探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 電磁波測定士の探偵にしかできない電磁波対策はここが違う!
公開日: 2020/06/30
探偵ニュース
 公開日: 2020/06/30

電磁波測定士の探偵にしかできない電磁波対策はここが違う!

自分で解決できない問題が誰しもあるものです。そのうちの探偵にしかできない電磁波対策について今回はご紹介いたします。電磁波と聞いて、全然その実態を知らない人や「その被害に今実際に遭っている気がする。だけど具体的に電磁波被害ってどういうものなんだろう?」と思う方も多かろうと思います。そのため最初は電磁波の被害からご説明したいと思います。

電磁波測定士の探偵が行う電磁波被害対策のご案内

電磁波の被害について

見えない恐怖

まず電磁波の被害は2000年代に多くみられるようになったように思えますが、実は1976年に特許が出願されたことによって、脳波の分析による思考盗聴、記憶盗聴など人の脳から様々な情報を盗む犯罪技術、そして人の体に不快感や痛みを送りつける犯罪として利用され始めるようになりました。世界的には約10年後の1980年代後半あたりからとされて久しいですが、海外においては約30年前の1980年代、日本では1989年以後にすでに被害が報告されていたようです。専門家に実際に相談しても、「特定を賢明にしようとするが、いまだに解決が難しい」と門前払いされてしまったり、警察に相談しても「体の不調は医師に相談してください」と病気扱いされてしまい、加害者特定が難しい被害といえることは確かです。

電場が身体に影響するメカニズム

健康障害を起こす可能性

人体は周りの空気よりも誘電率が高いため、電場に触れ続けると身体の表面に誘導電流が生じます。その小さな電流でさえも熱を誘起し、熱に弱い目や睾丸などだけでなく、皮膚のかゆみ、痛み、しびれ、頭痛、発疹などを引き起こすと考えられています。その延長線上には、喘息、じんましん、異常行動などの神経系が刺激されることによる様々なアレルギー疾患が想定されます。アレルギー疾患の根底には、電気との関わりが深いのではないかと考えられています。

探偵にしかできない電磁波対策とは?

具体的な電磁波対策

  • 自宅やその人のいる環境、行動範囲の電磁波測定を行う
  • 体内にある電磁波測定を行い適切な対処を行う
  • 電磁波が強く出ている場所を特定し記録を残す
  • 住環境や身の回りのアース端子の確認・アドバイス
  • 電磁波が生体電流に影響を及ぼしているか確認する

これらの調査を行うメリットとしては、自分ではなく専門家が調査を行うことで正確な数値を基に、実際に電磁波被害なのかそうでないのか、何が原因なのかを的確に判断することができる点です。実際に加害行為に携わっていた加害者を現行犯逮捕した例などもありますが、自分で加害者を特定したり証拠をとるのは難しく、なおかつ加害者に逆恨みされてしまった際は危険でもありますので、第三者に依頼することでそういった危険性を回避することができます。また本当に辛い被害を体に受けている時、警察でも医師でも家族でもない、専門的な知識をもった専門家に相談するだけでも、気持ちが楽になり理解者のサポートが心強く感じるでしょう。

電磁波被害相談実例

40代女性の相談内容

女性
ご依頼者様: 41才/女性 
ご依頼内容: 電磁波測定調査
ご依頼理由: 転職をしたら頭が痛くなったり体がしびれたり、不眠症になったけれど、電磁波過敏症なのか電磁波犯罪に巻き込まれているのはっきりさせたい!電磁波過敏症でも電磁波犯罪でもなく、別の犯罪に巻き込まれている可能性もあるかもしれないので、ここで決着つけたい。
調査に至るまでのきっかけ: 今まで統合失調症にされてしまっていたけど、薬を何年も飲み続けても症状が改善されない。そして「どうやらこれは別の原因があるようだ」とみて、電磁波犯罪を調べ始めたり発言したり、調査を依頼するに至ることが挙げられますが、ほとんどの人は電磁波が犯罪になっているとは信じないですし、気づいたとしても体調的な病気として誤認されてしまうケースがほとんどです。医者に言っても精神疾患にされ、警察に言っても証拠を出してくれと言われ、家族からも気味悪がられてしまい、結果として孤立させられてしまう。そういった経緯に耐えられずインターネットで検索し、専門的な調査員に頼むことは、自分の生活を守っていく上で心強いですし必要だといえます。

電磁波対策専門窓口

電磁波測定士による無料サポート

いかがでしたでしょうか。独自で半身浴やアーシングを行ってみるというのもいいかもしれないですね。やり方が今一つ分からない場合は弊社にご相談いただければ、アドバイスさせていただきます。一口に電磁波対策といっても、色々と原因がみえてくることが分かったかと思います。辛い症状を一人で我慢してしまう前に、同じ境遇の人を探して一緒に話してみたり、こちらの記事も苦しんでいる誰かのささやかな助けになればと思います。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop