならないのですか?

A

相談は無料で依頼するか決める判断材料にしてください。ご相談の内容によっては探偵事務所に依頼せずに解決できることもありますし、探偵事務所への依頼が必要であっても、当事務所にご依頼いただくか他の探偵事務所を探すかをご検討いただいて結構です。

Q

ストーカーから仕返しされませんか?

A

ストーカーする人の心理を知ることで対策・対処できますストーカーに対して怒ったり怯えたり困ったり怖がったりといったリアクションを起こすことは、ストーカーを喜ばせるだけです。万が一対峙した時は、毅然とした態度で「迷惑だから止めて」と相手に伝えるようにしましょう。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop