ホーム > 探偵ニュース > 「コリジョンキャンペーン」複数人によるストーキングや嫌がらせ
公開日: 2024/01/17
探偵ニュース
 公開日: 2024/01/17

「コリジョンキャンペーン」複数人によるストーキングや嫌がらせ

コリジョンキとはどんなこと

「コリジョンキャンペーン」とは、複数人が結託してターゲットに対し集団的にストーキングや嫌がらせを仕掛ける手法です。

組織的な嫌がらせにより、ターゲットは精神的に追い詰められます。

被害者は常に複数の人物からの嫌がらせに苦しむこととなり、周囲の誰もが関与しているような錯覚を抱かせられることもあります。

コリジョンキャンペーンの被害者は、専門家の支援を得ることで対策を講じる必要があります。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年1月17日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次

1- コリジョンキャンペーンについて

コリジョンについて

コリジョンは「衝突」という意味で、電車の揺れを利用してわざとカバンや身体を何度もぶつけ、因縁を付けてターゲットを「危険人物」として仕立て上げる手法です。

煽って怒らせるタイプと偶然を装うタイプの2つが存在し、冷静に対応が必要です。

年齢や見た目で判断が難しく、目的はターゲットをイライラさせることにあります。

コリジョンキャンペーンの目的

コリジョンキャンペーンは「ぶつかる」「通行の妨げ」車両であれば「煽り運転」を行なうなど、ターゲットをイライラさせたり焦らせるなどの目的があります。

 

「リラックスした時間を与えない」リラックスした瞬間を狙って嫌がらせを行うことで、被害者の精神的なストレスを増大させます。

 

「イライラさせて精神的に追い込む」さまざまな方法でターゲットをイライラさせ、精神的な追い詰める。これにより、被害者は心理的なストレスを抱え、日常生活に深刻な影響を及ぼすことがあります。

 

「時間を奪い遅刻させ社会的信用を失わせる」被害者は仕事や学業などで時間を無駄に費やし、結果的に遅刻や信用の低下といった社会的な問題に直面する。

 

「不審人物に仕立て上げ『孤立』させようとする」被害者は周囲との信頼関係を損ない、孤独や孤立感を抱えることになります。

 

「でっちあげ盗撮」や「でっちあげストーカー」に仕立てる。不当に犯罪者のように仕立て上げる手法。証拠収集のために、携帯で撮影しようとしたら盗撮犯人扱いされる。犯人を尾行したらストーカー扱いされる。

 

コリジョンを毎日、1人~複数人でやることでターゲットの外出する気力を無くさせて、引きこもりの状態まで追い込み、次の嫌がらせ準備に入る構造になっているのです。

コリジョンのほとんどが、自然を装って行なうことを前提としてるので、タイミングが合わなければ何も起こりません。

複数人で行なうこともありますが、怪我をするようなレベルまでやらないので気にしなければ害はありません。

2- コリジョンキャンペーンの相談事例

女性
ご依頼者様: 40代/女性
ご相談内容:通勤途中の妨害行為

会社の通勤や退勤途中での不快な出来事が週2〜3回続くという状況は、偶然だけで片付けるのは納得いきません。

同じような嫌がらせが頻繁に発生し、列車内での悪口や盗撮、睨みつける行為が起きています。いままでは「気のせい」だと思うようにしてやり過ごしていました。

友人や家族などに相談しても「偶然」「酔っ払いに絡まれただけ」と言われて相手にしてくれません。

本当に私の気にしすぎで単なる偶然なのでしょうか?

専門家のアドバイス

このような状況では、自分だけが気にしすぎるのではなく、周囲の行動に注意を払うことが重要です。

嫌がらせに遭っている場合、相手が意図的に行動している可能性も考えられます。被害が継続している場合は、警戒し、日々の出来事を記録することでパターンを把握しやすくなります。

偶然を装う嫌がらせには、一人で立ち向かうのは困難かもしれません。

警察や公共交通機関のスタッフに相談することが適切です。さらに、専門家や弁護士に相談して自分の権利を守る手段を考えることも重要です。

周囲に理解してもらえなくても、自分の心と安全を守るために積極的に行動してください。

3- コリジョンキャンペーンが起きる環境チェック

コリジョンキャンペーンが起きやすい環境

コリジョンキャンペーンが起きる可能性が高い環境には以下のような特徴があります。

 

人が多い場所

電車やバス、駅など、人が多く集まる場所で起きやすいです。

 

混雑している時刻帯

通勤・通学のラッシュ時やイベント時など、混雑している時間帯に発生しやすいです。

 

密集地

特定のエリアや場所で頻繁に起きることがあります。

 

監視の困難な場所

間口が狭くて、他の人々によって視界が遮られる場所や、カメラの監視が難しい場所で起きやすいです。

 

対象者が孤立している状況

一人で行動している場合や、周囲の人々との交流が少ない場合に起こりやすいです。

 

これらの特徴を持つ場所や状況では、コリジョンキャンペーンが行われる可能性が高いです。

注意深く行動し、環境を理解することで嫌がらせに対する警戒が可能になります。

4- 監視・盗聴・盗撮を含む「コリジョンキャンペーン」

「コリジョンキャンペーン」は、複数人による巧妙な嫌がらせ手法であり、監視・盗聴・盗撮を含むことがあります。

被害者は日常の中で何気ない出来事に見えるかもしれませんが、実際は計画的な攻撃が行われています。

コリジョンキャンペーンを行うには、被害者の動向やスケジュールを把握しなければ長期的な嫌がらせは達成できません。

さまざまな手法を組み合わせるため、被害者は自分が監視・盗聴・盗撮されていることに気づきにくく、冷静に対処するのが難しい場合があります。

のような状況に遭遇した場合は、専門家に相談することが重要です。

監視を疑うならスマホの動きやデータ通信使用量の消費チェック

近年、このようなアプリを使った犯罪が増えてきているので気をつけなければいけません。

おかしなアプリがインストールされていないかどうかを確認するには、スマートフォンを初期化すればわかります。

どのように遠隔操作をしているのか自力で発見するのはかなり難しいので、「インストールした覚えがないアプリ」「不明な発信履歴やSMSの送受信履歴」「文書や写真を読み込めなくなる」などの不審な点がある場合、専門家に見てもらったほうがいいかもしれません。

5つの安心保障

5- コリジョンキャンペーンのご相談・調査依頼方法

コリジョンキャンペーンに遭遇した際は、自身で対処するのが難しい場合があります。

そのような状況に直面した場合は、専門家の助けを求めることが重要です。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困ったときにはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

コリジョンキャンペーン相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、コリジョンキャンペーンに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談