ホーム > 探偵ニュース > 繰り返す嫌がらせの目的「引っ越し誘導」や「経済的な攻撃」について
公開日: 2024/01/16 最終更新日: 2024/04/30
探偵ニュース
 公開日: 2024/01/16 最終更新日: 2024/04/30

繰り返す嫌がらせの目的「引っ越し誘導」や「経済的な攻撃」について

引っ越し誘導と経済的攻撃

繰り返す嫌がらせの目的である「引っ越し誘導」と「経済的な攻撃」は、被害者を孤立させ、精神的に追い詰めるために行われます。

引っ越しを促す嫌がらせにより、友人や家族から離れさせ、経済的な攻撃により経済的な安定を崩し、不安とストレスを強化します。

よく起こる「近隣トラブル」との決定的な違いは「執着心」が異常に強い点です。

この執着心は、引っ越しても追い回す異常さがあり、放置しておくのは危険です。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年1月16日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

1- 繰り返す嫌がらせの目的

繰り返す嫌がらせの目的である「引っ越し誘導」「経済的な攻撃」には次のような特徴があります。

 

引っ越し誘導

加害者はターゲットを特定の地域から遠ざけたいと考えており、繰り返し引っ越しを促す嫌がらせを行います。これによりターゲットを孤立させ、友人や家族から離れることで精神的な追い詰めを図ります。

 

経済的な攻撃

加害者はターゲットの経済的な安定を崩そうとし、収入の減少や借金の増加など経済的な困難を引き起こすような嫌がらせを行います。これによりターゲットを経済的に追い詰め、不安とストレスを強化します。

 

これらの手法は、ターゲットの生活を脅かし、心身の健康に深刻な影響を及ぼすことがあります。

2- 引っ越しても終わらない嫌がらせ

嫌がらせ被害者には、嫌気がさして引っ越しをする方がいます。

しかし、引っ越しを何度しても、被害が止まないケースがあります。

これらの嫌がらせは被害者の移動を追跡し、新たな場所でも嫌がらせを続けることで、逃れることが難しくなります。

被害者に引っ越しさせる理由

加害者側の狙いは、「引っ越しの繰り返しによる追い込み」です。

嫌がらせがうんざりして引っ越したのに、新しい環境でも引っ越し前と変わらない環境だとしたら、精神的なダメージは計り知れないでしょう。

引っ越しによるデメリットについて

  • 引っ越しは多くの人にとってストレスフルなイベントであり、新しい環境に慣れるまで適応に時間がかかる。
  • 引っ越し業者に依頼する場合や新調した家具や家電、手続きにかかる費用があります。
  • 引っ越しによって友人や家族との距離が離れることがあるため、社会的なつながりに影響を与える。
  • 引っ越し準備や新居の調査などさまざま時間がかかる。

引っ越しを繰り返すたびに、不動産契約や引っ越しの日程決め、引っ越し予定日までの荷造り、それらの費用の支払いをしなければなりません。

当然、精神的にも経済的にも負担になります。

3- 負のループを抜け出すために

回避すべきか向き合うべきか

心当たりのない嫌がらせに対して、被害者は海外へ行けば終わると考えることもあります。

被害者の資金を削減することは、被害者の身動きを制限するだけでなく、探偵への依頼を難しくする可能性もあります。

また、引っ越し先の選び方にも注意が必要です。

嫌がらせが起きにくいとされるエリアや地域について説明します。

過疎地域が理想的なワケ

嫌がらせをしにくい地域は、集合住宅のように上下左右前後に配列された他住民の住宅が配置されていないことです。

他にも、電波の入らない田舎暮らしも嫌がらせしにくいでしょう。隠れる場所もない見渡しの良い土地も、不審者はバレるリスクが高いので近寄れないでしょう。

これからの時代は宅配もあるので、住民同士の関係が密ではないことと、家と家の間が非常に離れているような場所は加害がしづらいです。

気を付けないといけないのは、嫌がらせがまったくできないわけではありませんが、嫌がらせがしづらい環境であることは間違いありません。

4- 引っ越しをしないで嫌がらせと向き合う

嫌がらせに直面する場合、引っ越しを避ける選択肢もあります。

嫌がらせと向き合うことで以下の点に注意することが重要です。

 

証拠収集

嫌がらせの証拠を集めることが重要です。日時や状況を記録し、可能ならば写真やビデオを撮影して保管しましょう。

 

支援を求める

身近な人々や専門家に相談し、サポートを得ることが大切です。被害者だけで解決するのは難しい場合があります。

 

法的対応

法律を遵守して行動することが重要です。必要ならば弁護士や警察に相談し、適切な法的対応を検討しましょう。

 

自己保護

自身の安全を最優先に考え、加害者の自宅周辺では他の人との接触を最小限にし、注意深く行動することが大切です。

 

嫌がらせに立ち向かう際には、冷静さと情報収集が不可欠です。

5- 嫌がらせ調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼することは重要な決断ですが、私たちは丁寧な打ち合わせを通じてご依頼者の意向を理解し、最適な解決策を提供します。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

お気軽にご相談ください。私たちは全力でサポートいたします。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

嫌がらせ相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、嫌がらせの被害内容、嫌がらせに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談