ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカーレポート > 疑心暗鬼に陥らせるグループストーカーの嫌がらせ
公開日: 2024/01/16
ストーカー関連記事 - ストーカーレポート
 公開日: 2024/01/16

疑心暗鬼に陥らせるグループストーカーの嫌がらせ

グループストーカーの実態

日々行く先々で待ち伏せに遭い、疑心暗鬼に陥る恐ろしいグループストーカーの嫌がらせ。

ターゲットは常に不安と恐怖に包まれ、自分を監視されていると感じるでしょう。

このような状況に直面したら、自己防衛の方法を知り、専門家に相談することが重要です。

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年1月16日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次

1- グループストーカーとは?

グループストーカーとは、複数の人物が共謀し、協力して一人のターゲットをストーキングしたり嫌がらせを行ったりする行為のことを指します。

これは一人のストーカーではなく、組織的に行われる嫌がらせであり、複数のメンバーが連携して行動します。

グループストーカーはターゲットを孤立させることを狙い、社会的な関係を崩壊させることで精神的な苦痛を与えることを目的としています。

ストーキングや嫌がらせは計画的かつ組織的に行われ、長期にわたって続く場合が多いです。

被害者は早期に専門家や警察に相談し、適切な対策を取ることが重要です。

2- グループストーカーの特徴

行く先々で待ち伏せに遭うのは

グループストーカーの特徴は以下のような点が挙げられます。

 

複数の人物による共同行動

一人だけでなく複数の人間が協力してストーキングや嫌がらせを行います。

 

見張りや待ち伏せ

ターゲットを常に監視し、行動を追跡します。待ち伏せや尾行を行うことがよくあります。

 

組織的な行動

計画的かつ組織的に嫌がらせを連携して行うことが多いです。

 

忍耐強い

グループのメンバーは時間をかけてターゲットを追い詰めようとします。嫌がらせは長期にわたる場合が多いです。

 

これらの特徴により、グループストーカーは非常に危険な存在であり、ターゲットの精神的・身体的な健康に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

3- どのようなグループが形成されているのか

グループストーカーは多様な形態を取ることがありますが、一般的に以下のようなグループが形成されることがあります。

 

仲間同士の共謀グループ:友人や知人など、ターゲットと関係のある複数の人々が共謀して嫌がらせを行う場合があります。これはターゲットに対する信頼関係を裏切る形となり、被害者にとって特にショックを与えることがあります。

 

集団的な仕掛け:組織的な犯罪グループやカルト的な集団などがターゲットに対して嫌がらせを行うこともあります。特にリーダーの影響力が強い場合、メンバーが強制的に参加することが考えられます。

 

インターネットコミュニティ:オンラインのコミュニティや掲示板などで集まった人々がターゲットに対して嫌がらせを行う場合もあります。匿名性を利用して嫌がらせを行うことが一般的です。

 

職場内のグループ:職場の同僚や上司などがターゲットに対して嫌がらせを行うこともあります。特に職場内での対立やいじめが原因となる場合があります。

 

グループの形態や構成は状況や背景によって異なりますが、共通して組織的な計画性を持って行動する特徴があります。

4- グループストーカー被害の相談事例

以下はグループストーカー被害の相談事例の一例です。

職場も人間関係から始まったグループストーカー

 

被害者Aは職場で人間関係がうまくいかず、特定のグループによる執拗な嫌がらせを受けていました。

最初は何気ないイジメや噂話から始まり、次第に職場内の複数の人々が結託して嫌がらせを行うようになりました。

グループのメンバーは、Aの行動や言動を徹底的に監視し、些細なことを口実に嫌がらせを行っていました。

彼らはAの個人情報を探り出し、それを利用して精神的に追い詰めるような行為を行っていました。

また、SNSなどを使ってAの評判を傷つけるような書き込みを行い、周囲に不快感を与えることでAを孤立させる狙いもありました。

一人で対抗することが難しく、周囲に相談しても理解されず、孤立感と絶望感に苦しんでいました。

ストーカー行為は職場だけでなく、プライベートの場でも続いており、日常生活にも大きな影響を与えていました。

組織的な嫌がらせに苦しむAは、心身の健康が悪化し、仕事にも支障が出るようになりました。

近隣住民の無視がエスカレートしたグループストーカー

 

被害者Bは新しく引っ越してきた住民で、近隣の住宅地域で平穏に暮らすことを望んでいました。

しかし、すぐに周囲の住民たちから無視や冷たい視線を受けるようになりました。

最初は偶然だと思っていたBでしたが、次第に何度も同じような経験をするようになり、さらには住民たちが彼女の行動を監視していることに気付きました。

嫌がらせの内容は、無言の嫌な視線や物音を立てること、彼女のプライバシーを侵害するような行動、意図的に彼女を避けるなどさまざまでした。

また、SNS上で噂話や中傷を広めることで、近隣住民に対してもBへの偏見や敵意が広がっていきました。

Bは当初、嫌がらせに対して直接的に抗議することを避け、自分の行動や言動を見直して問題を解決しようとしましたが、状況は改善されることはありませんでした。

5- グループストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え困難と思える問題でも、必ず解決の道はあります。困ったときにはお気軽にご相談ください。

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、集団ストーカー調査の専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずは無料相談をご利用ください。

集団ストーカー調査に関するご相談は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談