ホーム > いじめ調査関連記事 > 悪い噂を流す人の末路は?風評被害の対処策
公開日: 2024/03/31 最終更新日: 2024/04/02
いじめ調査関連記事
 公開日: 2024/03/31 最終更新日: 2024/04/02

悪い噂を流す人の末路は?風評被害の対処策

誰が何が目的

悪い噂を流されることによって、日常生活に支障をきたすことは明らかです。

昨今ではインターネットの普及によって、悪質な書き込みによる風評トラブルが増加しています。

悪い噂を流されることによって生じる悪影響や実害、また悪い噂を流す人の動機やその末路、そして風評被害の解決方法についても解説しています。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2024年月日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

目次

1- 悪い噂を流す人の目的

悪い噂を流す人には大きく分けて2つのケースがあります。

  • 誰彼構わず人の悪口や噂を言いふらす人
  • ある人に嫌がらせのターゲットに定めて悪口を書く

もともと噂好きな人は、無意識に人の悪口を常習的に言う習慣があります。

人のネガティブな噂をする人は、それがストレス発散であったり、人の関心を集めたい目的でやっていることもあります。

ここでは、後者の嫌がらせのターゲットとして噂を流すの目的をご説明します。

吹聴という嫌がらせ行為

噂好きの人が悪口を言うのは、その人が嫌いなのですから、当然の心理行動と言えるでしょう。

しかし、事実ではないことを吹聴するのは、明らかに相手を陥れるための嫌がらせ行為であり、風評被害になります。

この場合、悪い噂を流す目的は、苦悩する相手を見たいがためだったり、職場や組織などから相手を追いだす目的であることが多いです。

2- 悪い噂が与える影響 

噂する人

ここで取り上げる悪い噂とは、根拠のない嘘やデマであり風評被害を引き起こすきっかけとなるものです。

被害者にとって、具体的にどのような悪い影響を与えるのか、風評被害の深刻さについて説明します。

悪い噂の多岐に渡る実害

以下では実際に、風評被害を受け日常生活に生じる実害について挙げています。
信頼の喪失

悪い噂が広まると、対象となる個人や組織の信頼が揺らぎます。他者はその情報を鵜呑みにし、信用を失ったり、信頼されなくなる可能性が高まります。

経済的損失

企業や組織にとって、悪い噂は顧客や取引先との信頼関係を損ね、経済的損失を引き起こす可能性があります。売り上げの減少や取引の中断が生じることがあります。

社会的孤立

悪い噂によって個人が社会的に非難されたり、孤立することがあります。友人や同僚からの支持を失い、人間関係が崩れることで社会的な孤独感が生まれることがあります。

精神的影響

個人レベルでは、悪い噂によって精神的なストレスや不安が引き起こされることがあります。噂に対する対処が難しくなり、心理的な苦痛が生じることがあります。

職場での影響

職場においても、悪い噂が広まることで同僚や上司との関係が悪化し、昇進やプロジェクトへの参加の機会が減少する可能性があります。

以上のことから、普段の生活に実害が生じてしまったり、金銭的な損害が出てしまうことが危惧されます。

特にネットでに事実ではない情報が拡散され、取り返しのつかない事態になってしまうケースが増加しています。

悪い噂が及ぼす深刻な風評被害に焦点を当てると、これらの影響は噂の信憑性に関係なく発生することがあることが考えられます。

3-悪い噂を流す人の末路

噂を流す人

悪いは噂は拡散されやすく、当人が「違う」といっても信用してもらうことが難しいのが現実です。

そのため、人間関係が崩れ、退職や引っ越しを余儀なくされたり、場合によっては精神的に病んでしまったりします。

ありもしない噂を流したり、完全な嘘を本当のこととして、周囲の人に吹き込んだりする卑劣なやり方をして罪の意識はないのでしょうか。

悪い噂を流す人の特徴

平気で悪い噂を流す人というのは、上のように性格上問題がある人が多いです。

特徴として以下が考えられます。

  • 人の痛みをわからない
  • 平気で嘘をつく
  • 異常に人の関心を集めたがる
  • 思慮が浅く軽率

悪い噂を流す人の末路5選

人を蹴落とし苦しめる行為は、因果応報の法則上、その先に決して幸福な未来は来てほしくないものですね。

悪い噂を流す人の末路を検証してみたところ、不幸な末路を辿ること人が多い傾向があることがわかりました。

人から信用されなくなる

人の悪い噂を吹聴する人は、それが嘘だとわからなかったとしても、相手から意地悪く軽率で口が軽い人だという印象は持たれることになります。 結果的に、いざという場面で誰もが背を向け信用してもらえなくなるのです。

自分のついた嘘に苦しめられる

嘘の噂を流していれば次第に周囲から「あの人は嘘つきだ」という噂が囁かれるようになります。そのため、悪い噂を流す人は、今度は自分が悪い噂を流されることになるのです。 まさに因果応報といった感じで、自分がやったことにがそのままに自分に返ってきます。

自分のついた嘘に苦しめられる

嘘の噂を流していれば次第に周囲から「あの人は嘘つきだ」という噂が囁かれるようになります。そのため、悪い噂を流す人は、今度は自分が悪い噂を流されることになるのです。 まさに因果応報といった感じで、自分がやったことにがそのままに自分に返ってきます。

悪癖が災いする

根拠のない噂をした人は要注意人物と見なされ信用を取り戻すことが難しいものです。職場でのキャリアの妨げになったり、紺華奢との関係が破談になったり大きな損失となることもあるのです。

心身の状態の悪化

元々、自分が気に食わない人の根拠なき悪い噂を流す時点で、心に何かしら闇があるケースが多いのです。 噂を流したあと、バレたらどうしようとか、他人の動向を追いかけることは、心の平穏を失わせ、大きな負荷を背負うことになります。そのストレスで、さらに嘘を重ね、悪循環が続くと心身ともに健康を損ねることに繋がっていきます。

法的な責任を追及される可能性も大

たかが噂話だと軽口のつもりで流したつもりでも、風評被害として訴えられた場合に、法的な処罰や社会的制裁を代償と受ける形になります。

以下の処罰が適用される可能性の高いものです。

  • 「名誉毀損」
  • 「侮辱罪」
  • 「業務妨害」

また、刑事告訴なら実刑判決を受け前科が付きますし、民事裁判なら損害賠償請求に応じる可能性もあります。

しかし、事実確認として被害の実態がわかる証拠があることを前提としています。

証拠が何もなければ悪い噂への対策は難しいので、犯人の特定、被害の実態を示す証拠を掴んでおく必要があります。

4- 事例から見る風評被害

実際に悪い噂を流されることで、被害者がどんな損害を被るのか実例を挙げます。

相談事例

近所の人に悪い噂を流されています。

噂のほとんどがデマですが、噂を信じた人たちから無視さ悪口を言われ、ずっと村八分状態が続いています。

子どもがもうすぐ幼稚園に上がりますが、そこでいじめに遭わないか心配です。

いっそのこと引っ越しを考えますが、子育て環境としては気に入っているし、まだローンも残っているので決断できません。

このような嫌がらせ行為も事実確認できなければ罰することはできるのでしょうか?

事実確認の調査結果

周辺に聞き込みをしたところ、噂の発信源はご依頼者のお話通りの近所に住む人物だと特定しました。

ネットの書き込みなども含め、事実とは違う誹謗中傷に当たる噂を流していたことが判明しました。

調査員が同席のもと、ご依頼者の名誉棄損する行為であることを証拠とともに突き付けたところ、加害者は二度としないと謝罪しました。

すべての書き込みを消去させ、近所の人からの誤解も解くことができました。

探偵の実態調査

風評被害や名誉棄損は不法行為に該当することがあります。

噂やデマによって、職務上の進退に影響が及んだり、精神的苦痛で通院したなどの実害が発生している場合は、法的な対処によって損害賠償請求が可能です。

しかし実態を証明するのには、加害者と直接対決しなければならず、時間とエネルギーを費やさなければなりません。

訴える場合は以下の被害を証明するための物的証拠が必要になります。

  • デマ・噂を流した人(加担した人)の身元
  • 証拠となる証言
  • 自分が受けた被害の証明

調査の専門家なら尾行や張り込み、聞き込みなどを通じて情報収集し重要な証拠を入手してくれます。

5-風評被害の相談窓口

デマ事実無根

手遅れになる前にご相談ください

風評被害はエスカレートする傾向が多く、また間違った対処方法を行なうことで被害が悪化する恐れがあります。

特にネットへの書き込みは拡散されてしまうと収拾がつかなくなってしまいかねません。

お一人での対処が難しい場合は、早期に調査の専門家へのご相談をおすすめします。

当事務所では、証拠収集のための実態調査をっとして多くの方のトラブル解決に貢献してまいりました。

信頼を取り戻すためには調査力が不可欠です。

無料相談窓口はご完全予約制です。24時間・365日受け付けております。

まず、現状について相談することから始めましょう。

いじめ調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談