ストーカー関連記事 - ストーカーレポート

Stalker report

公開日: 2023/07/27 最終更新日: 2023/10/13
ストーカー関連記事 - ストーカーレポート
 公開日: 2023/07/27 最終更新日: 2023/10/13

集団ストーカーQ&A

集団ストーカーQ&A

集団ストーカーという現象は、被害者が感じる恐怖や不安を増幅させるために、複数の人間が協力して特定の個人をつきまとい、嫌がらせを行う行為です。

この集団ストーカーQ&Aでは、その被害に遭った際の対処法や解決策、さらには法的な観点からのアドバイスなど、集団ストーカーに関する様々な疑問に対する回答を提供します。

集団ストーカーの被害に遭っていると感じている方、またはその可能性があると思われる方は、ぜひこのQ&Aを参考にしてください。

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2023年7月27日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

目次│

Q

集団ストーキングが突如として始まった場合、具体的にどのような行動を取るべきでしょうか?

A

集団ストーカーは、ターゲットの特性や行動パターンを長期間にわたって分析し、その情報を基に仲間を動員して嫌がらせを開始します。彼らは予期せぬ場所に突然現れることがありますが、そのような状況でも冷静さを保つことが重要です。基本的に、「無視する」「気にしない」ことが最も効果的な対策となります。感情的になると、それが彼らの仕掛けた「罠」に陥るきっかけとなります。

Q

自分の被害体験をインターネット上に公開するべきではないのでしょうか?

A

被害者同士が結びつき、情報を共有することは重要です。例えば、Twitterでは被害者たちが情報交換を行っています。情報に疎い状態を避けるためにも、これは必要です。しかし、被害の解決を望む場合、専門家に相談し、証拠を集め、加害者との対話を進めることが早期解決につながります。

Q

道先で自分をつけてくる人を見つけたら、どのように対応すべきでしょうか?

A

その人が自分をつけていると確信したら、まずは警察に通報しましょう。集団ストーカーは、ターゲットから直接話しかけられることを非常に嫌がります。安全な状況であれば、「私に何か用ですか?」と問いかけ、その反応を探ることも一つの手段です。しかし、身の危険を感じる場合は、すぐに警察に連絡し、対処を依頼しましょう。

Q

単独行動は危険でしょうか?

A

一人での行動は、できるだけ避けることをおすすめします。集団ストーカーは、ターゲットが一人で行動しているときにつけやすい傾向があります。そのため、可能な限り他の人と一緒に行動することが望ましいです。どうしても一人で外出しなければならない場合は、嫌がらせの証拠を残せるように、ICレコーダーをすぐに取り出せる状態に保つ、またはスマートフォンで即座に動画を録画できるように準備しておくことが有効です。

Q

音による嫌がらせがある場合、どのように対処すべきでしょうか?

A

音を遮断することが有効です。集団ストーカーによる嫌がらせの一つに「ノイズキャンペーン」があります。これは、生活音に紛れて様々な音をターゲットに聞かせ、音に対して過敏になるように仕向ける嫌がらせです。対策としては、耳栓やヘッドオン型のイヤーマフを装着するなどして音を遮断することが推奨されます。

Q

証拠集めのために動画を撮影することは許されますか?

A

各都道府県の迷惑行為防止条例に違反しない場所であれば、基本的に問題ありません。ただし、バスや電車などの公共の乗り物内での撮影は条例違反となる可能性があるため、改札口付近や歩道など、公共の場所で証拠映像を撮影する方が良いかもしれません。

Q

風評被害が起きていると感じ、周囲の人々の態度がおかしいと感じる場合、どうすればよいでしょうか?

A

まずは事実を確認することが重要です。風評被害が一部の人々に限定されているのか、それともインターネットの掲示板などを通じて広範囲に広がっているのかを確認する必要があります。自分だけで確認するのには限界があるため、信頼できる友人や近隣の住民に協力を求めることも一つの方法です。そして、事実が明らかになるまでは、普段通りの生活を続けることが大切です。

Q

加害者に対して仕返しをすることは許されますか?

A

それは絶対に許されません。集団ストーカーは「犯罪」であり、犯罪に対して犯罪で応じることは近代社会では許されない行為です。感情的な行動は避けてください。仕返しを考えるよりも、嫌がらせの事実や証拠を把握し、警察に通報したり、損害賠償を請求したり、訴訟を起こすなどの法的な手段を考えるべきです。

Q

集団ストーカーが自宅に侵入するという話を聞きましたが、どう対処すべきでしょうか?

A

自宅に侵入があった場合は、すぐに警察に通報してください。もし、在宅中に集団ストーカーの侵入に気づいた場合、一般の人でも「住居侵入罪の現行犯」として逮捕することが可能です。また、不在中に自宅に侵入されると、盗撮器や盗聴器が仕掛けられたり、Wi-Fiが乗っ取られるリスクがあります。異変に気づいた場合は、警察に連絡するか、盗聴・盗撮・Wi-Fiの対策に詳しい探偵社に、盗聴器などが仕掛けられていないか調査を依頼することをお勧めします。

Q

集団ストーカーを訴えることは可能ですか?

A

ストーカー規制法という法律が存在するため、主犯格や実行犯を特定できれば、集団ストーカーを訴えることはできます。「集団ストーカーを訴えることは、現行の日本の法律では難しい」という情報があるかもしれませんが、これは「情報操作」と判断するべきです。集団ストーカーは犯罪の「複合体」であるため、複雑に考えがちですが、実際には逮捕例もあり、加害者を訴えることは十分可能です。

Q

集団ストーカーの被害者が自身で行うべきことは何ですか?

A

危険を伴わないという前提であれば、いくつか試す価値がある行動があります。例えば、SNSなどを通じて集団ストーカーの被害に遭った他の人々と交流を持つことです。これにより、情報を共有することができます。実際に、SNSを通じて知り合った人からのアドバイスや情報により、集団ストーカー問題を解決できたという人もいます。

Q

集団ストーカーの被害にどのように向き合うべきですか?

A

悲観的になることなく、被害に対応するために生活スタイルを変えてみることをお勧めします。理想的には、集団ストーカーの被害に遭っても普段通りの生活を続けることですが、スーパーマーケットなどの外出先で嫌がらせが行われる場合は、オンラインスーパーマーケットを利用したり、家族と一緒に買い物に行くなど、生活スタイルや環境を変えてみると良いでしょう。

Q

家族に被害のことを話すのは良いアイデアですか?

A

家族の理解度によりますが、基本的には話すことをお勧めします。最近では、集団ストーカーの被害に遭われた方が周知活動を行うケースが増えています。しかし、ご家族が集団ストーカーの事情をよく理解していない場合は、「複数の人につきまとわれている」という形で話す方が良いかもしれません。

Q

集団ストーカーの解決に最も効果的な方法は何でしょうか?

A

集団ストーカーの解決は、主に2つの方法で可能です。第一のアプローチは、警察に嫌がらせを報告することで、状況によっては地元の警察署長から「警告」や「禁止命令」を取得することが可能です。第二の方法は、主犯格を特定し、嫌がらせを停止するように直接交渉を行うことです。主犯格と直接交渉することは、被害者が単独で行うとリスクが伴うので、当事務所の調査員が交渉の過程で被害者と一緒に「立会人」として同席します。

Q

集団ストーカーの被害者ですが、信じてくれますか?

A

もちろん、あなたの話を信じます。集団ストーカーの被害は、実際に存在する問題であり、その被害を受けている方々の声を無視することはできません。あなたが経験している困難や不安を共有していただければ、私たちは最善を尽くしてサポートします。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 English