集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーの工作員(加害者)の特徴 
公開日: 2022/04/16 最終更新日: 2022/04/15
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/04/16 最終更新日: 2022/04/15

集団ストーカーの工作員(加害者)の特徴 

集団ストーカーの被害者であれば大概の方は、工作員が被害者に張り付いています。

これは工作ですが、裏を返せばほとんど人を介して犯行が行われていると言っても過言ではないのではないでしょうか。

その場合、被害者であれば誰でも集団ストーカー側の人物はどのような特徴なのか知っておきたいところでしょう。

加害側全員が同じ特徴ではありませんが、どういった特徴を持つ人物が加害側なのかを知識として知ることで、ある程度「この人物は工作員なのでは?」と被害者の見分け方に応用が効くかもしれません。

専門家
集団ストーカー調査
2022年4月16日 
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「調査員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策が体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次|集団ストーカーの工作員(加害者)を見抜けるか

スマホが離せない工作員

工作員の特徴

自分にスタンバイしているかどうかがわかるのがスマホになります。基本的に加害側もアナログでやり取りしています。

スマートフォン(以下略:スマホ)はデジタルですが、スマホを使っているのは人ですから当然、人と人とのやり取りの手段そのものがアナログとなります。工作員同士のアナログのやり取りに使うのが、スマホです。

ですから、ターゲット付近に派遣されている工作員は必ずスマホを手にしていることが多いと言えます。現在は、スマホを持っている人が大半ですので”当然ではないか”と一般的には思うでしょう。

しかし、やたらとターゲットの近くで文字をスマホに打ち込んでいる場合、あなたの動きを仲間に知らせていることがあります。

ターゲットの動きに合わせるための情報共有と連携こそが、どこまでもつきまとう集団ストーカーなのです。

例外もあります

たとえば、ターゲットが毎日同じウォーキングコースを歩いている場合、その手間は省けるでしょう。それでも、ずっとスマホで連絡を取り合う手間が省けるわけではなく、回数が減るというだけのことです。

道を歩いていても、”今回の外出はあまりスマホをいじっている人がいなかった”という認識ができる日もあります。

加害側では「一定数の被害者」にたいして集団ストーカーを行なっているため、人手が必要な場合、人を派遣しなければなりません。

いつもより今日は工作員が少なかったと一時的に被害者はほっとすることがあるかもしれませんが、人手不足なだけです。

あなたの周囲で、スマホを手にやり取りしている人が多いと思ったら連絡係が紛れ込んでいるかもしれません。

写真や動画を気にする工作員

工作員の特徴-2

たいていの工作員は、カメラに顔をうつされたり動画に撮られたりするのを嫌がり、顔を映さないように動きます。

普通なら気にしないようなところまで、気にするのが工作員です。一般的に工作員は写真を撮られることを非常に不愉快に思います。

なぜなら、実際に写真を撮られると加担者として証拠が残り、次からは近くに寄ることが難しくなるからです。

現在ではマスクをつけている人が多いですが、”これは”という工作員がいたらマスクをしていても映像を残しておくというのも一つの手です。

このことを忘れなければ、少し離れたところで自分の遠景を無音シャッターで撮影している工作員の存在に気づくことができます。

そういった者たちは、あなたが今何をしているのか逐一写真や動画を無断で撮っています。

たとえば一般的な人物写真の撮り方は、スマホのカメラが自分の方向に向いており、胸より上の位置から被写体の写真を撮るとよく撮れます。

しかし、工作員はターゲットにバレないように、それよりも下の位置からカメラを向けてターゲットの撮影をすることが非常に多いです。

全員の被害者に当てはまるわけではありませんが、集団ストーカーの初期で最も多いのが、被害者に気づかせるために頻度を増やし、ターゲットの写真を撮るという仄めかしをしてくることが多い傾向にあります。

集団ストーカーに関するQ&A

Q

この人、おそらく工作員だろうなと思っても違ったらどうしようと思って下を向いてしまいがちです。

A

被害者が、集団ストーカーの工作員かどうかよく分からないで文句などを言うとトラブルのもとになります。決定的な証拠がない限り接触は避け、プロにお任せして”無視”することをお勧めします。だからといって工作員に対して消極的な態度を取ったり、へりくだるような態度は決してせず、平静を装うことです。

Q

外出すると、毎回知らない人物が何かしら自分に合わせた動きをしてきます。

A

集団ストーカーは基本的に人が不快に思ったり嫌がることをしていることが多いです。だからと言って、気にしなくていいわけではありません。その状態が常態化するのが集団ストーカーです。個人的な感情で動くと相手の戦略にはまってしまうので、まずは専門家に一度相談してみてはいかがでしょうか?

Q

工作員の写真をどんどん撮っても構わない?

A

個人情報保護法に反しますので、写真を撮っているうちに警察に通報されます。自分で相手の写真を撮ったところで、集団ストーカーなのか、通行人なのか、第三者が見ても判断できないことが多く見受けられます。リスクに見合わない行動は避けて、チャンスが来るまで気にしないで生活してください。

Q

人のブログを見ると、集団ストーカーが終わったという人やブログが途中で止まっている人がいます。

A

書き込みしている人は、事情があって書かなくなった方もいるので、あまり気にしないようにしてください。集団ストーカー被害者であれば、心に「余裕」がなくなってしまうので、被害者同士あまり深く関わろうとせず、情報共有程度で自分の被害を終わらせることだけ考えてください。

まずは被害状況の把握から

まず”いつから・どこで・誰に”嫌がらせをされたのかを明確にしましょう。

集団ストーカーはアナログが多いため人が人に嫌がらせをすることが多いです。

スマートフォン(以下略:スマホ)による嫌がらせが多いのが最近の嫌がらせ傾向にあると言って良いでしょう。

嫌がらせに加担しているのは、いつも決まったメンバーかそれ以外も疑いがあるのかよく判断することが重要です。

ターゲットの数ほど、嫌がらせの種類があります

嫌がらせ行為は些細なことから、そんなことまでする?といった具体的な実行力が伴うものまでさまざまです。

工作であるということを見抜けず、長年にわたって嫌がらせにあい続けることで人生が悪化した人も少なくありません。

自分が受けている嫌がらせとはどのようなものか正しい現状把握をすることで、対策方法もわかります。

しかし、集団ストーカーのターゲットになっている場合は解決が容易ではありませんので、更なる解析が必要となります。

客観的な分析は専門家に

集団ストーカーについて、インターネットで検索したりTwitterではリアルタイムで被害状況がつぶやかれていることを一度よく見てみましょう。

そのようなネットで拾える情報には、すべてが被害者とは限りませんが、ある程度の被害者の状況がわかったりします。

それによって、自分は集団ストーカーの該当者であることが客観的にわかったりします。

その場合、嫌がらせの現状が、「いつ」「どこで」「誰が」だけでは留まらない範囲になってきます。

ご自身の人生において嫌なことが起こり始めたのはいつからなのか?そのことをもっと客観的に分析する必要があります。

物心ついた時からの場合もあります。自分はいじめられっ子体質だからというのは、ご自身で決めつけているだけかもしれません。

一体いつから嫌がらせがあるのか、より精査することで思いもよらない真実が浮上してくることがあるかもしれません。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop