探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > ストーカー対策調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2019/01/20 最終更新日: 2019/01/10
探偵ニュース
 公開日: 2019/01/20 最終更新日: 2019/01/10

ストーカー対策調査【よくあるご質問Q&A】

ストーカー対策に関するQ &Aのページです。各都道府県の迷惑防止条例、ストーカー規制法が施行してもなお、ストーカー行為に対する問い合わせは後は立ちません。その一方で、ストーカー規制法にならないように犯行を移行してる傾向が目立つようになりました。ここでは、ありとあらゆる行為に対してどんな対策をすれば良いのかまとめて見ましたのでご覧ください。

ストーカー対策室とは

ストーカー対策調査の依頼は必ず専門家にご相談ください。

ストーカー対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。ストーカー対策調査は、浮気調査とは違いストーカー対策調査に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかったストーカー対策調査を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

ストーカー対策調査の相談ポイント

早めに相談しよう

どうしようもなくなってからのストーカー対策調査相談では、対処法も少なくなり、解決が難しくなってしまいます。情報が古くなるなる前に、なるべくお早めに相談されることをおすすめします。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

どうしたいのかを考えておこう

調査相談時間を有効に使うために、自分が何に悩んでいて、調査をしてどうしたいのかをできるだけ整理しておきましょう。相談する前に、メモにまとめておくのもよいでしょう。自分の気持ちを整理しておくことで、今後の方向性もはっきりとしてきます。

関係のありそうな書類は何でも持って行こう

良いアドバイスは正確な事案の把握から。自分ではあまり重要ではないと思っていた情報やメモも、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりとなったりします。まずは関係のありそうな書類を集めて持って行きましょう。

ストーカー対策調査に関連するQ&A

Q

恋愛以外の付きまといを装ってくる理由は何ですか?

A

ストーカー規制法や条例の規制を避けるため。ストーカー規制法で立証されやすくなったため、SNSで仲間を集いターゲットの自宅の周辺の動画を撮って欲しいと依頼するなど、第三者の協力者を利用してストーカー行為をしてる傾向があります。通報しても、ストーカー本人にたどり着けないように計算されています。

Q

ストーカーだとバレない行為とは?

A

バイトなどを装うこと。監視カメラが付いてることくらいはストーカーも認識しています。そこで、怪しまれないためにフリーペーパーのポステイングのバイトを装ってターゲットの自宅近辺をうろつく、もしくは協力者に依頼して小型カメラで撮影するといった手法を取ってることが考えられます。

Q

車で付きまとわれてる

A

ナンバープレートと車種を記録してください。危険が生じる事態であれば、警察に連絡してください。その際に車種とナンバープレートを記録しておくと事件性があると判断すれば、警察が捜査して事件の解決がしやすくなるでしょう。

Q

無言電話が多いのはストーカー行為でしょうか?

A

付きまとい行為に該当します。無言電話、着信拒否した直後の電話、ファクシミリ、電子メール、LINEなど乱暴的かつ命をおびやかす内容であれば、内容を保存して警察に相談するか、ストーカー対策専門の調査会社に相談しましょう。

Q

調査員に一緒に外出してほしい

A

要望があれば可能です。調査の1つとして、依頼人と同行することもございます。要望があれば女性の調査員の派遣も可能です。車での送迎など安全を配慮した対処を取らせていただきます。

Q

監視カメラをつけたほうがいい?

A

自宅近辺まで付きまとうのなら、監視カメラは不可欠です。最近は外に付けるようなカメラから室内用で見た目は可愛い小物型のカメラもあり、室内から外を撮影できます。要望があればカメラをこちらで用意して設定することも可能です。

Q

小型カメラはつけたほうがいい?

A

協力者がいて、顔を覚えてる場合であれば。最近は、ストーカー自身というより協力者を利用してターゲットに近づき、服装などをストーカーに報告する事例があります。協力者の有無を調査するには、外出時だけ小型カメラを付けて撮影したほうが良いケースもあります。

Q

盗聴器を仕掛けられたかも

A

盗聴器の有無を調査致します。ストーカーから逃れるために引っ越し先のアパートもしくは一軒家でも、ストーカーや協力者が先回りして盗聴器を仕掛けているリスクが高いです。室内外の盗聴器の調査をする必要があるのでご要望があればご相談ください。

Q

車内も調査したほうがいい?

A

調査する必要はあります。車内はGPSや小型カメラ、盗聴器などを設置しやすい環境です。要望があれば、GPSの調査を併用して行い、少しでも不安を取り除けるように対処致します。

Q

警察に相談する際に必要なことは

A

ストーカーされてる証拠があること。付きまとわれてる様子を日付、時間、場所、内容を書いたメモ。画像や動画があれば一緒に提出することでストーカーされてることが警察に伝わりやすくなります。警察に相談すると、防犯ブザーなどの防犯グッズを貸してくれる場合があります。

Q

ストーカーの被害なのに、被害妄想だと周囲は疑ってる

A

情報操作されてる可能性がある。ストーカー自身が「ターゲットが自分をストーカーと誤解してる」と動画や映像を加工して拡散してる可能性があります。その場合は、自分が起きてる被害状況を把握して証拠を取ってください。もし、警察でも取り合ってもらなえない場合、調査会社にその旨を伝えてください。

Q

ストーカー行為からエスカレートしたら?

A

状況に応じて調査を変更致します。命の危険があると感じたら、すぐに警察に連絡してください。よほど加害者に都合が悪いことが起きてるのか、無理矢理自分の都合のいいように働く傾向があるので、危険行為を起こすストーカーもいます。危険行為が刑法で立証できると判断すれば、別の容疑で逮捕できるかもしれません。

Q

調査会社に依頼するメリットとは?

A

状況に応じて対応できること。依頼人の安全を考慮して、ストーカー調査からネットワーク調査、信用調査、現状把握調査など、ストーカー調査と併用してありとあらゆる調査をして依頼人の個人情報の拡散防止と削除や協力者の特定など行います。

Q

離婚して妻に引き取られた子どもがストーカー行為されてる

A

調査して事実確認を致します。子どもだから「許される」という気持ちから、ストーカー行為を実の子ども、その友だち、ママ友の交友関係を利用して行うケースは十分に考えられます。子どもが普段近づかないエリアにたむろしてる場合、不自然な状況が多い場合、画像や動画に残しておいてください。

Q

ストーカーの特徴は?

A

嫉妬深い、自己中、自己愛・依存性が強い。自分が可愛い、自分が正しい、自分より幸せになる人間は許さないというタイプがストーカーなりやすく、理想に近づくためなら手段を選びません。凶暴化しやすいストーカーは、自分の行為を正当化する傾向があります。

Q

ストーカー行為に気付いたら

A

警察に相談し協力者を作っておく。警察に相談するのも大切ですが、ストーカーの被害を理解してくれる協力者を作っておくといいでしょう。事例で行きつけのお店をストーカーに対して出入り禁止。逃げ場の確保と宿の提供など。

Q

刑事事件で立証できるストーカー行為とは

A

脅迫めいた内容は刑事事件として立証できます。「呪ってやる」「放火してやる」などの脅迫、職場への嫌がらせ、待ちぶせ、住所侵入、復習代行への依頼など。

Q

民法で立証できるストーカー行為とは?

A

相手に恐怖を与える行為。「お前がいなければ、自殺する」「責任を取れ」内容、職場までの通勤の待ち伏せや、ターゲットを悪者の拡散する風評被害など。

Q

ストーカーの協力者から「お前は死ねよ」と言われた

A

ICレコーダーで録音する。音を撮られるのを極端に嫌う傾向がありますので、ICレコーダーを常にオンの状態にしましょう。罵声を言われてた内容、人物の映像や動画があれば、ストーカー行為の因果関係を調査して人物の特定を進めることができます。

Q

ストーカー(別れた交際相手)と話し合うには?

A

第三者(弁護士)の介入して行うことをおすすめします。ストーカー行為が違法であることから、今後の連絡は第三者(弁護士など力のある人がいい。)を介して連絡してほしいなど、なるべく法律に強い弁護士や調査員(警備)を同行したほうが依頼人の安全を確保できることになり、異常事態にすぐに対応できるメリットがあります。

Q

引っ越し先でも対応してくれますか?

A

全国対応可です。引っ越し先でのストーカー対策が必要な場合でも対応致します。いつでも調査員と連絡取れるようにしておくと良いでしょう。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop